「フルスペックハイビジョン」を巡って

| コメント(0) | トラックバック(0)

わが家のテレビは10年前に購入したブラウン管の28インチ。ときおり映っている人物の顔が紫色になったりするので、いい加減買い換えの時期になっています。
それでも我慢して使っているのにはいくつか理由があります。
たとえば、薄型の大型テレビがあまりに急速に低価格化するのでもうちょっと待ってみようという様子見、あるいは、いまの住まいでは地上波はケーブルテレビで配信されているのでテレビを買い換えても映るのは地上波のSD画質だということも大きいです。今さらSD画質のテレビを買ってもしょうがないですし。

上記よりも大きな理由がふたつあって、ひとつはいわずとしれた地上波デジタルの「コピーワンス」。ちょっと調べたところ、これはいま契約しているケーブルテレビでも同様で、ほぼ全チャンネルにこの制限がかかるようです。
技術の進歩によって不便になるサービスというのが、全く理解できない。犯罪を取り締まるのではなく、全員を犯罪者扱いするというのはCCCDと同じ発想ですよね。そんなのが長続きするはずがない、させてはいけない。
それに、一部を除いてはデジタルになっても従来のSD画質で放映されているだけですし、市販のDVDソフトだってSD画質。急いでハイビジョンにする必要が私にはないのです。

ふたつ目の理由が今日の本題で、仮に地上波デジタルなどのHD画質番組を観るとしても、いま売られている「ハイビジョンテレビ」のほとんどが走査線1080本の1080iを、「1366×768」といった解像度に間引きして映しだしているもの。
そりゃあ、720pだってハイビジョンだとか、間引いたって鑑賞距離ではそれほどの違いにならないといわれれば、そうかもしれません。CDを買っても聴くのはiPodでAACやMP3の圧縮音源じゃないかと指摘されればその通りです。
とはいえ、放送局から送られてくる信号を、わざわざ間引いて多少なりとも画質を低下させて観るのってなんかこう、癪じゃありませんか。うまくいえないけれど、ソンした感じ。1080iなら1080iで観たいじゃないですか。

そんなわけで、「ハイビジョンテレビ」やレコーダーを買うなら、コピーワンスなどというふざけたしくみがなくなったあとで、「1920×1080」の解像度をもつパネルにしたい、というのが私の希望です。
とはいえ、前者はそうそう簡単にはなくならないでしょう。放送をダビングできず、HDDレコーダの容量が不足するので一定時間で消される、現状ではムーブできるにしても画質の低下するDVDか、普及率の極めて低いD-VHS、というのは、コンテンツを再放送し、DVDなどのソフトとして売りさばくには素晴らしい環境だから。
なので、せめて後者の条件は満たしておきたいと思ってます。たぶん購入したら10年ぐらいは使うでしょうから、あまり中途半端なものを価格を優先して選ぶのはやめとこう、と思ってます。

余談ながら、コピーワンスについては地上波デジタルがどうというよりも、動画コンテンツのネット配信が始まるときに、コンテンツホルダーと利用者との新たな妥協点が探られるんじゃないか、と期待してます。もともと、地上波で私が観たい番組など、「プラネットアース」のような例外を除いてはほとんどなくなっているのですから。
毎日観ている「おはよう日本」はSD画質で十分ですしね(笑)

ただ、パネル解像度の低いテレビでも売らなければならないほうは、私のような客が増えるのは困るようです。

 「フルスペックハイビジョン」で論争 呼称めぐり(asahi.com)

なんだ、ほとんどの「ハイビジョンテレビ」は、本当のハイビジョンじゃなかったのか、という認識は、「1920×1080」のパネルをもたないメーカーにとっては悪夢でしょう。いまは液晶で37インチがフルスペックのパネルの下限ですが、32インチももうすぐ出るかも、値段が下がるかも、という買い控えは避けたい。
プラズマディスプレイでは、37インチなどのサイズでのフルスペックパネルはまだ出ていませんしね。いまの状態だと、「フルスペック=高画質=シャープ亀山工場」というイメージが定着しかねない、それはいかん、というのが他メーカーの本音なのかな。まあ、商売としては良く理解できますけど。

無論、画質はパネル解像度だけで決まるものではないでしょう。私は店頭で見る限りは、ギラギラと明るい液晶よりもプラズマのほうに好感を持っています。
フルスペックパネルよりも、きれいに見えるテレビだってあるのかもしれません。でもそれは、雑誌の評価記事やらネットでのクチコミ、そして店頭での比較などを通じて選択されるもの。フルスペックのパネルだから、というだけで10万円を追加で払う客ばかりでもないはず。
「プラズマ陣営」はじめシャープにイチャモンをつけている各社は、そんなことしてないで、もっと魅力的な商品を作り、ユーザーに伝えるほうに資源を投入したら良いんじゃないでしょうか。ただ儲かっている会社よりも、尊敬される会社のほうが従業員もやりがいが出ると思いますよ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/458

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2006年6月17日 12:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シーテイクはシイタケではない!」です。

次のブログ記事は「感想文に意味がない訳じゃなく」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja