2006年5月アーカイブ

【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

明日は6月1日

| コメント(0) | トラックバック(0)

5月31日の翌日は6月1日です。当たり前なんですが、多くの会社では明日から「クール・ビズ」期間をスタートさせるのではないでしょうか(7月から、という会社も多いのかも)。
昨年から始まったこの運動、要するに冷房にかかるエネルギー削減のためにできるだけ涼しい格好で仕事をしましょう、具体的にはスーツの上着とネクタイをやめた軽装にしよう、という運動です。

もともと高温多湿のこの季節に、夏物とはいえビジネススーツにネクタイ姿はちっとも合理的ではありませんでしたし、省エネのかけ声のもとで楽な服装が認められる、ということで昨年もかなり広がりました。
省エネだけでは人は動きませんが、個人的に「楽になる」という利益の一致を見たのが、成功の要因でしょうね。紳士服の売上が伸びるなど、経済効果もありました。もちろん、今年は昨年以上にデパート売場の動きも速いですね。

昨年はまだ職場での軽装をどの程度にするか、試行錯誤のかたが多かったのでしょう。街中でも、私のいるオフィスでも「単にスーツの上着とネクタイをはずしただけ」というスタイルがぞろぞろと出現しました。
冷静に鏡を見ればわかりますが、この格好は涼しくはあっても、実に見苦しいものです。これで見られるようになるのは、もともと何を来てもそれなりにみせるルックスとセンスの持ち主だけでしょう。

私の職場でも、総務が「シャツは淡色無地か、ストライプのみ」「半袖は場合により認める」「濃色および原色のシャツは禁止」といった、正気を失ったとしか思えない通告を出しました。結果として6月上旬には、上述の見苦しい格好が大量発生しました。
もともと、濃色のシャツなどはスーツとの組み合わせでも市民権を得て久しいものですし、総務の通告を真に受ける社員はさすがにごく少数だったのですが、「まずは様子見」「軽装といっても会社に着て行けるものがない」といった理由だった模様。
7月、8月と時間を経るうちに、多少のしゃれっ気もある、それぞれの「クール・ビズ」スタイルが増えてきました。

誰もが暗中模索(笑)だった昨年と違い、今年はそれなりに準備期間もあったわけですので「見苦し族」の大量発生はなかろうと思います(ちなみに、総務からは今年も昨年と同じ通告が回ってきました。我が社の総務は学習や変化を拒否する生き物のようです)。
今朝の駅のホームでは、いつもと同じ紺やグレーのビジネススーツがズラリと並んでいましたが、明日の風景がちょっと楽しみです。
私は、馬鹿げた総務通告を早期に無力化するためにも、手持ちの中でちょっと派手目にしようかな、と思ってます。あ、アイロンかけなきゃ。

「死の家の記録」の感想に、新潮文庫のドストエフスキー作品は表紙で損をしているのではないか、といった旨を書いたのですが、どうやら「カラマーゾフの兄弟」だけでなくいくつかの作品の表紙がかわっていたのですね。

というのも、そろそろボリューム感のある長編に取りかかろうかと「悪霊」を購入したのですが、例の肖像ではなく、なにかの書き付け(あるいはドストエフスキーの原稿なのでしょうか?)をデザインしたものに変わっているのに気付いたのです。
いや、さすがにあの表紙では売れるものも売れないと思ったのか、どうなんでしょうね。
書店の棚にはすっぽりと3冊ぶんほどの隙間があり、どうやら私が「悪霊」を手に取る直前に「カラマーゾフの兄弟」が売れていったようです。ドストエフスキーの小ブームでも起こっているのでしょうか。ファンとしては嬉しいことですが。

さて、この「永遠の夫」については、ドストエフスキーの作品に度々登場する、自意識と体面、他者への信頼や反発など、複雑な感情をうまくさばききれずに常軌を逸した行動を取ってしまう人物が、またしても描かれています。
語り手である男性の目を通して(三人称文体ですが、実質的にはヴェリチャーニノフによる語り書きといって良いでしょう)描写される「永遠の夫」ことトルソーツキイの言動は、何とも理解しがたいものです。

妻の浮気に気付きながらも耐え、妻の死後に残された娘の父が自分ではなく目の前の男であるとわかっていながらも、その男を憎むと同時に愛情さえ注いでいる。
かと思えば、娘に引き合わせて相手を苦しめるつもりが、実際に苦しんでいるのは自分自身。やれやれ、ややこしい人物です。
こういう複雑な心情を御しきれずに振り回され、ついでに周囲を振り回してしまう人物が引き起こす悲喜劇は、ドストエフスキーお得意といえるかもしれません。

こうした人物の背景には、共通して極めて不安定な地盤しか持てていないがゆえの、"はみ出す"ことへの極度の不安が見て取れるように思います。
それは貴族社会や社交界であったり、生活の裏付けとなる財務基盤であったり、あるいは心の内はどうあれ誇りある言動であったり...自らの仕事や役割ではなく、家柄や身分によって立つ社会とはこういうものなのでしょうか。唯物論が力を持ったのも頷けます。

とはいえ、「永遠の夫」がすがりついたのは「夫」という立場でしたが、ロシア貴族でなくてもみな「自分は○○である」と主張できる何かをもつことで安定を得ていることにかわりはないでしょう。
社会や経済の姿は変わっても、人の心理というのはそうそう大きく変わるわけではないでしょう。「夫」であることにすがるトルソーツキイを嗤う我々自身も、さまざまなタイトルにすがって生きているわけで、その執心ぶりは外から見れば滑稽なだけかもしれません。
そんなアイロニカルな視点をもたなければ楽しめないあたりが、ドストエフスキーのくせ者ぶりなのでしょう。

ソニーから久々に「VAIO type U」の新商品が発表されました。
ちょうど、少し前にインテルの「UMPC」やマイクロソフトの「ORIGAMI」などの発表があって、超小型PCに関する話題が増えていた時期だけに、かなり話題になっています。
もっとも、こうした小型PCは一部のファンから熱狂的に受け入れられる割には販売は伸びず、しばらく姿を消す、という歴史を繰り返しています。今回が何度目の正直になるのかわかりませんが、熱狂するファンのひとりとしては今度こそ成功してほしいものです。

くわしくはソニーの製品情報サイトで見ていただくとして、外見はスライドしてキーボードが出てくるなど、超小型PCの先輩格である「OQO」や昨年末から大人気のPHS「W-ZERO3」を感じさせます。

上述の通り、私は小型PCがかなり好きなのですが、最近はすっかりPCを持ち歩くことは少なくなっています。昨年の暮れにカバンを新調する際に従来よりもずっと小さいものを選んだこともあって、出張時でさえPCレスということも少なくありません。
近頃では会社のデータが入ったPCを持ち歩くこと自体がリスクになりますし、仕事上の役割が変わって私自身が大量のデータを持ち歩く必要が減ってきたことも大きいです。
プレゼンの際にも、資料は事前に事務方に送っておき、当日は体ひとつということも増えてきました。

こうした環境だと、ACアダプタを含めると1.5kgにもなるノートPCをカバンにいれて持ち歩くモチベーションは相当低下します。
会社のメールなども添付ファイルを除けば携帯電話で見られるようになっていますし、返信も可能。添付ファイルは出張先の部署に転送しておいてもらえますし、PCを常に携帯しなければできないことが、どんどんと減ってしまっています。

どうしてもノートPCを必要とするビジネストラベラーは、あきらめて1.5kgを許容しているでしょうから、type Uが新たに切り開くべきユーザーは今現在はPCレスで活動している人達でしょう(小型PCそのものが好き、という層は、ここではおいときます)。
したがって、たとえ500g強といえど、追加の荷物を増やすためには相応のメリットが求められます。PC携帯のメリットは、自分がいる場所がオフィスになる、というものでしょうが、そのためにはPC単体ではなく利用する環境の整備のほうが遅れています。

ネットワークへの接続しかり、オンラインのストレージしかり、どんどんと改善されてはいますが、もう少し簡単なものにならなければ、携帯PCの活用は技術に明るく新しいサービスを試すこと(そしてがっかりすること)に慣れた人びと以外に広がるには不足です。
具体的には、取り出したVAIOの電源を入れて指紋認証でログインすると、既に社内ネットワークへのログインが行われ通信時間を気にせず利用できる、そんな環境が整わなければ現在PCレスで出張している人にメリットを実感させることは難しいでしょう。

今回、マイクロソフトとインテルが時を同じくして超小型のPCというアイディアへのコミットを表明したのは、こうした環境が整っていく大きなきっかけになるかもしれないと期待しています。
今回登場のtype Uは、ハードとしては文句なくOrigamiの第1弾よりも優れたものですが、ビジネスとしての成功にはまだまだ超えるべきハードルが多く、それはソニー一社では解決できないものではないかと思います。

さて、type Uを買うのかどうかですが...店頭でキーボードの使いやすさなどを確認してからじっくり考える、ということになると思います。それまでには、ブログなどでも多くのユーザー評価を目にする機会があることでしょうし。
iPodの調子が悪いですし、同じような値段ならばD200も買えます。どれもこれも、というわけには行きませんから。

ちょっと息抜きに軽い読み物がほしいと思っていたところで見つけた一冊です。

1958年の「Milestones」から1970年の「Live Evil」までのマイルス・デイヴィスの作品に、彼のグループに加わったミュージシャンの参加作品を絡めて、この期間のジャズの流れを解説しようというもの。
まずはいきなり余談ですが、どうしたジャズ関係者は「Live Evil」を「ライブ・エビル」とか「ライヴ・イヴィル」などという無理な読み方を定着させてしまったんでしょうか? 「Evil」をカタカナで表記すると「イーブル」「イーヴル」あたりが一番素直だと思うのですが...
評論家が悪いのか、レコード会社がいい加減なのかわかりませんが、そろそろ「ライブ・イーブル」にしてあげたらどうかと思います。

マイルスのリーダー作はもちろんのこと、他の作品の多くがブルーノート・レーベルのものであることもあって、私でさえ、8割方は何度か聴いたことのある作品ばかりが紹介されています。
その意味では、マイルスを中心にした人脈でたどる、1960年代の(多少前後を含みますが)ジャズ名盤集といっても良いでしょう。これだけですべてをカバーできるわけではもちろんありませんが、すべてを聴けば一通りのスタイルをスキャンできるように思えます。その意味では、「再入門」とあるとおり、とりあえずいくつかジャズのCDを聴いたあとで、もう少し幅広く聴いてみようと思ったときのガイドブックにもなるでしょう。

中山氏の文章も、本の性格を意識してかなり抑制がきいた感じです。
「ジャズ構造改革」では、すれっからしのジャズ・ファンを対象としたでしょうから、意図的に過激な方向に振った発言が目立ちましたが、本書では初心者を意識しておふざけの要素は排除されています。
良くあるジャズ名盤ガイドでは、年代順に著名な作品を紹介しています。けれど、そこではここの作品間の関連や、参加するミュージシャンの関わりといった連続性は解説されません(複数の書き手が分担することも多いですし)。
本書では、マイルス・デイヴィスという巨人を中心に、人によって作品群をつなぐという意図がかなり成功しており、読むことでこの時代のおおまかな流れが把握できるものになっています。たしかにここにはオーネット・コールマンもソニー・ロリンズも、チャーリー・ヘイデンもいません。けれど、すべてを網羅するのではなく、何本かの流れのうちから特に太い本流ともいうべきものを取り出し、まずは全体観をとらえるというのが目的でしょう。

正直なところ、出てくる作品のほとんどを聴いているであろうベテランのジャズ・ファンには食い足りない部分があろうかと思います。
とはいえ、ジャズが面白くなりかけた人にとっては、かなり"使える"ガイドブックであり、興味深い読み物であろうと思います。

小ネタをひとつ。

私はスタートレックのファンで、「U.S.S. Kyushu」などもよく見ています。
ここの掲示板では、すでに放映されたエピソードの感想なども書き込まれているのですが、そのエピソードをまだ見ていない場合には読んでしまわないよう、「ネタバレ注意!」などの注意書きが付されています。
これは、推理小説などの感想を書く掲示板やブログでも同様で、注意書きなしに犯人を明かしたりと行った行動はかなりの非難を浴びるものと認識しています。

で、気になったのが今朝のNHKのニュースです。
もうすぐ公開される映画「ダ・ヴィンチ・コード」についてカトリックの団体が非難の声を上げていることを報じるものだったのですが、その中でこの作品のキモともいうべき謎を平然とばらしてしまっていたのですね。
たしかに、ストーリー展開やアクションなど、映画の見所はたくさんあるのでしょうから、主人公が追いかける謎をばらしたからといって映画への興味がゼロになるわけではありません。しかし、原作を読んでおらず白紙の状態で映画を観ようと楽しみにしていた人にとって、このニュースは楽しみを台無しにするものといって良いでしょう。

たしかにカトリック団体からの非難について報じる上で、この謎について触れなければ視聴者にとっては「いったい何が問題なのか?」という反応にしかならないでしょう。
しかし、それだって「作品にカトリックの教義や公式見解に反するアイディアが含まれている」といった程度の表現で代替することは可能だったはずです。
そもそも、わざわざ朝のニュースで取り上げるほどの事件か、という疑問さえあるのですが、平然と作品の中心となる謎を明かしてしまったNHKの報道姿勢には、かなり疑問を感じました。
映画配給側にとっては、こうして取り上げられることで映画の宣伝ができるメリットのほうが、大きいのかもしれません。いずれにせよ、観客の意向はまったく無視されているわけですね。

「プラネット・アース」でNHKを褒め称えましたが、こういう間抜けな報道はいかんでしょう。

仲正氏の本は、2年ほど前に読んだ「「みんな」のバカ!」以来。ようするに新書でしか読んでいないのだが、両方とも読みやすい新書をイメージするとエライ目に遭うものです。
本書では「序」の段階で防戦が張ってあります。

「二項対立」とか「思想としての批評」とか言われて、ピンと来ない人は読まないほうが良い。何か特定の学問分野への入門書ではないので、[新書=入門書]という勝手な思い込みで読み始めて、見当外れの悪口をネットに書き込まれては迷惑である(後略)

この部分だけではなく、本書のあちこちにネットでの脊髄反射的な"悪口"へのいらだちが表明されています。私は幸いにしてそのような「端的に下劣(同じく[序]より)」な仲正氏への悪口を読む機会に恵まれなかったのですが、よほど腹に据えかねたのでしょう。
たしかに、ブログなどで読んだ本の感想を書いている中には、根拠さえ明らかにせずに「最悪」だの「クソ」だのと一方的な悪意を投げつけているものを見かけることがあります。そうしたブログは脳内の「アクセス禁止リスト」に追加して二度と読まないようにするのですが、第三者が読んでも腹立たしいのですから、著者が読んだらはらわたが煮えくりかえるのでしょうね。

それはそうと、本書のテーマは上記の引用部にもある「二項対立」の分かりやすさが引き起こす問題です。
今年に入ってから、「ウェブ進化論」によって「こちら側」と「あちら側」という二項対立がブログを席捲した時期がありました。面白かったのは、はてなブックマークでコメントを残したかたのかなり多くが、ご自身を「ネットのあちら側」であると位置づけていたことです。
たしかに、はてなブックマークを活用するかたの多くは、インターネットを日常的に使い、グーグルが引き起こす"革命"に好意的なのでしょう。けれど、梅田氏が仕掛けた「こちら側とあちら側」というアジテーションにそうも簡単に便乗して「こちら側のエスタブリッシュメント」を敵視してしまって良いのか、と心配になるほどでした。あるいは、それほど「あちら側」からの憎悪は激しいのかもしれません。

二項対立が招く大きな問題は、こうした世界の単純な分化と、それに伴う対立が社会進化の正しい運動論理だという見方を導いてしまうこと。すなわち弁証法に取り込まれてしまう危険性です。
弁証法によって社会が一直線に進化し、理想が実現されるという理屈の胡散臭さが明らかなのにもかかわらず、そうした思考の典型ともいうべき左翼思想を否定する人びとでさえ、二項対立と弁証法の枠組みの中で敵と味方を峻別し、憎悪に満ちた言葉を投げつけあっているのが、すべてではないにせよウェブ上によく見られる光景です。

こうしたわかりやすい二項対立の罠を回避する論理として、自らの主張や敵味方の区分を疑う姿勢を同時にもつ、「アイロニー」を著者は示しています。
詳細については本書を読んでいただくのが一番ですが、私の実感としては社会問題を論じるときに限らず、たとえば会社において意思決定をする際にも「アイロニカルな視線」「アイロニカルに批評すること」は重要です。
多くの意見がいくつかの論点に収斂し、意思決定が行われる過程で、「みんなで決めたのだから従う」「これだけ議論したのだから正しい結論が出た」と思い込みがちです。しかし、苦労の末に間違いを犯すことは良くあります。この結論は声の大きなだれかの利益を代弁しているものにすぎない、といった視点をなくすことなく、安易に自らを「こちらかあちらか」という二分法にゆだねないことが、誤った意思決定を防ぐ意味でも有効だろうと思います。

iPodは放置しておいたらなぜか復活して、いまは元気に動いています。「キュイーン、キュイーン」という嫌な音を発していたのですが、いまはしておらずひとまず安心。
それでも、ハードディスクはいつか壊れる物ですからね。ちょっと心配です。

さて、今年に入ってドストエフスキーを読み返していることもあって、ペテルブルグに関する本を読んでみました。
残念ながら、この街にはいったことがないので読んでも風景が浮かんでくるということもなく、いまひとつ実感がわきません。多少値段が上がっても良いので、もう少し多くのカラー写真が挿入されていれば、理解もしやすかったのでしょうが。

ピョートル大帝によって無から創り出された完全な人口都市であるサンクト・ペテルブルグは、私にとっては長い間「レニングラード」でした。「スターリングラード」もそうですが、現役の権力者の名前を都市名にしてしまうなど、ソ連という国家の印象が悪くなりこそすれ、利点などないのにと感じた覚えがあります。
さらには、ドストエフスキーによる作品に登場するペテルブルグはジメジメとして暗い街であり、決して美しいものではありません。私にとってはそれほど好印象の街ではなかったのも仕方のないところ。

それでも、写真を見る限りではカメラを手に一日中ぶらついてみたい、美しい街ですね。社会主義時代に放置された建築物なども再生されて、観光地としての整備も進んでいるようです。
人工的に創られただけに、あるいは最盛期の帝政ロシアの首都であっただけに、壮麗な建築物が数多く残され、本を読む限りでも一日二日で見られる規模ではありません。ドストエフスキーの書斎が再現された博物館なども、ぜひ訪れてみたいもの。

もうひとつ、ペテルブルグそのものではなく、帝政ロシアの歴史、ツアーたちの権力争いと社会の動きなどについても関心が沸いてきました。おそらく19世紀ロシア文学を楽しむ上でも背景知識が役立つことでしょう。

sad iPod...

| コメント(0) | トラックバック(0)

本を2冊読み終えたので、感想を書きたいところなのですが、なんとiPodの調子が悪く、触っていたら「sad iPod」の表示が...
うわー、壊れていないと良いのですが(新型買えるじゃん、というのはおいといて)。

そんなわけで、落ち着いて感想が書けませんのでまた後日にします。
ちなみに、読み終えたのは次の2冊。

 「サンクト・ペテルブルグ」小野文雄著(中公新書)
 「「分かりやすさ」の罠」仲正昌樹著(ちくま新書)

本の感想の前に、新潮文庫のドストエフスキー作品の表紙って、必要以上にくらーいイメージを読者に与えすぎなんではないでしょうか。
そもそも本書のタイトルは「死の家の記録」、ホラーでなければ絶望的に陰気な話としか思えません。そしてこのタイトルの下には、何か思い詰めたような著者の肖像。この表紙で「お、面白そうじゃん」と本書を手に取る人はまずいないでしょう。
最近、「カラマーゾフの兄弟」が新しい装幀で出ていますが、ドストエフスキーの人気をもう少し高めるためにも、装幀の見直しを検討してはいかがでしょう。

さて、上に書いたようなことを思ったのは、本書からタイトルとは違った印象を受けたからです。
確かに、ここには19世紀帝政ロシアの監獄における、社会の底辺ともいうべき囚人たちの悲惨な生活が描かれています。しかし、その囚人たちが我が身を悲観して鬱々とした生活を送っているわけではなく、むしろ立派に適応して日々を楽しんでいるようにさえ思えます。
これは、ドストエフスキーの描写が決して暗鬱としたものではなく、人びとの暮らしを活き活きと描いているからに他なりません。確かに描かれた生活や扱いは悲惨なものですが、文章は軽やかでさえあるように思えます。

印象的なのは、同じ受刑者の中でも庶民と貴族との間には超えがたい差があり、あるいは犯罪者が将軍に対してはまったく別の存在として敬意を払い、服従する姿です。
身分制度とはそんなもの、とはいえるのでしょうが、このような状態からいきなり革命を経たロシアの社会は、貴族が共産党員に置き換わっただけ。本質的にはつい最近まで変わっていなかったのかもしれないとさえ思えます。この15年ほどのロシアの変化は、おそらくとてつもない大きなものだったのではないかと感じさせられました。

さて、小説の最高峰とさえいえる「カラマーゾフの兄弟」をはじめとして、ドストエフスキー作品はもっと手軽に、娯楽性ある作品としても楽しまれて良いものと思います。
「死の家の記録」だとか「地下室の手記」といったタイトル、大作家による名作文学という位置づけが、かえって読者の関心を遠ざけてしまっているのはもったいないですね。

はてなブックマークでは「人気エントリー」よりも「注目エントリー」を中心に読んでいます。先日見かけたものの中で気になったのが下記のものです。

 無駄じゃないけど間違っていた半年間!インプット1、アウトプット9にする事!(粋blog)

これに触発され、仕事のためのインプットとアウトプットのバランスについて、思うところを書いてみたいと思います。

上記のエントリを読んですぐに思い出したのが、15年ほど前に同じ職場にいた同僚の言葉でした。
「インプットは仕事じゃないから、昨日の成果はゼロだ」
これは、彼が終日セミナーに行った翌日に漏らした言葉です。特にその場では反論もせずに聞き流していたのですが、ずっと引っかかっているものです。

私は基本的には勉強好きです。新しく知識を得たり、物事を考えるフレームや手順を新たに身につけるのは、それがすぐに役立つかどうかとは別に、楽しいし先々のためにプラスになると思っています。セミナーや研修には喜んで出掛けますし、本も割と読みます。
同僚の言葉は、勉強好きの私を皮肉ったものではなく自戒を口にしたものだったのですが、いわれた私のほうは「インプット大好きな自分は、成果を出さずに時間を無駄にしてるのだろうか?」と少しばかりショック。人間そうそう変わるものじゃありませんから、それ以来インプットを減らすようにしたわけではありませんが、アウトプットとのつながりを多少意識するようになったのは確かです。

上記のリンク先のエントリでは、以下のように書かれています。

でも、結局は 「インプット1、アウトプット9」ってのが 建設的だし、その中で身に付けられるものの方が多い気がします。

まず何も作り出さない状態ってのは、かっこよくないですよ!
「習うより慣れろ」みたいな感じです。

成果を出すための仕事の中でもインプットできる事柄はたくさんあるので、両者をわけるのは難しいことなのですが、ここではセミナーや書籍、WEBサイトや文献などから知識やノウハウを得ることをインプット、直接仕事の成果を出すために活動をアウトプットとしましょうか(ひとまず整理しているだけですので、上記ブログでのイメージと外れているかもしれません)。
私が実感しているのは、明日の仕事くらいはアウトプット中心の行動で十分にまかなえるけれど、意図的にインプットを継続しないとすぐにネタ切れになるし、成長のスピードも鈍る、というところです。

アウトプットのための活動は充実感もありますし、何より成果が目に見えると楽しいもの。おっしゃるとおり建設的です。
その中で難しい仕事に取り組んだり、苦手な人と協力したりといった経験から学べることも多いですね。「職場のコミュニケーション術」といった本を10冊読むよりも、困難の多い仕事をくぐり抜けた方がずっと実になるというのは、多くの方にとっての実感だと思います。
とはいえ、経験一本槍では、当たり前のことですが経験できないことは身につけられません。セミナーにせよ本にせよ、他者の経験や知識をまとまった形で受け取り、自分の行動や思考の幅を広げるために役立ちます。

同じように頼りになる有能な人物でも、毎回新鮮な発言が聞ける相手と、いつも同じ言動で一貫している相手とがあります。どちらが良いかという話ではなく、両方必要なのが組織なのだと思いますが、私自身は常に相手に驚きを与える存在でありたいと思っています。
あとは各自のスタイルにもよるのでしょうが、新たな企画を打ち出し続けていこうとするなら、やはり必要なインプット量と質を意図的に確保するのが望ましいのではないでしょうか。
その比率はどのくらいか、というのは大変難しいですが(物理的な時間と、自分にとっての比重とは一致しませんし)、私ならばインプット3とアウトプット7くらいのイメージでしょうか。もちろん、仕事が立て込んでくれば比率は1:9になりますし、意図して5:5くらいに振ってしまうこともあり、常に3:7を維持できるわけではありません。

冒頭で紹介した同僚の言葉どおり、インプットはすぐに成果につながるものではありません。むしろ、「この忙しいのに、お勉強なんかしている場合じゃないかも」と躊躇してしまうこともあります。それに、繰り返しますが、やはりアウトプットのほうがずっとやりがいもあって充実しています。それに、周囲の評価も上がりやすい。
なので、3程度のインプットを意識していないと、あっという間にアウトプットばかりを追い求めて走り始めてしまいがち。特に年を取って頭が固くなり、成功体験を積み上げると新たなインプットを求める気持ちが萎えてしまうという事情もあります。
バランスは状況に応じて少しずつ変化しつつも、ずっとインプットを続けようという意思は、アウトプットを大切にするのと同じように大切なんじゃないかと思います。

下記のエントリで述べられていることに基本的に賛成。

 ちょっと違うんじゃないか(そのおとこ、和田につき)

おっしゃるとおり、外国語を学ぶということは、その国や地方の文化を学ぶことであり、さらにはそこに暮らす人びとの物事のとらえ方や考え方を学ぶことです。
英語圏の人びととときちんと話そうとするならシェイクスピアや聖書の最小限の知識は持っていた方が良いし、ひとつひとつの表現を「慣用句だから」と暗記するだけでなく、その成り立ちまでさかのぼって調べてみることがとても大切だと思います。
言葉の背景にある歴史や文化を学んで初めて、国際人といえることは間違いありません。

ちなみに、下記のエントリでも聖書やシェイクスピアについて触れられていました。「できれば暗唱できるように」って、やっぱり英語での話ですよねえ(笑) たしか、ジョブズが作った「NeXT」にはこれらが最初から保存されていたのではなかったでしたっけ?

 お題バトン「アメリカ」(やじゅんの世界ブログ)

私は「華麗なるギャツビー」は未読ですし、聖書もシェイクスピアも日本語訳でつまんでいる程度なので、あまり偉そうなことをいえたものではありません。ただ、ちょっとした表現や比喩などに、こうした基礎教養が必要とされるものが出てくることは2年ほど前にアメリカの大学で短期間の受講をした際にも感じたことでした。

翻訳された小説を読んでいても、聖書に基づいた比喩表現や逸話は多いですし、それらを「新約聖書の~による」なんていう脚注で理解した気になってもすっきりはしません。私はかつてSFの熱心な読者でしたが、ハインラインの作品に頻出する聖書の引用や登場人物名に込められた共通イメージなんかはやっぱり実感できませんでした。
留学や海外勤務など海外に住むだけでなく、文学や映画などを楽しむ上でも、こうした知識はあればあるほどよい、といえそうです。

一方で、英語にはもうひとつの側面があります。それは国際語としての英語です。
たとえば日本語だけを話す私がベトナムに行ったとします。現地でのコミュニケーションのためには日本語を話す人を見つけるか、私がベトナムの言葉を学ぶ必要があります。けれど、それって結構たいへんですよね。それよりもお互いが英語を学んでおけばそれなりにコミュニケーションが可能です。
世界中どこへ行っても、英語を話す人はそこそこいるでしょう。日本語を話す人の数よりは圧倒的に多いはずです。英語を母語とする人びととではなく、外国語として英語を学んだ人びとと話す上での英語は、必ずしも英語圏の基礎教養や考え方とリンクしている必要はありません。

新聞や雑誌、WEBサイトなどの情報も圧倒的に英語のものが多いですから、英語を読むことで受信可能な情報量は飛躍的に増加します。仕事の内容によっては、英語による文献を読めなければ話にならない、ということもあるでしょう。
こうした文献には、聖書やシェイクスピアはあまり登場しないか、その部分が理解できなくても困らないことも多いはずです。

もちろん、ベトナムにはベトナムの歴史や風土、文化があるわけですから、ベトナムの人びとと英語でコミュニケーションを取る上では、英語というスキルの他に知っておかねばならないことがたくさんあります。一方で、日本人として日本の文化や歴史についてきちんと語れることも必要でしょう。

こうしたコミュニケーションのために、とにかく英語で相手の話を理解し、自分の考えを表現できるようにする訓練は、早くからやっておいた方が良いと思います。
その訓練の入り口は、会話ではなく「読み書き」じゃないのか、というのが先日書いたエントリの主旨です。子供のうちに音から英語に慣れさせようと「How are you?」を繰り返すのは、決して効果の上がる学習方法とはいえないと思います。

重要なのは、「道具としての英語」と「国際人としてのコミュニケーション能力」とをきちんと切り分けて、教育現場にどのように組み込んでいくかを考えることだと思います。道具が使えるだけでは国際人ではないし、いかに教養があろうと英語がからっきしでは限界がある。当たり前なんですが、良く置き去りにされがちなんですよね。

昨夜(5月7日)から待ちに待ったNHKスペシャル「プラネットアース」の第1回放送4回分がスタートしてます。
もちろんハードディスクレコーダでビットレートを上げ、高画質で録画体制も万全。入浴も早めに済ませて観た初回放送には、期待通りの映像のすばらしさに圧倒されました。

今回の番組での最大のポイントは、高度な某新装置に取り付けた超望遠カメラで、高々度のヘリコプターから撮影する動物の姿です。空からの撮影によって、動物たちの行動への影響を最小限にし、しかも広範囲を俯瞰する映像は未体験の「神の視点」とさえいえるものです。群からはぐれてさまようアフリカ象と、俯瞰してみればすぐ近くに見える群との絶望的な距離感は衝撃的でした。また、カメラを固定して季節ごとに撮影した映像を合成することで、風景を見渡しながら同時に季節変化を体感できるなど、非常に新鮮なものです。
この番組は可能なら「映画館で観たい」とさえ思います。大画面と整った音響設備でこの映像を体感してみたい。それくらいのものでした。

私はもともとこの手の番組が大好きで、NHKの放送受信料も納得して支払ってます(反発を買うかもしれませんが、安いくらいだとさえ思います)。
昨夜の初回放送は、見終わってみると全体のイントロダクション(悪くいえば長い予告編)のようなもので、実質的には今夜の第2回から本格放送といえそうです。それでも、この新シリーズのショーケースとして申し分のない充実した内容でした。
欲をいえば、それぞれの動物の生態や自然環境の変化が、どのような理由や原理に基づいているのかの解説があればさらに理解が増すように思います。それを番組の中でやるかどうかは別ですが、たとえばWEBサイトに解説ページをおくだけでも良いですから。また、DVD化に際しては1回につき1枚として解説番組をカップリングし、各パートから飛べるようになっていたら、低価格化が進行する映画と比べて値段の高さが目立つNHKのDVDソフトの価格にも納得できようというもの。

もうひとつ悔しいのは、この映像をSD画質で観ていることでしょうか。
わが家のテレビは10年前に購入したブラウン管方式で、そろそろ画面のあちこちでときおり発色がおかしくなるなどあちこちにガタがきています。
買換の検討時期ではあるのですが、どうせ買うのなら1080iの映像をしっかりと再生できる高画質のものがほしいので、高額になってしまうのですね。店頭で比較すると液晶よりもプラズマのほうが絵が好みなのですが、1920×1080ピクセルを持つプラズマディスプレイはまだ大きく高価です。
とはいえ、「プラネットアース」のような力強い映像を観てしまうと、細かいことは気にせずに価格が下がってきた普及版の"ハイビジョン対応テレビ"でも良いか、という気にもなってきます。買ってしまえば10年は使うものですから、あまり性急に結論を出さないよう、ここはじっと我慢が必要なのですが...

いぜれにせよ、今回、今秋そして新年と3度にわけて放映される「プラネットアース」は必見。
NHKさん、ぜひともHD-DVDでもブルーレイでもどちらでもかまわないので、解説コンテンツ付き高画質でのソフト化をお願いします。1回につき8000円までは払いますから。あと、できれば現行のSD画質のソフトは1980円くらいに下げて下さいな。

研修を受講したり、仕事のスキルアップセミナーなんかで「将来の目標を書き出しましょう」なんてやってますよね。10年後、20年後に自分がなっていたい姿=目標が明確になれば、そこに向けたアクションが取れ夢が実現に近づきます、てな感じ。
こうした話を聞くたびに、「ちょっと待ってよ」と私は思います。

私は年数だけは長く働いてきましたが、自分なりの将来ビジョンとかキャリアプランなんて、ちゃんと考えたことはそれほどありません。10年後のイメージなんかなくて、目の前にある壁をひとつひとつ上って進んできたら、20年経っちゃっていました、というのが実感です。
そんな行き当たりばったりが良かったかどうかは別問題で、英語だって30代前半までにやっておけばもっともっと旅行も楽しめたでしょうし、場合によっては別の職業生活が開けていたかもしれません。行き当たりばったりで何とかなってしまう、幸運な環境にいたというのも事実でしょう。

とはいえ、25歳で35歳の自分を、あるいは45歳の自分の姿を"具体的に"なんてイメージできるもんじゃない。できるとしたって、「事業部門のトップとしてチームをまとめ、困難なビジネスを成功させるオレ」といったステロタイプになるか、「トップセールスマンになる」といった現状延長型のものになってしまうんじゃないかと思います。

目標を明確にしてギャップを把握し、それを埋めるためのアクションを課題化してスケジューリングと資源の獲得と配分をする、というのは仕事の基本です。これがちゃんとできない人には仕事はできない、といっても過言ではないほど。
でも、人生なんて仕事じゃないでしょ、といいたい。仕事なら失敗しても次のチャンスはいくらでもあるし、来年の給料が10倍変わる訳じゃない。
あまりに現状とのギャップが大きすぎる"10年後、20年後"をイメージしちゃうと、そのためにこなさねばならない膨大なタスクを前にして、立ちすくんでしまう人がほとんどではないでしょうか。まあ、たぶん私ならそうなります。

"なりたい自分になる"ための手段としての資格取得熱は相変わらず高いようですが、資格熱が高まると必ず「それをなんに役立てるのか、どんなスキルをどう活かすのかを明確に」なんていうコメントも増えます。
繰り返すと、具体的にイメージを描いて計画的に人生を送れる人は、決して多数ではない。むしろ、漠然とした不安感やスキル不足感から目についた資格に活路を見出そうとしているのでしょうし、その努力の中から次の道筋が見えてきたりするものでしょう。そのプロセスのほうが重要ではないかと思うのです。
資格取得のために勉強したり、仕事に役立つスキルを身につけようと悪戦苦闘する若い人たちに、「ゴールを明確に」というのは簡単ですが、それは大人の後知恵ではないだろうか。若い人たちができるだけ迷わずまっすぐに歩けるように、という大人の言葉が、むしろ彼ら彼女らを迷わせてしまっているような気がします。

ではどうすればいいのか、という答えはあまり明確には持ち合わせてはいません。
少なくとも、大人がもっと自信を持って、仕事と人生を楽しむ姿を見せていくべきだろうと思います。達成できたこと、やりきれなかったこと、いまでも頬が緩む記憶、悔しさが甦る日々を、それを経験してきた人びとが、率直に、同時に謙虚に自分語りを始めることがあっても良いのじゃないでしょうか。
ブログの書き手にはまだまだ中高年は少ないように感じますが、そんなコミュニケーションが始まるのも、有意義なんじゃないかと思います。

先だって、「英語を流し読み」というエントリを書いたのですが、やはり流して読める文章と、難しいものとがあります。
比較的読みやすいのは、新聞社の記事や雑誌記事のような文章です。主語・述語がはっきりとしていますし、なによりもこうした文章には一定の様式というか、決まり事があるので展開が予想できます。たとえば、データが示されたあとには多くの場合、その調査の情報などが付記されているといったものですね。

逆にブログの文章はそうそう流し読みができません。
もちろんものによるのですが、主語や述語、目的語が省略されていたり、文法の間違いがあったりと、手強いです。砕けた表現などは読んでも雰囲気しかわからないですし、肯定しているのか、皮肉っているのかが今ひとつぴんと来ないことも多いです。
まあこれは流し読み以前の問題で、ボキャブラリーや表現の理解度の問題なのですけどね。

自分がどんな風に流し読みしているか、ちょっと紹介してみたいと思います。
お題は前回と同じサイト、「HBS Working Knowledge」から「Why Your Employees Are Losing Motivation」です。

この文章は、まず冒頭に全体のサマリーが書かれています。たった3行ほどですので、ここは横着せずにきちんと読みます。じっくり読んでも30秒もあれば十分。

Business literature is packed with advice about worker motivation - but sometimes managers are the problem, not the inspiration. Here are seven practices to fire up the troops. From Harvard Management Update.

「従業員のモチベーションについて書かれたビジネス書は多いが、それを向上すべきマネージャがむしろ問題となっていることも多い。「Harvard Management Update」から、人びとを奮い立たせる7つの秘訣を紹介する。」てな感じでしょうか。

次は著者表示ですが、もちろんすっ飛ばして(笑)、本文をパラグラフごとに眺めていきます。

Most companies have it all wrong. They don't have to motivate their employees. They have to stop demotivating them.

ここで私が拾った語句は「have to stop demotivating」です。表題とサマリーから企業における従業員のモチベーション低下に関する文章だということはわかっていますので、導入部にはおおいの場合問題提起があるはず。それが上の部分。モチベーションを下げない工夫が必要、というわけですね。

The great majority of employees are quite enthusiastic when they start a new job. But in about 85 percent of companies, our research finds, employees' morale sharply declines after their first six months - and continues to deteriorate for years afterward. That finding is based on surveys of about 1.2 million employees at 52 primarily Fortune 1000 companies from 2001 through 2004, conducted by Sirota Survey Intelligence (Purchase, New York).
ここで拾ったのは次の語句です。「majority of employees」「enthusiastic」「a new job」「85 percent」「morale sharply declines」「based on」。 85%もの企業において、最初は熱心に仕事に取り組む従業員の多くが士気の低下を生じている。これがこのパラグラフの内容です。再度目を通すと士気低下が明らかになるのが6ヶ月目で、さらに1年後に向けて低下し続けることがわかりますが、ここは枝葉。 「based on」という語句からざっと目を通すと「Survey」とあるので、後半が参照した調査結果の紹介だということがわかります。関心があればここの記述をキーワードに検索して細かな内容に目を通しますが、ひとまず無視。
The fault lies squarely at the feet of management - both the policies and procedures companies employ in managing their workforces and in the relationships that individual managers establish with their direct reports.
「fault」「at the feet of management」を読んだ時点で、まあ良いかな、というパラグラフです。ようするに、前のパラグラフで提示された従業員の士気低下は、マネジメントの失敗であるということです。その後に続くのはどんな失敗であるかの説明であることが容易に想像されますので、余裕があれば目を通します。
Our research shows how individual managers' behaviors and styles are contributing to the problem (see sidebar "How Management Demotivates") - and what they can do to turn this around.
「managers' behaviors and styles」「the problem」「turn this around」とありますから、以下を読むとマネージャの行動やスタイルがこの問題にどう影響し、そして改善するために何ができるか、ということが書かれていることがわかります。サマリーにある7つの秘訣が始まるのだな、と理解できるわけです。

全文をやっていくと長大になってしまいますので、最初の区切りまででやめておきますが、サマリーを除く4つのパラグラフを上記の単語を広いながら意味を取るだけなら、おそらく1分はかからないはずです。ざっくりサマリーとあわせて1分以内が目標。
そもそもこれらをあわせて150語足らずですから、普通に読んだとしても1分程度で理解できなければ、たとえばTOEICテストのリーディングセクションではかなり苦労するのではないかと思います。

上記で拾った語句を見ると、やはり動詞と名詞が多いですね。「誰が、どうした」を囓り取っていけば、文章の大意はわかるというわけです。
なので、基本的には日本語の流し読みと変わらない、ということがいえるのじゃないかと思います。日本語は母語ですから重要な箇所を拾うのが容易ですし、漢字という便利な文字があるので主語述語が目に飛び込んできやすいのも確かです。けれど、英文でも数を読んでいけばそれほど困難ではないと思います。特に、こうした論文の要約や新聞記事の場合にはやりやすいでしょう。

英文の場合は重要そうな語句が拾えたとしても、意味がわからないというケースもありますが、これも特定の分野で一定量を読むことで徐々に解決できる問題ではないかと思います。
基本的には関心のある分野の英文を読むのですから、日本語での知識バックグラウンドはもっているわけで、そこに英語による表現を加えていくことはそれほど困難ではありません。このあたりは、昨年秋にかなり評判になった梅田望夫さんのエントリでも指摘されていますね。
 Web 2.0時代を生きる英語嫌いの若い人たちへの英語勉強法:親切バージョン(My Life Between Silicon Valley and Japan)
私が英文を読むのが苦痛にならなくなった経緯というのは、割と明確にわかっているのですが、それはまた別にエントリを起こそうと思います。

このアーカイブについて

このページには、2006年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年4月です。

次のアーカイブは2006年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja