NHKスペシャル「プラネットアース」は期待通りすごい映像

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨夜(5月7日)から待ちに待ったNHKスペシャル「プラネットアース」の第1回放送4回分がスタートしてます。
もちろんハードディスクレコーダでビットレートを上げ、高画質で録画体制も万全。入浴も早めに済ませて観た初回放送には、期待通りの映像のすばらしさに圧倒されました。

今回の番組での最大のポイントは、高度な某新装置に取り付けた超望遠カメラで、高々度のヘリコプターから撮影する動物の姿です。空からの撮影によって、動物たちの行動への影響を最小限にし、しかも広範囲を俯瞰する映像は未体験の「神の視点」とさえいえるものです。群からはぐれてさまようアフリカ象と、俯瞰してみればすぐ近くに見える群との絶望的な距離感は衝撃的でした。また、カメラを固定して季節ごとに撮影した映像を合成することで、風景を見渡しながら同時に季節変化を体感できるなど、非常に新鮮なものです。
この番組は可能なら「映画館で観たい」とさえ思います。大画面と整った音響設備でこの映像を体感してみたい。それくらいのものでした。

私はもともとこの手の番組が大好きで、NHKの放送受信料も納得して支払ってます(反発を買うかもしれませんが、安いくらいだとさえ思います)。
昨夜の初回放送は、見終わってみると全体のイントロダクション(悪くいえば長い予告編)のようなもので、実質的には今夜の第2回から本格放送といえそうです。それでも、この新シリーズのショーケースとして申し分のない充実した内容でした。
欲をいえば、それぞれの動物の生態や自然環境の変化が、どのような理由や原理に基づいているのかの解説があればさらに理解が増すように思います。それを番組の中でやるかどうかは別ですが、たとえばWEBサイトに解説ページをおくだけでも良いですから。また、DVD化に際しては1回につき1枚として解説番組をカップリングし、各パートから飛べるようになっていたら、低価格化が進行する映画と比べて値段の高さが目立つNHKのDVDソフトの価格にも納得できようというもの。

もうひとつ悔しいのは、この映像をSD画質で観ていることでしょうか。
わが家のテレビは10年前に購入したブラウン管方式で、そろそろ画面のあちこちでときおり発色がおかしくなるなどあちこちにガタがきています。
買換の検討時期ではあるのですが、どうせ買うのなら1080iの映像をしっかりと再生できる高画質のものがほしいので、高額になってしまうのですね。店頭で比較すると液晶よりもプラズマのほうが絵が好みなのですが、1920×1080ピクセルを持つプラズマディスプレイはまだ大きく高価です。
とはいえ、「プラネットアース」のような力強い映像を観てしまうと、細かいことは気にせずに価格が下がってきた普及版の"ハイビジョン対応テレビ"でも良いか、という気にもなってきます。買ってしまえば10年は使うものですから、あまり性急に結論を出さないよう、ここはじっと我慢が必要なのですが...

いぜれにせよ、今回、今秋そして新年と3度にわけて放映される「プラネットアース」は必見。
NHKさん、ぜひともHD-DVDでもブルーレイでもどちらでもかまわないので、解説コンテンツ付き高画質でのソフト化をお願いします。1回につき8000円までは払いますから。あと、できれば現行のSD画質のソフトは1980円くらいに下げて下さいな。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/395

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2006年5月 8日 20:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「そんなに明確な将来ビジョンが必要ですか?」です。

次のブログ記事は「外国語としての英語、国際語としての英語」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja