ネタばらしはルール違反じゃないの?

| コメント(0) | トラックバック(0)

小ネタをひとつ。

私はスタートレックのファンで、「U.S.S. Kyushu」などもよく見ています。
ここの掲示板では、すでに放映されたエピソードの感想なども書き込まれているのですが、そのエピソードをまだ見ていない場合には読んでしまわないよう、「ネタバレ注意!」などの注意書きが付されています。
これは、推理小説などの感想を書く掲示板やブログでも同様で、注意書きなしに犯人を明かしたりと行った行動はかなりの非難を浴びるものと認識しています。

で、気になったのが今朝のNHKのニュースです。
もうすぐ公開される映画「ダ・ヴィンチ・コード」についてカトリックの団体が非難の声を上げていることを報じるものだったのですが、その中でこの作品のキモともいうべき謎を平然とばらしてしまっていたのですね。
たしかに、ストーリー展開やアクションなど、映画の見所はたくさんあるのでしょうから、主人公が追いかける謎をばらしたからといって映画への興味がゼロになるわけではありません。しかし、原作を読んでおらず白紙の状態で映画を観ようと楽しみにしていた人にとって、このニュースは楽しみを台無しにするものといって良いでしょう。

たしかにカトリック団体からの非難について報じる上で、この謎について触れなければ視聴者にとっては「いったい何が問題なのか?」という反応にしかならないでしょう。
しかし、それだって「作品にカトリックの教義や公式見解に反するアイディアが含まれている」といった程度の表現で代替することは可能だったはずです。
そもそも、わざわざ朝のニュースで取り上げるほどの事件か、という疑問さえあるのですが、平然と作品の中心となる謎を明かしてしまったNHKの報道姿勢には、かなり疑問を感じました。
映画配給側にとっては、こうして取り上げられることで映画の宣伝ができるメリットのほうが、大きいのかもしれません。いずれにせよ、観客の意向はまったく無視されているわけですね。

「プラネット・アース」でNHKを褒め称えましたが、こういう間抜けな報道はいかんでしょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/413

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2006年5月19日 21:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「5月15日読了 ~ 「「分かりやすさ」の罠」仲正昌樹著(ちくま新書)」です。

次のブログ記事は「5月20日読了 ~ 「大人のジャズ再入門」中山康樹著(朝日新聞社)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja