2006年10月アーカイブ

【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

愛用のiPod(iPod photoの2代目、動画非対応)は、買ってから2年半になります。
その「顔」を初めて見たのは今年の5月、新幹線の中で突然音楽再生が止まって操作を受け付けなくなり、リセット操作を繰り返すうちの「sad iPod」の登場でした。
このときには、アップルのサポートサイトの指示どおりにディスクモードにしてから復元し、なんとか元通りに。なんだかハードディスク方面の異音がしていたようだったのですが、それも消えて何事もなかったかのよう。
そして、今月に入って通勤電車内での突然の停止。

妻には「直らなきゃ良いと思ってるんでしょ」と見透かされ、どうせなら新型を待ちたいけれど、買うしかないかな、とあきらめてました。
ところが、突然の停止から3日ほどたってからダメ元で操作してみると、なんと何事もなかったかのように復活を遂げていてびっくり。もっとも、ディスクには何らかの障害があったようで2割ほどのアルバムが消えていました。

さて、期待していなかったiPodの復活にすっかりと気分が良くなってしまい、別の散財をしてしまいました。数年前に登場した当初から気になり続けていたフォトストレージです。買ったのは発売されたばかりで湯気が立っている、エプソンのP-5000
たしかこのジャンル、飛鳥のTripperあたりが最初でした。メモリカードはまだ高価だったためかなり心惹かれたのですが、迷っているうちにMP3プレーヤの分解により4GBのマイクロドライブが安価に手に入ってしまい、撮影中にカードが一杯になるという心配自体がなくなりました(なんせ、RAW+JPEGで1000枚撮れますから)。

今でもこの状況は変わっていませんが、妻もデジタルカメラを2種類(GR Digitalxacti CA6)使い始めており、旅行時には一度二度バックアップの必要がありそう。
また、ノートPCがなくてもその場で写真が見られるのも楽しいものです。ZaurusなどのPDAやカラー液晶つきのiPodでも可能なのですが、画面にある程度の大きさがないと見にくいですし、Zaurusなんか液晶の輝度を上げるとバッテリが30分ももちません。
旅先のホテルにはテレビがありますから、つないで大きな画面で見ることもできます。もちろん、カメラにもAV出力はついていますが、フォトストレージなら昨日の写真もOK。友人宅にもこれひとつ持って行けば簡単に見せられるといういうわけです(テレビにつないでみる、という点ではiPodも同じですけどね)。

それに、最近、W-ZERO3[es]で動画を持ち出して見ることが増えています。出張の帰りなど、ちょっとくたびれて本を読む気にもなれないときなど最高。画面が小さいので肩が凝るのが難点ですが、P-5000なら4インチの大画面です。
なんせ80GBありますから持ち歩けるデータ量もかなりになります。あまり高画質を求めずに384kbps程度なら映画が250~300MBですから10GBぶんを使っても30本も入ります。1MB程度のJPEGは30GBあれば3万枚も保存できるわけで、過去の写真から気に入ったのを常に携帯できます。で、ストレージ用には残り半分の40GBが使えます。

音楽はiPodで、PIMはPDA(スマートフォン)で、そして写真と動画はフォトストレージで、というのは、全てが携帯ひとつで足りてしまう人にとってはあきれた重装備に見えるでしょう。そんなの、VAIO typeUがあれば一つですむじゃん、ともいえます。
けれど、専用機には専用機の使いやすさがあります。映画を見ている最中にメール着信音が鳴って画面が途切れるのはやはり興ざめですし、音楽のように満員電車や歩行中に楽しむならiPodのようなコンパクトなデバイスが適してます。
荷物が多少重くなりますが、言い換えれば常にPCを持ち歩くのよりも、取捨選択によって軽くできるということでもあります。「なんでもできる」PCの役割は、分解されて使い勝手の良い複数の専用デバイスに置き換えられていくのではないでしょうか。
となると、何でもありの携帯電話だって、そろそろ曲がり角にきているのかもしれませんが。

アクセス解析のおかげで、このブログにきてくださったかたがどんなキーワードで検索されてきたかがわかるのですが、やはり多いのは「小学校英語 必修化」という語句(一応念のためですが、アクセス解析ではアクセスしたかたのプライバシーはわかりませんのでご安心を)。
文部科学相の発言などもあって、相変わらずホットなテーマといえそう。

もちろん、教育はとても大事だと思いますので、この件についても賛成・反対両方からさまざまな意見が出てくるのはよいことだと思います。私も、毎日というわけではありませんが、このテーマについて書かれたブログを読み歩くことが増えました。
とはいえ、単なる印象とか感情だけで反対や賛成を声高に論じても、お互いに得るところは少ないんじゃないの、と感じることもしばしばです。
中でも目立つのは次の3つです。
・学校教育に対する過剰な期待感
・誇張される英語の「必要性」
・並立できる国語教育と英語教育との対立概念化
これらのいずれもが、さしたる根拠もなく各論者の中で前提となってしまっていて、議論がかみ合わない原因となっているように思えます。

●学校で教わっても身についてないのは、英語だけじゃない

まず気になるのは、多くのかたがたが「自分は中学高校と英語の授業を受けたが全然話せない、日本の英語教育は根本的に変えないとダメだ」という実感から意見を組み立てていることです。裏を返せば、「ちゃんと教えてくれれば英語を話せるようになったのに」という根拠のない主張、というか繰り言。
賛成論にせよ(だから若年のうちから始めるべきだ、等)、反対論にせよ(いまの教育ではやっても無駄、等)、そもそも「自分が身につかなかったから学校教育に問題がある」という姿勢は正しいのですか? という違和感が消えません。
「中学・高校での教育のうち、オトナになって応用可能な程度に身につくのはごくわずかで、あとはほんの数ヵ月間"わかった気になる"だけ」というのが、英語に限らず学校教育の現状といえるんじゃないでしょうか。そんなことない、と思うかたは、紀元1世紀までのローマの版図拡大によって地中海世界にどのような変化がもたらされたか、A4サイズに1枚のレポートを書いてみてください。これ、中学校で確実に習ったはずですよ。
数学も社会も理科も、もちろん多くのかたが「大切だ」とおっしゃる国語も、小中高と習ってきた膨大な知識のほんの一部しか、身に付いていないように思えるのですがいかがでしょうか。

ほとんどのオトナはアルファベットが読めるし、「An apple」は「リンゴ」「An orange」は「オレンジ/ミカン」だと認識できる。それって数学や歴史であなたが理解し、記憶にとどめ、日常生活や会話の中で応用可能な知識とさして変わらないのではないですか。
誰もが興味を持てた分野については、そこそこ学校で習ったことを憶え、役に立つわけでなくても図書館で本を借りたり、関連するテレビ番組を見たりして多少の知識を持っているのではないかと思います。公教育では多くの子供たちの広い知識欲に個別に応えることは難しいので、一定の範囲を決めて幅広い知識を紹介するのです。英語はその中の一部でしかない。
英語に関心を持ち、あるいは面白いと思った子供は将来英語の使い手になれるかもしれません。小学校でできることは、その入り口を設けることでしかないように思えます。「しか」と書きましたが、門前払いではなく、うまく関心を引きつける入り口を作るのはとても難しいことです。毎日のように多くの教師たちがその実現に苦労されていることでしょう。小学校での英語教育が、単独で「英語が苦手な日本人」の解決策になるなどという思い込みは危険です。

●英語ができないと就職できないとか昇進できないといったデマには辟易

そもそも、なぜそんなにまでして英語を学ばせなくてはならないのか、についての思い込みも激しすぎるように思えます。
やれグローバル化だ、やれ就職にも英語は必須だと、とくに熱心な英語教育業者などは脅しつけるように英語の必要性をうったえます。ひどいのになると、「TOEICやTOEFLのスコアが一定以上なければ有名企業には就職できない」だの「一流企業では社内会議を英語で行っている」だの「英語ができないものは昇進できない」だのと、ほとんどでまかせに近い。アホなこといいなさんな、なんで日本企業が日本国内でやる会議で、わざわざ効率を落として英語をしゃべらにゃあかんの。一部の企業が何らかの目的でやってるだけのことを、いきなり世間一般に広げちゃダメです。

いずれにせよ、英語が話せなければ生きていけないなんてことは、ありません。不自由なく英語が話せれば便利だし、可能性が広がることはたしかですが、その程度のことだという認識をきちんと持って冷静に考えるべき。
国際的な取引やコミュニケーションの機会は増え続けており、英語を使わざるを得ないケースに突き当たる可能性は高まっているでしょう。けれど、それが全てではありません。

必要だから教える、は、必要ないからやめる、に直結します。
歴史や化学は、ほとんどの人にとって英語よりもずっと「必要度」の低いものです。ならば学校で教えるのはやめます? 時代に応じて子供たちに幅広い入り口を示すことが必要なのであって、オトナが自分たちのルサンチマンをはらすために急に英語英語と騒ぎ立てるのはあまりに身勝手。そして教育業者が声高に英語の重要さをうったえるのは、単なる営業活動と聞き流すことも重要です。

●国語教育に力を入れること=英語には触れさせないこと、じゃないでしょう

また、とくに反対論を唱えるかたがたの多くが、国語教育に力を入れろとおっしゃる。ええっと、小学校卒業時に、いま使っている日本語の基礎をきちんと学び終え、美しい日本語の使い手になっていたと言い切れるかた、手をあげてください。
小学生の日本語なんて、ひどいもんです。流行には弱いし、仲間内で符帳をつくって遊ぶのは日常茶飯事だし、ゲームやアニメやネットなど新しい言葉を仕入れるネタには困りません。だいたい、今も昔も、学校を出て社会人になって最初に教えられるのは、身なりや言葉遣いじゃないですか。言葉なんて、一生かけて身につけるものです。
国語教育に改善の余地がありそうだ、ということは多くのかたに共有された問題意識だと思います。ならば、英語教育と同様に、なぜ必要なのか、小学校ではどこを目指すのかを具体的に示して別個に議論すべきです。でないと、永遠に到達できない目標を定めてしまうことになりかねません。子供たちと教師を、オトナの妄想の犠牲にしてはいけません。

だいたい、学校以外の場所で子供たちは毎日英語に触れています。子供たちを英語を含む外来語から切り離して純粋培養できるならばともかく、否応なしに日本語以外の言語や、日本人にはなじみの薄い物事のとらえ方、考え方に触れながら生きていかねばならないのです。
小学校では国語を大切に、といってたかが週に1単元の英語教育に反対するかたは、それ以上に"有害な"情報から子供たちをどうやって"守る"のかを示していただきたいな。ネット接続は禁止だし、もちろん英語の曲や映画やドラマも禁止ですね。日本語を学ぶ大切な時期に第二言語は有害、などとしたり顔で語るのなら、横溢する英語情報からの悪影響をどう排除するのかを先に考えていただかないと。
すでにあって、無視できないものとは共存していかねばならないでしょう。無視したり、相手を破壊したりではなく。

話を戻すと、国語教育の充実と、小学校での英語教育(あるいは異文化コミュニケーション)の導入とは両立できるもののはずです。
英語を国語教育や日本人のアイデンティティ(!)の敵とみなして非難する人をときおり見かけるのですが、もうちょっと頭を冷やしてはいかがでしょうか、という感想しかもてません。少なくとも、この状態では議論にならんだろうなあ、と。
大人たちは教育問題を語るのが大好きですが、子供たちにとっては毎日の問題ですし、教師をはじめとした教育関係者にとっては仕事の環境を大きく変える話。議論は大いに良いとして、いい年をしたオトナがあまりに短絡な思い込みや業者の甘言を鵜呑みにしてわめき立てるのは、当事者にとって非常に不幸なことではないかと思います。

私もAmazonをたまに使います。「たまに」なのは、店頭で買える本はできるだけ書店で買いたい、という気持ちがあるからです。
Amazonに限らないことですが、ネット上で在庫の有無がすぐに確認でき、しかも注文してほんの一日二日で商品が届けられてくるというのは、かつてのメールオーダーを考えると隔世の感があります。世の中便利になりました。

この便利をさらに加速するサービスが、Amazonで始まりました。
在庫のある商品について、当日もしくは翌日の配達を約束する新サービス「お急ぎ便」です。まだ関東地方限定ながら、表示されている時間までに注文すると通常配達よりも早く届けてくれるというもの。本当に急ぎで手に入れたい場合には使えますね。
こういったサービスを「有料オプション」として提供する姿勢も、正しいと思います。果てしない無料サービス合戦に陥ることなく(それはトータルでの高コスト体質を招き、顧客全体に負担をばらまくだけですから)、顧客に選択の幅を示すのは、理にかなっています。

さて、このサービスを紹介するブログの記事(「Amazon、当日届く「お急ぎ便」を開始」(ネタフル))のはてなブックマークコメントの中に私が普段感じているのと同じものがありました。mharadaさんというかたのコメントです。

そんなことより、絶対に当日再配達してくれないペリカン便を使わないで欲しい。クロネコは可能な限り当日再配達してくれるし。

通販で買い物をするのは上述の通りとても簡単で気軽で便利なのですが、悩みは荷物の受け取りです。
日中留守番のいる家庭ならばともかく、平日は夜にならないと会社からは戻らず、週末はそれなりに予定が入るので出掛けてしまう共稼ぎ家庭では、宅配便を受け取れる時間帯はとても限られたものになります。まあ、平日の夜間と週末の午前くらい、といっても過言ではないでしょう。
上記のコメントにもあるとおり、ヤマト運輸や佐川急便では、一度持ち帰りになってもドライバーに連絡がつけばその日のうちに配達をお願いできます。たとえば夜間指定(だいたい19~21時)をしておいて20時に帰宅、すでに不在連絡票が入っていても、すぐに電話をかければ受け取れることが非常に多いのです。これは本当にありがたい(働くかたがたにとっては過酷な仕事なのでしょうが)。
この点で融通が利かないのがペリカン便とゆうパック。後者に至っては、コールセンターだけでなく配達員が所属する局に電話しても「一度出掛けた配達員に連絡を取ることはできない」と冷たくあしらわれます。

ゆうパックについては、過去にもとんでもない理由で荷物が届かなかった事例が何度もあって、不信感を持ち続けています。
先日も、夜間不在票があり週末も早く出掛ける予定だったので夜間指定で再配達依頼をする際に、仕事の都合で19時にかえっていることは無理で、なんとか20時過ぎにはいるようにするから遅めに配達してくれないか、という主旨の依頼をコールセンターにしたところ、にべもなく断られやむを得ず所轄の局に直接頼んだこともありました(配達員には連絡できない、と断られたのはその際のコールセンターおよび局の職員の答えです)。

民営化に向けて営業努力を強化しているのでしょう。あちこちの通販サイトでものを買うと、ゆうパックで届けられるケースが増えています。
しかし、上述のように、ゆうパックとヤマト・佐川とのあいだには極めて大きなサービス力の差があります。私のように荷物を受け取れる時間帯が限られてしまったものにとっては、送料が1000円アップしても良いからヤマトで送ってくれ、と思うことは少なくありません。

私もそうですが、「送料無料」といわれるととてもお得な気がします。
Amazonでは一回の注文を1500円以下にすることはまずありませんし、ヨドバシでも同様に1万円以上まとめて買います。けれど、冷静に考えると無料といいつつも、送料は商品代に含まれているもの。
「低価格低サービス低満足度」のゆうパックで発送されてイライラとするくらいならば、1000円多く払ってでも融通の利くヤマトや佐川で受け取れた方が、精神衛生上もよろしい。書籍くらいなら、近所のコンビニエンスストアでの受け取りでもよさそう。

ネット通販自体は決して難しいことでも、大きな投資を必要とすることでもなくなってきました。
しかし、肝心要の顧客に商品を届ける場面では、「低価格低サービス低満足度」(しつこいですか? でも、いっこうに改善される気配がないのでほとほと弱っているのです。もう、配送はゆうパックと見ただけで買う気をなくすほど)のサービスが漫然と使われています。
ネットショップのオーナーのかた、企業は、顧客との唯一の人的接触場面ともいえるこの配送サービスを、もっと真剣に、コスト以外の要素をちゃんと評価して、選んでいただけないものでしょうか。

東京ディズニーリゾートに遊びに行った際に、イクスピアリの丸善にて妻が購入しました。
読了後に「読んだ若い子はこれが現実だと思いこむんだろうなあ」といいながら手渡してくれましたが、ディズニーテーマパークの裏側の事情には全く疎い私には?なメッセージでした。

さて、Amazonでもずいぶんと評価の高いこの本ですが、正直なところ私にはキツイものでした。
理由は三つ。一つは主人公も含めてあまりに平板な登場人物、二つ目はあってなきがごときパターン化されたストーリー、そして三つ目として作家の社会経験や取材力を疑わざるを得ない仕事というものへの無理解です。
いずれも読んでいただければわかると思いますが、確認のために読んでいただく必要もないでしょう。まあ、水戸黄門の舞台を東京ディズニーランドもどきに変えて中高生向けに書き直したものだと思っていただければよいでしょう。
少なくとも、年季の入った本読みが相手にするようなものではない。この作者は他にもベストセラーをいくつも出しているようですが、少なくとも私の関心の範囲からは消えました。

妻の心配は、上記の三つ目に起因するものです。
テーマパークの裏方を全く知らない私が見ても、本書で描かれているようにいい加減で非現実的な選考過程を経て人が採用され、しかも出社初日から何の教育も受けていない新人が現場に立ち、さらには自らの意思で仕事を選んで歩くなど、東京ディズニーリゾートでなくても、まともな企業ならばありえないことは明らかです。
しかし、この本がターゲットとしているであろう中高生は、これが現実だと思いこんでしまうかもしれません。小説などもっともらしく書かれた嘘であることを理解できずに信じ込むことが一概に悪いとはいいませんが、Amazonでのレビューを見ても、これが現実(ないしはそこそこ近いもの)という前提で読んでいる人は少なくないようです。
小説に書かれた嘘を信じるかどうかは個人の自由ですが、これが現実だと思われては賢明に役割を果たしているキャストはたまらんだろうな、と感じます。

私がこの本を20歳の時に読んだら、という仮定をおいても、やはりダメだったでしょうね。
Amazonレビューのいくつかに「これは月9」というのがありましたが、まさにその通りだろうと思います。民放でひっきりなしに流される訳のわからないドラマを見ることもなく、テレビガイドで設定やストーリーを見るだけでも頭痛がしてくる私にはちょっと理解不能です。なので、アフィリエイトリンクもなし。
もし、東京ディズニーリゾートの裏側に関心があって、あるいはディズニーが好きで、ちょっと本書に関心を持ったとしても、ある程度以上の本読みにはとてもおすすめできません。逆に、ちょっと読みにくい本だと10ページで放り出してしまう人には、良いのかも。

我が家の近所にスーパーがあります。
大規模でもさして低価格でもないのですが、駅からの帰宅途中に全く時間ロスをせずに寄れるため、日常の買い物はほとんどすべてここでしています。

この店、一応は名の通ったチェーンなのですが、どうも売場づくりが下手。あまりちゃんと商売をする気がないのではないかと思えるほどです。
たとえば、賞味期限間近や商品入れ替えとなる前の見切り品のワゴンをあちこちに分散し、しかも日によって場所が変わります。
しかも乾物が冷凍食品の脇に、缶詰が卵の隣にと何の脈絡もなく、ただ空いた場所に並べた感じ。客は自分が買った商品でこうした見切り品を見つけると、わざわざカゴの商品を元あった場所に返しに行かねばなりません。売りたくないならともかく、見切り品は早く売り切りたいんじゃないでしょうか。

私が最近知った"使える"冷凍食品に、ふんわりとした半熟のプレーンオムレツがあります。袋のまま10分ほど湯煎すると、自分で作ったのではなかなか成功しないほど見事なオムレツができあがり。これをチキンライスに乗せれば、あっという間にプロのようなオムライスになります。
ふつうなら、この隣には組み合わせて使う食品、チキンライスとかドライカレー、あるいはタンシチューやハンバーグなんかを置きますよね。もちろん、冷凍ケースの隣にはデミグラスソースや付け合わせ用の野菜を置いとくのもセオリー。
ところが、この店ではこのオムレツはお弁当用の冷凍総菜の端っこで売られているのです。両隣はおべんとハンバーグと鳥の唐揚げ。
私はわざわざチキンライスを隣のケースに探しに行きましたが、これでは売上が伸びるわけがありません。使い方を自分で考える客にしか届かないのですから。

また、昨日は夕食のメニューを迷いながら歩いていて、カレールーなどのコーナーでシチューが2種類、特売されているのを見つけました。普段の半額ほどです。
では今夜はビーフシチューにしようかとカゴにルーを放り込み、野菜コーナーで必要なものを追加してから食肉コーナーに行くと...
牛肉はすき焼き用、焼き肉用にそれぞれカットされたものと、切り落とししかないのですね。驚きを通り越して愕然としました。シチューなのだから肩ブロックくらいなければ話にならないじゃありませんか。

やむを得ず、ルーをホワイトソースに変更(同じ値段でした)、鶏のもも肉を買って帰りました。
シチュー自体はおいしくできあがりましたが、店としてはグラム500円×450gの売上が、グラム198円と半分以下になってしまったわけ。買い物客はこの店でビーフシチューのルーだけ買って、牛肉はよそで買うなんてことはしないはず。ビーフシチューのルーを特売するなら、牛肉もそろえなくちゃダメです。

まあ、普段あまり売れないのかもしれませんが、だったらシチューやカレーのルーを大々的に売り出すのはナンセンス。カレーに薄切り肉を使う家庭ばかりじゃないのです。
その割にはスパイス類はそれなりに充実していたりと、売場づくりにまるで方針が感じられません。なんとなく、店格や本社方針で高級食材を並べるんだけど、実際に売れるのは安物、コモディティばかり、という矛盾がそのまま売場に現れている感じ。

少し歩いたところに西友があるので、対抗措置でコモディティを安く、という売り方をせざるを得ない一面はあるのでしょう。とはいえ、そこに徹したって西友に勝てるわけがありません。
この店ではメープルシロップをちゃんと3種類そろえて(ちなみに西友にはありません)、蜂蜜にいたっては20種類近くが並んでいます。タコシェルもちゃんとある。この品ぞろえをうまく客の料理レパートリーに結びつける売場構成にしないと、知っている客だけが買うだけになってしまいます。
売場責任者に十分な権限がないのか、あるいは知恵がないのか、理由はわかりません。しかし、このアンバランスな売場、客としては早いところ何とかしてほしいのです。もちろん、私の希望は西友やダイエーとは違った品ぞろえと提案ですが...

先日も新幹線で出張したのですが、斜め前にやっぱりいました、書類を広げて読んでいるおじさんです。
45~50歳ほどと思われる彼が読んでいるのは、ある食品メーカーの年末年始の新商品提案書。彼がその会社の社員なのか、提案を受けた取引先なのかはわかりません。それでも一応は秘密であろう(表紙に丸秘って書いてあった)新商品情報、しかも取引価格入りのものを堂々と広げ、まわり中に見えているのもへっちゃら。
しかも15分くらい目を通していたかと思うと、テーブルの上に置いたまま寝はじめました。いや、これほどの人物にはなかなかお目にかかれません。だいたいは書類をしまってから寝るものですが。
仮に取引先だったとして、担当営業は自分が出した提案書がこんな具合に"大公開"される危険は想定していないでしょうね。

ある同僚から聞いた話ですが、やはり新幹線での移動中、なんと隣にライバル企業の社員が座り、やはり何の警戒もなく流通向けの新企画の書類を読みはじめたとか。メモを取りたい衝動を抑えつつ内容を必死に暗記したそうです。
内容は当然共有され、何ともありがたい情報となったのはいうまでもありません(ものすごく手の込んだ罠だという可能性もゼロではありませんけどね)。

新幹線で仕事をするのには大きなリスクが伴います。隣や斜め後ろに誰がいるか、全くわからないのですから。
私は自分の部下には新幹線で仕事に関連する書類を広げることを原則禁じています。まあ、ガラガラで誰からも見えない状態ならばいいでしょうから、状況をきちんと判断するように、ということ。もちろん、トイレ等で離席するときには、カバンを持っていくのが社内ルールです。

そもそも、新幹線で仕事をせねばならないほどせっぱ詰まった状態を作ること自体がまずいですし、それほど差し迫っていないなら、本でも読んで勉強しておくくらいが良いのではないでしょうか。
つい最近、比較的著名なビジネス系のサイトでも「新幹線の揺れが大きくて仕事に差し障る」という記事が出ていたのを見かけました。記事の著者はなんと「セキュリティ・コンサルタント」だということすが(実名、社名入りで書いてます)、少なくとも私は新幹線で仕事を始める御仁に、セキュリティを守るための大切な仕事を発注する気には、なれません。
"仕事"の内容にもよるのでしょうが、上述のエピソードのごとく、新幹線での仕事は重大な情報漏洩ルートのひとつになっているかもしれません。そこに無頓着な人が多すぎるのは確かです。

新幹線や飛行機の中、喫茶店などはプライベート空間ではありません。
そこで仕事をするならば、周囲の状況にきちんと目を配って情報漏洩などの不手際を犯さぬよう、十分に気を配る必要があります。繰り返しになりますが、そもそもそんな状況で大切な仕事をしなければならない状態を、作らないようにするのが一番。
いつも忙しそうにして寸暇を惜しんで仕事をしている人の中には、やたらに手が遅かったり、無駄な回り道を繰り返して効率の低い進め方をしている人が、かなり含まれるもの。移動中に仕事をしているかたは、一度「なぜ自分はこんなにせわしなく仕事に追われているのか?」を分析してみた方が、良いかもしれません。
なお、本稿には上述の「セキュリティ・コンサルタント」氏を貶める意図はありません。その方に実際にあって信頼しているかたは納得しているのだから良いのでしょう。とはいえ、端から見て不用心だな、とは思います。

英語に関しては私は人のことをとやかくいえるわけではなく、つい4年前までは英会話教室に通うわけでもなく、「ある朝目覚めたら英語ペラペラになってないかなあ」などと妄想していたクチです。
ときおりはてなブックマークで英語学習に関するブログがとんでもない勢いでブックマークされているのを見ると、ああ、英語ってそういうものなんだな、と再確認できます。

そういうものなんだな、というのは、気になるし使えるようになりたいとかなり強く願っているけど、そのための苦労や投資を考えると手を出せずに、ただ気になっているだけの状態が続く、という感じ。
気になっているので、英語学習に関する人気エントリーがあると反射的にブックマークしてしまうかたも多いのでしょうね。たとえば、最近びっくりしたのが下記の記事です。

 Podcasting(TOEIC900 英語勉強法)

見ればわかるんですが、ただのアフィリエイト目的サイトで、情報は皆無といって良いもの。podcastはアップルやソニーのプレーヤで聞けます、たとえばこんなニュースサイトがありますといってリンクを三つ。あとはiPodやらのアフィリエイトリンク。
にもかかわらず、この記事のブックマーク数は今日現在で157。中におひとりだけ「これはひどい、アフィリエイト」タグを付けているかたがいらっしゃいますが...

今日の人気エントリーに入っているものにも、上記とは違いますが、首をかしげざるを得ないものが見つかります。

 インターネット時代のお手軽英語勉強術――リーディング編(ITmedia Biz.ID)

このブックマーク数が180です(10月12日22時半現在)。
この記事、なんだか真面目に社会人の英語学習法を考えて書いたとは思えません。なんかこう、適当に英語ネタでいってみるか、Googleツールバーのポップアップ辞書って意外と知られてない感じだしね、とかいったノリで書いた感じ。
それでも、こんなに多くのかたが参考になる、あとで参考にできるだろう、と判断されたのですね。不思議。

私がなぜこの記事がダメだと思うか、書きます。
まずは紹介されている辞書ツールは、たいした助けにはなりません。
著者の徳力氏もおそらくお気づきだと思いますが、Googleツールバーの辞書ツールは、かなり基本的な単語しか訳してくれません。これを使ったくらいで、英語のブログエントリを怖がらずに読めるなどということがないのは、1時間も使ってみればわかります。本当に辞書をひかないとわからない単語は、意味がポップアップされないのですから。

しかも、単語の意味がわかることが、英語がわかることではありません。
辞書ツールでわかるのは単語の意味だけ。このレベルの辞書で助かる読者にとって問題なのは、長いセンテンスで主語と述語を適格につかむことや、関係詞の指す対象や句・節の区切りをきちんと把握することです。ポップアップ辞書にはこれは不可能。もちろん、熟語の意味だってわかりません。
この辞書ツールが役立つのは、中学高校で習った文法の知識はきちんと残っていて、文章の構造はほぼ理解できるけど、とてつもなく語彙力がなくて単語は中学3年間にならったものさえ危うい、という読者くらいじゃないでしょうか(もっとも、知らぬ間にバージョンアップされてどんどんと使い勝手が良くなる可能性は、ありますが)。

Googleツールバーに辞書ツールがあるからといって、学習に役立つ英語のブログを読むことなんて、徳力氏が書いてるほど簡単じゃないわけです。
また、英語を読んで単語の意味さえわかれば文意が取れる読者にとっては、このおまけの辞書など気休め程度にしかなりません(辞書ひく前出ればラッキー、という程度)。
たしかにこの記事を読んで「やってみるか」と思い立つかたが何人かいれば、それはそれで価値があるのでしょうけど、その結果「やっぱりダメじゃん」になっちゃうのでは元の木阿弥ですね。

また、「英語は勉強したいけど、社会人だと仕事が忙しくて勉強するヒマがない」と思っている人がやってみようと思い立ったとして、読むサイトはきちんと選ぶべきです。
たとえ趣味や関心領域と重なったとしても、書いてる英文がちゃんとしている保証なんかありません。日本語を学びたい海外の高校生が、2ちゃんねる用語が数行おきに出てくるブログを読んでいる姿を想像してみましょう。
梅田さんのブログを紹介して責任を逃れるんじゃなく、新聞社やメディアのサイトでも何でも良いから、おすすめのサイトを紹介するのが親切というものでしょう。

ちなみに、私がビジネスパースンにおすすめするとしたら、次のサイトです。
 FC NOW - The Fast Company Weblog
 business2blog:B2Day
また、辞書ツールに関しては「Personal Dictionary(PDIC)」「DokoPop!」をおすすめします。シェアウェアなので有料ですが、たしか「英辞郎」を買うとライセンスつきのはずですので、辞書データも入手できて一石二鳥でしょう。

「DokoPop!」を使えば、未知の単語や熟語上で右クリックをすると登録された辞書(私は「英辞郎」を使ってます)からの意味がポップアップ表示されます。マウスオーバーのように何でも表示される鬱陶しさがありません(ただし、OperaやAcrobatで使えないのが難点)。
しかも、さすがは英辞郎で、ほとんどの単語や熟語で意味が表示できます。これだと、ときおり未知の単語や表現の出てくる英文をPCで読んでいくのが非常に楽になります。
少なくとも、Googleツールバーの辞書とは、次元が違っていると思いますよ。おすすめです。

少し前に出ていた本ですが、糸井重里氏が話題に取り上げたことで書店に平積みされているのが目にとまりました。
日本は集団主義的で相互の信頼が強く、一方個人主義的な米国では相互の不信感が強い、という一般的な思い込みの否定から始まって、他社を信頼することとは何か、信頼に関する人の行動を決定する要因は何かを、数々の実験の積み重ねによって解き明かしています。
経済や政治のローバル化、社会のさまざまな場面での流動性の拡大など、これまでの「安心社会」がそのコスト(機会費用)を高めつつある中で、社会の成因は新たな行動を身につけ、適応するでしょう。それが「信頼社会」に向かうという指摘は、妥当なものであるように思われます。

著者の記述は、何が良くて何が悪いといった価値判断をしっかりと排除した、非常にバランスの取れたものです。
昨今粗製濫造される新書本に見られる、若者やら中高年を悪者に仕立てて鬱憤を晴らすといった志の低い本ではありません。その分、読んでスッキリしない読者も多いかもしれませんが、こうした本を通じて「信頼」「安心」といった概念についての理解を深め、個々の問題について考えることはとても有益なものと考えます。
もちろん、著者は日本社会がどうなっても成り行きでよい、といっているのではありません。現在見られる多くの変化要因から見て、「安心」をベースにした社会から「信頼」をベースにした社会へと変わっていくことが合理的であろうという見解は、首尾一貫したものです。

とはいえ、こうした分化、あるいは行動パターンは、個々人が意図的に選び取っているというより、社会全体としての適応結果が個人の行動を規定し、同時に個々人の言動がそれを強化するという循環によって形成されたものと著者は指摘します。
したがって、これを意図的に変えることが極めて困難であろうことは、想像に難くありません。個人の立場からは不可能にさえ思えます。長年の積み重ねの中で、「いまのこのやり方が合理的なのだ」という信念ができあがっている以上、それを変えるにはよほどのショックが必要です。ゆでガエルのたとえどおり、緩やかな変化は組織の変化スピードを遅らせこそすれ、早めることはあまりありません。ましてや、社会全般ともなればなおさらのことです。

昨今、たとえばはてなブックマークなどで「空気を読む」といった内容を含むブログエントリが多くのブックマークを得ているのを見ると、若いかたがたにとっては組織内・集団での人間関係を読みとること(すなわち、集団内での「安心」を高める行動)が未だに大きな課題であることが感じ取れます。
明らかに場違いな言動はともかくとして、その場の人間関係を壊さずに本音はどうあれ「空気」にそった言動を選択することが合理的であるとすれば、多くの場は未だに「安心」をベースにしているのでしょう。けれど、こうしたスキルが話題になるということは、それを身につける訓練が、自然にはなされてこなかったことを示しています。
これはとりもなおさず、社会にとって「安心」をベースにしたコミュニティが有効性を失いつつあること(機会費用が高いと認識されつつあること)の表れと見ることもできます。

著者の指摘どおり、旧来日本でうまく機能してきた組織のありようや個人の行動原理は、休息に有効性を失いつつあります。
すでに会社組織の中でも「○○一家」的な価値観は古くさいものですし、出身地とか大学といった属性で人を囲い込んだり判断したりといったことも減ってきているでしょう。上述したとおり社会を意図的に変えようとするのは困難ですが、構成員の変化や環境変化によって少しずつ変わっていくことは、止められません。
若いかたがたは、中高年の真似をして「空気を読む」訓練(本書でいう「地図型知性」の鍛錬)に熱心になるよりも、「ヘッドライト型知性」を磨くことに注力した方が得策であるように思えます。
顔の見えないネットは、そもそも「地図型知性」の有効性が働きにくい環境です。そこでブログのエントリやブックマークコメントなどを手がかりとした判断スキルを磨いているのですし、それを高めていくことが組織における影響力を確保することにつながっていくのではないでしょうか。わざわざ、中高年の得意な土俵(「地図型知性」を磨いて「コミットメント型組織」を強化すること)に飛び込むことはないはずです。

そんなわけで、私のおすすめは「空気なんか読むな」ということになるのかな。
空気なんか読まなくたって、会社組織の中でそれなりに評価され、役割を果たしていくことは十分に可能ですよ。

小学校の英語教育に言及するかたによく見られるのが、「そんなことよりも、美しい(正しい)日本語をきちんと教えてほしい」という発言です。
そういわれると、なんとなく「そうだよな、最近の日本語の乱れは目に余るしね」と思っちゃうのが、大きな問題。そうやってそれが実現できるのか、阻害要因は何かを考えなければ、一種の思考停止です。

こうした発言の主は、たとえば小学校での国語の時間を増やすことで、子供たちの日本語の乱れをただすことができると思っているのでしょうか。
少なくとも、英語教育よりも国語を、という発言が要求しているのは、学校教育におけるリソース配分を国語に重点化するように、ということになるはずです。でも、それって本当に有効な解決策になりうるのでしょうか?

誰でも昔は子供だったわけですが、自分が子供のころに使っていた日本語が「美しく」て「正しかった」と言い切れるかたはどれほどでしょうか。私もはっきりとした記憶はありませんが、相当ひどかったであろうことはたしかです。
「いまよりはマシだった」とおっしゃるかもしれませんが、さらに上の年代からはどう見えていたかを考えると、それほど説得力はありません。
子供たちが日常接する日本語は、教師が授業中に使うものばかりではなく、むしろ、友達との会話やテレビの視聴からのものが多いはず。そして親が使う言葉でしょう。
テレビのバラエティ番組はいうに及ばず、多くの親御さんたちは子供の前で「美しく、正しい」日本語を意識して使っているでしょうか。近所の子供のいる前で、乱れた言葉を使わぬように気を遣っているでしょうか。かなりの個人差があると思います。

躾の問題でも同じような構造があるわけですが、親が自分で使えもしない、そして目指してさえいない「美しく、正しい」日本語を、学校で教師が子供に教え込んでくれると期待するのは、あまりにムシの良い話。我が子に汚らしい言葉をさんざんインプットしておいて、浄化は学校任せなんて話はありません。
子供が「美しく、正しい」日本語の使い手になることを望むのなら、まずはバラエティ番組などを見せるのをやめ、家庭内でも使う言葉に気をつけることから始めねばなりません。先ず隗より始めよ、当たり前ですね。事実、私の友人でもきちんとした言葉遣いのできている家の子供は、けっこうちゃんとした日本語の使い手に育っています。
日本語が乱れているとして、それは「子供たちの日本語が乱れている」のではなくて「かなり多くの日本人の日本語が、乱れている(そしてそういう日本語の使い手が、子供を持ち育てている)」のです。

ところで、小学校のうちから「美しく、正しい」日本語を話す子供って、そもそもちょっと不自然じゃありませんか? 子供の言葉なんて流行に踊らされ、仲間内の符帳にあふれていて当然のもの。
どちらかといえば、10代から20代を過ぎるあいだにさまざまな経験を積んで、まともな日本語を学び、身につけてきたのではないかと思うのです。「正しい日本語を」なんていう主張は、それができなかった(と、自分なりに思っている)大人たちが、「これからの子供たちには」と思っているだけの話ではないでしょうか。自分が努力せずに子供に期待しちゃいけませんよ。
そして、この構造って、英語教育に期待するのととてもよく似ていますよね。

教育を語るとき、子供たちにとってのメリットを考える以前に、自分のルサンチマンの代償を求める大人が多いように思えるのです。ゆとり教育だって、当時の大人たちが望んだ結果だったのではありませんか。
あまりお粗末かつ陳腐な理屈で、子供たちを振り回さないようにしたいものです。

下記の記事において、先日の伊吹発言の詳細を読むことができました。

 先日の伊吹発言(公式発表)(女教師ブログ)

まず私も含めてですが、こうした元情報によらずに新聞報道を読んだだけで判断をするのは、やはり危険ですね。
たとえば朝日新聞による「私は必修化する必要は全くないと思う。美しい日本語ができないのに、外国の言葉をやったってダメ」という記事からは、いかにも頑迷な国家主義者が英語教育に反対しているかのような印象を受けます。伊吹氏の本音がどこにあれ、少しかわいそうな報道でしたね。
とはいえ、文部科学省のサイトで読める伊吹氏の発言を見ても、氏が小学校での英語教育にはやはり熱心とはいえないことがうかがえます。

9月29日の伊吹発言を改めて読んでみましょう。下記の発言からは英語の運用力をあくまでもオプションととらえ、さほど重視していないさまが見て取れます。

私は英語教育をやること自体は反対ではないんです。例えばお菓子を食べる、おいしいケーキを食べるということは、余裕があればやればいい。しかし、おいしいケーキや和菓子を食べるということは決して悪いことではないけれども、基本的に体を維持していくために大切なたんぱく質やでんぷん質などが十分体に摂取をされた上で、なお余裕があれば食べればいいのではないかと思います。先ほど言ったように、中央教育審議会で色々な方が色々な立場からご議論なさっているので、その議論を聞かせてもらったら良いし、私は私のご意見をそのときに申し上げたいと思います。(文部科学省 平成18年9月29日大臣会見概要

国際語としての英語運用能力は、食べなくてもかまわないお菓子ではなく、必須栄養素になりつつあるという認識は、お持ちではないようです。

また、英語教育に慎重であるべき根拠は、次のように示されます。

皆さん同時に学力の低下や、日本語の乱れということも報道されていたりしていらっしゃるわけでしょう。だから僕は記者の皆さんにむしろ伺いたいのだけれども、今の学習指導要領などに決められている時間の配分の中で、英語をやったほうが良いと思いますか?
 そしてもうひとつ、よく検証しておかないといけないのは、今も国際的な感覚を磨くだとか、外国人に触れて外国のものの考え方を聞くとか、そういうことは総合的な学習の時間の中で、現にやっているわけでしょう。英語教育というのは、言葉のニュアンスから見ると、アルファベットから教えるような感覚になってしまうんですよね。外国の人が来て、外国の歴史や自分たちの国の実情を話してくれるのを聞くということは英語教育なのか、これは受け止め方によると思います。
 これはもう、色々な立場で意見が違いますから、私は私の意見を押し付けるつもりはありません。国会の場で皆で教育基本法改正の議論をして、各々の価値観、判断を出し合って、国民の前にさらして理解していただき、皆さんにも報道していただきたいと申し上げているのと同じことです。英語教育は悪いとは僕は言わないけれども、優先順位を考えるとどうなのかなということです。余談ですが、私の子どもは英国で生まれて3つまで英国で育ったけれど、日本に帰ってきて1ヶ月もしたら、英語なんて全然話さなくなってしまった。人格形成や基本的な素養を身につけさせる中で、国際感覚を磨くとか外国の文化に触れるとか、そういうチャンスを小学校で何らかの形で設けるというような打ち出しであれば、非常に良いですね。(文部科学省 平成18年9月29日大臣会見概要

3歳まで英国で暮らしたけれど1ヶ月で英語を忘れたという伊吹氏のお子さんが、いったい何を立証しているのか不明で(少なくとも、小学校高学年において英語教育に時間を割く優先度が低いことの証明には、なっていません)、こうした無関係の事例をとりあげて議論を煙に巻くのは、そこら中で"オトナ"が良くやっていること。たしかに「意見を押し付け」てはいませんが、無用なエピソードで議論をすり替えようとするのは、こうして読むととてもいやらしく感じられるものです。

冒頭ブログのリンクをたどって、改めて2006年3月に出された中教審の提言(リンク先PDF文書)を読んでみました。
内容としては、スキルとしての英語よりも、異文化を理解する国際コミュニケーション力の醸成が目的であること、その中で、必要な英語のスキルについても教えることが、ここでいう小学校での英語教育であるようです。
ちなみにこの提言、たった24ページのものなので、このテーマに関心のあるかたは読んでおいて損はないと思います。

現実場面を考えると、たとえば異文化に触れるといっても全てを日本語で行うのでは、社会科の授業とあまり代わり映えしません。提言の主旨である国際コミュニケーション力の醸成を考えるならば、外国語を使ってみる、という活動は不可欠でしょう。
けれど、根本的に「ABC」が読めも書けもしない子供たちが、どうやって英語でのコミュニケーションを体験するのでしょう。提言の中でも、挨拶や簡単な会話などの言語活動が必要であることが述べられています。リンゴの絵を示して、下にカタカナで「アッポー」とか書いて読ませるのでもない限り、やはり授業のどこかでアルファベットを教えることは必要であり、「I」は「わたし」であり「apple」は「りんご」であることを知る必要があるのです。なんのことはない、中学一年生の英語の授業がスライドしてくるわけ。

小学校での英語教育が、英語そのもののスキルを目的としないといっても、最低限のスキル(アルファベットの判別ができるとか、単語という概念を持つこと)が不要なわけではありません。
伊吹氏は「英語教育というのは、言葉のニュアンスから見ると、アルファベットから教えるような感覚になってしまうんですよね。」と否定的に取り上げますが、アルファベットを一切教えずして、英語を母国語とする人とどんなコミュニケーションが可能なのか、教育の現場は困ってしまうのではないでしょうか。
提言の内容、文部科学大臣の言葉、そして実際の教室で行われるであろうこととには、とても大きな距離がありますし、そこで苦労するのは教師たちであり、誰よりも子供たちです。

日本人として生きていく最低限の素養が十分身についているならば、そして色々な文化、違う民族の人の文化を理解する態度を養うとか、そういう趣旨であれば、小学校の中でやっても良いし、アルファベットから会話を教えるということまでやるということであれば、それは日本人として生きていく最低限の素養をマスターした上でやった方が良いのではないかということです。(文部科学省 平成18年9月29日大臣会見概要
伊吹氏はこうもいいますが、「日本人として生きていく最低限の素養」をどう定義するかによっては、高校生や大学生だって英語を学んでは行けなくなってしまうじゃないか、社会人の英会話教室通いも論外、ということになりませんかね。その気もないのに、「もう一段高いレベルの仕事ができるようになったら、昇格を考えるよ」などというのと同じ。ムービングターゲットは、蜃気楼のようにいつまで経っても到達できないものです。

英語のスキル教育と、国際コミュニケーション力とは、分離して片方だけを教えられるものではありません(まあ、中国語やスペイン語でも可能ですが、いずれにせよ外国語のスキル教育とは不可分です)。
それを無理矢理観念の中で区分して、一方は認めるけど、もう一方には賛成できない、という発言をこの大臣はしているわけです(中教審の提言は、不可分であることを認めた上で、どちらが目的であるかを明確にしているに過ぎない)。結果としては、分離できない以上はどちらも実行できない、というのが結論にならざるを得ません。
いってみれば、伊吹氏は提言の内容を指示する体裁は整えつつも、それが実行不可能な環境作りを狙っているように思えるのです。この人物、やはり文部科学大臣として教育改革の担い手とするには、不安が大きいのですがいかがでしょうか。

先日、実に久しぶりにポジフィルムでの写真撮影をしました。
使ったフィルムは富士のプロビアで、このフィルムを使うのは初めてでした(フィルムを使っていた時には、価格が安かったこともありコダックのダイナハイカラーばかりでした)。

撮ったは良いのですが、フィルムのままではWEBで使うことができません。
フィルムスキャナはSCSI接続のもので、今手持ちのPCでは動きませんし、ニコンのデジタルカメラアクセサリのフィルム撮影用アダプタは両端がトリミングされてしまいます(私はけっこう3:2の画面全体を使ったフレーミングが好きなので)。

そんなわけで、現像と同時にコダックのイメージパックCDサービスを利用してみました。以前はプロフォトCDと呼ばれていたものです。
普通のフォトCDでも良かったのですが、長辺1536ピクセルの4BASEまでしかなく、サービスサイズくらいまでの印刷にしか耐えられないのは少々不満。長辺3072ピクセルの16BASEまで使えるイメージパックCDにしたわけです。

ただしこのサービス、値段がちょっと張ります。
今回は36枚撮りフィルム2本をスキャン、保存して約1万円ほどかかりました。基本料金と新規ディスク代が合計で1050円、ポジフィルムからの書き込み料金が1カット126円です。ちなみに業務用の64BASE(長辺6144ピクセル)だと1カットあたり2625円。
フィルム代が約1000円ですから、現像代も含めてざっくりと6~7000円かかるわけですね。おおざっぱには一コマあたり200円となります。
とはいえ、久々に使ったポジフィルムでの青空の色は、やはりデジタルではなかなか表現できない発色と階調。フィルムにこだわって撮り続けるカメラマンが多いのも頷けます。

このイメージパックCDにはもうひとつの問題があって、色空間をきちんとあわせて開くにはPhotoshopが必要。
まあ、IrfanViewなどでも開くことはできますから、フィルムと見比べながら色を調整することは可能ですが、手間が少ないのは助かります。けれど、もともともっていたから良いようなものの(それでもバージョンは5.5のままですが)、この画像のためだけにPhotoshopを買う気にはさすがにならないでしょうね。

値段が高くて開くにはPhotoshoが必要という、いささか敷居の高いサービスですが、結果にはかなり満足しています。
これから先も、ときおりフィルムを使うことになるでしょうが、スキャナを使って一枚一枚自分で取り込む手間と仕上がりを考えると、十分に見合う価値はありそう。
とはいえ、過去に撮り貯めたフィルムを全てスキャンして保存するとなると、数十万円かかってしまいます。いっぺんには無理ですが、気に入ったものから少しずつやっていけばよいかな、と思っています。月に1、2本なら、なんとかお小遣いの範囲でやれますしね。

文部科学大臣が、小学校での英語教育の必修化に否定的な見解を述べ、話題になっているようです。
別の記事では英語をお菓子にたとえているようですが、英語が必須ではないと考えているこの大臣の国際感覚や教育観、大丈夫ですかね?

 伊吹文科相:英語必修に慎重な考え示す(MSN毎日インタラクティブ)

私は何度か書いているとおり、小学校での英語教育必修化には消極的ながら賛成しています。理由は以下のとおり。

賛成する理由としては、これからの子供たちが英語なしで一生生きていけるとは思えないし、英語を捨てることはかなり選択肢を狭めてしまうであろうこと。そして、いまやアルファベットは日常使う文字のひとつであること。
消極的にならざるを得ない理由は、小学校で英語といっても何を教えるのかがあいまいなまま導入の話ばかりが進んでいるように見えること、そして教員の質と量が確保できるのか疑問であることです。

小学校での英語必修化に反対する理由として、上記の伊吹文化相もそうですが、「美しい(正しい)日本語の教育が先決」というのがあります。
でもね、今すでに日本語が「正しく」教えられていないと思っているんですよね? だったら、まずやるべきことはゆとりだの総合学習だのといっていないで、授業の量を増やすことじゃないでしょうか。週に1時間を英語に振り向けるから、国語教育がだめになるのではありません、すでに自分たちの手でだめにしてしまったのです。
授業の時間を増やし(戻し)、そこで国語教育を充実しつつ同時に英語の時間を捻出することは、不可能ではないでしょう。

もうひとつ、誰でも気がつくことですが、算数も社会も理科も、日本語で教えていますよね。これって日本語教育じゃないのですか? 教師が児童と話す時間のすべてが日本語教育です。親が子と話す時間のすべてが日本語教育です。
それをどうすべきかをろくに議論もせずに、年にたった30時間ほどの英語教育を槍玉に挙げたって何も解決しません。

そもそも、現実に英語教育が行われていない以上、国語力の低下(と思われている現象)の原因は英語にはありません。むしろ、国語力の低下など私が子供のころから(つまりはゆとり教育よりずっと以前から)いわれていること。
また、優先順位の議論をするにしても、国語教育と小学校での英語教育充実の二項目だけで議論をすべきではないことは明白です。英語教育よりも優先度を低められる活動は、ゼロではないはずです。
「やっぱ国語が大事だよなあ」などと伊吹文化相に共感されるかたは、ご自身がこの単純な議論のすり替えに乗せられていないかどうか、きちんと考えたほうがよさそうに思えます。
職場でのコミュニケーションでもみなさんが経験されているとおり、苦しい理屈付けの裏側にはあまりきちんと説明したくない本来の理由があるものです。

「ザクティ、いいかもね」と書いたのがちょうど1ヶ月前でした。
前回も書いたとおり、高性能なんだけど重くて大きなビデオだけでは、普段気軽にムービーを撮るのは無理。特に旅行中など、大きなビデオカメラを持ち歩くのをいやがった妻の選択は、Xactiの防水仕様「DMX-CA6」です。

Xactiには現状で標準画質の「C6」と防水仕様の「CA6」、そして720pのHD画像が録画可能な「HD1A」の3機種があります。
私はHD画質に関心があったのですが、コンパクトな機材で手軽に、という購入目的から外れてしまうのでパス。軽さと薄さ、操作のしやすさでは「C6」が有利でしたが、雨の日でも気にせず使える防水仕様ならば、別のムービーカメラを買ったあとでも使い続けられるだろう、ということで「CA6」に。カラーはシルバーです(ここが一番迷っていたようですが、「オレンジの方が人気です」と聞いてシルバーにしてました。天の邪鬼がうつったかな?)。
バッテリーは予備をひとつ、SDメモリーカードは価格のこなれていた2GBを一枚(バッテリーが60分強保つようなので、バランスはちょうど)、それぞれ購入しました。


さっそく日曜日に試し撮りにでかけてきました。
うまい具合に、というか午後から雨模様となり、思う存分に防水性能に活躍してもらうことができました。確かに、雨粒がかかっても気にならないというのは良いですね(もっとも、普通のカメラならば雨の中でなど使いませんが)。
曇っていて被写体のコントラストが低かったこともあるのでしょうが、ピントが合うのに少し時間がかかるようです。このため、あまり早くパンするとピントが合わないまま画面が流れてしまい、あとで見ると気持ちが悪いです。
ある程度の明るい場所ならば、ノイズも気にならずけっこうきれいな絵が撮れます(TV-SHQで撮影しました)。晴れた日中ならもっときれいでしょう、試すのが楽しみです。もちろん、DVにはかないませんが、コンパクトさ手軽さを考えると十分に引き合うもの。

暗い室内や夕暮れも、思って以上に明るく写ります。明るすぎて不自然なので、マイナス補正を多用したほどです。ホワイトバランスもかなりきちんと補正してくれるので、雰囲気を残したい場合には意識的に設定し直した方がよさそう。
当然ながら、暗部についてはノイズが目立ちますし、コントラストのある部分でないとピントもうまく調整できません。このあたりはDVだって変わりませんけどね。

画像というのは言葉でいろいろと説明するよりも見ていただくのが一番。
とはいえ、まだ買ったばかりでWEB用の小さいサイズのムービーもありません。そのうちに動画付きで紹介しようかと思います。

このアーカイブについて

このページには、2006年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年9月です。

次のアーカイブは2006年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja