Wine MBAなんていうのが、あるんですね

| コメント(0) | トラックバック(0)

iPodでの英語リスニングにポッドキャストをいくつか購読しているのですが、ディズニーリゾートの情報だけではさすがに食傷気味(当たり前ですね)ということで、いくつかついでに登録して聴き始めたものがあります。

 BusinessWeek - Cover Stories
 MBA Podcaster

前者はご覧になっておわかりの通り、BusinessWeek誌のカバーストーリーに関するものです。記事そのものを読み上げてくれるわけではなく、内容は記事に関連するインタビューなどです。
1回のポッドキャストは15~20分程度。週刊誌のカバーストーリーに関するものだけに、更新頻度は毎週1回です。

後者はMBAコースへの入学を志すひとのための心得やヒントなどがその内容。昨年12月からスタートし、毎月2回の更新で3月6日の「Financing Your MBA」までで7回ぶんの番組が配信されています。
1回の番組は20分前後とBusinessWeekと同じくらいですね。ポッドキャストは長すぎても途中になってしまうので、この程度がちょうど良いところなのかもしれません(アメリカでは通勤の車の中で聴く、というスタイルも多いようですが、その時間を意識しているのでしょうか)。
WEBサイトではポッドキャストの内容とほぼ同じものがテキストでも読めますので、内容に多少なりとも興味があれば英語学習には適しているように思います。

どちらも登録した段階で相当の番組がたまっていましたが、まだそれぞれ2回分ずつしか聴けていません。
その中で面白かったのは、「MBA Podcaster」の第2回である「The Wine MBA」です。

フランスのボルドーにある「ボルドー・マネジメント・スクール」で提供されている15ヶ月間のプログラムで、文字通りワイン業界で活躍する経営者を育成するためのものです。
面白いのは、ずっと同じ校舎で勉強するのではなく、まず1月からフランスでスタートした後に5月にはオーストラリア、7月にチリ、10月にカリフォルニアへと移動して再びボルドーに戻り、3月に論文を提出して卒業となります。

ワインMBAといってもワインの醸造法を学ぶわけではもちろんなく、ワイン業界で働くエグゼクティブを育成する、あくまでもビジネススクールです。
毎年の定員はたったの20名で、英語に堪能で最低でも8年の実務経験が求められます(多くはワイン業界での経験者だそうです、当然でしょうね)。

私はMBAプログラムに関心を持って情報を集めたことはあまりないので、こうした特定の業界に特化したMBAコースが他にもあるのかどうか、よくわかりません。
フランスのボルドーでのビジネススクールということで、特長あるコースを用意することが大学の競争力確保のために必要なのでしょうし、地域を代表する産業の強化にもつながるということなのでしょう。

ポッドキャストのインタビューのなかで、Icon EstatesのSenior Vice PresidentであるChris Fehrnstrom氏は、MBAホルダーへの期待を次のように表現しています。

When I'm interviewing somebody, the first think I'm looking for is if they're smart. What's their level of intelligence? When I say intelligence I mean, once again, analytical background with the balance of being able to think creatively. Because I think when you're solving problems, it's not just the analytical side of your brain that's going to help you; it's also the ability to think creatively about a solution.

問題解決に必要とされるインテリジェンスとは分析能力やスキルにとどまらず、創造的に考える力であるというのは、非常に簡潔に経営者に求められる知性の内容を表現しているといえそうです。
もちろん、組織の管理者としての役割やビジョナリーとしての役割など、経営者に求められる資質は知性だけではありません。しかし、知性に欠けた経営者という者がいたら、よほど信頼に足る補佐を得ない限りは現代の企業経営を担っていくことは難しいでしょう。

MBAコースへの海外留学は盛んですが、テキストから学べるスキルやツールだけでなく、創造性ある思考をもって実戦経験を積むことが、問題解決のスキル向上につながるのはたしかです。
その意味では、学んでいる過程で自分なりに考え、他の優秀な学生とディスカッションすることや、経験から来る知識や知見を積極的に交換するコミュニケーションから学べること、醸成できることも大きいのでしょう。単に本を読む勉強とは違ったダイナミズムがあるように思えます。
MBAコースへの留学に限らず、普段の仕事もまた異なる知見と経験を持つ人びととのコミュニケーションであるわけで、こうしたなかで自身の創造性を高める意識を持てるかどうかが、成長のキーになっているようにも思えます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/306

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2006年3月11日 18:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「高速マシンが役員優先で配置される理由」です。

次のブログ記事は「1988年7月のマイルス・デイヴィス」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja