2006年9月アーカイブ

【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

先日、会社で仕事に使っているPCが久しぶりに更新されました。
更新に先立って、データをバックアップするツールが配布されたのですが、バックアップの対象はデスクトップとMy Documentsのみ。その他のフォルダについては手動でバックアップを取り、新マシンへリストアする必要がありました。

マシンが新しくなると、使いやすい環境を整えるのが手間なのですが、中でも問題は電子メールです。
私のマシンには過去6年半ほどに送受信したメールがすべて保管してあり、これが約4GBもありました。職場のファイルサーバにバックアップするのに2時間ほどかかり、さらに新しいマシンにコピーするのに3時間以上。
おかげでほぼ半日メールが使えず、午後になってようやく環境が復旧できました。さすがに電子メールが使えないと不便ですね。メールなしでもできる仕事はいくらでもあるのですが、なんというか、「今この瞬間に重要なメールが来ているんじゃないか」などと不安になって精神衛生上大変よろしくありません。

会社のマシンというのは、だいたい4年くらいで更新されます(まあ、スパンは組織によって違うでしょうけど)。
すると、次にマシンを交換するのは4年後、この6年間で4GBたまっていたメールのフォルダは、おそらく6~7GBになっていることでしょう。そのときまでにネットワークの速度が変わっていないとすれば、次回は5時間以上かかるわけです。
まあ、ほんとに古いデータはアーカイブしてどっか別のフォルダに放り込んでおけばいいのでしょうし、それ以前に大事なデータなら週次とかでバックアップを取るべきなのでしょうが、なかなかできないんですよね。

個人のPCでも、デジタルカメラの画素数も増え、動画データなんかもあわせるととてつもない量のデータを扱うようになってきています。
もちろん、ミラーリングなどでなければ日常のバックアップだってこまめにとるのは不可能になってきていますし、ディスクを買い換えた際のデータコピーにも気の遠くなるような手間と時間がかかるように。4GBでもいい加減いやになっているのに、下手をするとあっという間にテラバイトのオーダーに。
たまり続ける写真などを4~5台の外付けディスクに入れるのではなく、ネットワークドライブで一括管理して...などと思っているのですが、実際の工数を考えるとやる気がするすると衰えてしまいます。もう、十分なネットワークスピードとセキュリティさえあれば、データは全部ネットワークの向こう側に預けたい感じですね。

ときおりネタのヒントをいただくブログのエントリです。

 「アンティオックはどこの国?」(On Off and Beyond)

私もタイトルを見たときに「うーん、アンティオックって聞いたことのない土地だよな」と思ってたんですが、本文の冒頭に「Antiochian Orthodox Church」とあるのを読んで「それってアンティオキアのこと?」と納得。

歴史の授業は、どちらかといえば嫌いだったというかたが多いのでしょうけれど、私は中学・高校を通じて一番好きな科目だったといえます。
暗記が苦痛だったという記憶はほとんどなくて、試験前になると百科事典などをかき集めてノートを作るのが無上の喜び。当然、世界史は倫理社会と並ぶ得意科目でした(なぜか、日本史にはそこまでの情熱が沸かなかったのですが)。

そんなわけで、アンティオキアとかアンティオケイアといってもらえば、セレウコス朝シリアの都市であったとか第1回十字軍もきたっけな、とか、それなりに親しみにある地名。
ところが、「アンティオック」と読まれるとなんのことやら。きっと上記エントリの会話に私が立ち会ったら、最後の最後までアンティオキアには思い至らずに終わったかも。

同じような話は他にもあって、アメリカでワインを頼んだときに「おすすめはバーガンディ(Burgundy)だ」といわれていったい何じゃそれ、と思っていたら、なんとブルゴーニュ(Bourgogne)のこと。
なのにボルドーはボルドー、しかしシャンパーニュはシャンペーン。一貫性がないことこの上ありません(当たり前ですが、「シャンパーニュください」というと「シャンペーンね」と言い直されます。ちょっと悔しい)。

私が大好きだった高校の世界史の授業でも、同様の問題がありました。
この教師、なぜか歴史上の人物を英語読みさせたがる人で、「エカチェリーナ」でも一応正解なのですが、かならず「これは英語読みしてカザリンだ」と訂正されたものでした。だったらフランス王でも「アンリ」じゃなく「ヘンリー」で「シャルル」じゃなく「チャールズ」だろうとか思うとそれは違うのですね。こちらも一貫性なし。

日本の歴史教育では、だいたいはその人物が活躍した現地の発音を尊重しています。
「ジュリアス・シーザー」「アントニー」ではなく、「ユリウス・カエサル」であり「アントニウス」。地名もしかりで、「セントピータースバーグ」とか「アセンズ」とかはいいません。全てがそうとはいえないまでも、現地の音を尊重するのが基本姿勢といって良いでしょう。

英会話をやっていると、このあたりの感覚が狂ってきます。アメリカではとにかくアルファベットを自分たちの都合の良いように読むことが多いよう。
これはさまざまな人びとが集まる場所である以上仕方がないのかもしれませんが、冒頭にあげたとおり「アンティオック」になってしまうわけで、日本人としては基礎教養が役立たなくなってしまう。おまえ、「アリスタートル」や「シセロー」もしらんのかとバカにされかねないのですが、「アリストテレス」や「キケロ」くらいみんな知ってます。
ぼやいてどうなるもんでもないのですが、こういった固有名って使う機会がなければ英語でどう発音されてるんだろうかなんて気にしていないもの。文章を読んでいてもあまり気にならないものだけに困っちゃうんですよね。

アップルから実に久々の新iPodが発表されました。
私の場合、軽さや小ささよりも「手持ちの音楽がまるごと持ち歩ける」ことに魅力を感じているので、対象となるのはiPodのみですが、待望の「ギャップレス再生」ができるとはいえ、買い換えるまでにはいたらないかな、というところ。

いま使っているのは一昨年の春に購入したもので、カラー液晶を備えていますがVideoには非対応、「iPod photo」とか「4G」とか呼ばれています。
日常的に動画を持ち出して外で見ているわけではないので、Video対応は今のところは大きな魅力にはなっていません。画面が大きいのは単純に気持ちよさそうなのですが。

新商品発表と同時に、「iTunes Music Store」が「iTunes Store」になり、アメリカでは映画のダウンロード販売も始まっています。映画一本あたり1.5GBほどといいますから、ポータブルデバイスで見るには十分な画質だろうと思えます。
ただ、外出時に楽しむのなら、私は映画じゃなくてもう少し短い時間で見られるコンテンツの充実に期待します。

新幹線で出張に出掛けることが毎月2~3回はあるので、1時間半の連続した時間はあります。だいたいは本を読むのですが、ビデオを楽しむ時間があっても良さそう。
とはいえ、1時間半~2時間の映画をびっしり見るというのは目も疲れそうだし肩こりしそう。30分~1時間くらいがちょうど良いんじゃないかと思います。

そんなわけで、私がiTunes Storeで売ってほしいビデオは、ずばり「NHKスペシャル」あたりのドキュメント番組です。だいたい45分くらいで、長さもちょうど良い(私は絶対見ませんけど、「プロジェクトX」がほしいという人は多いのかな)。
こうした番組、歴史物や経済ものになると、必ずしも妻と好みが一致するわけではないですし、自宅にいるとどうしてもWEBを眺めたり雑誌を手に取ったりで「ながら鑑賞」になりがち。せっかく家族と一緒なのに、自分だけの趣味時間を増やすのは容易ではありません。リビングでしか見られないのではなく、好きなときに好きなところで見られるようにさえなれば、もっと多くのコンテンツを楽しめるはずです。

さて、この手のNHK番組のDVDって3800円あたりが相場です(「地球大進化」とか「プラネットアース」あたりですね)。映画の低価格化が進んでしまったいまとなっては、DVDとしてはかなり高価といえるでしょう。映画と違ってテレビ放映やグッズ販売などの商売としてのすそ野が狭い分、高くなるのは仕方ないとしても6巻セットなどともなると勇気のいる金額です。
とりあえずNHKスペシャルのおいしいところを、1番組あたり500円くらいでiTunes Storeで売って下さいな、というのが私の希望。で、DVDを買った顧客には、なにせ3800円もするんですからiTunes Storeで使えるクーポンをつけてもらえませんか。ポータブルデバイス用のデータくらいはおまけでも良いでしょ(やらないだろうなあ、と思いつつ書いてます。かりにiTunes Storeでの販売が始まったとしても、1話2000円といった人をバカにした価格になるんですよ...)。

iPodや携帯電話など、「外出先で動画を楽しむ」ための機器はかなり普及してきました。一方で、見直しの方向とはいえ、現行のコピーワンスは「タイムシフト視聴くらいは認めてやろう」といわんばかりの姿勢。これでは、かえってプロテクト解除などの行為の拡がりを招くように思えます。
リビングルームでゆっくりとテレビ番組を見る時間など、これからはそうそう増えません。視聴方法のフレキシビリティを高めることなしに、コンテンツの市場を広げることは非常に難しいといわざるを得ないでしょう。
iPodとiTunes Storeによって「動画を外で見る」社会の扉は開かれつつあります。

先日読み終えた本のタイトルにかこつけて、現時点での私にとっての「世界最高」について考えてみました。
もちろん、あまたあるジャズレコードの中からたったひとつを選ぶのは難しいです。体調や精神状態によっても異なる選択になるでしょうし、年を経るとまた違った結論が出るでしょう。あくまでも現時点では、ということでしかありませんが。

昨年iPodを買ってから、手持ちのCDをiTunes経由で取り込んでほぼ毎日聴いているのですが、先月くらいに突然「ぁ、これだ」と思ったのが次の一枚です。

 「グリニッチ・ヴィレッジのアルバート・アイラー」

これをはじめて聴いたのは20歳のころで、たしかアパートの近所のジャズ喫茶でかかったもの。「Truth is marching in」を聴いた記憶があるので、おそらくB面がかかったのでしょう(もちろん、当時はレコードです)。
ちょっと気になったので後日レンタルレコード店で(こんなものがレンタル店にあったというのが、いかにも学生街ですが...)借りてきて何度か聴きましたが、音量を上げて聴いていたら、近所から大家さんに苦情がきたのははっきりと憶えています。
CDも社会人になってわりとすぐに買ったくらいで、気に入っていたのはたしかですが、繰り返し聴いたというわけでもありません。おそらく聴いた回数なら「アガルタ」あたりのほうがはるかに多いでしょう。

この演奏、今年に入ってから5回ほど通して聴いて、以前よりもすっと入ってきた感じがします。理屈抜きで、音量を上げて聴いていると下腹のあたりから喜びがあふれてくる感じ。

私は天の邪鬼なもので、君は世界にたったひとつの花だから争うのをやめようとかいった偽善的な歌を聴くと気持ちが悪くなるほう。それが好きなかたがたの感性を否定するつもりはありませんが、私自身は嘘や裏切りや挫折がたくさんある世の中を、無理に別の嘘で塗り固める必要なんかないんじゃないかと思ってしまうのですね。

アイラーの演奏には嘘がない、私にはそう感じられます。彼が本心を押し隠して無理に楽しそうにしているなら、あんな感動的な音は出せないでしょう。
実際の暮らしでは辛いことのほうが多かったとしても、浮き上がってくるアイディアが本質的にポジティブなものだったからこそ、演奏自体はとても美しく、調和し、聴く者の心をゆっくりを浮き上がらせ支える強さをもっています。
フリージャズがどうとかいった、ジャズファンが大好きな蘊蓄話は、この演奏については全く役に立たないどころか、有害でさえあります。ただ、聴けば良い。
この力強い演奏を、フリージャズの名盤だとか60年代のムーブメントがどうといった言葉で語ることは、むしろ音楽のもつ可能性を閉ざし、狭い範囲に押し込めるもののように思えるのです。

おそらく、これは何十万枚と売れるベストセラーになる音楽ではありません。むしろ、ちょっと油断するとあっという間に店頭から姿を消してしまう、ロングテールの真ん中あたりに位置するものだと思います。
なので、私は「見つけたら買え! いつか気持ちよくなれるから」と強く強くおすすめするものです。

ジャズについて書かれた本を読むことが、最近になって増えています。
このところ、全くの初心者向けというより、多少は聴いたことがあるけれど...という大人向けの入門書が増えてきたように思えるのですが、ジャズって流行りはじめているんでしょうかね。
少なくとも、1500~1800円程度の廉価版で、1950~1970年代の有名な作品が続々と再発されているのをみると、そこそこのリスナーを獲得しているかのよう。とはいえ、いっぺんに何十枚ものCDが「傑作」「名作」として売られているものだから、選ぶには何らかのガイドブックが必要、ということになっているのでしょう。もしかすると、レコード会社と出版社共同のマッチポンプかもしれません。

いずれにせよ、ジャズファンであればたいがいこの手の本の2冊や3冊は読んでいて、自分との意見の相違や、扱うミュージシャンやレコードの選定について一言いいたくなるんじゃないでしょうか。
このブログで一時期もっとも多くアクセスされたエントリに、本書の著者である原田氏も参加した鼎談集の感想がありました。中山康樹氏の「ネット上のジャズ関連サイトはみんなダメ」といった意味にとれる発言が反発を招いたようです。ジャズファンの多くが自らのジャズ観・ジャズ論を語りたがるのは確か(ただし、ほかの趣味でも似たようなものかもしれません。写真機なんかはジャズどころではないようにも思えますし)で、それを否定するような挑発は、ただでさえ毀誉褒貶の激しい中山氏の発言だけに、話題になったのでしょう。
上記の発言の本意はどうあれ、音楽について文章で語ること、自分自身の感動を言葉にして人に伝えることは、非常に難しいのはたしかです。

本書だけでなく、いくつかのジャズファンのサイトをみてもそうですが、私は音楽を聴いてその感想をうまい具合に言葉で書き表す才能というのはたいしたものだと思います。自分ではとても真似できない。
聴いていて「ああ、今のフレーズ、いいよなあ」とか「どうやったらこんな風に息を合わせられるんだろうか」などという感想は抱きます。とはいえ、それを言葉にして伝えるのはすごく大変なこと。結局はどこかで読んだような表現になってしまいます。

ジャズに関する文章の好き嫌いを、私はそこで紹介されている演奏をどの程度聴きたくなるか、あるいは耳が覚えている演奏の良さを思い出させてくれるか、で判断しています。
その意味では、本書はかなり高得点でした。iPodがあれば、文章で書かれている演奏そのものを聴きながら読み進めることも可能(もっとも、全体の半分も私のiPodには入っていませんが)で、違和感なく文章が音楽と一緒に流れてくるもの。
表現としては「燃えに燃えて」「黒こげになる」といった言い回しがずいぶんと多用されているのが気になるものの、著者がのめり込んで聴いている姿が浮かんできてそれなりにの味わいにはなっています。
無責任な読者としては、もうちょっと表現の引き出しが多ければいいんじゃない? とは思いました。ジャズの場合「燃える」は決して激しさだけを表すわけではなく、著者もわかって使っているようですが、入門書として読まれた場合、間違った受け取られ方をされかねません(ようは、激しい演奏がよいものだと受け取られかねない)。
なにはともあれ、最近多いジャズ入門書の中でもかなりおすすめです。


東京ディズニーシーの新アトラクション「タワー・オブ・テラー」にはもう乗られましたか? 私は9月4日の午後に90分ほど行列に並びましたが、しばらくはこんな状態が続くのでしょう。
とはいえ、並んでいるあいだもホテルのガーデンやロビーの中には見るものがいろいろとあるので、全く退屈というわけではありません。これがディズニーをはじめとしたテーマパークのアトラクションのうまく作られているところです。待つことを前提に、待ち時間もエンターテインメントの一部として設計されています。

さて、ホテルの正面玄関からロビーに入るとき、ゲストの多くが頭上のステンドグラス装飾に気付くと思います。このホテルを建設した大富豪、ハイタワー3世がロビー内をにらみつけるように立っているもの。
ロビーの天井近くには、彼が世界中で貴重な文化財を収集(強奪?)するさまが描かれていますが、ほとんどでだれかに追いかけられていますね。探検家というよりは盗人というべきか、とはいえ、「未開の地」を探検した白人など、現地から見れば単なる泥棒ばかり、とも言えます。

このステンドグラスで、ハイタワー3世を取り囲むように書かれている言葉に気がついたかたは多いと思います。
「The World is Mine Oyster, Which I with Sword will Open.」
一番後ろに「W.Shakespeare」とあり、親切にシェークスピアの引用であることが示されています。私も人並みの無教養でこの言葉の意味や出典がわかりませんでしたので、検索してみました。
出典は「ウィンザーの陽気な女房たち(The Merry Wives of Windsor)」の第2幕第2場、フォールスタッフと手下のピストルとの会話です。さっそく買ってきた小田島雄志氏による日本語訳(白水uブックス)は、次の通り。

ではこの剣にもの言わせ、貝のごとくに閉ざしたる世間の口をこじあけて、真珠をちょうだいするのみだ。 (「ウィンザーの陽気な女房たち」小田島雄志訳 白水uブックス52ページより)

ここはピストルがフォールスタッフに無心をする場面、断わるフォールスタッフに対して剣で貝をこじ開け中の真珠を取り出すように(この場合、oysterは「pearl oyster」を指すよう)無理にでも、と迫ります。
結局は金は貸してもらえないのですが、この段階でピストルはすでに狡猾な好色漢のフォールスタッフを見限っており、周り中から見透かされ、見捨てられているフォールスタッフの状況が読者/観客に伝わる場面といえます。
この作品、1時間半もあれば読み通せますから、「タワー・オブ・テラー」で楽しんだあとにちょっと読んでみてはいかがでしょう。

この作品がもととなって、「The world is one's oyster.」という「世界が思いのままになる」なる意味の慣用句が使われているようです。手許のリーダーズ英和辞典によると、oysterには「思うままにできるもの、利益の種、もうけ口」といった意味があるとのこと。
まさに世界中を渡り歩いて富を蓄えたハイタワー3世にとって、世界は彼の思いのままになるものであり、利益をもたらしてくれるものだったのでしょう。ロビーに掲げられた絵のごとく、ほしいものは力ずくで奪い取る、という意思の表れにも思えます。
それにしても、傲慢な表情と言葉、そして文化財略奪のさまをロビーに堂々と掲げ、全ての滞在客の頭上に置いて自らの股下をくぐらせたハイタワー3世というのは、とてつもなくいやなやつであることはたしかですね。

アトラクションの作り込みというのは、こうした設定をひとつひとつ積み重ね、補強しながら行われているのでしょうね。イマジニアの仕事って、大変でしょうがきっと楽しいだろうな、と思わせてくれます。

それはそうと、この引用を見て「The world is one's oyster.」という表現とすぐつながり(英語力の問題)、しかもわざわざ書いてもらわなくても出典くらいは知っている(基礎教養の問題)ようでありたいなあ、と思いました。シェークスピアの作品なら、原典であればいくらでも手にはいるのですし。とはいえ、シェークスピアの英語はいまの英語とはだいぶ違っているのでなかなか難しいですけどね。
それに、そもそも日本語でも源氏や枕草子からの引用がすっと理解できるかといわれると心もとありませんし。基礎教養というのは、若いころに身につけておくから基礎なのであって、だいぶくたびれてからあわてて補修してなんとかなるものでも、ないようです。
(このエントリも、「d-mate.com's weblog」「d-mate weblog」とにダブルポストしてます。同じ文章ですので、両方読んだかたにはごめんなさい)

自分があと10年早く生まれていたら、あるいは10年遅く生まれていたら、いったいどんな人生を送っていただろうか、と考えることがあります。
10年早ければ私は団塊の世代の少しあとを追いかけながら、日本経済の戦後の成長の恩恵に浴しつつも、急激に変化するルールと世の中への不満を口にしていたかもしれません。

では10年遅かったらどうか。
こちらの方が想像するのは困難です。就職氷河期の影響を受けて思ったような仕事には就けなかった可能性もありますし、おそらく今とはかなり違った職場と立場で仕事をしていたでしょう。
20代のうちにやっぱり英語を身につけよう、と決心してずっと上達していたかもしれませんし、もしかしたらどこかのMBAコースに飛び込んでいたかも。

本書を読んで感じたのは、現在のような社会や経済の急速な変化を30代で経験するか、それとも40代で直面するかは、大きな差がありそうだということです。
30代ならば、人生の大きな進路変更は容易に思えます。40代でも不可能ではありませんが、60歳まで働くとして、すでに職業生活の過半を古いルールと価値観の中で過ごしてしまってから切り替えていくのはそう簡単ではありません。
50代ならばもう逃げきりモードにはいるところですが、さすがにそうは行かない。変化への対応という面で、それなりに経験と自信を身につけた40代というのは、結構やっかいな年代なのかも。

私の経験してきた範囲でいうと、30代は責任範囲を絞っての実務遂行力を、40代では実務執行のマネジメントに加えて中期スパンでの課題設定と解決力を、それぞれ求められます。
年功序列の崩れる度合いは組織によって様々でしょうが、50歳前後までの息の長い選抜課程を採用している組織の多くで、40代は部門単位での短期から中期の意思決定の主役ではないかと思います。その主役が、大きな変化を前にしてその本質をつかみ、正しい方向(少なくとも、間違いではない方向)を目指すことができるかどうかうは、組織にとって大問題です。
どんなに優れた適応力を持った人でも、経験を積み重ねるにつれて思いこみや過去の成功体験に縛られた発想をしがちなもの。それを自力で回避するか、若手を登用して任せる方向で解決するか、といった手法に差はあっても、なんらかの策は必要です。

私は梅田氏のブログの以前からの読者であり、氏のオプティミズムには大いに共感するところがあります。
本書から(特に文庫化に当たって追加された文章から)は、このままでは「次の10年」に対応しきれない旧来の組織に見切りをつけ、社会の新陳代謝を早めようというところに、氏の発想は進んでいるように感じられました。氏のオプティミズムは、どちらかといえばこれからの時代を作り出す若者への信頼に裏打ちされているものと思えます。
それは、若さと新たなパラダイムへの大きな信頼であると同時に、自らが「若手」として向き合ってきた古い組織や社会への強い拒否であるようにも見えます。けれど、半ば強制的な役者の交代を含む変化は、社会にとって尋常ならぬ痛みを伴う変化のはず。そこにどんなお考えをお持ちなのか、是非伺ってみたいように感じました。

講談社現代新書の装幀が、私にとっていかにダメで腹立たしいかは以前にも書きました。

 リニューアルは、難しい
 目立てばいいのか
 改めていう、講談社現代新書の装丁はダメだ

その意見はいまでも変わっていませんが、ふと「なるほど、そういうことか」と思ったことを。

まずは下記のリンクからいくつかの装丁をご覧ください。

 奪われる日本
 他人を見下す若者たち
 モナ・リザの罠

まあ、一目瞭然なんですが、いずれも極太のコシマキに宣伝文句が書き込まれ、本来のカバーデザインはタイトルと著者名しか見えていません。ものによっては、宣伝文句がタイトルに見えるくらい。
これらの本を店頭で見て、私はこの醜悪なデザインへの変更の目的がようやく納得できたような気がします。つまりは、「どんな太いコシマキにも対応可能な、店頭で目立たせて販売量を伸ばすための、営業政策」なんですよ、これ。

まず、あの正方形が書いてあるだけの表紙は、コシマキのデザインを考える上でとっても楽です。だって、表紙との連続性やらを考えなくても良い(イラストではなく正方形なら、そのままコシマキに伸ばしても、途中で切っても気になりにくい)ですから。
さらには、タイトルと著者名が上の方に横書きで置かれているので、コシマキが太くなっても文字を途中から引き継いでちゃんと読めるようにしたり、といった工夫がいらない。
つまり、店頭で平積みをしたときに目立たせ、関心を抱かせるコシマキをつけられるように、営業サイドの都合を優先したデザインになっていることは明らか。

最初からそのようなオファーを出したのか、それとなく伝えたのか、あるいはいくつかの案の中から都合のよいものが選ばれたのか、私にはわかりません。
たとえ偶然の結果であったにせよ、このデザインはコシマキによる宣伝に最適化されたものだといえます。こんな便利で扱いやすいものを、どれほど読者から不評だからといって変更するわけがありませんね。
冒頭にリンクを張ったエントリの中で、私はこの愚劣で下品で醜悪なデザインを鼻高々に指し示すデザイナーをこき下ろしています。けれど、なんのことはない、業者がクライアントの要望に従って新商品のパッケージを作り、そのPRにも協力した、とでも理解しておいたほうが、良いのかもしれません。
いやー、デザイナーって、大変なんですねえ。

mixiが上場するなど、SNSがこの1年ほどで本格的に広がってきた感じがしますが、私はどこにも参加していないだけでなく、ほとんど関心がありません。
だいぶ前にも複数の知人から「mixiに招待しようか?」と誘われたんですが、断ってしまいました。入会しても使い続けるようには思えないから。

理由はごく個人的な問題で、私はもともと人付き合いを好まず、交友関係を広げるほうではないこと、あと雑談がそれほど好きではないことです。
学校や会社でも、大人数でワイワイとやる場が苦手で、気心の知れた数人の人間関係があればそれでよい、と思ってしまうほう。立場上、100人規模の幹事やとりまとめをやることはありますが、それは決して心地良いものではありません。
ネット上の有益な情報のほとんどがSNSに移動してしまい、会員にならなければ見られなくなってしまうとしたら、さすがにだれかに頼んででも参加するでしょうが、そんなことはなさそう。SNSに新たな情報や、新たな人間関係を求めて参加しても、おそらく無駄だろうな、というのが私の判断です。

かつて、パソコン通信のフォーラムは私にとってかなり居心地の良いコミュニティでした。
たしかにフォーラムメンバーは数万人いたものの、電子会議室でのアクティブな発言者は数十人から百人程度ですから、ほぼ相手の見えた場所だったといえます。こういう言い方をすると反発を招くかもしれませんが、そこには"お子さま"が少なかったのも幸いでした(Nifty-ServeのID取得にはクレジットカードが必要だったのです。もちろん、精神的に"お子さま"なオトナは多少は混じっていましたが、S/N比は圧倒的に良かった)。

ブログでもソーシャルブックマークでもそうですが、S/N比が悪い前提でどうやって自分なりに情報を選り分けるか、あるいはノイズと思われるような情報から何かを得られるか、というのが現在のネット利用の技術なのでしょう。
とはいえ、一日の大半をネットで過ごせるならともかく、平日に1時間ほど、週末もせいぜい2~3時間の中では、あまりノイズに悩まされたくないのが自然なんじゃないかと思います。
招待制のSNSは、ノイズを排除する手段になり得ますが、それはあくまでも目的に応じて確立された人間関係を持ち込んで、しかもその後のメンバー追加時の選別機能が働くことが前提でしょう。
友達同士という気安さが、ノイズだらけのコミュニケーションに傾く要因になるのは、ネット以前に普段の人間関係から容易に想像できます。ましてや参加者がどんどんとふくれあがっている今のmixiは、決して選ばれた少人数のコミュニティとはいえないでしょう。

まあそんなわけで、私は今のところSNSには全く関心ありません。
なんというか、友達の友達は...という乗りで雑談と浅いコミュニケーションを広げるのではない、差別化された場があれば、有料でも参加するとは思うのですけどね。

はてなブックマークの画面に、ここ数日「Askビデオ」のプロモーションとして動画デジカメ「ザクティ」のプレゼンとキャンペーンの広告が出てきます。このブログははてなダイアリーではないので、“Askビデオさん、動画デジカメ欲しい!”と書いてもプレゼントキャンペーンには参加できないのがちょっと残念。

洗濯機の修理時の対応が今ひとつだったこともあって、サンヨーの商品は当面買わないと決めているのですが、ザクティは少し以前から気になっているもののひとつです。
わが家の主力デジタルカメラはニコンのD2H、そしてビデオはソニーのHC1です。どちらも高性能の一方でけっこうかさばる機器で、ほぼ確実に使うときでなければ持ち歩くのはかなりおっくう。写真機については妻のリコーGRデジタル、私のニコンCoolPix8400という小型機(といっても後者はけっこう大きいのですが)があり、ごくたまに動画撮影機能を使ってみるのですが、まあ、たいした絵が撮れるわけではありません。

過去に、手軽に持ち歩いて撮影するために、キヤノンの小型のDVカムを買ったのですが、予備バッテリーやらDVテープやらも含めると意外と軽量にはならず、ほとんど使わないままに引き出しの中にほったらかしてあります。
メインの機材に比べて圧倒的に小型・軽量で、無駄になってもかまわない程度にコンパクトで、しかもそこそこの性能がありそうなのが、このザクティ。720P対応のHDモデルもあって、店頭デモを見る限りけっこうきれいに撮れているようです。

ただし、こうした機器の目下最大の課題はバッテリーです。
ハードディスクムービーのコマーシャルで、リュックが大量のDVDディスクをいやがって逃げ回るというのがありました。それだけの動画を撮るつもりなら、予備バッテリーと充電器がDVDディスクと同じような荷物になるじゃんか、と突っ込んでしまったのは私だけではないと思います。
ザクティでも、60分とか80分といったレベルのようですから、もともと長時間記録を想定していないにしても、撮影中にバッテリー切れを起こす心配からは離れられません。まる一日、予想以上に使ってもバッテリーの心配はない、というためには、2~3時間は最低必要。となると予備バッテリーを一組もたねばなりません。

省電力化には限界があるでしょうし、バッテリーが大きくなればその分重くなります。
コンパクトで手軽に使えるのが魅力のザクティが、バッテリーのせいで重く大きくなっては本末転倒でしょうしね。難しいところなんだと思います。ただでさえ、HD撮影のできるザクティのHD1は、従来のザクティに比べて大振りですし。
いまのHD1の大きさのままで、バッテリーが2時間くらいもつようになるか、HD1と同じスペックでSD画質のC6くらいの大きさになれば、旅行にはもってこいですね。来年の今頃には出てくるでしょうか。

と、大きく振りかぶったタイトルですが、ホントにそうかどうかはどうも自信がありません。「勝ち負け」が商売としてのものなら、勝てる可能性は十分にあるのかも。
音楽をパッケージから解放することには多くのメリットがある一方で、購入者にとっては失われるものも多くて、なかなか逆転できないんじゃないかな、ということです。
レコードやCDというパッケージによって「音楽を買う」ことを身につけた消費者が中心を退くまでは、オンラインでの配信って「高音質で便利な有料エアチェック」じゃないかと思うんですよ。この感覚の差がけっこう大きいんじゃないかと。

私が好きな音楽は、1950年代から60年代までのジャズですが、この時代を代表する作品の多くが、続々と廉価版CDとして店頭に並んでいます。希望小売価格で1500円~1800円ですが、私が良く行く新星堂では2枚以上買うと20%割引(ただしスタンプ対象外ですが)になるので1200円~1440円と、夢のような低価格。
J-POPのファンには申し訳ないですが、私にとっては日本のCDは決して驚くほど高価じゃありません。流通コストや在庫コストなんかを考えれば、まあ納得のいく水準です。もちろん、安いに超したことはありませんけど、1200円ですよ。もう良いじゃんこのくらいで、って思います。
もっとも、iTunes Music Store(iTMS)ならアルバム単位で900円で買えるものも多いのですが、なぜわざわざCDを買うかは、あとのほうで書きます。

学生時代、あるいは独身のころからレンタルレコード店・レンタルCD店はありましたが、私はそれほど熱心な利用者ではありません。
とくに、CDの時代になってからは顕著なのですが、レンタル店の店頭にあるのは一定以上の回転率が見込める商品ばかりで、「ちょっと聴いてみたいな」と思えるジャズのCDはまずなかったからです。
むしろ、FM放送のほうがなかなか入手できないレコードをかけてくれたりしましたから、貴重でしたね。ジャズだけでなく交響曲なんかも聴くんですが、クラシックのライブものなんて毎日のようにいろいろとかけてくれていましたから。

多くのかたが賛同して下さるかどうかは別として、私はiTMSでの音楽の購入は、CDを買うのとは違っていて、有料のエアチェックのようなものに思えるのです。
それは圧縮された音質がどうとかいった明確な差ではなく、全く感覚的なもの。得られる利便性や手軽さから有料であることには全く抵抗はありませんが、かといって「ほしかったレコードを買う」というエクスペリエンスは得られません。
ブルーノートのCDがiTMSでは900円、新星堂で1200円とすると、私にとってこの「エクスペリエンスの対価」は300円分以上の価値があることになります(肝心の音楽は、結局iPodで聴くのだから手間が多いくらいのものです)。

エクスペリエンスの中身を切り分けてみると、次のような感じでしょうか。
・たくさんの在庫の中から「いまほしいこの一枚を決める」購買の過程
・パッケージを手に「早く聴きたいなと期待」しながらライナーノーツなどを読む帰路
・自宅の棚に並べて「ああ、だいぶそろってきたよなあ」と感慨にふける時間
iTMSでのダウンロード購入は、あまりにお手軽で上記がすっぽりと抜け落ちちゃうんですね。結果として、トータルでの楽しみは大いに減殺されちゃっているように感じられます。いわば、「音楽を楽しむ」という行為にはパッケージの選択と購入、保存という行動も含まれています。こうした行動が変わるには、それなりの時間がかかります。

そんなわけで、音楽がCDというパッケージから解放されて流通するのが当たり前になるまでには、業界の利害関係などを無視したとしても、まだまだ時間がかかるように思えるのです。
オンラインの音楽配信が、これまでのパッケージメディアの購入とは違ったエクスペリエンスを実現したときに、本当の変化がやってくるんじゃないでしょうか。

このアーカイブについて

このページには、2006年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年8月です。

次のアーカイブは2006年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja