フルハイビジョンへの、松下の反論に思う

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

先日、フルスペックハイビジョンという言葉と、テレビに関する雑感をエントリしました。

 「フルスペックハイビジョン」を巡って

ようは、1080iの放送は1080ラインあるテレビで観たい、出ないとなんとなくソンした気になる、というのが私のイチ消費者としての感覚。で、それにうまくマッチしているのがシャープや東芝の「フルスペックハイビジョン」という売り方です。
これに対してハイビジョンの定義とやらを持ち出して、フルスペックという表現は良くないだのと場外乱闘を仕掛けることを、私は理解はできるが尊敬できないやり方だと感じています。

少し古い記事ですが、インプレスの「AV Watch」に、松下による「フルHD」への考え方が読める記事を見つけました。

 大河原克行のデジタル家電 -最前線- ~ 松下が50型以下にフルHDは不要と断言する理由 ~

私はもともと液晶テレビの画質が好きではありません。ギラギラと明るすぎて落ち着きがないし、プラズマと比べてノイズっぽく感じます。
これだけ価格が下がってきているにもかかわらず、「フルスペックハイビジョン」の大型液晶テレビに飛びつかないのは、ひとつには店頭で数分観ているだけでもアラの目立つテレビに30万円ものお金を払うことに疑問を感じるからです。本当なら、先週から視聴できるようになった「ディスカバリーHD」のためだけにでも、すぐにでもHD対応のテレビがほしいのですが。

無理にフルHD化した液晶テレビよりも、50インチ以内くらいならプラズマの従来機のほうが優れた画質で楽しめますよ、という松下のメッセージは理解できます。私が店頭で感じるのと同じ結論。
けれど、だから「50インチ以下ではフルHDは不要なんです」という結論に飛びつかれては困ります。1080ラインある映像を、1080ラインあるパネルで美しく見せるのが本来の姿であって、768ラインで見せるのは技術的な発展段階にあるから、というだけ。不要なのではなく、今のところ現実的ではないだけでしょう。

こうした説明を行いつつも、松下の社内では40インチクラスにフルHDプラズマ機を投入するための準備が進められているはず。
ただ、すぐに市場に投入できる段階にはないので、今のところは「1366×768」のパネルを売り続けるしかない。それゆえカタログ上のスペック比較では劣って見える機種が、実際に劣っているわけではないと主張せざるをえない。それだけの話だと思います。
苦しいところですが、ここは松下がすぐには対応できない価値に競争のフィールドを設定したシャープのうまさを認めるしかないでしょう。

私の希望は、液晶より高くたってかまわないのだから、40~45インチクラスのフルHD解像度をもつプラズマテレビを早く投入してくれること。
さすがに100万円では買えませんが、プラズマの画質の良さは店頭で確実に伝わるのですから、プラス10万、15万円は正当化できない価格ではないでしょう(それが実現困難だからこそ、まだ登場していないのでしょうが)。業界団体で騒いでみたり、フルHD不要論をぶちあげたりしていないで、ぜひとも早くお願いしますよ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/501

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2006年7月16日 11:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「英文を読むのが楽になった2つのきっかけ」です。

次のブログ記事は「WOWOWで「スチームボーイ」を観た」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja