耳栓イヤホン大活躍

| コメント(0) | トラックバック(0)

前に携帯音楽プレーヤの音量と難聴の関係について書きました。
耳栓型のイヤホン(カナル型と表記されることも多いです)のSHURE E3cを使っているのですが、これの遮音性能はかなりしっかりしており、音楽を鳴らさなくとも耳栓として機能するほど。
今日は、このイヤホンのありがたみを強く感じました。

出張のため朝の新幹線に乗ったのですが、車両の後ろ半分がどこかの高校の団体で占められていました。修学旅行にしては少人数で、ひとクラス分といったところ。
それでも、高校生が同じ車両に数十人も乗っているのですから、静かにしていてくれるのを期待するほうが無理というものです。車内は終始騒然としていました。
引率の教師がいたのかどうか、無策だったのかどうかはわかりませんが、10分おきくらいに喚声が上がるもので、周囲の乗客はその都度振り向いては迷惑そうに顔をしかめていました。

私はといえば、遮音性能に優れたイヤホンのお陰で騒いでいることは認識できるものの実害はほとんどゼロ(それでも喚声が上がるのがわかったのだから、相当の騒ぎだったのでしょう)。
iPodのボリュームも普段と同じく20%前後のレベルでしっかりと音楽も楽しむことができました。耳栓としても、高性能のイヤホンとしても、実力をいかんなく発揮してくれたわけです。

今回うるさかったのは新幹線での団体客でしたが、通勤電車でも学生の集団や帰宅時の酔っ払いなど、騒ぎ声の発生源は日常でもあちこちにあります。携帯電話の着メロを高らかに鳴らす人も未だにいますし(前にも書きましたが、こうした人々がイヤホンからの音漏れ以上に周囲にとって迷惑な存在です)。
そんな輩にはきちんと注意をして、というのが正しい大人なのかもしれませんが、昨今それがきっかけとなって大けがをさせられたというニュースも目にします。もちろん、ひたすら我慢するのもストレス源になりますし、遮音性の高い耳栓型のイヤホンは、そもそも馬鹿者に気付かずに済み、ストレスをためない知恵でもあると思うのです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/323

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2006年3月20日 21:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「TOEICスコアは英語の力をきちんと反映するのか?」です。

次のブログ記事は「改めていう、講談社現代新書の装丁はダメだ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja