出会い系書店

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

世の中には才能のある人というのはいるもので、ブログのエントリひとつをとってもうまく書くよなあ、と感心させられることが多いです。
で、読むたびに感心してしまうブログのひとつに、私の大好きな「本屋さん」の話題が。

 インターネット時代に本屋はどうやって生き残るのか(On Off and Beyond)

近所の優良書店は「心のオアシス」との表現がありますが、オアシスとまでは行かずとも、そこそこまともな書店が徒歩圏内にあるというのは、私の生活にとってものすごく大事なことです。
もっとも、駅前や住宅地の独立した書店は日本でもかなり厳しい経営環境に置かれているでしょうし、顧客から会費を集めて、というKepler'sの試みが転用可能かどうかは、かなり難しいといわざるをえないでしょうね。地域図書館や学校などと一緒に、地道に本の魅力を伝えていくしかなさそう、でも困難ですね(そんなわけで、需要のおいしいところだけをすくい取る「ブックオフ」では買いたくないわけです)。

それはそうと、上述のエントリの最後のほうに、こんな一文が。

ちなみに、Kepler'sは「本好きのナンパ場」としても機能している。 「あ、その本、面白いですよね」 みたいな会話から出会いを生み出すという、老若男女の真摯な試みが日夜行われている場所なのだ。(これホント。平日夜、土日など試すあるよろし)。

書店に限らず図書館でも良いのですが、偶然同じ本に手を伸ばした相手が内気そうだけど可憐な本好きの少女で...みたいな妄想って、本好き少年のほとんどが一度は抱いたことがあるんじゃないかと思います。いやもう、私が中学高校くらいのころは毎日そんな妄想ばっかり。
まあ、そういうのって映画とかアニメの中の、しかも相当陳腐な設定だと思っていたんですけど、ちゃんとやってる人がいるんですな。「心のオアシス」がなくなるだけでなく、本好きの異性との出会いの可能性が大幅に減っちゃうわけだから、そりゃ、会費だろうが寄付だろうが、喜んで払うかも?

でも、本好きって度合いにもよるんでしょうけど、それぞれ好みがはっきりしているので、些細な趣味の違いや見解の相違から対立が先鋭化して、せっかく出会っても長続きはしなさそう。
あ、そしたらまた新たな出会いを求めて本屋さんをうろつけばいいわけか。半年ごとに哲学系、ミステリ系、純文学系、歴史系とか、いろいろとバリエーションが楽しめそうですが...

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/562

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2006年8月30日 20:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「なぜ、Buzzwordsを使っちゃうのか?」です。

次のブログ記事は「パソコンを持ち歩かなくなって」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja