私にとって「世界最高のジャズ」は何か

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

先日読み終えた本のタイトルにかこつけて、現時点での私にとっての「世界最高」について考えてみました。
もちろん、あまたあるジャズレコードの中からたったひとつを選ぶのは難しいです。体調や精神状態によっても異なる選択になるでしょうし、年を経るとまた違った結論が出るでしょう。あくまでも現時点では、ということでしかありませんが。

昨年iPodを買ってから、手持ちのCDをiTunes経由で取り込んでほぼ毎日聴いているのですが、先月くらいに突然「ぁ、これだ」と思ったのが次の一枚です。

 「グリニッチ・ヴィレッジのアルバート・アイラー」

これをはじめて聴いたのは20歳のころで、たしかアパートの近所のジャズ喫茶でかかったもの。「Truth is marching in」を聴いた記憶があるので、おそらくB面がかかったのでしょう(もちろん、当時はレコードです)。
ちょっと気になったので後日レンタルレコード店で(こんなものがレンタル店にあったというのが、いかにも学生街ですが...)借りてきて何度か聴きましたが、音量を上げて聴いていたら、近所から大家さんに苦情がきたのははっきりと憶えています。
CDも社会人になってわりとすぐに買ったくらいで、気に入っていたのはたしかですが、繰り返し聴いたというわけでもありません。おそらく聴いた回数なら「アガルタ」あたりのほうがはるかに多いでしょう。

この演奏、今年に入ってから5回ほど通して聴いて、以前よりもすっと入ってきた感じがします。理屈抜きで、音量を上げて聴いていると下腹のあたりから喜びがあふれてくる感じ。

私は天の邪鬼なもので、君は世界にたったひとつの花だから争うのをやめようとかいった偽善的な歌を聴くと気持ちが悪くなるほう。それが好きなかたがたの感性を否定するつもりはありませんが、私自身は嘘や裏切りや挫折がたくさんある世の中を、無理に別の嘘で塗り固める必要なんかないんじゃないかと思ってしまうのですね。

アイラーの演奏には嘘がない、私にはそう感じられます。彼が本心を押し隠して無理に楽しそうにしているなら、あんな感動的な音は出せないでしょう。
実際の暮らしでは辛いことのほうが多かったとしても、浮き上がってくるアイディアが本質的にポジティブなものだったからこそ、演奏自体はとても美しく、調和し、聴く者の心をゆっくりを浮き上がらせ支える強さをもっています。
フリージャズがどうとかいった、ジャズファンが大好きな蘊蓄話は、この演奏については全く役に立たないどころか、有害でさえあります。ただ、聴けば良い。
この力強い演奏を、フリージャズの名盤だとか60年代のムーブメントがどうといった言葉で語ることは、むしろ音楽のもつ可能性を閉ざし、狭い範囲に押し込めるもののように思えるのです。

おそらく、これは何十万枚と売れるベストセラーになる音楽ではありません。むしろ、ちょっと油断するとあっという間に店頭から姿を消してしまう、ロングテールの真ん中あたりに位置するものだと思います。
なので、私は「見つけたら買え! いつか気持ちよくなれるから」と強く強くおすすめするものです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/599

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2006年9月21日 22:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「9月1日読了 ~ 「世界最高のジャズ」原田和典著(光文社新書)」です。

次のブログ記事は「映画はいいから、NHKスペシャルを売って下さい」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja