2006年8月アーカイブ

【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

最初にノートPCを持ち歩くようになったのは、コンパックから軽量のノートPCが発売されたころですから、1993~1994年ころだったと思います。
それから、つい最近の2006年初めまで、実に12~3年に渡って私の仕事カバンにはノートPCが入っていました。よほどの事情がない限り、毎日2kg前後にもなる(ACアダプタなんかがありますから)PCを持ち歩いていたことになります。

これだけ長いこと続けていたPC持ち歩きをやめるには、ふたつの理由とひとつのきっかけがありました。
理由のひとつは、だんだんとひどくなってきた肩こりと腰痛、そしてふたつめは盗難や紛失などのセキュリティ対策です。
直接のきっかけは、クリスマスに妻からのプレゼントとして、薄手で洒落たビジネスバッグをもらったこと。
一緒に百貨店で選んだのですが、上記の背景があって「そろそろPCを持ち歩くのはやめよう」と思っていたので、あえてPCを常に携帯するには容量の不足するものを選択しました。

以来、出張や外出先で使う必要がある時を除いて、PCを持ち歩くことはなくなりました。
会社のメールは携帯電話から読めますし、添付ファイルを開く必要があれば最寄りの事務所によってPCを借りられます。出先でのプレゼンの場合でも、事前にデータを送っておいて先方でPCを用意してもらうことにしました(さすがに客先では難しいですが、社内会議などであれば問題ありません)。
資料などを持ち歩かねばならないときは、最小限に絞ってプリントアウトするか、PDFファイルをW-ZERO3で読めるようにしておきます。ただし、機密性の高いものの場合には危険なので、そもそも持ち歩かないようにしています。

以前はちょっとした思いつきを書き留めておくのにも、わざわざ喫茶店を探して腰を落ち着け、PCを開いていました。使わにゃソンソン、という感じ。
けれど、いまはW-ZERO3でさっとメモして自分宛にメールを送っておくか、あるいはA5サイズのメモパッドに書き留めています(これを携帯で撮影して同僚に送っておけば、とりあえず情報共有やコメントをもらうことくらいは可能です)。
ちなみにメモパッドがA5なのは、喫茶店のテーブルや膝の上など狭い場所でも十分に使えることが理由ですが、字の大きさに留意すれば130万画素程度の携帯カメラで十分に読める大きさに写ることもメリットです(筆記具も0.7mmの水栓ボールペンを使って大きめの字を書くようにしています)。

PDAが一時ほどの勢いを失い、むしろ最近では紙の手帳の便利さが見直されているように思えます。スケジュール管理だけでなく、日々の記録を手軽に自由に書き込めますし、紙を挟み込んだり貼り付けたりも簡単です。紙ではやっかいだったアドレス帳は、携帯電話に任せられますし。
私自身はスケジュール管理はPDA(というか、いまはW-ZERO3)でやっていますが、日々の記録は上記のメモパッドで、無理にデジタル化してリンクさせたり、ということはしていません。デジタル化のメリット(編集やコピーが簡単)と、紙のメリット(扱いやすく見やすい)を自分なりのバランスで組み合わせるのがよさそう。

PCをカバンから追い出してわかったことは、PCがカバンの中身としては重すぎるために、何でもその中で完結させなければもったいない、と自分が思いこんでいたこと。言い換えれば、PCなんか持ち歩かなくなって何とでもなる、というのを認めたくなかったんだろうと思います。
PCはこれからも小さくなるでしょうし、W-ZERO3のような小型の情報機器でできることはこれからも拡大し続けるでしょう。どこかで、もう一度PCをカバンに呼び戻すことがあるかもしれません。そのときには、良いバランスでPCとその他の道具とを使い分けられるように思います。

出会い系書店

| コメント(0) | トラックバック(0)

世の中には才能のある人というのはいるもので、ブログのエントリひとつをとってもうまく書くよなあ、と感心させられることが多いです。
で、読むたびに感心してしまうブログのひとつに、私の大好きな「本屋さん」の話題が。

 インターネット時代に本屋はどうやって生き残るのか(On Off and Beyond)

近所の優良書店は「心のオアシス」との表現がありますが、オアシスとまでは行かずとも、そこそこまともな書店が徒歩圏内にあるというのは、私の生活にとってものすごく大事なことです。
もっとも、駅前や住宅地の独立した書店は日本でもかなり厳しい経営環境に置かれているでしょうし、顧客から会費を集めて、というKepler'sの試みが転用可能かどうかは、かなり難しいといわざるをえないでしょうね。地域図書館や学校などと一緒に、地道に本の魅力を伝えていくしかなさそう、でも困難ですね(そんなわけで、需要のおいしいところだけをすくい取る「ブックオフ」では買いたくないわけです)。

それはそうと、上述のエントリの最後のほうに、こんな一文が。

ちなみに、Kepler'sは「本好きのナンパ場」としても機能している。 「あ、その本、面白いですよね」 みたいな会話から出会いを生み出すという、老若男女の真摯な試みが日夜行われている場所なのだ。(これホント。平日夜、土日など試すあるよろし)。

書店に限らず図書館でも良いのですが、偶然同じ本に手を伸ばした相手が内気そうだけど可憐な本好きの少女で...みたいな妄想って、本好き少年のほとんどが一度は抱いたことがあるんじゃないかと思います。いやもう、私が中学高校くらいのころは毎日そんな妄想ばっかり。
まあ、そういうのって映画とかアニメの中の、しかも相当陳腐な設定だと思っていたんですけど、ちゃんとやってる人がいるんですな。「心のオアシス」がなくなるだけでなく、本好きの異性との出会いの可能性が大幅に減っちゃうわけだから、そりゃ、会費だろうが寄付だろうが、喜んで払うかも?

でも、本好きって度合いにもよるんでしょうけど、それぞれ好みがはっきりしているので、些細な趣味の違いや見解の相違から対立が先鋭化して、せっかく出会っても長続きはしなさそう。
あ、そしたらまた新たな出会いを求めて本屋さんをうろつけばいいわけか。半年ごとに哲学系、ミステリ系、純文学系、歴史系とか、いろいろとバリエーションが楽しめそうですが...

前回に続いて、私がどうして、あるいはどんなときに、Buzzwordsを使っちゃうのか考えてみたいと思います。
Buzzwordsといっても、中には浸透して普通の言葉になっていくものもあるでしょうし、全てが空疎なものではないでしょうが、ここではビジネス誌や書籍などで使われ、流行りはじめた新語ということでくくっておきます。
この1年ほどで出てきた言葉だと、「ブルー・オーシャン」「web2.0」「CGM」あたりが思いつきます。

前回もちょっと書きましたが、企画部門にいる私は、こうした新語を積極的に使うことはまずありません。なぜなら、その言葉になじんでいない相手にとってはなんの情報にもならないばかりか、「カッコつけて横文字並べやがって」と反発を招くだけ、あまり使うメリットがないからです。
一方で、かなり浸透してきて、おおざっぱに100人中40人くらいが頻繁に口にするようになったら、ぼちぼちと使い始めます。これも相手や状況によりますが。

あえて浸透する前の新語を使うメリットがあるとすれば、"もともと大事だと思われていた事柄"が少し手あかがついてしまったとき、再度脚光をあてたい場合などがあります。
たとえば、"お客さまが大切"というのは、まあ当たり前のこと。でも今どき"顧客第一主義"なんて口にすると「当たり前のことをいうな」といわれるだけでしょう。「我々が顧客を大事にしていないとでもいうのか」といった反発につながることも。いまでは"顧客満足(CS)"もそんな感じでしょうね。
こんなときには、あえて"顧客参加型ビジネス"とか"顧客共創ビジネス"などといった言葉を使うことがあります。必ず、口頭では「ただし、これらは別に突飛な話ではなく、従来からみなさんが重視してきた、『顧客第一』『CS重視』の姿勢の延長なのですが...」などと補足するわけです。

ただしこの場合、ともすれば精神論に終始しがちな"顧客第一主義"を肯定しながらも、現状とのギャップを指摘して課題を共有しましょうね、というベクトルあわせ(これもビジネスジャーゴンでしょうね)を狙っているわけ。全くの新概念に見せるのではなく、使い慣れた言葉と考え方を、ちょっとだけ広げたり、向きを変えたりするのに便利。
こんな使い方なので、たしかに"オトナ語"のようなもの、という指摘は正しいかもしれませんね。

こうしたBuzzwords、結局はコンサルタントが営業目的に目新しさを演出しようと、次々とひねり出しているというのは確かでしょう。
一方で、新しい言葉がないと、私たちは「もうそんなの知ってる」と学習をやめてしまいがちである、という側面もあります(たとえば、上述した「顧客第一主義」とかですね)。耳慣れない言葉に触れると、「なんだそれ?」と思い情報を集め、調べて納得する。その課程で従来もっていたアイディアや概念が少しずつ拡大し、新しい事業や商品、サービスにつながっていくこともあります。
公式な会合ではなく、比較的気心の知れた仲間内ならば、仕入れたばかりの新語について話題にすることもありますね。会話の中でそのアイディアが消化できることも少なくありません。

次から次へと登場する新しい言葉に飛びついて、TPOも考えずに口にしたり書類に書いたりするのは、できればやめておいたほうがよさそう。
一方で、それらを「こんなの一時流行ってすぐ廃れるのさ」と無視し続けていると、よほど別の方法で学習を続けている人でもなければ、いつの間にか取り残されてしまうかもしれません。過ぎたるは、なお及ばざるがごとし、といったところでしょうか。

いつも拝読している英語関係のブログの記事で、「Buzzwords」について触れられていました。

 Buzzwordsという名のまやかし(日向清人のビジネス英語雑記帳)

冒頭に出てくる「ビジョン」や「パラダイム」くらいよく使われる言葉が、内容のない流行言葉の「Buzzwords」とは思いませんが、流行の横文字を持ち出すのは説得というよりは「煙に巻く」ためであることが多いのはたしかですね。ましてや、英語でコミュニケーションを、というときに使いまくるのは危険そうです。
一方で、こうした言葉を好むのが「コンサルティング関係」「経営企画部」「経営評論家」というのはどうかな、と思います。意外と、勉強熱心な普通の管理職が好んで使いますし、一方でコンサルタントや管理・企画部門はあまり考えずに流行言葉を垂れ流すようなことはしません(知識をひけらかすことではなく、相手を説得するのが大事な仕事ですから)。

まあ、Buzzwordsの是非はともかく(たしかに空虚なものも多い一方で、共通言語になった狭い関係の中では問題意識の共有に便利なことはたしかなのです)、私が気になったのは次のくだりです。

また、「日本語化」しているものまであります。よく交渉が続いているときに、The ball is in their court.という言い方を聞きますが、テニスで、「ボールが相手方のコートにある」と言うのと同じで、要は、こちら側からボールを打ち返してある以上、今度は、相手の番だ、お手並み拝見というほどの意味です。例えば、先日、テレビのインタビューに答えて、自分は待っている方だということで、谷垣財務大臣が「ボールはもう向う側に行っていますからね」という言い方をしていました。アメリカ留学帰りの財務官僚がはびこらせているのでしょう。

谷垣氏がどこからこのフレーズを憶えたかは知りませんが(アメリカ留学帰りの~などという単なる憶測による決めつけはちょっと下品ですね)、コミュニケーションに際してボールをたとえに使うのは、わりと一般的なじゃないかと思います。
ただし、私が良く耳にするのは、テニスコートではなくキャッチボールのイメージですね。「こちらからボールを投げた状態です」「今度はこっちが投げ返す番だから」といったフレーズで、交渉ごとなどをボール(=条件・意向)にたとえているわけです。

少なくとも私の周囲でこのたとえを使っているかたは、留学帰りでもなければそもそも英語に堪能なかたがたではありません。もとが「The ball is in their court.」といった英語表現にあったとしても、輸入されてからそこそこ時間が経ち、より身近なキャッチボールのイメージに転化したように思われます。

このボールのたとえ、実際にはどこからきたんでしょうね?
少なくとも、「アメリカ留学帰りの財務官僚がはびこらせ」たものでないことは、たしかだと思うんですけど。
まあ、上記エントリの主題は、こういった流行言葉を不用意に使う危険、あるいはお構いなしに使われる不快感だと思いますので、谷垣氏がテニスボールと軟球のどちらを思い浮かべているか、なんてどうでもいいんですけどね。

<2006.8.29追記>
参照しているブログのエントリですが、引用部分も含めてかなり書き直しをされたようです。
したがって現状ではこのエントリの内容と齟齬が生じているのですが、書き直すことはせずにこのままにしておきます。先方にお願いしたいのは、誤字訂正程度ならともかく、ここまで大きな修正をするならば、ひとこと説明を加えるか、以前の文章を残して修正していただきたい、ということですね。

私がいま使っているPCは、2003年に購入したIBMのThinkPadです。
持ち歩くことを優先したので、X31という1スピンドル機、CPUはPentium M/1.4GHzでメモリは768MB。2003年に買ったというのにOSはあえてWindows2000バージョンを注文したもの。

このマシン、普段のメールの送受信やWEBの閲覧では、性能に全く問題を感じません。
強いていえば画面サイズが不足気味ですが、自宅では19インチCRTディスプレイにつないで1600×1200ピクセルの広大な画面を使えます。どうせなら2画面で使えれば良かったのですが、まあたいした問題ではありません。

ではなぜ次のPCなのか? 犯人はニコンです。
私が使っているデジタルカメラは、ニコンの「D2H」というデジタル一眼レフ。たった400万画素ですし、オートホワイトバランスが良くないだの高感度ノイズが多いだのと悪口を言われるものの、そこらのコンパクトデジカメを蹴散らす実力派(と、思ってます)。
処理が高速なのと、400万画素とデータが小さいため、RAWとJPEGを同時記録してJPEGで構図やピントをチェック、気に入ったものをRAW現像してレタッチという手順を踏んでいます。
このときに使っているのが、ニコンの「Nikon Capture」というソフトウェア。ホワイトバランスや色合いの調整、明るさの変更などが非常にやりやすく、ほとんどPhotoshopなどの画像加工ソフトは不要なほど。ただし、ちょっとばかり動作がのっそりしていて、ThinkPadで400万画素を処理するにも多少ストレスがある程度。
サブ機の同じニコン製「Coolpix8400」の800万画素RAWデータともなると、かなりの忍耐を要します。

それでも、たまのことなので我慢の範囲だったのです。
ところが、新たにニコンから登場したソフト「Capture NX」が前任者をはるかに上回る重量級。正直なところ、400万画素のRAWデータを処理するのも忍耐の限度ギリギリ一杯です。
しかも、このソフトが実に高性能で、これまでできなかった特定の色合いの部分だけの自由な加工が簡単にできます。一度使ってしまうと、前の「Nikon Capture」には戻れないほど。ニコンのダイレクトショップでニコン商品の登録ユーザー向けの優待販売があったので、さっさと注文してしまいました。

注文したは良いが、さすがに現在のPCでは常用はかなり苦しいです。
メモリを差し替えて1GBにするという案もありますが、これだけでそう劇的な変化はないでしょう(動かしていると、CPU使用率が100%のまま延々と止まっていることがあるので)。
そんなわけで、ぼちぼちPCを新調の時期かなあ、と。
重い「Capture NX」が快適に動き、しかも数年以内に1000~1500万画素クラスのカメラに買い換えても対応できるもの。しかも、この時期ならばWindows Vistaに十分な性能であってほしい。ただし、基本は常時稼働させているので電力消費があまりに大きいのは困る(いまがノートPCですから)。となると、最新の「Core 2 Duo」なんかは良さそうですね。

メールやWEB程度ではPCの性能はこれ以上いらない、というのは以前からいわれていることです。それでも、私にとっての「Capture NX」など、たったひとつでもPCの性能を要求する用途があれば、新しいPCの需要は生じるのですね。
iPodやW-ZERO3などでみるための動画エンコードなども、CPU性能が果てしなく要求される用途のひとつかもしれません。
いまは一家に一台から一人一台に広がりつつある途上でしょう。けれど、電源を切られている時間も多いはず。それなら、家庭に高性能のCPUを複数積んだユニットを置いておき、各部屋から必要に応じて演算パワーを使うほうが、効率的なのかも。動画エンコードなんかは、夜間とか留守中に全パワーで済ませるわけです(ホントはテレビ録画の段階で、自動的に携帯デバイス用の動画ファイルを作成してくれるともっと良いんですが)。
ついでにいえば、空調のコントロールとかも全部やってもらえると楽で良いですね。技術的には十分可能なんでしょうが。


8月18日(金)から31日(木)までの2週間にわたって、「ツール・ド・フランス」を12年間にわたって取材し続けているカメラマン、井上六郎氏の写真展が開かれています。会場は東京新宿にある「PENTAX FORUM」。高層ビル街にある「新宿三井ビル」の1階です。

会期二日目の本日、見に行ってきました。
午後からは井上六郎氏によるスライド&トークショーもあり、ツール取材時のエピソードなど楽しく聞かせてもらうことができました。気合いを入れて最前列に座ってしまったので、トーク中に目があって大変でしたが(^^ゞ

会場には50点以上の写真パネルが展示されていますが、ツール・ド・フランスの選手の写真というよりは、この大きな大会が行われている風景を切り取ったものが多く、自転車競技のファンだけでなく風景写真を好むかたにも楽しめるものだと思います。
黄金の麦畑や一面のひまわり、そして緑の丘と真っ青な空の中で、毎日200km以上を走り続ける過酷なレースが繰り広げられているのですが、選手や声援を送る観客も含めた絵を見ていると、思わず来年7月の予定表を空けたくなるほど。
写真を見ながら、どこからどうやって撮影したのだろうと想像するのも面白いです。

6月に発売された写真集「マイヨ・ジョーヌ」はもちろんのこと、選りすぐりの6枚セットのポストカード(800円)も買えます。
アンケートに答えると、なんと展示しているパネルから1枚がもらえる抽選まであります(まあ、たった1名の幸運なので狭き門になりそうですが...)。

まだ12日間、週末もありますから、ぜひおすすめします。
なお、六郎氏のサイトはこちら、2006年のツール・ド・フランスの現地レポートブログもあります。


ご注意:このエントリは、「私が」ブックオフで本を買わない理由について書いたもので、ブックオフで本を買うかたがたやブックオフの従業員、経営者のかたがたを貶める意図はありません。

自宅の最寄り駅前にも、ブックオフの店舗があります。
たしか2,3回入店したことはあるのですが、他店も含めてブックオフで買い物をしたことは一度もありません。

最大の要因は、私が古書があまり好きではない、ということ。
古いのはかまわないのです。なんというのか、読んでいてページにシミがあったり、書き込みがあったりという「前の持ち主の痕跡」を見つけると、ちょっと苦手な食べ物を無理矢理飲み下すような気分を味わうのです。
潔癖性というよりは、「もう僕の本なのだから、前の持ち主の思い出はもってくるなよ」という感じでしょうか。なんだか、恋人の過去の相手に嫉妬しているようで、いやらしいですが。にしても、古書店に売る前に汚してないかどうかのチェックぐらいしろよな、と思います。

そしてもうひとつは、ここで私が本を買ったとしても著者には一円もお金が渡らないのだ、という感覚。著者だけでなく、本の出版と流通に関わった全ての人びとについても。
これに関していえば、出版社が印刷して本が市場に出たときにお金は払われているわけで、たとえ新刊で買ったとしても、私の購買という行為が著者への金銭支払いに直結しているわけではありません。したがって、実態としてさしたる問題ではないことはわかっています。
それでも、感覚的に私がブックオフで本を購入するとき、利益を得るのはブックオフだけなのだ、というのがどうも抵抗があるのですね(まあ、これは古書店ならどこでも同じなのですが)。

三つ目の理由、それはブックオフのとても賢いマーケティング手法が、肌に合わないということです。
中古やレンタルというのは、市場の動きに応じて店頭の回転率を高めねば商売にならないでしょう。その意味ではロングテールのしっぽ部分ではなくて、上半身から頭の部分しか、扱えるものではないのでしょうね。
本来なら、新刊だってその通りで、売れるかどうかわからない本に棚を割くよりは、売れるものを多く並べたい、という書店も存在するでしょう。雑誌とベストセラー、それにミステリなどの軽い読み物中心の駅前書店なんかはそれでないと成り立ちにくい業態と思われます。
とはいえ、実際どの本がどのくらい売れるかなど、事前にわかるものではありません。しかも毎日のように大量の本が出版されています。これらを仕入れ、陳列し、売れないものを返品するエネルギーやコストは相当なもの。けれど売れるものがわからないのだから、この無駄はマーケティング機能としても必要なのでしょう。

ブックオフがすごいのは、新刊を扱う書店が膨大な無駄を抱え込んで果たしているこの機能を、ばっさりと切り捨てたところ。
彼らは世の中の多くの人びとに、本を売ってほしいと呼びかけているだけです。購入方法もシンプルで、初版だとか稀覯本だとかいった判断は一切なし。結果として、広くて浅い世の中から本をすくい取ることになるため、数千人、数万人に一人しか関心を寄せない本ではなく、多数の人びとが関心を持つ本が集められます。
書店がとりあえず仕入れて棚に並べ、入れ替えながら探っている売れ筋の判断を、既に本を購入した多くの消費者の購買結果に委ねてしまっているわけですね。これは実に賢い。おまけに書籍流通の無駄を省いて、利益の出せる事業にした。すごいです。

賢いしすごいのですが、私が天の邪鬼なんでしょうね、「みんなが読んで、みんなが感動した本」は、私が読みたい本ではない。
ブックオフの店頭が全てそういった本で埋め尽くされているわけではもちろんありませんが、仕入れの基盤を広く浅い世の中に持つ以上は、その空気は確実にブックオフ店内にも流れているように感じられるのです。
そんなわけで、私が嫌いなのはブックオフじゃなくて、「流行に乗っているみんな」なのかもしれません。それ自体、実に曖昧なものですが。

以前から「d-mate.com's weblog」でたびたびネタもとにさせていただいている「オールドディズニーファンのディズニーワールド旅ブログ」および何度かコメントをいただいているfujiwaraさんの「K's Pleasure Island」で、相次いでウォルト・ディズニー・ワールド(以下WDWとします)のチケット値上げについて触れられています。
fujiwaraさんの記事をきっかけに複数日滞在時の価格と比較したエントリを書き始めたのですが、チケット代を調べるのが面倒になって途中で止まったいたら、あっという間にしっかりと調査した、しかも実に見事な考察が(笑)。何も付け加えることがなくなっちゃいました。

結論からいえば、4~5日以上の滞在ならば東京をはじめとした他のリゾートと遜色ない価格になっており、1週間程度リゾートに滞在するゲストを中心に置いた価格設定であろうとのこと。その通りだと思います。
チケット価格の面からもそうですが、リゾートの規模としても4つのテーマパーク、2つのウォーターパーク、ダウンタウンにリゾートホテル、レストランなど、WDWは到底2,3日の滞在で遊びきれる場所じゃありません。なにせ、パークへの移動だけでも30分もバスを待つことだってあるのですから、3泊程度の滞在ではストレスを感じることの方が多いでしょう。

日本からWDWへのツアーパンフなどをみると、だいたい7日間というのが多いように思えます。これだと5泊ありますから良さそうに感じられますが、日本初の飛行機がオーランドに到着するのはだいたい午後遅く、WDWには夜になるでしょう。帰路の便は午前でしょうから、早朝に発つことになるので、5泊といっても実質4日間しかないのですね。
経験者にはおわかりでしょうけど、WDWでの4日間なんて絶対に足りません。4つのテーマパークに1日ずつ割り振ったらダウンタウンでお土産を買う時間もないくらい。私はWDWで過ごすのなら最低7泊、6日間は必要だと思ってます。

これまで私は5回WDWに行っているのですが、最長で14泊、最短でも7泊しています。
7泊というのは、土曜日から翌週の日曜日まで、あいだのウィークデイを休暇取得しての9日間の旅程になります。有休5日取得というわけ。
この休みの取得は、比較的社員の有休取得に理解がある私の勤務先でも結構たいへん。会議の日程やら報告書の提出期限を調整して、なんとかなるくらいです。もちろん、1週間休めば仕事もたまりますから、旅行の前後はかなりあわただしくなります。それでやっと7泊です。

先ほど「最低でも7泊は」と書きましたが、リゾートホテルでダラダラと過ごしたり、あるいはガイドツアーに参加したりといった遊び方をするには、10日間、つまり11泊は必要だというのが私の感覚。これだと移動を含めて13日間、ほぼ2週間の休暇が必要です。
レストランでの食事ひとつをとっても、毎日フルコースを食べ続けるのはさすがにつらいですから、4~5軒を体験するには10泊はほしいですよね。3日も遊び続けたら、きっと疲れてぐったりしてしまうでしょうから、途中に「何もしない日」もほしい。毎日お天気とは限らないので、観たいショーやパレードがあったら予備日も。
そんな風に考えていくと、10日間というのは決してべらぼうな日数ではないと思います。

では、いま日本人の勤め人が(事業主はもっと難しいでしょう)2週間の休みを、しかも年末や夏の長期休暇とは関係なく取れるかとなると、難しいですよね。
もちろん仕事だってたまりますし、そもそも職場の雰囲気からして長期の休みを取ってバケーションなんてとうてい無理、というかたが多いんじゃないでしょうか。もちろん、留守中だれにも負担をかけないということは難しいですしね。営業職なんかだと、客先にも迷惑をかけるし、稼働日数が減ると自分の成績(すなわち時部署の成績にも)にしわ寄せがくるしでよけい困難。
私の職場では、小規模とはいえ部門長である私自身が休みを取りたいので、部下にも長期休暇を奨励してますが、部署によっては「なんだ、良い身分だな」などと時代錯誤なイヤミを口にする管理者がいます。

でも考えてみると、私が社会に出たころは週休二日制がようやく根付いたころで、取引先の多くは土曜日にも仕事をしていました(結果として私も休めないことがけっこう多かった)。
また、入社してすぐに配属先で「有休というのは急な病気のときに使うものだ」「有休を取るとボーナスの査定に響くよ」などと、いまでは信じがたい説明を受けたのが忘れられません(いまでもこんなことがまかり通っている職場は少なくないのでしょうけど)。
ハッピーマンデーなんていう言葉は消え去りましたが、確実に3連休は増えています(サービス業の方々にとってはちっともハッピーじゃないのかも)。

あと10年もすれば、夏休みや年末年始以外の時期に、ちょっと長めのバケーションに出掛けるのが当たり前になるんじゃないでしょうか。そのときの基準が、週末をくっつけての9連休になるのなら、ちょっとがんばれば2週間の休みはいまよりもずっと取りやすくなるでしょう。いや、なってもらわないと。

そのためには、せめて盆と暮にみんな一斉に休む、なんていう工場の生産効率優先の考え方は改めて、年に2回、1週間の休暇を取れるようにしていくのが近道だと思います。
これだと、ならして考えれば20~30人の部署で毎日だれか一人がいないだけでしょ。絶対に何とでもなりますって。

(d-mate weblogと、d-mate.com's weblogの両方にポストします)


六本木ヒルズに映画を観にきました。
アフリカをテーマとしたイベントの一環として、アフリカのビールが飲めます。これは「タスカー」と「カサブランカ」。前者はウォルトディズニーワールドのアニマルキングダムでおなじみ。もっともあちらで飲めるのはアンバーエール、六本木で飲めるのはラガーですが、ちょっと甘みのある味の傾向は同じです。
カサブランカの方が、苦みもあってビールとしては上かも。

私はコーヒーが好きで、休みの日に一日中家にいると5~6杯も飲みます(しかも、大きなマグカップで飲んでいるので実質10杯分に近いですね)。

飲み過ぎるのは好きだからというのもありますが、わが家のコーヒーメーカーが10~12杯同時に作れる大型のもので、最低4杯分から、という仕様になっているから(この4杯は、私のマグでの2杯分にあたります)。毎回必ずマグに2杯分のコーヒーができ、時間をおくと不味くなってしまうので急いで飲む。しばらくしたらまた飲みたくなって...という次第。
もちろん、豆は毎回保管用のキャニスターから取り出して電動ミルで挽くので、手間もかかっていました。ミルのまわりの掃除も面倒。

もっと手軽に一杯分ずつコーヒーが入れられればいいのですが、さすがに街中のコーヒーショップで使っている業務用のマシンを置く場所などありません(それ以前に、機械もメンテナンスも個人ユースでは高額で非効率でしょうし)。
そんなわけで、ちょっと前に以前から気になっていた「ネスプレッソ」を購入して使っています。

念のため解説しますと、専用のカプセルに入った豆を使って一杯分ずつ抽出する家庭用のエスプレッソマシンです。
豆は12種類くらいあって、好みの味が選べるようになっているほか、季節ごとのスペシャルブレンドが限定販売されるのも楽しみのひとつ。アルミ製のカプセルに密封されているので、風味が落ちにくいのも利点です。
通信販売の他、いくつかの百貨店にある「ネスプレッソ・ブティック」だけで扱われており、私は銀座三越のブティックで購入しています。カードの5%割引がけっこう大きいことも理由ですが、ブティックでのカプセル購入時に、混雑していなければ試飲ができることも魅力のひとつ。買い物でくたびれたら休憩がてらカプセルを買いに行けば、お茶とチョコレートにありつけます。

これなら飲もうと思ったら30秒後には(電源を入れてから抽出可能になるまで20秒ほどかかるので、電源入れっぱなしなら10秒でOK)準備ができます。夫婦それぞれが違う味のを選ぶのも簡単。
オフィスなんかでもこいつが置いてあると良いのですが、さすがに一杯60~70円+電気代ではちょっと割高かな。ただし自動販売機のカップコーヒーは70円とか80円のわりにマズイですから、小規模でお金の管理ができるか、高収益で福利厚生でいけちゃうならかなり良いかもしれません。うーん、ネスプレッソがいつでも使い放題の事務所で、仕事したいなあ...

アンチスーパードライ党のみなさん、いかがお過ごしでしょうか。
こんなニュースが。

 ビール「うまい」、平均23歳で アサヒ調査(asahi.com)

asahi.comの記事ってしばらく経つと読めなくなるんでしたっけ?
一応、引用しておくと...

ホップで風味づけされているビールは本来、苦く感じるもの。だがいつの頃からか、96.8%の人が苦みを「おいしい」と感じ始め、そのターニングポイントは、男性の72.2%、女性の79.8%が20歳代の時で、平均すると23.7歳だったという。
初めておいしさを覚えた場面で最も多かったのは、「仕事の打ち上げの時」(11.1%)で、「達成感とともに飲むビールが一番おいしいようだ」(同社)という。

(同社)というのは、この調査をしたアサヒビールのことです。

まあ、内容は当たり前というか、そんなに不思議ではないのですが、「ホップで味付けされ」た「苦く感じる」ビールって、そんなの最近飲まれてましたっけ?
居酒屋で飲めるのはアサヒビールの営業努力の成果あって「スーパードライ」がほとんど、ときおり「一番搾り」で、たまーに「ヱビス」「モルツ」。仕事の打ちあげなどの機会に、外で飲まれるビールのほとんどが「スーパードライ」なんじゃないでしょうか。最近では居酒屋で発泡酒も出ますしね。
日本で最近多く飲まれている「ビール」は、麦芽の香りやホップの風味・苦みを抑え、喉ごしのすっきり感を強調したものがほとんど。いまの大人が子供のころに悪戯して「うえ、苦いだけでおいしくない」と思っていた「キリンラガー」とは別物です。

上記のアンケートおよび記事に難癖をつけると、「苦みを「おいしい」と感じ始め」などと書くのは、「ビールは苦い」という思い込みからの、安易なステレオタイプに過ぎませんよね。こういう記事を書く記者って、自分でビールを飲んだ実体験と、お仕事として書く記事とを完全に分離できちゃうんでしょうか?
ただし、味覚というのは変化するので、20代にとってはあの「スーパードライ」でさえ苦いビールに感じられるのかもしれませんね。だとすると、かつての「キリンラガー」やいまだと「ザ・プレミアムモルツ」あたりを飲んだら、苦さのあまりに卒倒しちゃう?...さすがにそこまではないかもしれませんが。

最近店頭で目立つのは、炭酸入りのお水。
確かにただのお水に比べると飲んだあとのスッキリした感じが強いですし、コーラなどのように砂糖や添加物の心配も少ないので、夏場の飲み物としてはかなり優れています。
この味って、極端な苦みや麦芽の甘みを排除した、「スーパードライ」に相通じるものがあるように思えます。味わうというよりも、喉を通す飲料として。
だとしたら、ますますビールメーカーは、発泡酒やら第3のビールで儲けた金を、一気のみではなくゆっくりと楽しめるビールの開発に振り向けないと、そのうちお水やお茶に駆逐されてしまうかもしれませんよ。

某ライトノベルの登場人物に挑戦する気はないよ、といったものの、おもしろそうだったので手に取った1冊です。
もともとポール・アンダースンは著名な割には読んでいません。たしか「タイムパトロール」ぐらいだったと記憶してます。

本作には、何というかスケールの大きさに圧倒されっぱなし。
物語は専ら宇宙船の内部、登場人物も限られているものの、そのスケールたるや超宇宙級のもの(あまり詳しく書くとネタばれになってしまうので控えます)。ページを繰るのがもどかしくなるとはまさにこのことです。300ページ強の作品ですが、まさにあっというまに読み終えることができるでしょう。
ある意味、この作品の概要を聞いて「なにそれ、面白そう!」か「なんだそのいい加減な話は」かによって、SF読みの素質の有無が判定できそう(笑)

スケールの大きなハードSFというと、ともすればアイディアやストーリー展開で引っ張るあまりに登場人物が平板な印象を受けることもあります。
ですが、この作品の主要人物は実に活き活きと描かれており、多少ステレオタイプの嫌いはあるものの、とても魅力的です。脇役もなかなかうまい設定ですし、アニメシリーズにしても人気が出るんじゃないでしょうか。

先月読了した「鋼鉄都市」に続く、ベイリとオリヴォーのコンビによるSFミステリーの傑作です。
何がすごいといって、この作品をミステリーとして成立させるための世界の設定が極めてしっかりしており、説得力があること。第1作である「鋼鉄都市」を先に読んでいたから、ということもあるでしょうが、全く異質な文化をもつ世界の物語であるにもかかわらず、最初の数十ページで世界に引き込まれて行きます。

もっとも、こうした異質な世界や設定を、どのくらい早く受け入れられるかは、かなり個人差があるのかもしれません。
早い読者はSFとの相性が良く、逆になかなかSFになじめない読者は突飛な世界観に説得されにくいのではないかとも思えます(それが良いとか悪いといった話ではああありません)。
私はもちろん、わりと早い段階で設定を与件として受け入れてしまうほうです。会議などでも説得されやすいのはそのためかもしれません。

この作品の舞台は、前作の地球とはうってかわって、300年前に地球を離れた人類が作り上げてきた、究極のロボット社会です。
そこでは人間同士はホログラフの更新のみでコミュニケートし、実際に会うことは、夫婦を除けば極めて異例のことです。夫婦といえど、実際に会って接触することには文化的タブーといえるほどの抵抗を示す人々の社会で起きた殺人事件を、我らが主人公ベイリがどのように解決するのかが見物。前作よりもずっと活き活きとした活躍を見せてくれますし、相棒のオリヴォーもすばらしい活躍振りです。

「鋼鉄都市」に関するエントリでのコメントで、「YN」さんから「オリヴォーがスタートレックのデータとイメージが重ならないか」といった指摘をいただきました。
さしずめ、ホロデッキでホームズに扮するデータといったところでしょうか。ダニール・オリヴォーは数あるSF作品の中でも、傑出したロボット/アンドロイド系のキャラクターだと思います。

これだけ有名な作品について多くを語る必要もないでしょう。
SFファン、ミステリーファンともに大いに楽しめる作品。どちらか一方のファンにもう一方の魅力を伝える、橋渡しとなる作品であるともいえると思います。

「リングワールド」の話題を出したおりに思い出して、書棚から引っ張り出して再読。最初から「スリント人」や「ステイシスフィールド」などのおなじみの設定が出てきて、懐かしさから一気に物語の世界に入ることができました。

「ノウンスペース」シリーズで最初に読んだのは、たしか「中性子星」だったと思います。当時は中学生だったか。
一度舞台設定になれてしまえば、共通の小道具の上で展開されるさまざまなストーリーを次々と楽しむことができます。ハインラインの未来史シリーズは、どちらかといえば個々の単体作品としての性格が強いと思いますが、「ノウンスペース」は同じ世界でのエピソードとしてトータルとしてのまとまりも非常によいものだと感じます。

本書のストーリーでは、かつて銀河を支配したスリント人がなぜ消え去ってしまったのかという設定が語られます。
ストーリーに踏み込むことは、ネタバレになってしまいかねないので避けますが、リングワールドを読むうえでも、舞台設定のベースとなる諸作を読んでいるのといないのとでは大いに楽しめる度合いが違うように思います。

あれこれ細かなことを考えるよりも、非常に洗練された、しかし古き良きスペースオペラの伝統をしっかり受け継いだ第一級の娯楽作品です。
Amazonではどうやら新品では入手できないようなのが残念です。

さぼって1ヶ月分まとめちゃったので、またこまめに読んだ本を記録しておこうと思います。
7月最後になるかな、と思いつつ読んだのは仲正昌樹氏の新作。
実は、氏の名前や著作名で検索して、このブログにたどり着くかたがけっこう多いのです。それだけ注目の人なのか、あるいは氏の本について触れたブログが多くないのか、よくわかりませんが。

本作の前に、日本とドイツの戦後思想についての本があったようですが、そちらは未読。まあ、姉妹編といったって続き物ではないでしょうから問題ありませんが。
たしかに、戦前回帰に近い言論が勢いを増している中で、「戦前の思想とはいったいどんなものだったのか」について知っておくことは大切。その意味では、戦後思想よりももっと広く読まれるべきかな、と思います。

国民としてのまとまりに出遅れ、西欧先進国の文明を超克するために「民族」という神話にすり寄っていったドイツ、国民の一体感が自明であったがゆえに、矛盾の解消のためにも神話的枠組みの中で動いてしまった日本。
似ているようで、違いも多いこのふたつの国が、結果として帝国主義的な行動を「我々は特殊な民族である」という、なんの根拠もない観念で包み込まざるを得なかったという、非常に似通った道筋をたどったことは非常に興味深いです。

「昔は良かった」のは、未来がまだ訪れていない以上、そして現在は美点も欠点もすべてが見えている以上、当たり前のことですね。
懐古趣味的な言論が勢いづいているのは、まあ、余命いくばくもない老人が若者に腹を立てて愚痴っている分には良くても、そこから合理性の衣をかぶった自己中心性が現れ、世論を動かすとすれば危険。わかりやすい思想にすり寄っている自分自身へのアイロニカルな視線を保持することは、簡単ではないのでしょうが、同じ間違いを繰り返すほど日本人が愚かではないことを願いましょう。

著者の皮肉は、本書に関していえば懐古趣味・復古主義の人びとに向けられているようです。
さすがに旧来の左翼勢力の欺瞞性はかなり浸透しているので、皮肉ってみせるなら右の方が面白い、ということでしょうか。まあ、いずれにせよときおり顔を出すアイロニーに血圧が上がった読者は、ちょっと精神的な深呼吸の必要がありそう。

7月のはじめにケーブルテレビがデジタル契約に変更され、依頼、J:COMデジタルで「ディスカバリーHD」を楽しんでいるわけですが、いくつか不満もあります。
ひとつは、従来アナログでみられていたチャンネルの画質が、低下したように感じられることです。アニメーションなどでも、場面の切り替わりが激しい場面ではネットで高圧縮の動画をみているのかと思うくらい、ひどいノイズが目立ちます。ドキュメンタリー番組でも、並木道や林を走り抜けるシーンなど、みていて気持ちが悪くなるほど。

こうしたチャンネルはもともと低いビットレートで流れているのでしょうね(DVDレコーダーの低画質設定と変わらないくらいですから、2~3Mbpsってところでしょうか)。
実はアナログ契約のころからひどい画質だったの、が気になり始めただけなのかもしれませんけれど、この超低画質番組にコピーワンスの制約をかけるのって、かなりひどいんじゃないかな。まあ、画質と著作権保護は関係ないんですけど。

もうひとつの不満は番組ガイド(EPG)の画面です。
番組表は断ってしまったので、番組ガイドを呼び出して好みのものがないかを探すのですが、この際にBSデジタルや地上波デジタルが同じチャンネルで2~3列を使うのですね。リモコンで左右に画面を送る際に鬱陶しいことこの上ありません。
WOWOWのように3チャンネルで別番組をやることもあるならまだしも、同じ番組を流しているだけなのに...と腹立たしくなります。私が地上波デジタルにせよ、BSデジタルにせよ、フジやらTBSやらの番組はほとんどみないので、よけいに強く感じるのかもしれません。番組表に表示するチャンネルをカスタマイズできれば、良いんですが。

みている番組ですが、圧倒的に増えたのがWOWOWの映画です。
EPGが(上述の不満はあれど)けっこう使い勝手がよいので、予約録画を多用するようになりました。週末にはだいたい3~4本を消化せねばならず、映画漬けに近い状態になっちゃってます。

そしてもちろん、ディスカバリーHDを見ている時間が圧倒的です。
DVDを買おうかと迷っていた「エイリアン・プラネット」や恐竜もののシリーズが(SDのディスカバリーチャンネルも含めて)放映されるので、実にありがたいです。こんなんじゃ、DVDが売れなくなっちゃうんじゃないかと心配。
あと、毎回みているわけではありませんが、朝放映されている「世界の日の出」がけっこう良いですね。なんの解説もなく(文字情報がちょっとだけでますが)世界の景勝地の夜明けの風景をただ流しているだけの番組ですが、これが意外とはまります。録画したものをかけ続けていると、いつのまにか2時間くらい経っちゃったり。
「世界の日の出」をもっと高画質でみるために、HD対応テレビがほしいくらいですね。

まあ、いくつか不満はあるのですが、J:COMデジタルには一応、満足しています。

このアーカイブについて

このページには、2006年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年7月です。

次のアーカイブは2006年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja