2006年6月アーカイブ

【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

今日(6月28日)はずいぶんとたくさんのページビューがあったようです。
読まれている記事を調べてみると、月曜日に投稿した「6月23日読了 ~ 「危うし!小学校英語」鳥飼玖美子著(文春新書)」と、「義務教育での英語の授業はリーディングで良い...かも」の二つでした。テクノラティでの検索結果からお越しのかたがかなり多いようです。

最初は、いずれかの記事がはてなブックマークにでも拾われたかと思ったのですが、そうでもありませんでした。なるほど、小学校での英語教育必修かというのは、かなり注目を集めているトピックなんですね。
私自身は小学生の子供を持っているわけではありませんから、この件については当事者ではなく、感想めいたことしか言えないのですが、こうしてブログに書いていることで微力ながらも「小学校での英語教育開始に賛成する」という世論形成に手を貸してしまうわけで、もうちょっときちんと考えてみようと思います。

前回紹介した本での著者鳥飼氏の主張するところでは、小さな子供のうちに語学教育を始めることが、外国語を身につける上でのアドバンテージにはなりにくいこと、むしろ、小学校のうちは異文化とのコミュニケーションの面白さを感じさせることが重要であるとされています。
私自身は、学校での勉強は(少なくとも中学卒業の頃までは)まったく苦にならなかったほうですので、仮に小学校で英語の授業が始まり「ABC」が習えたら喜んで飛びついたことだろうと思います。とはいえ、その後20歳を迎えた頃の英語力が、2年前倒しの英語教育によって変わっていたとは思えません。中高6年間の英語が、8年になったところでなんの違いもなかったであろうことは間違いありません。むしろ、会話中心になったといういまの教育を受けていたら、会話もままならない上に、文法知識も不十分、ということになったようにさえ思われます。

その意味で、小学5年6年の2年間に、たかだか年に35時間の基礎的な英会話体験授業を施したところで、その授業内容によって日本人の英語力が飛躍的に向上するわけなどない、という風に思います。前から書き続けているとおり、私が小学校での英語教育開始に賛成するのは、身の回りにこれだけ英語があふれている以上、「ABC」くらいは中学入学前に読めたほうが良いだろうと思うからです。また、中学高校の英語は、会話ではなく文法教育によって英語がきちんと読め、会話の基礎力をつけるものであるべきだと考えています。
会話だのビジネスだのと騒ぐ前提に、正しい基礎力が必要だという点で、鳥飼氏の主張とはあまり距離がないのかもしれません。英語教育の前倒しには賛成でも、英語教育を会話中心にすることには反対、というわけです。したがって、いまの流れにある小学校での英語必修化には、反対を唱えるべきなのかもしれません。
英会話など、40を過ぎてからでも週に1回スクールに通えばなんとかなります。いや、何とかするためにこそ、文法教育は重要です。トラベル英会話に毛の生えたような授業を受けて、文法の知識もないままに社会に出ても、使える英語が話せる人の比率は今と変わらないのではないでしょうか。

私には、現在の中学高校での英語教育の実態がわかっていませんので、かなりトンチンカンなことをいっているかもしれません。
ただ、間違いなく言えることは、日本人の英語力はたしかに文法や読解に偏っていたものの、それを否定して軽視することは百害あって一利なし、その基礎力の上に会話によるコミュニケーション力を上乗せするべきであるということです。そして、そのための教育とは標準会話パターンを反復練習することではなく、むしろ異文化を受け入れると同時に自分が育った文化をきちんと体現できる、語学以前のコミュニケーション力の醸成であるように思えます。

所得格差の拡大が進行しているのは確かでしょうが、書籍や雑誌で「中流が消える」「一握りの高所得者と低所得者への分化」といった刺激的な言葉が並んでいるのをみると、「ちょっと待ってよ」といいたくなります。
たしかに、国民の8割以上が「中流意識」をもっていたころとは世の中はかなり変化していますし、マーケターが変化を敏感に感じ取り、潮流をシンプルな言葉で表すことは理解できます。意思決定の上では何に注目し、何を選び取るかという判断の積み重ねが必要ですから、表現はどうしても断定的にもなるでしょう。

とはいえ、「中流がいなくなる」と騒ぎ立てられると、その「中流」である私などはかなりとまどうのですね。特に、マーケティングを業とする人びとが、こうした「わかりやすい言説」に取り込まれるのは危険。
以下は、主に企業でマーケティングに携わる方々を対象として書きます。

何をもって中流とするかは人によるかもしれませんが、フルタイムの仕事を持って、ギリギリの生活費だけでなく遊びや貯蓄に回せる多少のゆとりがある人びとを中流とした場合、いまでもかなり多くの世帯がここに入るんじゃないかと思います。
いま起こっている変化によって、たとえば80%だった中流が、65%くらいには減るかもしれないけれど、絶滅するわけじゃない。少数の金持ちと、大多数の低所得者しかいない社会が、もうすぐそこにやってきているわけではありません。

モノやサービスの販売場面で、かつての「中流」を意識した商品の売れ行きが鈍っていることは確かなのでしょう。「下流社会」という本で指摘されているとおり、自家用車をカローラからマークIIと乗り継いで、「いつかはクラウン」などという消費スタイルは、絶滅しないけれどマーケティング上のメインターゲットではなくなっています。
「いつかはクラウン」ではなく「いきなりレクサス」(「下流社会」より)というのはわかりやすい表現ですが、ようするに自分にとって一番望ましい自動車を、その都度選ぶという消費行動が増えている、ということでしょう。カローラがよいと思って選ぶ人もいれば、最初からレクサス、ずっと軽、といった選択が共存しているだけ。

中流消失とか二極分化といったアジテーションからは、私たちが「安物しか買わない人」と、「高級品ばかり買う人」とのどちらかにわかれていくような印象を受けます。実際に、そのような単純化している記述も見かけます。
少し考えればわかることですが、デジタルカメラは50万円のハイエンド機を買うからといって、紀伊国屋でしか野菜を買わないわけじゃありません。近くのスーパーで特売のジャガイモを買うわけです。外出時のファッションではけっこうお金を使っても、家にある家具類は通販やIKEAだって不思議はない。
一人の人、ひとつの世帯の中に、高所得者の消費行動と、低所得者の消費行動とが共存している。その消費のモザイクの全体像として、いわゆる中流向け商品やサービスの販売ボリュームが落ち込んでいる、というのが現状ではないかと思います。
また、主たる顧客ターゲットの可処分所得の大きさによっても、事情はかなり変わってくるはずです(たとえば、携帯電話アクセサリーには高額商品市場は成立しにくいでしょう、ゼロとはいいませんが)。

もちろん、「高所得者の消費行動」といっても、それは「高いモノは良い」という成金型のものではなく、それぞれの選択眼に叶ったものを選ぶ、という行動です。
しかも、その選択眼は必ずしも高レベルにあるわけではなく、雑誌や著名人の推奨といった単純な背景を持つものや、ブランド力に影響される度合いが大きいものなど、かなりばらつくのでややこしい。ややこしいのでここではちょっとおいておきます。

いずれにせよ、「中流がいなくなる」といった言説は、格差が広がっていることのデメリットをより強く訴えたい人びとによるアジテーションの性格が強いものじゃないかと思います。マーケティングの視点というよりも、政治的な情報操作の視点が強い。
もちろん、バブル崩壊後の就職難や、親の所得階層が子供の所得に影響し始めているといった、社会の格差を広げて固定化しかねない傾向に問題がない、と主張するわけではありません。問題の共有のために、あえて刺激的な言葉を用いるアジテーションも時には必要でしょう。

けれど、こうした言説をそのまま受け入れて自分の中に固定観念を作り上げてしまうことは、意思決定にマイナスに作用するものだと思います。
さまざまなデータや主張をまずは受け止めたあとで、自身がおかれた環境においてどう作用するのか、何が最大の脅威となり、あるいは機会となるのかといった冷静な判断なしに、アジテーションに飛びつき安易な意思決定をすることは、避けるべき。
その意味で、私はセミナーに行ったり本を読んだりして得た情報を、嬉々として朝礼で紹介する人というのは信用しないことにしています。そういう浮わついた「情報通」になることは、マーケターがもっとも避けるべきことじゃないでしょうか。

小学校からの英語の必修化について、まだ結論は出ていないのですが、私の周囲では割と肯定派が多いようです。
この本では、小学校での英語教育必修化の流れを、親のルサンチマンと産業界の要求に教育側が迎合している図として警告を発しています。産業界が人材育成の手間を省いて即戦力としての英語使いを求めている、といった指摘はあまりにも大括りに過ぎ、単なる印象論ではないかというふうにも思えるのですが、全体的には、小学校での英語必修化が引き起こす問題をしっかりとまとめているように思えます。

以前、こんなエントリを書きました。

 義務教育での英語の授業はリーディングで良い...かも(d-mate weblog)

日常会話に代表される「コミュニケーション力」に偏重した英語教育は、トラベル英会話には役立っても、仕事に使えるものではない。むしろ、基礎文法を学び英語による情報受信力を高めることの方が重要ではないか、ということを書いたつもりです。
その基礎訓練の開始時期、すなわち「ABC」を習い始める時期を中学1年から小学5年生に繰り上げるくらいは、やっても良いのではないか、と私は思っています。この程度ならば、英語教育のプロでなくとも現役の小学校教員の負担ともならないでしょう。

週に1時間といえば、必修科目としても年間35時間です。そんな時間で一体何ができるでしょうか? とても実践的なコミュニケーション力が身に付くとは思えません。
本書でも何度か指摘されていますが、小学校で少しばかり早めに英語を習ったからといっても、そのアドバンテージは半年程度しかもたないのだとか。だとすれば、中学1年生前半の授業を2年間前倒しする程度では、さしたる違いはないかもしれません。
上記エントリでも書きましたが、私はこれだけ英語情報が氾濫する世の中なのだから、中学1年で「ABC」だなんてナンセンスに思えるので、うまくスタート時期を早めて効果が上げられるならそうしたら、という程度の消極的な肯定派ですので、もし、デメリットのほうが大きいのであれば、従来どおりでも問題はないと思います。

むしろ、本書に書かれているとおり、既に中学高校での英語教育の軸足が「会話」に移されてしまっていることの方が問題。読み書きができないのに、会話訓練によって子供たちが国際人になれ、仕事で英語が使えるようになれる、と思っている人たちが多いとすれば、言い方は悪いですが、その人たちは言葉というものをあまりに安易に考えています。
本書でも繰り返し述べられていますし、私も上記エントリで書いたとおり、当たり障りのない挨拶と世間話ができる程度では英語力とはいえない。そんな程度で良ければ私だって数年前からできています。それでも、英語の本は読むのに1ヶ月かかるし、このエントリ程度の文章だって英語で書くには数倍の時間を要するでしょう。もちろん、ビジネスの交渉ごとを英語でなんて、とても考えられません。

本訴には冒頭で指摘したような、著者の印象論で論を進めるような疵があります。
けれど、会話偏重の英語教育を、環境さえ整わぬままに親のルサンチマンを燃料として推進することの危険さについては、十分に伝わります。小学校からの英語教育導入に賛成する、特にお子さんをお持ちの方々は、本書でなくてもかまわないので、一度反対意見や消極意見にも目を通した上で、意見を固めることをおすすめします。

何のこっちゃわからないタイトルですが、深い意味はないです。
下記のリンク先記事ですが、内容は別として、私は非常に強い違和感を感じました。

 RTC Vol.13『企業人と起業家 -エスタブリッシュとベンチャーと』(FPN)

何が違和感かというと、「エスタブリッシュとベンチャー」というフレーズ。
「エスタブリッシュ」は「Establish」ですよね? 「設立する、制定する、確立する」といった意味の他動詞です。で、「ベンチャー」のほうは「Venture」でしょう、「危険、冒険的事業」といった意味の名詞です(ただし「思い切って~する」という他動詞でもありますが、平常のビジネス文書の文脈では、新規に起業された事業や企業を指すのが一般的でしょう)。そもそも、動詞と名詞を並べるのはヘン。

上記のイベントの表題をもう一度みると、「企業人と起業家 -エスタブリッシュとベンチャーと」とあります。前後が対応関係にあるというのが妥当でしょうから、「企業人」が「エスタブリッシュ」に、「起業家」が「ベンチャー」に、それぞれ対応しているのでしょう。
となれば、大手企業の勤め人や経営者を示すと思われる「企業人」が、他動詞としての「Establish」に対応するのは明らかな間違い。既に地位が確立された企業に勤めているのであって、大手企業を自ら確立した人びとではないのですから、彼らに対応すべき言葉は「Establishment」です。
現に、上記記事の本文中では「エスタブリッシュメント」が使われており、「エスタブリッシュ」はイベントのタイトルのみで使われている言葉。

おそらく、「エスタブリッシュメントとベンチャーと」にすると長いし、「と」が連なって語呂が悪いから、程度の理由で「エスタブリッシュ」になったのでしょうけれど、実にいい加減。
試しに「エスタブリッシュ -エスタブリッシュメント」で検索してみると、出るわ出るわ、「エスタブリッシュメント」を指すと思われる文脈で使われている「エスタブリッシュ」が。間違いにいちいち目くじらを立てるのも大人気ありませんが、このような言葉への鈍感さは、私には受け付けられないものです。

同様に「トライアンドエラー」というのも見たり聞いたりすると、勘弁してよ、と思うフレーズのひとつ。
もともと「試行錯誤」を表す成句は「trial and error」。「トライアンドエラー」がこれだけ広がってしまうと、既に「日本語としては正しい」といっても良いのかもしれませんが、だったら「試行錯誤」と言えばいいじゃない、と思うのですね。カッコつけて英語を使って、しかもそれが不正確なまま広がるのって、すごくカッコ悪い。
「Try」には名詞としての用法もあるにせよ、多くの日本人はこの単語を動詞として覚えているはず。それなのに、「error」という名詞と並べて使っても違和感を感じないのは、私にはちょっと不思議。まあ、「トライアンドエラー」という「日本語のフレーズ」として憶えているってことなんでしょうけど。

そんなわけで、このままだと近い将来「Establishment」の意味で「エスタブリッシュ」を使う人はどんどん増えるのかもしれません。
言葉は生き物で、変化していくのは当然。変化の中には「独擅場」と「独壇場」のように誤用が一般化したものは少なからずありますし、それが悪いということではないのでしょう。いい悪いの話じゃなく、少なくともイベントのタイトルに「エスタブリッシュとベンチャーと」なんて書く人たちは、私を対象外としているんだろうな、というのが率直な感想。まあ、たいしたことじゃないんですけどね。ぶつぶつ。

このところ、長編小説を読み切ることが少なかったのでちょっとしんどかったです。
やはり読むのも慣れとか訓練の要素が大きくて、上下巻1500ページとなると登場人物が一通りそろって動き出すまでにかなり時間がかかってしまいます。物語の世界がイメージできるようになるまでの分量が多く、面白くなり始めると残り3分の1といった感じ。

作品の内容についてあれこれと論評するまでもないくらい有名な作品ですし、これまた雑感になりますが。
社会が大きく揺らぐ中で、西欧からもたらされた革命思想をより所として伝統的な価値観やリベラルな大人の姿勢を否定する一方で、自ら確固たる価値を作り出すことはできない若者の姿は、いわば思想的根無し草。
たしかに古い社会は多くの矛盾を抱え、機能不全に陥っているものの、それを破壊するだけで代替案を示せない「革命運動」が説得力を持つはずもありません。それでも、裏の主人公ともいうべきステパン氏をはじめとした大人たちは、リベラルで理解ある姿勢を示すだけで否定も断固たる措置もとることができていません。彼ら自身も、社会の激変を前により所を揺さぶられ、根っこから切り離されつつあったのでしょう。

この作品から、1960年代の学生たちによる未熟な革命運動を想起し、連合赤軍事件を連想する読者も多いでしょう。
その類似性は極めて高いように思えますが、更にいえば、社会の変革を目指す若者たちの運動は、常に破壊のみで創造につながらない暴発を招きやすいことも事実ではないかと思います。更にいえば、現状の矛盾や不満に根ざした改革運動が明確なビジョンとステップを示すことを怠ったとき、単なる破壊だけが残ることは社会改革に限った話ではありません。
作品の舞台となったロシア社会は、この数十年後にボリシェヴィキによる革命を経験します。歴史を結果から見れば、革命はピョートルらの作中人物が抱えた問題をそのまま抱え込んで始まり、80年を経て破綻したようにも思えます。

急速な社会変革を求める声を、圧殺してスローダウンさせることが正しいというわけではないでしょう。問題を認めながらも解決を意味もなく先延ばしにすることは避けるべき。
とはいえ、問題をどう解決してどのような社会を築くのか、その青図に納得することなしに改革という言葉に酔うのは極めて危険であることを、歴史も、そして多くの文学作品も警告しています。

ご自身が本を好きになるきっかけとなった古文の先生の言葉と、日本の学校での国語教育が、「本嫌い」の原因になってしまっているんじゃないか、という指摘が人気エントリです。

 本嫌いにさせる日本の国語、文学教育(シリコンバレー地方版)

私はもともと外でどろんこになって遊ぶのが大嫌いな子供だったので、親に叱られるほど家にこもって本ばかり読んでいました。
体格も小さくて、かけっこをすれば全敗するし、鬼ごっこで鬼になるとずっとそのまま、という体験をバネにして体力づくりや勝つための戦術家になる人も多いのでしょうけど、私はそうそうに見切りをつけて本の世界に浸かり込んだ次第。逃げともいえるし、戦略ともいえますが、まあどちらでもかまいません。

なので、上記ブログのようにある日突然本好きになってしまったわけではないので、古文の先生の言葉もそんなには響かない(むしろ、中学のころにこれを言われたら、逆に反発していたでしょう)。
これらの言葉は、いずれも「本を読む」ことのハードルを引き下げるもの。たぶん、私が本嫌いの子供に何かを語らねばならないとしたら、似たようなことを言うだろうな、と思います。
大切なのは、この言葉そのものではなく、それを教え子にきちんと伝えられた教師の人柄や姿勢だったのでしょう。

後段では、子供たちを本嫌いにしてしまう原因として、国語教育の問題が示されています。
確かに、文学作品を抜粋して読ませて主人公の気持ちや作者の主張なるモノを回答させるのは実にナンセンス。清水義範氏の「虚構市立不条理中学校」にも、これを戯画化した国語教師が登場していたと思います。
ナンセンスではあるのですが、文章を読んだときに「そこに何が書いてあるのか」を読みとろうとすることは、コミュニケーション上の必須技術であることも事実です。名作文学でやるからおかしくなるのであって、エッセイや評論分でやる分には問題ないし、必要な教育じゃないかと思います。

また、文学作品を読んでの感想文提出というのは、抜粋を読ませて「主人公の気持ちに近いものを選べ」よりははるかにマシな手法であると思います。
とはいえ、比較的長い小説を読み、感じたことを言葉にするために感想文を書かせるというのは、いわば基礎練習なしにぶっつけ本番をさせるようなものです。私が早い段階で「活発に外で遊ぶ」ことに見切りをつけたように、さっさと「読書感想文意味なし」「国語の授業うざい」と見切りをつけさせたいならともかく、ぶっつけ本番は大いに疑問。

感想文がぶっつけ本番だとすると、基礎訓練は何でしょう?
冒頭に紹介したブログの最後に書かれているとおり、感想文など求めずにまず読む習慣をつけることも有効でしょう。
学校が生徒に読ませたい本、という枠をはめないことも重要と思います(少なくとも昔は読書感想文の宿題を「ルパン対ホームズ」なんかで提出すると叱られました。いまはどうなんでしょうね)。名作文学にこだわることで本嫌いの子供を作ってしまう弊害のほうがずっと大きい。
読んで面白かったら、その本を他の人に紹介して下さい、といえばいい。思い入れがある本なら、きっと自分の言葉でその魅力を伝えるにはどうすればよいかを考えはじめるでしょう。

国語教育は、名作文学を好んで読む人を増やすためにあるのではなく、文章を読んで理解する力、理解した事柄を言語化して表現する力、そして解釈や理解の違いを認識して議論を組み立てる力、といったものを育てるためにあるんじゃないのでしょうか。
日本人の識字率は高いですが、こうした国語力となると、50代まで含めて極めて不十分であるように思われます(なぜ50代までかというと、職場での国語力の観察対象がここまでだから。ようは、若者の国語力が低くなっているのではなく、元からたいしたことないじゃん、という印象です)。

教育に何を求めるかの意見は様々でしょうし、現場だけでなんとかできる範囲というのは周囲が思っているよりもずっと狭いのかもしれません。けれど、必要な国語力を獲得させるために、現実的な手法をもっとプラクティカルに追求したって良いんじゃないかな、と私は思います。
まあ、教育現場ではさまざまな努力と工夫がなされているでしょうから、こんなことはとっくに実践されているのかもしれませんけどね。

わが家のテレビは10年前に購入したブラウン管の28インチ。ときおり映っている人物の顔が紫色になったりするので、いい加減買い換えの時期になっています。
それでも我慢して使っているのにはいくつか理由があります。
たとえば、薄型の大型テレビがあまりに急速に低価格化するのでもうちょっと待ってみようという様子見、あるいは、いまの住まいでは地上波はケーブルテレビで配信されているのでテレビを買い換えても映るのは地上波のSD画質だということも大きいです。今さらSD画質のテレビを買ってもしょうがないですし。

上記よりも大きな理由がふたつあって、ひとつはいわずとしれた地上波デジタルの「コピーワンス」。ちょっと調べたところ、これはいま契約しているケーブルテレビでも同様で、ほぼ全チャンネルにこの制限がかかるようです。
技術の進歩によって不便になるサービスというのが、全く理解できない。犯罪を取り締まるのではなく、全員を犯罪者扱いするというのはCCCDと同じ発想ですよね。そんなのが長続きするはずがない、させてはいけない。
それに、一部を除いてはデジタルになっても従来のSD画質で放映されているだけですし、市販のDVDソフトだってSD画質。急いでハイビジョンにする必要が私にはないのです。

ふたつ目の理由が今日の本題で、仮に地上波デジタルなどのHD画質番組を観るとしても、いま売られている「ハイビジョンテレビ」のほとんどが走査線1080本の1080iを、「1366×768」といった解像度に間引きして映しだしているもの。
そりゃあ、720pだってハイビジョンだとか、間引いたって鑑賞距離ではそれほどの違いにならないといわれれば、そうかもしれません。CDを買っても聴くのはiPodでAACやMP3の圧縮音源じゃないかと指摘されればその通りです。
とはいえ、放送局から送られてくる信号を、わざわざ間引いて多少なりとも画質を低下させて観るのってなんかこう、癪じゃありませんか。うまくいえないけれど、ソンした感じ。1080iなら1080iで観たいじゃないですか。

そんなわけで、「ハイビジョンテレビ」やレコーダーを買うなら、コピーワンスなどというふざけたしくみがなくなったあとで、「1920×1080」の解像度をもつパネルにしたい、というのが私の希望です。
とはいえ、前者はそうそう簡単にはなくならないでしょう。放送をダビングできず、HDDレコーダの容量が不足するので一定時間で消される、現状ではムーブできるにしても画質の低下するDVDか、普及率の極めて低いD-VHS、というのは、コンテンツを再放送し、DVDなどのソフトとして売りさばくには素晴らしい環境だから。
なので、せめて後者の条件は満たしておきたいと思ってます。たぶん購入したら10年ぐらいは使うでしょうから、あまり中途半端なものを価格を優先して選ぶのはやめとこう、と思ってます。

余談ながら、コピーワンスについては地上波デジタルがどうというよりも、動画コンテンツのネット配信が始まるときに、コンテンツホルダーと利用者との新たな妥協点が探られるんじゃないか、と期待してます。もともと、地上波で私が観たい番組など、「プラネットアース」のような例外を除いてはほとんどなくなっているのですから。
毎日観ている「おはよう日本」はSD画質で十分ですしね(笑)

ただ、パネル解像度の低いテレビでも売らなければならないほうは、私のような客が増えるのは困るようです。

 「フルスペックハイビジョン」で論争 呼称めぐり(asahi.com)

なんだ、ほとんどの「ハイビジョンテレビ」は、本当のハイビジョンじゃなかったのか、という認識は、「1920×1080」のパネルをもたないメーカーにとっては悪夢でしょう。いまは液晶で37インチがフルスペックのパネルの下限ですが、32インチももうすぐ出るかも、値段が下がるかも、という買い控えは避けたい。
プラズマディスプレイでは、37インチなどのサイズでのフルスペックパネルはまだ出ていませんしね。いまの状態だと、「フルスペック=高画質=シャープ亀山工場」というイメージが定着しかねない、それはいかん、というのが他メーカーの本音なのかな。まあ、商売としては良く理解できますけど。

無論、画質はパネル解像度だけで決まるものではないでしょう。私は店頭で見る限りは、ギラギラと明るい液晶よりもプラズマのほうに好感を持っています。
フルスペックパネルよりも、きれいに見えるテレビだってあるのかもしれません。でもそれは、雑誌の評価記事やらネットでのクチコミ、そして店頭での比較などを通じて選択されるもの。フルスペックのパネルだから、というだけで10万円を追加で払う客ばかりでもないはず。
「プラズマ陣営」はじめシャープにイチャモンをつけている各社は、そんなことしてないで、もっと魅力的な商品を作り、ユーザーに伝えるほうに資源を投入したら良いんじゃないでしょうか。ただ儲かっている会社よりも、尊敬される会社のほうが従業員もやりがいが出ると思いますよ。

たしか2002年だったと思いますが、フロリダ州のウォルト・ディズニー・ワールド(Walt Disney World)に旅行をした際に宿泊したのが、「ディズニー・ウィルダネスロッジ(Disney's Wilderness Lodge)」でした。
このホテルは湖の畔にあり、周囲を森やキャンプグラウンドに囲まれているため非常に落ち着いた雰囲気で、値段も少し高めなせいか滞在するゲストも比較的上品、のんびりとするにはおすすめの場所です。

このホテルのメインダイニングは「アーティスト・ポイント(Artist Point)」というのですが、おそらくこの広大なリゾートにあるレストランの中でも上位に位置づけできるレストランです。個々の料理もおいしいし、アメリカにしては量も控えめ、店内の雰囲気も良くキャストも適度にフレンドリー。
ワインは西海岸北部からのものが集められていて、西海岸でおいしいワインが作られているのはナパやソノマだけじゃないんだというのが実感できます。むしろ、オーバープライスされていなくてコストパフォーマンスが高いくらい。

ここからようやく本題なのですが、このレストランに行くたびに(といっても、その後の旅行も含めてまだ3回なのですが)必ずあるスープを頼んでいます。
「Smoky Portobello Mushroom Soup」というものなのですが、名前が示すとおりマッシュルームのポタージュで、スモークのとても良い香りがします。原料には入っていないのですが、ちょうどスモークされたソーセージがスープになっているような感じ。二人でシェアするといえば、小さな容器に最初から取り分けてもってきてくれます(ちなみに、ここにレシピがあります)。

上記の味なので、わが家ではずっと「ソーセージ味のスープ」と呼んでいました。
もちろん妻は「あれはマッシュルームだよ」といってたんですが、まああだ名のようなもの。メニューをじっくりとみて名前を覚えようとは思っていませんでした。
で、3度目に注文したときにメニューをちゃんとみると、名前の下に解説が書いてあって原料に「Shiitake」の文字が。
「シーテイクってなんだろうね?」などとのんきに喋っているうちに、妻が気付きました。「これって、シイタケなんじゃないの?」

私は小学生のころ、子供に試練を与えるために作ったとしか思えない強烈な不味さの給食のせいでシイタケを憎悪するようになり、あれは食べ物ではないと公言しています。シイタケだけは、この世から絶滅してもなんの問題もなく、世界平和のため一刻も早く撲滅すべきと思っているほど嫌っています。
さて、困りました。毎回レストランへ行くたびに欠かさず注文する大好物のスープ、そのスモークの香りの主が憎むべきシイタケだったわけです。大好きなスープをとるか、アンチシイタケの姿勢を貫くか。まさに究極の選択。

私の出した結論は、「これは"シーテイク"であってシイタケではない」。
もちろん、ごまかしです。自分に嘘をついて、臭いものにふたをする卑怯な態度です。それはわかっているのですが、私は好物のスープを失いたくないし、一方でシイタケをおいしい食べ物と認めることはできない。だから、あれはシーテイクというアメリカの新しい品種のキノコだということで決着をつけました。

その後、サンノゼ近郊のサンタクルズという街で農家の方々が集まって店を出しているのを覗いたことがあるのですが、ハロウィン用の巨大カボチャなんかに混じってキノコが大量に売られていました。何でも健康食品として人気が上がっているのだとか。
で、名前をみると「Shimeji」とか「Nameko」の隣にありました、「Shiitake」が。ちょうど、下記のブログにある写真の感じ(写真の左端に写ってます)、まさにあのおぞましい姿のまんまです。あー、見なきゃ良かった。

 サンフランシスコでナメコ(On Off and Beyond)

再度断言しますが、「Artist Point」の「Smoky Portobello Mushroom Soup」に入っている「Shiitake」は「シーテイク」です。間違っても「シイタケ」じゃありません。絶対!
(この記事は、「d-mate weblog」「d-mate.com's weblog」にダブルポストします。少ないと思いますが、両方読んじゃった方にはごめんなさい。全く同じ内容です)

しばらく英語学習ネタを書いていませんでした。
毎月送られてくる「Harvard Business Review」と「Soundview Executive Summaries」を消化するだけで、読む方は手一杯という状態です。おかげでRSSリーダーに登録している英語のブログは未読がたまる一方。やっぱり日本語を読む方が楽ですから...

ポッドキャストのほうも、前のエントリに書いたとおり最寄り駅と会社の徒歩10分弱で聞いているため、登録しているものを消化し切れていない状態が続いてます。あまり放置すると、iTunesが「最近聞いてないからダウンロードしてないよ」と言ってくるのですね。
ものによっては1時間を超えるので、英語で聞き続けるのはけっこう骨が折れることもあって、ちょっと登録を見直しして20~30分くらいのものに絞ろうかとも思っています。

そんな中で、ほぼ欠かさず聞いているのがタイトルにも書いた「Ask Naotake!」です。
ちょっとした英語表現を毎回紹介してくれるのですが、けっこう話が脱線しまくるところがお勉強っぽさを感じさせずに気軽に聞けますし、脱線そのものが記憶を強化してくれるようにも感じます。
ベイエリアでの生活エピソードなどが出てくるのも楽しみのひとつです。聞いているうちに旅行に行きたくなってくるのは良し悪しですが...
ご自身では毎回のように「早口で...」とおっしゃるのですが、私はちょうどテンポ良く、しかもきちんと聞き取れるスピードだと思います。美声ですし。

ブログはこちら
 Sotto Voce: The Art of the Blog
ポッドキャストのShownotesはこちらに
 Ask Naotake!

一回の長さは20~30分くらいですので、私のスタイルでも朝晩の往復で聞き終わるくらい。ずっと喋りっぱなしではなく、podsafe music networkからの曲紹介もあって私にとってはちょうど良い長さ。
かなり人気のポッドキャストだと思いますから、既に登録しているかたが多いかもしれませんが、おすすめします。

ドストエフスキーやら中公新書の「サンクト・ペテルブルク」やらを読んでいるうちに、帝政ロシアの歴史に関心がわいて手に取った一冊です。
分厚い専門書はたくさんあるのでしょうが、ロマノフ王朝の流れをザックリと読めるものはないかと探しているうちに見つけたもの。買ったのは丸の内のオアゾでした。

230ページほどにミハイルからニコライ2世までの300年以上の歴史を詰め込んであるので、個々のツアーリに関する記述はそれほど詳細ではありません。
それでも、歴史の中でのロマノフ諸ツアーリの果たした役割、おかれざるを得なかった立場などを俯瞰することができるという点では、良質な入門書ではないかと思います。

今年の初めから集中的に読み直しているドストエフスキーが生きたのは、ニコライ1世とアレクサンドル2世の治世と重なります。特に社会変革のための農奴解放を果たしながらも、テロルの犠牲となったアレクサンドル2世のそれは、1855年から1881年と、ドストエフスキー34歳から60歳という壮年期にあたり、作品の舞台はこのツアーリによる改革の時代、革命へと突き進み始めるロシアです。

こうした時代背景を知った上で読むと、小説のおもしろみは大きく増します。
登場人物はどんな社会に生き、その社会での人びとの生活ぶりや主な関心事は何かなど、細かな描写は作品中ではなされないのが普通です。したがって巻末の解説文などが鑑賞の助けとなるわけですが、量的な制約から満足行くものではなく、こうしたサブテキストを手元に置いて並行して読み進めることで理解が深まるわけです。

とはいえ、本書はかなり概略的な記述にとどまっており、各ツアーリについて数十ページの分量でしかありません。次は、ドストエフスキーの生きたアレクサンドル2世の時代とテロルの実態や、ネチャーエフ事件や「ヴ・ナロード」などの初期革命運動についての本を探してみようと思っています。


長い通勤時間は誰にとっても苦痛なものでしょう。
私は転勤族なので賃貸住まいですが、首都圏で住居を探す際には通勤に使う路線があまり混雑していないことを優先しています。すなわち、JR埼京線や小田急線などは最初から除外しているわけ。乗る電車も、急行や快速よりは各駅停車。10分20分時間がよけいにかかったとしても、混んでいないほうを選びます。

とはいえ、席に座りたいわけではありません。
電車の中では本を読むことが多く、本を開くこともできないほどの混雑を避けている、という程度です。電車の中程で、つり革3つくらいの間隔に人が2人くらい、というのが理想(出入り口付近に立ち止まることはまずありません)。
私の通勤時間は割と短いほうで、電車に乗っている時間は片道25分もありません。乗り換えがあるので、長いところでも15分くらい。読書時間としてもそんなに十分な時間とはいえませんが、それでもないよりはだいぶマシ。

下記の書評をみて思ったのですが、確かに通勤時間のような細切れの時間をうまく使えるかどうかで、仕事にしても娯楽にしてもけっこうな差が生じますね。

 通勤電車で寝てはいけない!―通勤電車と成功の不思議な法則(情報考学 Passion For The Future)

紹介されている引用部では片道1時間の乗車時間が想定されていますが、比較的短い私の場合も往復50分、年に250往復として200時間以上、8時間労働として26日ほどを通勤電車で過ごしていることになります。
本の内容にもよりますが、じっくり読んで1時間に50ページとしても1万ページ分もの時間があるわけです。もちろん、フルに使い切れるわけではないのですが、半分が読書時間としても5千ページ、15冊程度はいけます。新書などの軽いものならば倍以上。

私の場合は、必ずしも仕事に関係する本を読むわけではありませんから(いまだとドストエフスキーの「悪霊」の下巻の途中)、通勤時間を"活用"しているとはいえません。むしろ、娯楽としての要素のほうが大きいです。
それでも、たとえば15分という時間、集中して活字を追いかける習慣をつけていることは、仕事上の資料や書類を短時間で把握して咀嚼するための訓練になっているともいえます。通勤時間の活用=ビジネス書を読む、と短絡する必要もないわけです。

電車の他、駅を降りてから事務所までの徒歩時間ではポッドキャストを聞いています
だいたいこれが片道で10分弱。短いものなら2回聞けます。
英語のポッドキャストでも、わかりやすいものならば情報も収集できて、リスニングの訓練にもなります。まさに一石二鳥。ついでに通勤もしているわけで三鳥。ずいぶんとお得感があります。

出張の移動時間をどう使うか、というエントリを書いたこともあるのですが、個々の本やポッドキャストがどうというよりも、無為に流れがちな時間をどう過ごすかに意識的であることが重要なんじゃないかと思います。選んだ行動が疲れを取るための睡眠であっても、それはよいと思います。

そうそう、今朝の電車内では、どのぞの会社の人事部門(もしくは経営企画部門でしょうか)のかたが、新しい組織図を眺めながら書き込みをしていました。個々には書きませんけど会社名もバレバレ。目の前の私がライバル企業の社員かもしれないのに、なんという無防備な人なんだろうとちょっと感心しました。
通勤時間の有効活用といっても、重要書類を読むのは危機管理上、おすすめしませんね。

役不足

| コメント(0) | トラックバック(0)

役不足という言葉が、かなり多くの場面で誤用されているのは、ご存じの通りです。
もともと「役が不足している」のですから、本来の実力に比べてつまらない役割を与えられている状態を指すわけです。これが、反対にある役割には実力が足りないといった誤用が目立ちます。
例えば、こんな感じ。

 正「たったこれだけの仕事では、彼女には役不足じゃないかな」
 誤「こんな大切な仕事を任せるには、彼女は役不足だと思うよ」

こんな誤用してみっともなーい、といいたいわけではありません。ありがちな間違いですから、気がついたらなおせばいいわけで。

今日、とあるブログをみていたのですが、やはり文中に上記と同じ「役不足」の誤用がありました。
はてなダイアリーではキーワードには自動的にリンクが張られるのですが、この「役不足」にもリンクを示す下線が引かれていました。ははーん、と思いリンク先を開いてみると、案の定、この言葉の本来の意味と誤用についての解説が出てきました。

はてなダイヤリーというしくみを使っていたために、自らの言葉の誤用を強調する結果を招いてしまったわけです。便利なようで、使う側を裏切ってしまう道具。

私はATOKを使っていますが、入力中の言葉に文法上や表記上のミスがあると指摘してくれます。これはこれで重宝するのですが(ようは、けっこう間違っているわけですね)、そのうちに文章表現にも口出しをしてくるんじゃないかというのが心配。
文章は下手なら下手なりにその人の個性ですから、あまり道具が修正してしまうのはどうかと思います。どこのブログをみても同じような文章が並び、「あ、これはATOKで書いたな」「こっちはMS-IMEだな」などと推理するのが流行り始める...かもしれません。

このブログは、「Movable Type 3.2-ja-2」を使っています。
以前のバージョンとの最大の違いが、コメントやトラックバックで寄せられるスパムを自動判別してくれる機能です。前はこれがないために、ちょっとサボると20,30というトラックバックスパムがたまってしまい、手動でひとつひとつ削除するのが面倒でした。

いまでは、怪しいものは勝手にはじいて隔離してくれますから、ときおり覗いてチェックするだけでOKです。これまでのところ、ちゃんとしたトラックバックやコメントがスパム判定されてしまっていたこともありません(逆に、スパムが判定を漏れて保留状態になっていることは、時折あります)。

スパムで多いのは、無差別にやってくる海外からのものです。中身はオンラインカジノやらポルノサイトでしょう、いちいち確認していませんけど。
あとは、国内のアフィリエイトサイトからのもので、検索した文中のキーワードでやはり無差別に送りつけてくるものが多いですね。英会話教材やら家電品やら、世の中にはこんなにもたくさんの中身のない宣伝サイトがあるのだな、と感心するほどです。
中でも間抜けだったのは、「オーネット・コールマン」と書いたエントリから「コールマン」を拾い出してスパムを送ってきたアホなアフィリエイトサイトがあったこと。このサイトって、世の中のジャズ関連ブログに日々スパムを送り続けては顰蹙を買っているんでしょうね。
機械的にスパムを送りつけてくるサイトがたくさんあるのは、それが商売として成り立っているからなんでしょうね。全く不思議です。

この手のスパムについては、今後とも断固として削除しますし、送りつけてきたサイトは私から大いに軽蔑されます。そこんところよろしくお願いしますね(といっても読んでるわけがないのですが)。

スパムとは違って、毎回躊躇しつつも削除しているのは、このブログのエントリには全く言及していなくて、単に同じもの(本とか映画とかですね)を題材にしているということで送ってくるトラックバック。検索トラックバックというやつですね。
おそらく送ってくるかたは、相手に迷惑がられるとは思っていないのでしょう。悪意がないだけにこちらも躊躇するんですが、まあ、自分のブログに送られてきたトラックバックを残すかどうかは、私が判断してかまわないだろう、ということで消してます。実際には読みもせずに大量に発信して場合も多いようで、苦情がきたことはありません。

言及のないトラックバックを受け入れるかどうか、あるいは送信を是とするかどうかは、個々の感覚や周辺のコミュニティの文化によってさまざまでしょう。それを無理に統一しようというのはさすがに無理。
なので、検索トラックバックを送ってきたかたがたに文句を言ったことはなく、「困ったな、もう」と思いながら削除しているだけ。ことさらに問題にするつもりも、実のところそう腹を立てているわけでもありません。
ブログを始めて間もないころは、類似したテーマについて書いたエントリで言及なしのトラックバックを送ったことがありました。言及なしのトラックバックがやってきても、腹が立たないのはこのためでもあります。

トラックバックにおいて、対象エントリへの言及を求める立場から、検索トラックバックの送り主へ”なぜ私はあなたからのトラックバックに困惑しているのか”を伝える、非常に良いブログエントリを見かけましたので、リンクしておきます。
こういう文章が「検索トラックバック」という語句での検索結果の上位に出てくるのは、とてもほっとすることでもあります。

 検索トラックバックありがとうございます。(304 Not Modified)

5月27日に発売になった「VAIO type U」、既にいろんなところで評価や使用感を読むことができるようになっています。
私はといえば、すっかり悩んじゃっています。

買えるか、買えないか、といえば買えます。
もうすぐボーナスも支給されますし、「どうしてもほしい」と言えば、妻も反対はしないでしょう(その代わり、立て続けにD200を買うとか、レンズを新調するというのは、ナシですけどね)。
コンパックが「Contura AERO」という小型ノートを出して以来の携帯PCファンとしては、久々に出てきたこの魅力的なPCを前にして、迷っている方が不自然とも思います。

でも、type Uでなければ、いまこれがなければできないこと、というのは意外に少ないのですよね。
CF型の通信カードももっておらず、公衆無線LANによるネットワーク接続サービスにも加入していませんので、外出先でのインターネット接続はできません。よってメールも読めなければWEBもみられない。
GPSで道案内といわれても、そうそう不案内な場所をほっつき歩いているわけでもありません。食事のたびに写真を撮ってブログの更新をしているわけでもないし。
音楽はiPodで聴きますし(結局、何事もなかったかのように動いています)、動画を持ち出すのも面倒で...

結局、考えられる用途は仕事用のデータを出張時に手直しするとか、ブログの文章を書くといったことだけなんですね。
ネット接続といっても、外出先で多用するのは乗り換え案内で携帯電話で十分。ブログの草稿はZaurusで十分(これはスケジュール管理用に常時もってますから)となれば、残るのは仕事だけ。

デジタルカメラの一時ストレージとしても使えるでしょうけど、それなら15~20万円のPCを買うよりも、マイクロドライブの予備を買った方がずっと安いし実用的です。
そもそも私のいまの暮らし自体が、PCを常に持ち歩くことを前提としないものになっています。休日ならPDAさえ不要。
ほら、あっという間に、type Uの用途はなくなっちゃいました。あとはもう、「ほしいからほしい」しか残ってないのですね。

同じ金額で何が買えるか?
ザックリ20万円と考えると、上述の通りNikonのD200が買えます。あるいは、交換レンズが1本か2本。
フルスペックハイビジョンパネルにこだわらなければ、32インチ程度のテレビにも手が届くでしょうし、そろってきたハイビジョン対応のHDDレコーダだっておつりが来ます。
置き場所を考えねばなりませんが、ものによってはワインセラーも買えちゃう金額。
家電以外でも、クローゼットにジャケットとシャツを何枚か追加できるでしょうし、ちょっとしたレストランで数回食事も可能。
アメリカ西海岸なら二人で往復できますし、アジアンリゾートなら滞在費まで含めて足りちゃうくらい。

んじゃ、買わなきゃ良いだろっ、ということなんですけどね。
type Uを買うは、デジタルカメラ屋家電の購入よりも、旅行とかレストランでの食事に似ているように思います。必要性に迫られて買うのではなく、数ヶ月くらい、わくわくした気分を味わうための消費。
こういうお金の使い方って、理屈じゃなく「たまにぱっとやる」こと自体が大事なわけです。その意味では、勝手からあまり使わなくなっても、対価に見合った効用は得ているので、使い道なんてなくてもかまわないとさえいえます。レストランで食事するときに、栄養価だとかカロリーだとかを根拠にメニューを選ぶのって、つまらないでしょ。
問題は、食事や旅行は夫婦で楽しめるのに、type Uを買って楽しいのは私一人であること。妻が、せめて10万円くらいのものをほしがってくれれば、話は早いのかもしれません。エステに行くとかね(笑)

Happy Aperitif!

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は六本木ヒルズで行われた、「ハッピー・アペリティフ」のイベントに行ってきっました。

17時からの第2部の前売りチケットは3500円。これでアミューズ10種、ワインなどの飲み物4種、そしてチーズと引き替えられるクーポンを受け取り、たくさんのテントで好きな食べ物と飲み物を選びます。
ちょっと風がありましたが、天気にも恵まれてなかなか快適な気候でした。5月に入ってから雨天続きだっただけに、こうしたイベントが晴天に恵まれたのは良かったです。

クーポンが不要なワインもけっこうたくさんあって、小さなカップで10杯ほども飲んだでしょうか。
ゆっくりと食べながら飲んだのでそれほど酔いも回らず、おいしいアミューズを堪能できました。
食べ飲むのに忙しくて、ソムリエの田崎さんやシェフの石鍋さん、坂井さんの話もちゃんと聞いていませんでしたが、大満足です。

来年も、6月の最初の木曜日にイベントが行われるそうですので、必ず行きたいと思います。

このアーカイブについて

このページには、2006年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年5月です。

次のアーカイブは2006年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja