2006年7月アーカイブ

【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

先日、「Ask Naotake!」で、レストランで「まあまあ」であること、あるいは「おいしい」ことを伝える表現についての質問をとりあげていただきました。Naotakeさん、ありがとうございます。
とはいっても、件のキャストが公開されたのはもう2週間も前で、既に次のエピソードが公開されてしまっています。相変わらず周回遅れに近い状態で聴いているもので、お礼まで遅くなってしまいました。

なるほど、「まあまあ」というときにはちゃんと問題点を指摘するのがよいのですね。
こういってはなんですが、アメリカでの「けっこうおいしい」食事って、日本にいれば「こんなもんかな」という程度のことが多いです。
有名なステーキ店だというので入ってみたら、確かに中はおいしいけど表面は炭のように焦げていてはがして食べなきゃならないとか、付け合わせのブロッコリーが生じゃないかと思うくらい固いとかは日常茶飯事。今度行くときには、「固い」「焦げすぎ」「塩っ辛い」などの表現をチェックしていくことにします。

さて、旅先のレストランでの会話についてですが、実は質問を書いたエントリではちょっと説明不足のところもありました。
私の旅行先というのは、普通の街ではなくてフロリダ州オーランドの「Walt Dinsey World」が非常に多いです。入るレストランというのも、このリゾート内のテーマパークやホテルのレストランが主ということになります。
もちろんチップのためのお愛想ではあるのでしょうが、乏しい経験から感じるのは街中の普通のレストランよりもかなり頻繁に話しかけてくるように感じます。相手の英語力にもよるのでしょうが、「どっからきたの?」「ここには何回目?」「このホテルに滞在してるの? いいところでしょう。実はおすすめがあって...」「もう○○には行った?」など。
リゾートでの顧客の満足度を高めるために、積極的にコミュニケートしようというのがキャスト教育に組み入れられているからでしょうが、普段英語を使う機会の少ない私にとっては、かなり貴重な英会話実践の場がレストランというわけです。

もっとも、土地柄か英語といってもスペイン語風の発音をする人が多くて、英会話スクールやNHKの番組での英語とはかなり違って聞こえます。今のはまさか英語じゃないだろう、と思っていたら、やっぱり英語だったということが何度も。
これからもフロリダが旅行先の多くを占めるのなら(あと南カリフォルニアなんかもそうですが)、英語の次にスペイン語を習った方が良いかも、なんて考えています。

いや、全然挑まないんですけどね...
はてなブックマークのおかげで、あるライトノベルとそのアニメーションがエライ人気だということを知りました(名前を出してもいいのですが、そのノベル/アニメに関心があるわけでもなく、ファンのかたといらぬ軋轢を起こしてもなんですので伏せます)。

で、その登場キャラクターの一人に、宇宙人らしいのですが文芸部所属でいつも本を読んでる少女がいて、彼女が読む100冊のリストがいくつかのブログで確認できます。
なんでも、うち2冊は未来の本だったか宇宙語で書かれているとかで、私たちには読めないもの。残る98作品を順に読んでいくぞ、というファンのかたも多く見かけます。

アニメの中の活字中毒キャラクターといえば、ディズニーの「美女と野獣」の主役であるベルが有名です。
彼女は街中を歩く間も本から目を離さず、行き付けの店は町の書店(どうやら店頭の在庫を次々に借り出して読んでいる様子)。城に迷い込んで生活し始めてからは、ビーストから図書室を贈られて驚喜するという徹底ぶり。いや、このシーンを見て「自分も美女に生まれてあの図書室をもらいたかった!」と切望した本読みも多いでしょう。

アニメの中での活字中毒者というのがいったいどのくらいいるものなのか、全体像はつかめないのですが、それほど多くはなかったように思います。
ましてや、今回の少女キャラのように(もとが小説の登場人物とはいえ)読んだ本がリストとなって共有され、挑戦する人がたくさん出てくるといった現象は、過去になかったのではないでしょうか。

さて、問題の100冊リストですが、SFとミステリのファンであればけっこう押さえている有名どころが並びます。このジャンルで幅広く読んでいるかたであれば、けっこうカバーできているのではないでしょうか。
1980年代をSFファンとして過ごし、そして1990年代を国産ミステリを中心に読んでいた私が、100冊リストの中で読んでいたものは21冊(ハインラインの全集ものは、「人形つかい」「夏への扉」のそれぞれ文庫として読んだのですが、これは1冊として)ありました。買った記憶があるけど読了したかどうか曖昧なものが他に5冊ほどあって、あわせるとほぼ4分の1ほどがリストに見つかった「私が読んだ/買った本」。
1990年代以降のSFはほとんどカバーできていないのでこれだけでしたが、関心領域としてはかなり重なっているので、同年代であったら40冊くらいは共通になっていたかな、という感じ。
基本的には、特定の作家を集中して読むタイプ(私はこちら)よりは、ジャンルごとにおいしいところをつまんでいくタイプのほうが、このリストとは相性が良さそうです。

残る70冊強をこれから読むぞ! という決心はもちろんありません。
まあ、「イリアス」とか「失われた時を求めて」は、じいさんになって気が長くなったら読もうかな、と思いますが。
前のエントリで、「鋼鉄都市」「リングワールド」に触れているので、もしかしたら作品名の検索で引っかかって件のアニメのファンがここを読むこともあるかもしれませんね。そんときは、お手柔らかにお願いします。

「危うし!小学校英語」以来、読んだ本の感想を書いてませんでした。
今さら全部ひっくり返して書くのも大変なので、自分のためのメモとして読んだ本のタイトルのみあげておきます。

 「水いらず」サルトル著(新潮文庫)
 「永遠のドストエフスキー」中村健之介著(中公新書)
 「ドストエフスキー」江川卓著(岩波新書)
 「コルトレーンを聴け!」原田和典著(ロコモーションパブリッシング)
 「JAZZ TALK JAZZ」小川隆夫著(河出書房新社)
 「罪と罰」ドストエフスキー著(新潮文庫)
 「ウラ読みドストエフスキー」清水正著(清流出版)
 「非Aの世界」ヴォークト著(東京創元社)
 「非Aの傀儡」ヴォークト著(東京創元社)
 「鋼鉄都市」アシモフ著(早川文庫)
 「ドストエフスキイ後期短編集」ドストエフスキー著(福武文庫・絶版)

おおむね読んだ順です。最後の「ドストエフスキー~」を読み終えたのが7月21日頃で、それ以降はたまってしまった「Harvard Business Review」の記事を読んだりしています。

上記のうち、「非A」シリーズの帯に「復刊フェア」とあるのをみて、改めて気がついたのですが、私が中学高校のころに「そのうちに読もう」と思っていた作品の多くが絶版になってしまっているのですね。
特に「ちょっとまずいんじゃないの?」と思うのはラリイ・ニーブンの「リングワールド」シリーズ。「リングワールドの子供たち」が新刊として平積みなのに、第一作である「リングワールド」は今では購入できません。読みたければ古書店を探すしかないようです。
常に膨大な作品群を在庫しておくことはできないにしても、せめてオンデマンドで買える環境が整えられないものかと思います。
そういえば、上記リストのうち「ドストエフスキイ後期短編集」も絶版でしたね(というよりも、福武文庫そのものが終了していたようですが)。まったく、あるうちに買っておかないと本が買えなくなるなんて、中学校の頃には考えもしませんでした。

今年に入ってから、かつて読んだ名作を読み直し、あるいは読まずに済ませてきたものを読んでみる、というのを目標にしています。
しかし、どうも「久々にドストエフスキーを読み直す」になってしまっていますので、他の作家のものにもと思っています。とはいえ、岩波文庫から「未成年」が復刊されるなど、もうちょっとドストエフスキーとのつきあいも続くのかな。

この映画、公開時に劇場でも観ていました。
内容は19世紀末のロンドンを舞台とした大活劇で、3代の壮大な親子喧嘩やかわいげのないヒロイン、そして容赦ないロンドンの破壊など、お話としては実に痛快。当時も大満足して立ち上がった記憶があります。

ところが、この作品は思ったほどの評判にならず、amazonでのDVDの評価やブログなどを見ても、悪評のほうが目立つ感じ。
まあ、感性は人それぞれなので私が楽しんだ映画を誰もが気に入るわけではないし、悪評があっても私自身の作品の受け取り方が変わる訳じゃありません。

ただ気になるのは、こうした悪評にほぼ共通したパターンがあることです。それは以下の二つ(ちょっと極端にまとめちゃってますが)。
・ヒロインに魅力がない、あれならいない方がマシ
・脚本が良くない
いや、実際に見てこう感じたかたがそのように書くぶんにはかまわないのです。私が疑問に感じたのは、これって作品より前にこうした評判に触れ、予見をもって判断を下しちゃってるんじゃないか、ということ。

確かにヒロインのスカーレットは、ディズニー作品のようなわかりやすく親しみやすいキャラクターではありません。
けれど、ワガママ放題に育てられた金持ちのお嬢さんが、ああいう性格に育つことだってあるでしょう。たった一日か二日の物語の中で、急に性格がかわいらしく変化するのはむしろ不自然ですから、あのままで良いじゃないですか。
そもそもあの物語で、最初からスカーレットが戦いに異議を唱えて祖父の会社に逆らったり、主人公と意気投合して恋に落ちて...なんていう「わかりやすい」行動を取ったら、かえってつまんないんじゃないかな。

次に脚本について。
まあ、確かにはしょりすぎのところもあるし、人間関係がきれいに敵味方にわかれていないし、ロンドンを破壊したのに当事者は逃げおおせちゃうしで、疵がないわけではないでしょう。
とはいえ、「脚本が悪い」という意見の多くは、単に「悪い、ひどい、全然ダメ」と唱えるだけで、どこがどう悪いか、どうすれば良かったのかについて触れていませんでした。どちらかといえば、だれかが「脚本が悪いよね」といったのをなぞっているように思えます。

この作品に限らず、映画、音楽、小説となんでも同じですが、事前に他人の評価を見聞きして、その意見に引っ張られてしまうのは良くありがちで、非常に危険なことだと思います。
映画を観ながら「なるほど、脚本が悪いな」などと思っている自分を発見したら、それがだれかの意見に追随しているだけなのか、本当にそう感じているのかをきちんと見定める必要がありそう。

なお、「スチームボーイ」について上記のような評価を下しているかたがたを、「他人の評価に左右されている主体性のない奴ら」とけなしているわけではありません。
あまり似たような評価が並んでいるのを見て、こんなことも考えられるな、というだけのこと。誤解のなきようお願いします。

先日、フルスペックハイビジョンという言葉と、テレビに関する雑感をエントリしました。

 「フルスペックハイビジョン」を巡って

ようは、1080iの放送は1080ラインあるテレビで観たい、出ないとなんとなくソンした気になる、というのが私のイチ消費者としての感覚。で、それにうまくマッチしているのがシャープや東芝の「フルスペックハイビジョン」という売り方です。
これに対してハイビジョンの定義とやらを持ち出して、フルスペックという表現は良くないだのと場外乱闘を仕掛けることを、私は理解はできるが尊敬できないやり方だと感じています。

少し古い記事ですが、インプレスの「AV Watch」に、松下による「フルHD」への考え方が読める記事を見つけました。

 大河原克行のデジタル家電 -最前線- ~ 松下が50型以下にフルHDは不要と断言する理由 ~

私はもともと液晶テレビの画質が好きではありません。ギラギラと明るすぎて落ち着きがないし、プラズマと比べてノイズっぽく感じます。
これだけ価格が下がってきているにもかかわらず、「フルスペックハイビジョン」の大型液晶テレビに飛びつかないのは、ひとつには店頭で数分観ているだけでもアラの目立つテレビに30万円ものお金を払うことに疑問を感じるからです。本当なら、先週から視聴できるようになった「ディスカバリーHD」のためだけにでも、すぐにでもHD対応のテレビがほしいのですが。

無理にフルHD化した液晶テレビよりも、50インチ以内くらいならプラズマの従来機のほうが優れた画質で楽しめますよ、という松下のメッセージは理解できます。私が店頭で感じるのと同じ結論。
けれど、だから「50インチ以下ではフルHDは不要なんです」という結論に飛びつかれては困ります。1080ラインある映像を、1080ラインあるパネルで美しく見せるのが本来の姿であって、768ラインで見せるのは技術的な発展段階にあるから、というだけ。不要なのではなく、今のところ現実的ではないだけでしょう。

こうした説明を行いつつも、松下の社内では40インチクラスにフルHDプラズマ機を投入するための準備が進められているはず。
ただ、すぐに市場に投入できる段階にはないので、今のところは「1366×768」のパネルを売り続けるしかない。それゆえカタログ上のスペック比較では劣って見える機種が、実際に劣っているわけではないと主張せざるをえない。それだけの話だと思います。
苦しいところですが、ここは松下がすぐには対応できない価値に競争のフィールドを設定したシャープのうまさを認めるしかないでしょう。

私の希望は、液晶より高くたってかまわないのだから、40~45インチクラスのフルHD解像度をもつプラズマテレビを早く投入してくれること。
さすがに100万円では買えませんが、プラズマの画質の良さは店頭で確実に伝わるのですから、プラス10万、15万円は正当化できない価格ではないでしょう(それが実現困難だからこそ、まだ登場していないのでしょうが)。業界団体で騒いでみたり、フルHD不要論をぶちあげたりしていないで、ぜひとも早くお願いしますよ!

私のTOEICのスコアについては以前も書きましたが、昨年夏の結果が最新で850です。
内訳は、ListeningとReadingが仲良く425ずつ。周辺で700前後以上のスコアをもつ人の話を聞くと、どちらかといえばListeningのほうが好スコア、という人が多くて私は少数派。周囲でのヒアリング結果では、私はListeningや語彙力では劣っている一方で、読むのは得意なほう、といえるんじゃないかと思います。

英文を読むのが楽になった時期については、割と明確に憶えています。
職場の近くの英会話スクールに通い始めて、最初は会話を中心に文法や表現方法を学ぶクラスを1年半続けました(AEONに通ったことのあるかたならばわかると思いますが、CheckPoint、ViewPoint、FocusPointをそれぞれ半年ずつ、という流れです)。
その後、ビジネスに関連するトピック(Financial Times誌の記事抜粋)を中心に毎週4ページずつ進むクラスに入り、毎回レッスン前の予習に2時間をかけざるを得ないようになりました。これが直接のきっかけ。

一回あたり英文を読む量は、ちょうどテキスト1ページ分ほど、これに問題文などもありますから、わからない単語や表現にぶつかるたびにいちいち辞書にあたっていたのではいつまで経っても進みません。むしろ、文脈から判断できるところは調べずに読み進み、全体を理解してから辞書を取り出す、という読み方に変わらざるを得ませんでした。
単純なことですが、これを半年間続けた結果、テキストに掲載されている文章ならばほとんど辞書なしで理解できるようになりました。すぐに訳せない単語でも文脈で判断できますし、動詞にしてもおおまかな意味は取れることのほうが多いです。読むリズムを壊して辞書をひくのではなく、概要を理解してから細部に入る読み方のほうが、ずっと効率的です。
毎週ある程度の分量を読み続けたことと、いちいち辞書にあたる前に辞書なしで概要をつかむ訓練をしたこと、この2点が大きかったのではないかと思っています。

続いて、その年の秋口にアメリカの大学でマーケティングや組織運営を学ぶ短期コースに参加する機会がありました。
出国前、事前課題としてHarvard Business Reviewの記事が10本ほど送りつけられてきました。さすがになかなか進まず、渡米して明日から授業が始まる、というタイミングで7割以上の未読を残してしまいました。背に腹はかえられません。移動中も読み続け、授業前夜も2時までかかって全てを読み切りました。もちろん、このときも辞書をひく時間などありません。おおまかに内容が理解できればそれでよい、と決めて辞書なしで済ませました。

実のところ、この研修の初日にZaurusにセットアップしてあった辞書ソフトがうまく動かなくなり、電子辞書ももっていなかったので2週間の研修を辞書なしで切り抜けざるを得なかったのです(つまり、辞書をひきたくても手許にはなかったわけで、こんな状態で良くもまあ、2週間を乗り切ったものです。というよりも、せっかくの海外研修というのに準備が悪すぎましたね)。
ここでも、英会話スクールのテキストよりもワンランク難易度の高い、しかも分量が数倍のテキストを、短時間・辞書なしで読まざるを得ない状況に追い込まれ、何とかしたことが自信につながりました。帰国後、定期購読を開始したHarvard Business Reviewは、いまでも毎月届いています。

そんなわけで、私がおすすめする英文読解をいまよりも楽にできるようになる秘訣は、次のふたつです。
・とにかく続けて読むこと
・いちいち辞書をひかずに概要をつかむ訓練をすること
もちろん、辞書をひかずに読み続けると、なんとなくわかるけどしっかりとは理解できない単語というのが増えます。こういった語彙は読むのは大丈夫でも、会話では使えませんから、ちゃんと辞書にあたることは重要だと思います。
とはいえ、とにかく一定以上の長さの英文を短時間で読めるようにするには、けっこう効果的なんじゃないかな、と思ってます。まずはWEBサイトのニュース記事くらいから、始めて見ると良いかもしれません。

私は自分自身もデザインの才能があるほうでもないし、ブログのデザインには割と無頓着。よほど読みにくくなければ2カラムだろうが3カラムだろうが、気にしません。
けれど、最近「これはいやだな」と思うレイアウトがひとつだけあるのです。

それは、エントリ本文の真上に大きな広告スペースがあるもの。
多くはグーグルのアドセンスなのですが、エントリのタイトルの下に、本来ならエントリの本文があるべき場所に3~4アイテムの広告が並びます。広告ごとに3~4行が費やされますから、「Ads by Goooooogle」とあわせて17行が消費されると、縦に768ピクセルしかない私のノートPCの画面では本文はスクロールしなければ読むことができません。

この手のレイアウトが増え始めたころ、私はリンクをたどって開いた途端に「あ、広告だけのアフィリエイト目的サイトじゃん」と判断してすぐに閉じていました。
そんなことが2~3回続いて、営業目的ブログがSBMの注目エントリに登場するのは不自然だと気がつき、実はエントリ本文が広告の下に存在し、スクロールすれば読めることに気がついたというわけです。何とも間抜けな話ですが、開いた画面に広告以外のものはブログタイトルとエントリのタイトルだけ、というレイアウトでは、誤解を受けるのも仕方がないのではないか、と思います。

人気ブログともなればけっこうな広告収入が得られるのでしょうし、それが質の高いブログを維持する糧にもなるのかもしれません。
映画館で本編の前に延々と10分近くも映される次回作の宣伝もうっとうしいものですが、こうしたブログも同様。「俺様の質の高いエントリを読みたければ、金を払え」といわれている感じ(実際には、広告をクリックしなければ良いわけですが)。
広告媒体としての価値を作り出し、維持している才能と持続力には敬意を払うことにやぶさかではありませんが、なんだか店に入った途端に手もみしながら店主が近づいてくるようで、個人的にはあまり気持ちの良いものではありません。ブログを訪問する読者が求めているのは、広告ではなくエントリを読むことなのですから。

本のタイトルが重要だ、なんて話は読者の側からいわれるまでもなく、出版側は身に染みてわかっていることでしょう。うまいタイトルをつけることがヒットの要因のひとつであることは間違いなさそうです。
とはいえ、売れるタイトルというのは万人に受けるものではありません。むしろ、売れそうなタイトルを付けるとそっぽを向いてしまう読者も多い。

私はへそ曲がりなほうなので、そもそもベストセラーは読みたくありません。「ノルウェイの森」なんか、売れ始める前に読了しておいて本当に良かったと思っています。
単に売れただけでも読みたくないのですから、タイトルの付け方が、すでに「売るぞ売るぞ売るぞ~っ」という意欲に満ちあふれた本は、目についただけでダメです。そういった本を山積みにしてある書店の品位まで疑っちゃうくらい(そんなの八つ当たりもいいところなんですが)。

売る気満々のいやらしいタイトルにもいろんなのがありますが、たとえば俗っぽい表現をそのまま使ったもの。最近の例だと「ヤバイ」なんて言葉を使ったものですね。

 「ヤバいぜっ!デジタル日本―ハイブリッド・スタイルのススメ」(高城剛著)
 「ヤバい経済学 ─悪ガキ教授が世の裏側を探検する」(スティーブン・レビット他著)

前者なんかは、そもそも賞味期限数ヶ月のつもりで作られた本でしょうし他のタイトルでも読まなかったでしょうが(私が嫌う要素「著者ご尊顔つき腰巻き」がしっかりとついていますしね)、後者は昨年ベストセラーになっていた「Freakonomics」で、翻訳されたら読みたいと思っていたものでした。たしかに、原題のニュアンスから離れているわけではないのでしょうが(副題もほぼ直訳ですし)、いかにもウケを狙ったタイトルとアングラ臭の漂う黒い表紙では、とても買う気になれません。

あとは、売れた本の二番煎じ三番煎じというのも、購買意欲を失わせるものです。

 「最強企業が最強であり続けるための組織デザイン」(ゲイリー・L・ネイルソン他著)

おおかた「最強組織の法則―新時代のチームワークとは何か」(ピーター・M・センゲ著)あたりから「最強組織」という言葉が使われ始めているのに便乗したのでしょう。長ったらしいタイトルを3行に並べた装丁とあいまって、非常に軽薄な本に思えます。
しかも、この本の原題は「Results : Keep What's Good, Fix What's Wrong, and Unlock Great Performance」なので、邦題は3回転半ひねりくらいしないとつながらないもの。私はこれを店頭で見かけたときに、サブタイトルだとしか思えませんでした。
まあ、二番煎じといえば、有名SF小説のタイトルを借用した大ヒットアニメのエピソードタイトルをさらに流用した大ベストセラー小説なんかは、あまりの無知(無恥?)さかげんに脱力するほどでしたが...

対案を示せ、といわれると困ってしまうのですが、原題とかけ離れたタイトルが本の性格まで変えてしまっている感じを受けるものもあります。

 「ディズニーが教える お客様を感動させる最高の方法」(ディズニー・インスティチュート著)

この原題は「Be Our Guest」。ほとんどのかたはご存じの通り、これは映画「美女と野獣」のなかで歌われるヒット曲のタイトルです。これだけでディズニー関連の本であることがすぐにわかり、同時に内容をこれ以上なくシンプルに表現する、非常に優れたタイトルといえるでしょう。ビジネスだけでなく、本自体がディズニーマジックの秘密を隠したエンターテインメントとして楽しめます。
一方で、邦題のほうはCSやサービスの担当部門に勤める会社員が、「お仕事として」読む本のよう。装丁の雰囲気もだいぶ違っています。ディズニーテーマパークの顧客サービスは、たしかにCS実現のお手本といえますが、それは実際にそのサービスを受けて実感してはじめて理解できるもの、本を読んでわかった気になるものではないように思えます。テーマパークを子供向けの遊園地だと思っている会社員が、仕事のためにと読んでも、おそらく書いてあることのほとんどが理解できないでしょう。その意味では、ウォルト・ディズニー・ワールドでのトレーニングコースからテキストブックだけを取り出し、現場をほとんど知らない日本人会社員に読ませようという発想自体が、間違っていたのかも(実際、2001年に出版されてから5年もたってからの翻訳で、他の「ディズニーに学ぶなんちゃら」の後追い企画であることは明白ですし)。

文句ばかりつけていますが、マーケティングは顧客像を設定するところから始まるわけで、上記の本(特に「ヤバい」系のもの)を出版するにあたって、私などは想定読者には入っていないのでしょう。
それはそれでかまわないのですが、本のタイトルというのは著者の意向とは別に出版社がつけてしまうことも多いのだとか。腰巻きのキャッチコピーなどは、ほぼ著者の意見などお構いなしにつけられているのでしょう。
著者と出版者の考えが近ければそれで良いのでしょうが、ズレがある場合、著者としてはかなり腹立たしいことだろうな、と思います。世界の中心で愛を叫んだ作家は、どんな思いでハーラン・エリスンを読むのでしょうか?

先日のエントリでおすすめした、英語表現&シリコンバレーの生活文化を紹介されているポッドキャスト「Ask Naotake!」。7月に入って第44回が公開されていますが、こちらで紹介したのがばれてしまい(笑)、Shownotesからリンクいただいてます。
「ブログで『いつも聞いてます』という例」をShownotesに貼っておきます、とおっしゃっていたのがこのブログのエントリでした。

こちらのポッドキャスト、リスナーからの質問やコメントをメールやブログへのコメント、トラックバックなどさまざまな方法で受け付けています。
私も質問を考えたこともあったのですが、公開されてすぐにではなく一週間遅れで聞くことも多くて下手をすると周回遅れ(次の回がすでに公開済み)なんてことも多くて機会を逸していました。
せっかくの機会ですので、以前から困っている英語表現についてトラックバックで質問を書いてみようと思います。

私は仕事ではまったく英語を使わないため、実践で英語を使うのは年に1,2回の旅行の時だけです。行き先はアメリカがほとんど。
旅行といえばおいしい食事、というわけでレストランに入ることも多いのですが、あちらはチップの習慣があるためか、食べていると頻繁にウェイターやウェイトレスがやってきては「どう、おいしい?」「おかわりは?」などと声をかけてきます。
で、基本的には「Good!」などと答えるのですが、これを平坦にいうと「まあまあ」といった感じに聞こえてしまうようで、「Great!」「Wonderful!」などと大げさに強弱をつけて返したり、「Where does this salmon come from?」とか訊いてみたりするのですが、地元のものならともかくあまり話が盛り上がらないことも多くあります。
食事がまあまあだと相手にそれとなく伝えたり、あるいは逆にすごく気に入っていることをうまく伝える表現って、あるものでしょうか?

そういえば、ツール・ド・フランスのドーピング騒ぎには驚きましたね。
私の知人に長年ツール・ド・フランスを撮り続けているカメラマンがいらっしゃるのですが、先日、ランス・アームストロングが連覇を続けた1999年から2005年までの写真集が発売されました。その名も「マイヨ・ジョーヌ」
もし、ここをご覧になっている中にツール・ド・フランスやランス・アームストロングのファンのかたがいらっしゃいましたら、ぜひ手に取ってみてください。

転勤族の私は賃貸の集合住宅に住んでいるのですが、このたびこの住宅が契約しているケーブルテレビがデジタルサービスに切り替わりました。
地上波デジタル放送やBSデジタル放送も観られるようになり、これはこれでありがたいのですが、なんといっても嬉しいのはケーブルテレビのチャンネルに「ディスカバリーHD」が追加されたことです。

私はもともと、ケーブルテレビでは「ディズニーチャンネル」や「スーパーチャンネル(7月から「スーパードラマTV」)」、そしてディスカバリーチャンネルとアニマルプラネット、ヒストリーチャンネルばかりを観ています。
今日から観られるようになった「ディスカバリーHD」は、その名の通り「ディスカバリーチャンネル」のHDTV版。HDで撮影された番組ばかりが放映されているわけ。

残念なことに、我が家のテレビは10年前に購入したブラウン管のSD画質のもの。せっかくのHDTV番組も、ちょっときれいなSD画質で観るしかありません。
しかし、もともとケーブルテレビのSD画質は圧縮された低画質だったこともあって、その改善度合いはかなりのもの。十分に美しい映像を楽しめます。

今日の夕方からも、アフリカの自然保護区やパリ、ヴェネツィアの豪華なホテルなど、今すぐにでも旅行に出掛けたくなるコンテンツが目白押し。地上波のつまらないバラエティ番組などSDでもHDでも変わりませんが、こうした映像の美しさを楽しむ番組なら画質の向上は大歓迎です。
HD画質で観られるわけでもないのにコピーワンスの制限がかかったのは非常に不満なのですが、まあしかたありません。近い将来にもう少しリーズナブルな規制に変わってくれることを信じましょう。

あ、もちろんNHKのBSハイビジョンも観られるようになりました。
FIFAワールドカップも、準決勝と決勝、3位決定戦は比較的高画質で楽しむことができそうです。
こうなると、HD対応のテレビがほしくなってしまうのが大きな問題ですね、37インチクラスのものなら相当安くなっているのですけど。

このアーカイブについて

このページには、2006年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年6月です。

次のアーカイブは2006年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja