映画はいいから、NHKスペシャルを売って下さい

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

アップルから実に久々の新iPodが発表されました。
私の場合、軽さや小ささよりも「手持ちの音楽がまるごと持ち歩ける」ことに魅力を感じているので、対象となるのはiPodのみですが、待望の「ギャップレス再生」ができるとはいえ、買い換えるまでにはいたらないかな、というところ。

いま使っているのは一昨年の春に購入したもので、カラー液晶を備えていますがVideoには非対応、「iPod photo」とか「4G」とか呼ばれています。
日常的に動画を持ち出して外で見ているわけではないので、Video対応は今のところは大きな魅力にはなっていません。画面が大きいのは単純に気持ちよさそうなのですが。

新商品発表と同時に、「iTunes Music Store」が「iTunes Store」になり、アメリカでは映画のダウンロード販売も始まっています。映画一本あたり1.5GBほどといいますから、ポータブルデバイスで見るには十分な画質だろうと思えます。
ただ、外出時に楽しむのなら、私は映画じゃなくてもう少し短い時間で見られるコンテンツの充実に期待します。

新幹線で出張に出掛けることが毎月2~3回はあるので、1時間半の連続した時間はあります。だいたいは本を読むのですが、ビデオを楽しむ時間があっても良さそう。
とはいえ、1時間半~2時間の映画をびっしり見るというのは目も疲れそうだし肩こりしそう。30分~1時間くらいがちょうど良いんじゃないかと思います。

そんなわけで、私がiTunes Storeで売ってほしいビデオは、ずばり「NHKスペシャル」あたりのドキュメント番組です。だいたい45分くらいで、長さもちょうど良い(私は絶対見ませんけど、「プロジェクトX」がほしいという人は多いのかな)。
こうした番組、歴史物や経済ものになると、必ずしも妻と好みが一致するわけではないですし、自宅にいるとどうしてもWEBを眺めたり雑誌を手に取ったりで「ながら鑑賞」になりがち。せっかく家族と一緒なのに、自分だけの趣味時間を増やすのは容易ではありません。リビングでしか見られないのではなく、好きなときに好きなところで見られるようにさえなれば、もっと多くのコンテンツを楽しめるはずです。

さて、この手のNHK番組のDVDって3800円あたりが相場です(「地球大進化」とか「プラネットアース」あたりですね)。映画の低価格化が進んでしまったいまとなっては、DVDとしてはかなり高価といえるでしょう。映画と違ってテレビ放映やグッズ販売などの商売としてのすそ野が狭い分、高くなるのは仕方ないとしても6巻セットなどともなると勇気のいる金額です。
とりあえずNHKスペシャルのおいしいところを、1番組あたり500円くらいでiTunes Storeで売って下さいな、というのが私の希望。で、DVDを買った顧客には、なにせ3800円もするんですからiTunes Storeで使えるクーポンをつけてもらえませんか。ポータブルデバイス用のデータくらいはおまけでも良いでしょ(やらないだろうなあ、と思いつつ書いてます。かりにiTunes Storeでの販売が始まったとしても、1話2000円といった人をバカにした価格になるんですよ...)。

iPodや携帯電話など、「外出先で動画を楽しむ」ための機器はかなり普及してきました。一方で、見直しの方向とはいえ、現行のコピーワンスは「タイムシフト視聴くらいは認めてやろう」といわんばかりの姿勢。これでは、かえってプロテクト解除などの行為の拡がりを招くように思えます。
リビングルームでゆっくりとテレビ番組を見る時間など、これからはそうそう増えません。視聴方法のフレキシビリティを高めることなしに、コンテンツの市場を広げることは非常に難しいといわざるを得ないでしょう。
iPodとiTunes Storeによって「動画を外で見る」社会の扉は開かれつつあります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/601

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2006年9月22日 22:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「私にとって「世界最高のジャズ」は何か」です。

次のブログ記事は「アンティオックとアンティオキア」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja