10月15日読了 ~ ミッキーマウスの憂鬱」松岡圭祐著(新潮社)

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

東京ディズニーリゾートに遊びに行った際に、イクスピアリの丸善にて妻が購入しました。
読了後に「読んだ若い子はこれが現実だと思いこむんだろうなあ」といいながら手渡してくれましたが、ディズニーテーマパークの裏側の事情には全く疎い私には?なメッセージでした。

さて、Amazonでもずいぶんと評価の高いこの本ですが、正直なところ私にはキツイものでした。
理由は三つ。一つは主人公も含めてあまりに平板な登場人物、二つ目はあってなきがごときパターン化されたストーリー、そして三つ目として作家の社会経験や取材力を疑わざるを得ない仕事というものへの無理解です。
いずれも読んでいただければわかると思いますが、確認のために読んでいただく必要もないでしょう。まあ、水戸黄門の舞台を東京ディズニーランドもどきに変えて中高生向けに書き直したものだと思っていただければよいでしょう。
少なくとも、年季の入った本読みが相手にするようなものではない。この作者は他にもベストセラーをいくつも出しているようですが、少なくとも私の関心の範囲からは消えました。

妻の心配は、上記の三つ目に起因するものです。
テーマパークの裏方を全く知らない私が見ても、本書で描かれているようにいい加減で非現実的な選考過程を経て人が採用され、しかも出社初日から何の教育も受けていない新人が現場に立ち、さらには自らの意思で仕事を選んで歩くなど、東京ディズニーリゾートでなくても、まともな企業ならばありえないことは明らかです。
しかし、この本がターゲットとしているであろう中高生は、これが現実だと思いこんでしまうかもしれません。小説などもっともらしく書かれた嘘であることを理解できずに信じ込むことが一概に悪いとはいいませんが、Amazonでのレビューを見ても、これが現実(ないしはそこそこ近いもの)という前提で読んでいる人は少なくないようです。
小説に書かれた嘘を信じるかどうかは個人の自由ですが、これが現実だと思われては賢明に役割を果たしているキャストはたまらんだろうな、と感じます。

私がこの本を20歳の時に読んだら、という仮定をおいても、やはりダメだったでしょうね。
Amazonレビューのいくつかに「これは月9」というのがありましたが、まさにその通りだろうと思います。民放でひっきりなしに流される訳のわからないドラマを見ることもなく、テレビガイドで設定やストーリーを見るだけでも頭痛がしてくる私にはちょっと理解不能です。なので、アフィリエイトリンクもなし。
もし、東京ディズニーリゾートの裏側に関心があって、あるいはディズニーが好きで、ちょっと本書に関心を持ったとしても、ある程度以上の本読みにはとてもおすすめできません。逆に、ちょっと読みにくい本だと10ページで放り出してしまう人には、良いのかも。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/635

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2006年10月17日 23:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「その売り方は、素人目にもいけない」です。

次のブログ記事は「ネットショップは、配送サービスをきちんと選んでほしい」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja