音楽配信が、パッケージに(すぐには)勝てない理由

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

と、大きく振りかぶったタイトルですが、ホントにそうかどうかはどうも自信がありません。「勝ち負け」が商売としてのものなら、勝てる可能性は十分にあるのかも。
音楽をパッケージから解放することには多くのメリットがある一方で、購入者にとっては失われるものも多くて、なかなか逆転できないんじゃないかな、ということです。
レコードやCDというパッケージによって「音楽を買う」ことを身につけた消費者が中心を退くまでは、オンラインでの配信って「高音質で便利な有料エアチェック」じゃないかと思うんですよ。この感覚の差がけっこう大きいんじゃないかと。

私が好きな音楽は、1950年代から60年代までのジャズですが、この時代を代表する作品の多くが、続々と廉価版CDとして店頭に並んでいます。希望小売価格で1500円~1800円ですが、私が良く行く新星堂では2枚以上買うと20%割引(ただしスタンプ対象外ですが)になるので1200円~1440円と、夢のような低価格。
J-POPのファンには申し訳ないですが、私にとっては日本のCDは決して驚くほど高価じゃありません。流通コストや在庫コストなんかを考えれば、まあ納得のいく水準です。もちろん、安いに超したことはありませんけど、1200円ですよ。もう良いじゃんこのくらいで、って思います。
もっとも、iTunes Music Store(iTMS)ならアルバム単位で900円で買えるものも多いのですが、なぜわざわざCDを買うかは、あとのほうで書きます。

学生時代、あるいは独身のころからレンタルレコード店・レンタルCD店はありましたが、私はそれほど熱心な利用者ではありません。
とくに、CDの時代になってからは顕著なのですが、レンタル店の店頭にあるのは一定以上の回転率が見込める商品ばかりで、「ちょっと聴いてみたいな」と思えるジャズのCDはまずなかったからです。
むしろ、FM放送のほうがなかなか入手できないレコードをかけてくれたりしましたから、貴重でしたね。ジャズだけでなく交響曲なんかも聴くんですが、クラシックのライブものなんて毎日のようにいろいろとかけてくれていましたから。

多くのかたが賛同して下さるかどうかは別として、私はiTMSでの音楽の購入は、CDを買うのとは違っていて、有料のエアチェックのようなものに思えるのです。
それは圧縮された音質がどうとかいった明確な差ではなく、全く感覚的なもの。得られる利便性や手軽さから有料であることには全く抵抗はありませんが、かといって「ほしかったレコードを買う」というエクスペリエンスは得られません。
ブルーノートのCDがiTMSでは900円、新星堂で1200円とすると、私にとってこの「エクスペリエンスの対価」は300円分以上の価値があることになります(肝心の音楽は、結局iPodで聴くのだから手間が多いくらいのものです)。

エクスペリエンスの中身を切り分けてみると、次のような感じでしょうか。
・たくさんの在庫の中から「いまほしいこの一枚を決める」購買の過程
・パッケージを手に「早く聴きたいなと期待」しながらライナーノーツなどを読む帰路
・自宅の棚に並べて「ああ、だいぶそろってきたよなあ」と感慨にふける時間
iTMSでのダウンロード購入は、あまりにお手軽で上記がすっぽりと抜け落ちちゃうんですね。結果として、トータルでの楽しみは大いに減殺されちゃっているように感じられます。いわば、「音楽を楽しむ」という行為にはパッケージの選択と購入、保存という行動も含まれています。こうした行動が変わるには、それなりの時間がかかります。

そんなわけで、音楽がCDというパッケージから解放されて流通するのが当たり前になるまでには、業界の利害関係などを無視したとしても、まだまだ時間がかかるように思えるのです。
オンラインの音楽配信が、これまでのパッケージメディアの購入とは違ったエクスペリエンスを実現したときに、本当の変化がやってくるんじゃないでしょうか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/568

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2006年9月 1日 23:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パソコンを持ち歩かなくなって」です。

次のブログ記事は「ザクティ、いいかもね」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja