iPod難聴になってはいけない、自衛しよう

| コメント(0) | トラックバック(0)

こんな記事が目にとまりました。

 「MP3プレイヤーの音量は小さめに」--難聴の専門家らが警告(CNET Japan)

ウォークマンが登場した頃からずっといわれ続けていることのようにも思われますが、改めて注目されているのでしょうか。

携帯プレーヤで音量が大きくなりがちなのは、周囲からの雑音をかき消すため、という人も多いんじゃないかと思います。
しかし外からの雑音が気にならないということは、外に雑音を発する側になっていることでもあります。誰もが密閉型ヘッドホンを使っているわけではなく、ほとんどの場合はオープンエア型の耳に引っかけるタイプのイヤホンを使うのですから、音漏れは避けがたい。
遮音性が低いから雑音が気になる、気になるから音量を上げてかき消そうとする、音量を上げすぎて難聴を引き起こす、そして周囲には音漏れで不快感を呼び起こす、という悪循環が起こってしまうわけですね。

とはいえ、イヤホンからの音漏れが本当に迷惑なのは、横にいてもなんの曲かがわかるほどのかなり極端なケースだと思います。
たとえば電車の中、イヤホンからの音漏れよりも、酔っぱらったオッサンの下品な会話や堂々と読むエロ新聞、あるいはタバコ臭い体臭のほうがずっと迷惑じゃありませんか。こうしたオッサンを心の中で蔑んでいる人は多いのに、「エロ新聞は自宅で読むのがマナー」という話にはならない。ましてや、エロ新聞の読み過ぎで健康を損ねるということもない(もっとも、夕刊紙ばかり読んでいると知性には変調を来すものと思われますが...)。
ちょっと乱暴ですが、携帯プレーヤの音漏れが周囲に及ぼす迷惑よりも、難聴という、本人が抱え込むリスクのほうがずっと大きい。マナーというより自衛の問題ともいえるんじゃないかと。

解決策としては、周囲の雑音を効率よくシャットダウンし、比較的小さな音量でも音楽を楽しめる環境をつくることでしょうか、月並みですが。あとは聴く時間を少し減らしてみる。
前も書きましたが、私は耳栓のように使えるカナル型のイヤホンを使っています。遮音性は完璧ではありませんから、近くにいるオッサンの下品な「ぐわはははは」という会話はちょっと漏れてきちゃいますが、オープンエア型のものに比べれば雲泥の差です。
カナル型イヤホンは高価なものばかりではなく、比較的低価格のものでもけっこうな遮音性能が得られます。

自衛のため、というと「おれは難聴になってもかまわないね」などとうそぶく人も出てきそうですが、「タバコで肺ガンになるなら本望だ」という喫煙者のように強がっていても、あとで後悔するのは自分自身。
いまこの瞬間で音楽を楽しむために10年後20年後の聴力を落としてかまわない、と本心から思っているなら別ですが、周りの雑音のせいで音量を上げているのなら、とにかく遮音性の高いイヤホンやヘッドホンを試してみることをおすすめします(さすがにいやらしいのでアフィリエイトリンクは貼り付けません(笑))。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/317

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2006年3月17日 22:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「なんでないの? ASAHIパソコン最終号」です。

次のブログ記事は「なぜその仕事には"ノらない"のか」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja