WOWOWで「スチームボーイ」を観た

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

この映画、公開時に劇場でも観ていました。
内容は19世紀末のロンドンを舞台とした大活劇で、3代の壮大な親子喧嘩やかわいげのないヒロイン、そして容赦ないロンドンの破壊など、お話としては実に痛快。当時も大満足して立ち上がった記憶があります。

ところが、この作品は思ったほどの評判にならず、amazonでのDVDの評価やブログなどを見ても、悪評のほうが目立つ感じ。
まあ、感性は人それぞれなので私が楽しんだ映画を誰もが気に入るわけではないし、悪評があっても私自身の作品の受け取り方が変わる訳じゃありません。

ただ気になるのは、こうした悪評にほぼ共通したパターンがあることです。それは以下の二つ(ちょっと極端にまとめちゃってますが)。
・ヒロインに魅力がない、あれならいない方がマシ
・脚本が良くない
いや、実際に見てこう感じたかたがそのように書くぶんにはかまわないのです。私が疑問に感じたのは、これって作品より前にこうした評判に触れ、予見をもって判断を下しちゃってるんじゃないか、ということ。

確かにヒロインのスカーレットは、ディズニー作品のようなわかりやすく親しみやすいキャラクターではありません。
けれど、ワガママ放題に育てられた金持ちのお嬢さんが、ああいう性格に育つことだってあるでしょう。たった一日か二日の物語の中で、急に性格がかわいらしく変化するのはむしろ不自然ですから、あのままで良いじゃないですか。
そもそもあの物語で、最初からスカーレットが戦いに異議を唱えて祖父の会社に逆らったり、主人公と意気投合して恋に落ちて...なんていう「わかりやすい」行動を取ったら、かえってつまんないんじゃないかな。

次に脚本について。
まあ、確かにはしょりすぎのところもあるし、人間関係がきれいに敵味方にわかれていないし、ロンドンを破壊したのに当事者は逃げおおせちゃうしで、疵がないわけではないでしょう。
とはいえ、「脚本が悪い」という意見の多くは、単に「悪い、ひどい、全然ダメ」と唱えるだけで、どこがどう悪いか、どうすれば良かったのかについて触れていませんでした。どちらかといえば、だれかが「脚本が悪いよね」といったのをなぞっているように思えます。

この作品に限らず、映画、音楽、小説となんでも同じですが、事前に他人の評価を見聞きして、その意見に引っ張られてしまうのは良くありがちで、非常に危険なことだと思います。
映画を観ながら「なるほど、脚本が悪いな」などと思っている自分を発見したら、それがだれかの意見に追随しているだけなのか、本当にそう感じているのかをきちんと見定める必要がありそう。

なお、「スチームボーイ」について上記のような評価を下しているかたがたを、「他人の評価に左右されている主体性のない奴ら」とけなしているわけではありません。
あまり似たような評価が並んでいるのを見て、こんなことも考えられるな、というだけのこと。誤解のなきようお願いします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/509

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2006年7月23日 21:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「フルハイビジョンへの、松下の反論に思う」です。

次のブログ記事は「6~7月に読んだ本のまとめ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja