2006年4月アーカイブ

【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

かつてはSFやファンタジーの熱心な読者だったのですが、最近ではあまり多くは読んでいませんでした。
飽きたわけではないのですが、最近はフィクションを読むこと自体が減っていることや、現実とは違う作品の世界観に入り込む想像力が減退してきたのかもしれません。

この中編小説は、おそらく日本でもよく知られているファンタジーのトップ10に入るものかもしれません。少なくともずっと以前から作品名と概要は知っていたのですが、なぜか手のでなかったもののひとつです。あまりに有名すぎて、手に取りにくかったということだったかもしれません。

作品そのものについて多くを語る必要はないと思います。
私が再認識したのは、この作品のように、派手なストーリー展開もなく主人公が感情をあらわにするのでもない、静かな感動を置いていってくれる小説を大切にしていきたいということ。
「一気に読んで号泣しました」式のわかりやすい感動物語も良いでしょう。けれど、そこから一歩も出ないままで小説を味わったと思ってしまうのは、少しもったいないと思います。昨今のベストセラーで感動したかたを非難する気はありません。しかし、即席の感動を狙って大量生産されるテレビドラマのような本の作り手は、ただの商売人のように思われます。読者を馬鹿にしていると、そのうちにしっぺ返しを食うことになるでしょう。

この「ジェニーの肖像」は、決して難解な作品ではありません。おそらく、中学・高校のころに読んだとしても、その頃なりの受け取りかたができたことだろうと思います。
同時に、この作品は年を取ってから読んでも、その年齢なりの読みかた、受け止めかたができる作品でもあります。これは、優れた作品のひとつの条件ではないのかな、と感じます。10年後、20年後に再読するのが少し楽しみです。

料理を写真に撮るのは頭がおかしい、と書いているブログがあって、たいそうはてなブックマークがにぎわっています。
当該記事の内容はさておき(探して読めばわかりますが、さまざまな行動パターンを勝手にひとつの人格にまとめ上げて石を投げつけている文章ですので、まともにとりあうものじゃありません)、レストランで料理を撮影するという行動について、思い出したのが下記の記事です。

 料理写真を撮るな!!(All About)

タイトルには「撮るな」とありますが、撮るなら場の雰囲気を壊さぬよう、無音・ノーフラッシュですばやく撮ることを勧めています。著者は『「食べたものの記憶をビジュアルで残したい」こと自体は悪いことではない』というスタンスなので、上述の「頭がおかしい」と突き放すブログとはだいぶ距離があります。

私も写真が趣味なのですが、ときおり大きなカメラをもたずに手ぶらで遊んでみると、行き慣れた場所でも非常に新鮮に感じられます。そんなときは「ああ、写真を撮ることに夢中になって、思い出に刻みつけるということができていなかったのかも」などと反省することもあります。
けれど、そんなふうに"刻みつけた思い出"って、実際にはあっという間に忘れてしまうんですよね。だって、一昨日の昼ご飯だって思い出せないじゃないですか。楽しかったといっても、休日の一コマ、バケーション中のちょっとした場面が、それほどきちんと思い出に残りますか? 私には無理です。

写真やビデオ、あるいは手記でもかまいません。楽しい時間を思い起こすトリガーとなるものが手許に残っていることで、私たちは時間をさかのぼって思い出に浸ることができます。小さなお土産や記念品も同様。
たしかに写真というのは凝り始めると構図はどうか、どこまでピントを合わせるか、コントラストはどうするかなどと考えることが多く、端から見ると風景を愛でるのではなく撮影が目的化しているようになりがちなのも事実です。
けれど、それが他の人たちへの迷惑になっていない限り、外野からとやかく言う話ではないでしょう(迷惑になるほどの逸脱した行動があれば、もちろん非難されるべきです。でもそれは写真を撮ることの問題ではなく、その個人の良識と品位の問題です)。

料理に話をもどすと、おいしかった料理を思い出せるように記録しておきたい、というのは割と自然なこと。写真以外にも、レストランのメニューをコピーしてもらうこともあります。
写真があれば、あとからおいしかった料理を思い出すのも簡単ですし、次に行くレストランを決めるのにも参考になります。迷惑をかけず雰囲気を壊さずにさっと撮影することはそう難しくありません。

 参考
 デジカメ撮影テクニック講座(9) 料理をおいしく撮ってみよう!(All About)

もちろん、店の雰囲気によっては最初からカメラを取り出さないことも少なくありません。あとで「写真があったら良かったかな」と思い起こすこともあるのですが、ふさわしくない場所では撮らない、というのが優先。
いずれにしても、思い出をビジュアルに残すというのは、けっこう当たり前の、自然な欲求なのではないかと私は思います。あとは、それが許される場所柄というのをちゃんと判断していれば、それほど大きな問題ではないように思えるのですけどね。

Harvard Business SchoolのWorking Knowledgeの記事を読みました。

 Can You Manage Different Generations?(HBS Working Knowledge)

主にアメリカ企業の組織を念頭に置いた文章なのでしょうが、日本でも年上の部下・年下の上司というのは珍しくもなくなってきましたし、ベビーブーマー以降の世代における「ワーク/ライフ・バランス」の意識は大きく変化しつつあります。
私たちの仕事環境でも、いよいよ重視されるのが、多様化する組織構成員を以下にマネージしていくかということになるでしょう。

A4で印刷するとわずか2ページと少しの文章ですから、読んで頂くのが一番なのですが、簡単に要約してしまうと次のような内容です。

多様な年齢の構成員をうまく管理していくためには、それぞれが仕事において何を重視するかを見極めることが重要。
たとえば若い人々(論文では35歳まで)組織へのロイヤルティは低く、明確な役割と責任が示されることを望んでいる。35~54歳のミドルはこれまでの続きではなく、新たな貢献の機会を求めている。そして55歳以上の人々はその価値や貢献の承認を求め、曖昧さや矛盾を避ける。管理者はそれぞれに適した役割を与え、マネージすることが必要。
また、ポスト・ベビーブーマー以降、仕事と私生活のどちらに重きを置くかというバランスはますます私生活に傾きつつある。また、キャリアの選択においても必要に応じてスローダウンしたり、一度離れたのちに復帰するといった柔軟性が求められている。
この柔軟性は、収入や将来の昇進可能性を犠牲にするといった方法で実現されるのであればうまく機能しない。

組織は人の集まりですから、構成する人々の意識の変化に応じて変わっていく必要があります。本文中でも指摘されていることですが、長時間の残業を厭わない姿勢を高く評価する組織では、いかに柔軟な人事制度を用意しても根付くことはありません。
同質な集団であれば簡単に管理できたものが、同じ手法では社員を動機付けできない、思うように成果が上がらないといった悩みは、現代の管理者に共通のものと思います。
かつて上司がやっていたマネジメントをなぞっても、なぜか成果が出ない。若い社員はワガママばかりで、せっかく成長できる機会を与えても放り出してしまう。...管理者の迷いは増すばかりで、リーダーシップに関する本やセミナーがあふれかえっています。

いま組織が認識しなければならないのは、この変化は不可逆的なものであるということ。
一時的に仕事や組織へのロイヤルティが失われているのではなく、仕事に何を求め、どこまで優先度を高めるかは、個々人でかなりの振幅があるのが当たり前だということでしょう。すなわち、組織管理者としての過去の成功体験は時と場合によっては全く機能しないこともあり得ます。

男女雇用機会均等法に加え、次世代育成の観点からも、人事制度を見直している企業や組織は多いと思います。大切なのは、制度を見直すだけでなく、その精神をしっかりと根付かせる運用の実態があること。形ばかり男性社員に育児休暇を取得させるだけでなく、企業として多様なワーク/ライフ・バランスを認めつつ、個々の社員が果たすべき役割と責任を明確にし、評価する姿勢と実績を積み上げることが不可欠。
決して個人のワガママに組織がすり寄るのではなく、基準や責任範囲、そして報酬やペナルティを明示することが、出発点となります。目標管理や成果主義を導入し運用している組織は多いと思いますが、その運用をきちんと組織の構成員の意識や社会の情勢にマッチした形にすることが、人事制度の設計と運用においてますます重要になっていくと思います。

英語を流し読み

| コメント(0) | トラックバック(0)

Harvard Business ReviewやSoundviewなど、英文を読むときには日本語よりもずっと多くの時間を要します。
最近少し話題になった「読書速度測定」のチェックでは2800字内外と、日本語ならばそれなりの速度で読めるのですが、英文だとA4用紙に印刷された文章に10分近くかかってしまいます。

日本語で2800字というのは、精読時間ではなくページをくりながらざっくりと内容を把握する読み方。いわば流し読みスピードです。
内容の難易度にもよりますが、英文のときのように一文一文をじっくりと意味を取りながら読み進めると、半分以下にスピードは下ってしまうでしょう。
文章の内容や状況に応じて、じっくりと読むときもあれば、急いで主たるアイディアをスキャンすることもあります。日本語の場合は、その調整が無意識にできているのに対して、英文の場合にはそれがうまくができず、いつも精読になってしまうので時間がかかってしまう訳です。

経営学の最新研究や、ビジネス情報などは日本語に翻訳されるまでかなりの時間がかかるものも多く、英語文献からの情報収集は重要です。しかし、英文は常に精読、日本語の5倍から10倍も時間がかかるのでは、結果として英語からの情報収集が極めて時間効率の悪いものにならざるを得ません。
そこで、試しに英文の流し読みを試みてみました。
テキストは、Harvard Business SchoolのWorking Knowledgeから、「Can You Manage Different Generations?」という記事です(内容については、別途エントリを起こす予定です)。

方法としては、文章をスキャンしながらポイントとなる単語(主に動詞と名詞、そしていくつかの形容詞)を拾い読み、全体で意味が通じていて前後の文脈と違和感がなければOKとして進んでいくやり方です。ちょうど、日本語の文章で漢字で書かれている単語を拾いながら論理構成を頭の中で再構成しながら進んでいくのと似ています。
A4にプリントして2ページと少しという長さの文章でしたが、この方法によって5分ほどで読みきることができました。英語に慣れ親しんだかたから見れば鼻で笑われそうなスピードですが、私にとってはけっこうなスピードでした。

文章そのものがかなり平易で読みやすかったということもたしかですが、この方法はかなりいけそうな感じです。どうしても理解できないときだけ、精読モードに入るようにすれば、英文を読むスピードが倍近くになるかもしれません。

「さまよえる湖」に続いて読みました。
1933~1935年にかけての、かつてのシルクロードを再現する自動車道敷設の予備調査となった自動車による探検旅行の記録です。この旅の途中で実施された、ロプ・ノールに向けたカヌーでの探検の記録が「さまよえる湖」ということになります。

静かに川を下るためか、比較的事件に乏しい「さまよえる湖」に比べると、こちらは監禁されたり内戦に巻き込まれたり、あるいはスパイの嫌疑をかけられたりと波乱に富み、そのぶんだけ旅行記としては起伏のあるものになっています。
ただし、ヘディンその人は下手をすると命の危険にさらされているにもかかわらず泰然としているかのようで、解説でも語られているとおり表情は見えてきません。これは記録分のスタイルというよりもヘディンという人の持ち味なのかもしれません。

内戦や日本との戦争、そしてソヴィエト・ロシアの進出など、国際政治の動きが背景に見える分だけ、「さまよえる湖」のような半ば脳天気な雰囲気が薄れています。
この時代の中国が、特に辺境においては統一国家の体をなしていなかったことが実感できますし、登場する人びとが抗日戦と国共の内戦、そして文革などの動乱期に迎える運命を思うと、ヘディンにとっての"探検"が決して現代のたびとは異質なものであり、政治性を抜きにはできないことが実感されます。

とはいえ、旅の過程そのものはいかなる苦難にも立ち向かい、ねじ伏せる探検隊の力強さや意思力に一気に引き込まれます。
読み物としての魅力は、「さまよえる湖」を大きく上回るといえるのではないかと思います。


公開以来、はてなブックマークやスラッシュドットなどで話題沸騰といっても良いRSSリーダー「Livedoor Reader」を試してみました。
しばらく使ってみないと判断できないこともありますが、1年以上使っている「Bloglines」からメインのRSSリーダーを乗り換えても良いと思えるほど。評判に違わぬ使いやすさです。

まずは画面のデザインが華やかで楽しい。
長い間使うものだけに、あまり派手なデザインでも飽きが来てしまうのでしょうが、いかんせん、Bloglinesの画面があまりにも素っ気ないものです。Livedoor Readerは派手ではないものの、適度に色味があって新鮮です。
ノートPCのXGA解像度ではフィードを表示する部分がちょっと手狭に感じられますが、フォントサイズをワンタッチで切り替えられるアイコンがあるので、それほど不便ではありません。

次に、キーボードショートカットが充実しており、手早く使えることです。
RSSリーダーというのは、登録した大量のフィードをざっとブラウズしながら気になる記事を探すものですから、マウスとキーボードとをとっかえひっかえして、というのはストレスがたまるものです。
もちろん、Bloglinesにもキーボードショートカットはありますが、Livedoor Readerではキーボードだけで一通りの操作ができる上、忘れても簡単にヘルプを呼び出して参照できます。

そして、動作が軽快なことも重要です。
これは、まだβ版ということでサービスを利用しているユーザーが少ないことも要因として大きいのでしょうが、使っていてストレスを感じる待ち時間がほとんどありません。
上述の通り、手早く情報をスキャンするのがRSSリーダーの使い道ですから、フィードを切り替えるのにいちいち一呼吸おかれるのはかなり苛立つものです。

小さな不満は、気になった記事をあとで読むための「ピン」機能です。
ショートカットで「o」を押すとピンをつけた記事が別ウインドウで次々と呼び出されじっくりと読めるのは良い機能だと思います。しかし、一度呼び出してしまうとピンが全部はずれてしまうのですね。これでは、気になった記事はその場でブックマークしておかなければあとで見つけるのが面倒になります。
Bloglinesでいう「Keep New」のように、ユーザーが自分でピンをはずすまではブックマークした状態を維持してくれ、必要に応じて呼び出せる仕様を望みたいと思います。

いずれにせよ、Livedoor Readerはかなり注目すべきRSSリーダーです。
これがもっと多くのユーザーに使われるようになり、RSSの便利さが認知されていくと、より多くのサービスが生まれてくるように思えます。

Livedoor Reader

最近はどうも左翼思想は流行らないようで、ネット上では共産主義への共感を口にしようものなら集中砲火を浴びてしまう印象さえあります。
たしかに、ソ連・東欧の社会主義体制は1990年代初頭に雪崩をうって崩壊し、東西対立はあまりにあっけなく終焉を迎えました。言論統制や管理社会、一部の共産党幹部だけが利益を独占する体制下では人びとが幸せになれなかったことは事実ですが、一方で資本主義体制に取り込まれた旧社会主義国家が、当時よりも豊かになったかどうかは疑問でもあります。

社会主義・共産主義というとき、私たちが抱く印象はソ連・東欧の抑圧された政治体制であったり、一党独裁体制の弊害を急激な経済成長や愛国教育で覆い隠すような隣国の姿であり、決してポジティブなものではありません。
また、日本における社会党や共産党の幹部の言動やかいま見える体質なども、社会主義を人類を幸せにする制度ではなく、党派制や独善性を感じさせるものであったことも確かだと思います。

とはいえ、もともと共産主義が本質において人類の幸福を目指さない者であるなら、ここまで広く人びとの心をとらえることはなかったでしょう。
経済学部の学生としてマルクスの著作をある程度真面目に読んで私にとっては、20世紀に表れた「社会主義国家」の姿がマルクスの思想を正しく実現したものとは到底思えず、むしろ共産主義という名前だけが同じ別物としか思えませんでした。本書で指摘されている、社会主義・共産主義の本質的な立脚点やユートピア思想・千年王国思想との関連など、思想としての共産主義と現実の共産圏の姿とにギャップを感じていた人びとにとっては、思わず膝を打つものでしょう。

中学校の教科書に、部分的に載っていたような記憶があるのですが定かではありません。
いずれにせよ、巨大な湖が時とともに移動して、それに依存した人びとの生活を滅ぼしてしまうというのは非常に不思議で興味深いトピックであったのを憶えています。

20世紀初頭に中国の奥地の調査を重ねて、湖が動くという驚くべきアイディアを世に示したのが、このスヴェン・ヘディン。かなり以前から、彼の調査記録である著作を一度は読んでおきたいと思っていました。
ヘディンの文章は非常に淡々としており、きちんと読んで想像すると、かなり困った状態に追い込まれているにもかかわらず、調査隊の面々がのんびりと砂漠や川縁でのキャンプを楽しんでいるようにさえ思えます。
もちろん、読んでいる私のほうが割とダラダラとした状態でいることの反映かもしれませんが、細々としたピンチにいちいち苛ついたり焦ったりするような人物には、こうした調査は務まらないのかもしれません。リーダーがどっしりと落ち着いていなければ、隊員だってついてはいけないでしょうし、パニックに陥るかもしれません。

しかも、この本に書かれている調査行は1934年といいますから、満州事変から日本の国際連盟脱退という時期に当たります。あちこちで軍閥や武装グループの戦闘が続く中での調査だけに、情熱だけではなくよほど腹が据わった人であったということでしょう。
調査中の行動も、複数のチームに分かれて行動し、おおまかな集合場所を決めるだけというもの。通信手段が発達した現代では考えられませんが、たしかに子供の頃は、細かな時間など決めずに集まって遊んでいたな、とも思います。それでなんとかなっていたんですよねえ。

さて、すでにこの調査に先立って1933年に現代のシルクロード復活に向けての自動車による調査を記録した「シルクロード」も買ってあります。
いくつか先に読みたいものもあるのですが、続けて読んだほうがすんなりと世界に入っていけることでしょうから、早めに読んでみようと思います。


出張中の新幹線車内で流れるニュースで知ったのですが、1-3月のビール関連飲料において、シェアトップがアサヒからキリンへ6年ぶりに交代したそうです。

 ビール系飲料、キリンが6年ぶり首位・1―3月(NIKKEI NET)

「ビール系」「ビール関連」という表現があるように、これは発泡酒や第3のビールなどを合わせたシェアですので、おそらくビールだけならアサヒの首位は動いていないのでしょう。
とはいえ、このシェア逆転はアサヒがスーパードライをヒットさせた瞬間から、既に決まっていたこと。いわば必然の結果であったと私は思います。

こんなことを書くと怒られるかもしれませんが、私にはもともと「スーパードライ」と「発泡酒」の味の違いがわかりません。そもそも私は単に辛い炭酸飲料である「スーパードライ」をビールだとは思っていませんし、おいしいと思ったこともないのです。
「スーパードライ」の大ヒットは、日本においてビールが極めて画一的な止渇飲料であることを示しました。強い炭酸とすっきり感、適度な苦みと辛さがあればそれで良いのですから、安いが(ビールとしては)まずい発泡酒が出てきたらそちらが選好されるのは自明のことです。
アサヒは大多数の消費者のビールの嗜好を読み切り、大ヒット商品を作った一方で、ビールという商品カテゴリーを破壊する下地も用意してしまったといえないでしょうか。

アサヒはなまじ「スーパードライ」で大きなシェアを獲得してしまったがために、発泡酒や第3のビールでは出遅れました。
自らビール(およびその代替商品)の嗜好画一化を進めたにもかかわらず、その結果登場した破壊者への対応が十分にできなかったわけです。もし、ここまで嗜好の画一化が進んでいなければ、さまざまなタイプのビールのうち「ドライ」が発泡酒などに置き換わるというだけで済んだかもしれません。市場の要求への過剰適応がアサヒの首位陥落を招いたと私は思っています(アサヒはその気になればきちんとしたビールを造れる会社であるだけに、ドライへの依存を過度に高めたマネジメントの失敗、あるいは"営業の論理"の暴走が問題であったと考えます)。

面白いのは、キリンが現在注力する発泡酒が「円熟」という商品であることです。
私はまだこれを飲んでいないので、正確なことはいえないのですが、プロモーションから受ける印象は発泡酒カテゴリにおいてプレミアム感のある商品づくりを試みているようです。ドライという画一的な嗜好を浸食することで成長してきた発泡酒が、今度は多様化を始めています。
この傾向が進むことで、もしかするとビールの市場が再度活性化する可能性はあります。
すでに、サントリーの「ザ・プレミアム・モルツ」の大ヒットや、サッポロの「ヱビス超長期熟成」の発売など、プレミアムビールの拡大傾向は昨年から顕著です。あまりに画一化された「発泡酒ビール」に飽いた消費者が、急がずに味わえるビールを求め始めていることも現れではないかと思います。
ただし、この市場までも味にバリエーションを加えた発泡酒によって浸食される可能性もあるわけで、味を楽しめるビールを愛するもののひとりとしては、手放しでは喜べないのですが。

日本酒や焼酎が何度かのブームを経て、画一性を脱皮して多様な楽しまれかたをする商品となっています。また、ワインはもともとそうした傾向をもつ商品です(「イエローテイル」がヒットする背景には少々危険もかいま見えますが)。
もしかすると、ビールも画一化が極限まで進んだ状態からの揺れ戻しが、ようやく始まったといえるのかもしれません。

子供の頃の最大の楽しみといえば、学校から帰ってすぐに部屋にこもり、読みふける少年少女文学全集。今回のテーマ「ガルガンチュア」だけでなく、「ほら男爵の冒険」「地底探検」「マラコット深海」「宝島」「ロウソクの科学」「ドリトル先生航海記」など、いまに至る私の読書人生を決定づけたのはこの全集でした。
いまとなってはいったいどこの出版社から出されていたものだったかもわかりませんが、私が好きだったのは上述の冒険もの、科学ものの他、推理ものや歴史物など。一応は男の子だったので、「小公子」「にんじん」なんかはあまり熱心には読みませんでした。

さて、当時夢中になって再読三読と繰り返した話のひとつが、「ガルガンチュア物語」です。荒唐無稽な話が好きだった私は、ちょっと下品なこの物語を読みながら、自分がガルガンチュアのような巨人だったらどんないたずらをしてやろうかと想像していました。
また、この物語といい、「ほら男爵」といい、食事のシーンには私の日常には存在しないものがたくさん並んでいるのも、楽しみのひとつでした。当時の私は「ぶどう酒」や「塩漬け肉」というのはいったいどんなご馳走なんだろうと、思い描いていたわけです。いまでは好きなように飲めるのですが、やはり赤ワインのほうが好きなのは、子供の頃にあこがれた「ぶどう酒」のイメージがあるからなのかもしれません。

この本についてはあまり背景も知らずに読んだのですが、子供の頃にも「なんだか真面目な勉強や形式張った学校を馬鹿にした話なんだな」と思っていたものです。
私はどちらかといえば学校では「良い子」だったのですが、学校の規則に真面目に従っていたというよりは、こうした読書体験から、つまらない規則にどんな意味があるのかを考え、自分なりの答えを出してはそこに批判を加えるといった遊びを続けていました。子供向けの物語集の中にも、このように批判精神を育むものが入っていることは、非常に意義深いように思います(もっとも、そんな子供時代が幸せかどうかは人により違いますけど)。

もちろん、もともとの物語は子供向けの翻案版とは違い、はるかに毒を含んでおり、比喩もより明確な意味を持ち、さらにはお下品な内容も相当含まれています。
しかし、物語の本質はまったく変わっていないと感じました。私が読んだ子供向けの物語を構成した作家は、著者の意図をしっかりと読み取り、子供にもわかるように残していたわけです。だれかはわかりませんが、素晴らしい仕事であったように思います。

先日も悪口を書いたばかりの、史上最悪の装幀で続々と刊行される講談社現代新書の一冊です。久々に買いました。
著者は韓国に生まれアメリカに留学ののちマッキンゼー・アンド・カンパニーの日本支社などで働いたかたで、もちろん本書は日本語で書かれています。これが、そこらの日本人著者と比べてまったく遜色のない文章で、著者が言語を操る能力において相当優れていることがうかがえます。

そんな著者が書く英語学習法など、一般人にはついて行けないもの、エリートの学習法だと思われるかもしれません。
読めばわかることですが、著者の英語(に限らないでしょうが)学習方法は極めてまっとうなもの。いわば、英語圏での「国語教育」をきちんと受ければ英語操る力は向上する、というもの。その基本にあるのが、5パラグラフ・エッセイを書いてしっかりとした教師の添削を受けるというものです。

私は著者が批判的な日本の英会話スクールにかれこれ4年強通い続けています。
このスクールは、大手のひとつではありますが、文法教育には比較的熱心に取り組んでいます(私がそういうクラスを選んでいるからでしょうが)。単に雑談(チャット)を繰り返すだけでなく、テーマを決めてディスカッションするタイプのクラスにいることもあって、本書で批判されている英会話スクールのナンセンスなモデル会話とはちょっと違います。
しかし、会話中心の英語学習にはどうしても限界があり、読み書きを同時に実践することの重要性を最近強く感じています。雑談ならごまかせても、ディスカッションとなると自分の主張を予め整理しておき、正しく論理立てて話すことが求められます。著者が勧めるライティングの訓練は、きちんと意味のある会話を楽しみ、あるいは仕事をするための基礎訓練です。

先だって、「義務教育での英語の授業はリーディングで良い...かも」というエントリを書きましたが、あのエントリで私が漠然と考えていた学習法を、はるかに説得力のある形で示しているのが本書です。先にこれを読んでいれば、あのエントリはかけなかったでしょう。無知というのはやはり恥ずかしいものです。
英会話スクールで無意味な会話の反復訓練をしたり、無教養な外国人教師とダラダラと話し続けるレッスンに疑問を感じたら、ぜひ読んでみてほしい一冊です。

最近エントリが長くなりすぎているので、感想はちょっと短めにしようと思います。
この本は出張の際に東京駅の書店で買ったもの、このパターンはけっこう多くて、新幹線に乗るときに本が一冊しかないとどうも不安で、予備の一冊を探す場所としては駅構内の「BOOK GARDEN」は適度な規模です。もっとも、時間帯によってはかなり混んでいるのが玉に瑕ですが。

読んだ動機としては、文庫になる都度読んでいる「ローマ人の物語」のおかげで古代ローマへの関心が高まっていること、そして英語の学習にあたってラテン語の基礎知識があるのも悪くないかな、と思ったことです。
後者に関していえば、英語はラテン語の直接の子孫とはいえないためそれほどは効果はなさそうです。とはいえ、womanの"man"が男性を示すmanとは無関係だということなど、雑学的に面白い事柄はかなりあります。普段から辞書を引く際に語源の部分をけっこうおもしろがって読むほうなのですが、この楽しみが増えそうです。

ローマ帝国が崩壊した後も、キリスト教会の言葉としてラテン語が生き残り、かなり最近まで使われてきた(いまでもバチカンでは生きているわけですが)理由のひとつに、ラテン語が極めてしっかりとした文法と語の活用ルールを持っているために、新たな概念を簡単に言葉に取り込むことができる言語であったことがあります。
新しい概念を自らのルールの中に取り込んで拡大していくラテン語と、漢字と仮名を交ぜながら外来語をどんどんと取り込んでしまう日本語とでは、スタイルは違うものの言葉としての成長力という点では共通していそうです。
英語やドイツ語を学ぶ過程では、動詞の時制による変化や名詞の性とそれに伴う変化や活用形など煩わしいとしか思えないものです。しかしこれらのもととなったラテン語の文法が、文章を極限まで省略しても意味の取り違えを発生させない優れた言語特性の基盤となった、ということを知ると少し印象も変わったように感じます。

文法を見ただけで気分が悪くなるかたや、西洋の古典文学になんの興味もないかたにとっては退屈な本かもしれません。
逆に、煩雑な文法の意味を理解できたり、あまり親しんでこなかったローマ時代の文学について基礎知識を得ることもでき、ラテン語という言語がいまでも非常に大きな世界を形作っていることを実感できる一冊です。

たいそうなタイトルを掲げましたが、「見える化」という考え方自体を否定するものではありません。仕事(に限る必要もないかもしれませんが)のプロセスにはさまざまな無駄や問題が生じるため、ポイントごとに物事がうまく進んでいるかどうかを評価できるようにしておくことは、非常に有効であることは十分承知しています。

では、何を批判するのか?
私は「見える化」という言葉が、身もだえするくらい嫌いなのですね。「可視化」といえば済むのに、なぜわざわざありもしない言葉を作らねばならないのか。わかったようでわからない横文字でごまかす方がまだマシと思います。
「見える」に「化」するわけですから、「見えにくいものごと、隠れているものごと」を「見えるようにして、管理対象にする」わけですよね。「見える化、見える化」と騒ぎ立てている人々は、まさかそんなことをこの数年にようやく発見したわけではないでしょう。現にドラッカーがはるか昔に「測定できないものは管理できない("You can't manage what you can't measure.")」と指摘しています。

"You can't manage what you can't measure."というアイディアが理解するのに難しいものだとは思えません。目標管理を導入する組織なら、「指標はできる限り数値化せよ」「あとで評価可能な明確な目標を設定せよ」と繰り返してきているはずです。
私が「見える化」が嫌いな理由のひとつは、「別段難しくないことを、わざわざレベルを下げて表現する」という、人を小馬鹿にした態度なのです。何でも簡単な言葉に置き換えればよいというものではありません。難しい概念ならばともかく、普通に話せばわかることをさらに優しくするのは、相手の理解力を見切った行為です。

たしかに、大きな組織において方針を浸透させ根付かせようとするとき、一言でわかりやすいキャッチフレーズを用いるのは有効です。
しかし、ひたすら優しくわかりやすく単純にしなければ「どうせ理解できない」という姿勢がそこにはあります。組織運営はきれい事ではありませんから、手法として否定こそしませんが(私自身が実際にこの手法を用いることもあります)、そこには対象者を見下す視線が存在することを、忘れてはならないと思います。

もうひとつ嫌いな理由を挙げると、これは「見える化」に限らないことですが、こうした便利な(そして安易な)キャッチフレーズを見つけるや、嬉々として使い始める人々が組織にはけっこうたくさんいる、ということです。
私が最近あるテーマで関わることの多い管理者も、昨年から事あるごとに「見える化」を多用しています。おそらく数年も経てばすっかりと飽きてしまい、別の言葉を持ち出してくるのでしょう。

リエンジニアリングやSCMなど、一気に広がった割には成果があったのかどうかもわからぬうちに廃れてしまった言葉は枚挙にいとまがないほど。言葉が廃れるだけならともかく、そこに含まれていたアイディアまでが古くさいものとして葬られてしまうこともあります(だからこそ、ホコリを払って別の名前を付けるのかもしれませんが)。
「見える化」が大流行ですが、ほとんどの組織ではさしたる成果にもつながらないまま、来年には忘れ去られているのでしょう。ビジネスに関する流行語は、重要なテーマに注目させる効果がある一方で、流行が廃れるとともに忘れ去られるという危険性をはらみます。

そんなわけで、「見える化」などという言葉に踊らされ、それで問題解決ができるなどと考えるのはいかにも浅はかに感じられます。繰り返しますが、そんなことはずっと以前からやってきたはずなのですから。
まあ、流行語なんて所詮はそんなもの、という見方もできるのは確か。「WEB2.0」だって似たようなものなのかもしれません...

このアーカイブについて

このページには、2006年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年3月です。

次のアーカイブは2006年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja