2006年3月アーカイブ

【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

断言するほどしっかりと考えての意見ではないので「...かも」つきなんですが、中央教育審議会が小学校5年生からの必修化を提言したというニュースに触れて考えたのがこのタイトルの内容です。
YOMIURI ONLINEの記事によると、これを歓迎する立場は、早くからの教育によって英語でのコミュニケート能力が向上することを重視しており、コミュニケートとは主に会話を指すようです。
一方で、教育現場の体制不足や時間不足などの課題も多く、国語教育を重視すべきという反対意見も根強いようです。

英会話ができる、というのをどうイメージするかによって、英語教育に求めるものはかなり異なります。
日常会話とトラベル英会話程度を指して「英会話」「英語コミュニケーション」と考えるなら、通じれば何でも良いわけですから、ひたすら会話力だけを求める教育を望むでしょう。
一方で、ビジネスの場面ではより正確な言葉遣いが必要ですし、むしろ英語を読み書きするシチュエーションがはるかに多くなります。できるだけ早く正確に文章を読み、主張を間違いなく文章にできる能力が求められるでしょう。
小学校からの英語教育の導入に肯定的なかたがたは、上記のいずれの立場に立つのかを考えておかないと、始まった途端に「こんな授業じゃ役に立たない」と落胆することになりかねません。

私はといえば、インターネットに限らず英語がここまで広がってきている中、中学1年生に「ABC」を教え始めるのは実態にそぐわないと思いますし、2年ばかり早めても良かろう、という消極的な賛成派。
ただし、小学校から会話力だといってネイティブスピーカーと喋らせるのは、英語への興味をかき立てるためには必要でも、本筋ではないと考えます。小学校・中学校では会話などどうでも良いからしっかりとしたリーディングの能力、つまり一定量の英文を読んだときに確実に内容を理解できる能力をつけるべきだと思っています。小学校で教えるなら、中学校で必要な英語教育の土台をつくっておく、というもので十分です。
国語教育の重視を理由に反対する論者も多いでしょうが、ひとつは英語を読む力によって情報収集力に差が開いてしまうという現実を認めるべきでしょうし、これまでの教育で国語力は確実に低下している現状を打破する提案を同時に提示すべきでしょう。英語か国語か、ではなく、英語も国語も、を実現する基礎力を考えねばならないように感じます。

私は大学卒業後はほとんど英語には触れずに、4年前から英会話スクールに通い始めましたが、スクールのクラスでいつも強く感じることがふたつあります。
ひとつは、中学校までの文法の基礎のあるなしで、中級クラスでの修得度に極めて大きな差が出るということです。時制や仮定法といった概念をとりあえず理解しているのと、ほぼ完全に忘れ去っているのとでは、家を土台から造り始めるか、間取りを変更してリフォームするかというほどの差があると私は思います。
もうひとつは、上位クラスに移るほど、その人がもつ「会話の引き出し」の豊富さで差が開くということ。海外での居住経験があり英語そのものは実に流暢でも、テキストの内容や講師とクラスメートの話す内容が全く理解できなければ、会話には参加できません。

話すべきことがあり、中学校程度の文法力があれば、手持ちのボキャブラリーからなんとか表現をひねり出して会話をつなぐことは可能です。相手にはストレスとなるかもしれませんが、少なくとも対話は成立します。
一方で、テーマとなっている事柄についてなんの意見もまとめられなければ、対話は成立しません。使える表現の丸暗記反復訓練でも相当の力はつくのでしょうが、基礎をおろそかにしては限界は明らか。「天気が良いね」「野球が好きなんだ、イチローのファンだよ」「ニッポンでは桜の季節にお花見をします」などという、単なるice-breakerをいくら流暢に話せても、30分以上の会話は無理でしょう。なので会話会話と大騒ぎする英語熱には、私は懐疑的です(電車などでよく見かける最大手の英会話スクールの宣伝文句も、私には全く魅力がありません)。
中学までに基礎的な文法とリーディングの力を身につけ、次のステップとしてディベートや文章作成など、英語を用いたコミュニケーション力の拡大に進んでいくのが良いのではないでしょうか。

もちろん、私は英語教育の専門家ではありませんので、10代の成長段階にあった教育の手順になっているとは限りません。社会人として振り返ったときに、この順番が良さそうだと思っているに過ぎません。
上記のステップを正直にやっては、英語への興味を早々に失ってしまう子供が増えそうですから、関心を持たせつつ確実に基礎力を重ねる工夫が必要でしょう。多くの英会話スクールが注力している分野でもあると思いますから、学校と英会話スクールとが共同でカリキュラムを開発するといった実験もあって良さそうに思います。
いずれにせよ、「中学高校と6年もやったのにしゃべれるようにならない」から「日本の英語教育はダメなんだ」というのは大きな間違い。いまあるものを否定するのはすごく簡単なことですが、少なくとも日本にはかなり広く「簡単な英語なら読んで理解できる人々」が存在することをしっかりと評価しなければならないように思えるのです。

そろそろ4月、新入社員があちこちの職場に参加してくる季節です。
3月卒業生の定期採用という比率は下がっているのでしょうが、やはり多くの職場にとっては、新人を迎え入れるのは春の定例行事といえるでしょう。

春は雑誌などでは新人に向けて仕事術や時間管理術といった特集が目立つ季節でもあります。
つい先日まで大学生だった人達にとって、社会人としての時間管理は慣れるのにかなりの時間を要するものでしょう。手帳やノートなどのグッズが良く売れる時期でもあると思います。

つい先日、私なりに"差のつく"時間の使い方について考えるきっかけがありました。
出張時に、私は新幹線のC席(つまり3人掛けの通路側)に座ったのですが、AB席に座った二人が実に対照的な過ごし方をしていました。
窓側の中堅氏(おそらく35歳前後)は、これから行う行事の式次第を確認し、中で行うらしい説明のポイントをおさらいしていました。一方で、品川から乗り込んできた若手氏(25歳前後)は「営業入門」という特集記事の載った週刊ダイヤモンドをパラパラとめくっては閉じ、中堅氏と同じ書類を出して眺めてはやめ、ガムをかんだり飴を取り出したりととにかく落ち着きがありません。

名古屋の手前、浜松の辺りで一通りの仕事を終えた中堅氏が若手氏に話しかけて会話が始まったのですが、それまでの1時間強で若手氏がやったことといえば週刊ダイヤモンドを2ページほど読んだことくらい。寝るでもなくただ時間が過ぎるのを待っていたかのようでした。
1時間あまりをこれからすべき仕事の準備に充てた中堅氏に比べ、若手氏はほとんど何もしていないに等しかったわけです。

私は中堅氏のように、新幹線の車内で資料を読んだりするのには賛成できません。となりでだれが見ているかわからない場所で社内資料を広げるのは不用意だと思うからです(この辺りは以前に書きました)。それでも、移動時間をどう使うかということについて意識的であることは確かです。
一方で、若手氏の時間の過ごし方はあまりに無為なもので、休むなら休むで寝てしまえばいいのに、まさに"何もしていない"のです。時間をどう使うかを考えていない。

若手氏は乗車時に中堅氏に週刊ダイヤモンドを見せ、「こんなのがちょうどあったんで買ってきました」とうれしげに報告していました。おそらく営業の仕事について間もないのでしょう。
中堅氏はうなづいていましたが、若手氏がそれを読みもせずにだらだらとしているのをチェックしていたはずです。若手氏はただでさえ時間を無為に過ごしているのに、雑誌の記事ひとつ満足に読み通せないことを上役に示してしまったわけですね。かなりピンチじゃないでしょうか。

別に週刊ダイヤモンドさえ満足に読めない若手をバカにするのが目的のエントリではありません(まあ、かなり情けないのは間違いありませんが)。
新人や若手のかたがたにとって大事だと思うことは、仕事中の空き時間を何に使うかに、常に意識的であれ、ということです。休憩なら休憩でかまわない、それならしっかりと休むべき。細切れ時間でできる仕事を済ませるのか、読書なりでインプットに充てるのか、意図をもって過ごすべきです。一方で、オフはオフできちんと仕事にスイッチを切ることは当然のこと(見解はさまざまでしょうが、私は企業家等を例外とすれば、オフにも仕事のことばかり考えている人は嫌いですし、尊敬もできません)。特に出張時の移動時間はその姿勢が如実に現れるところ。
私がお勧めするのは読書なりでインプット時間に充てることですが、そればかりが正解ではありません。何をして過ごすにせよ、その行動を選ぶことに自覚的であるかどうかで、5年後、10年後にかけての成長度には大きな差が出ると思います。

Amazonのウィッシュリストに加えてから1年以上を経て、ようやく店頭で続編と2冊並んでいたのを見かけ、一緒に買いました。

1・2を通じて取り上げられている「封印作品」のなかで、私が認識していたのはそれぞれの冒頭に登場する2作品、「ウルトラセブン 第12話」と「キャンディ・キャンディ」です。封印作品の中でも飛び抜けて有名なものといえるでしょう。
ほかについては、不勉強ながら全く知らずにいたもの。特に衝撃だったのは2に登場する藤子不二雄作品「オバケのQ太郎」と「ジャングル黒べえ」です。

「ジャングル黒べえ」はアニメをリアルタイムで見ていたもので、一体何が悪くて封印されてしまっているのかが理解できませんでした。
「ちびくろさんぼ」の絶版や手塚治虫作品の一時的な出荷停止などの"成果"を挙げた、とある市民団対からの「オバQ」のいちエピソードへの抗議が産んだとばっちりが、封印のきっかけのようですが、何とも納得の行かない話です。黒人をステレオタイプで描いているように見えるから封印されねばならないのなら、人類の宝ともいえる古典文学の多くが封印される理屈です。たとえばシェイクスピア作品の多くが人種差別を理由に禁じられてしまうでしょう。

いくつかの事例からは、出版社や放送局、あるいはプロダクションなどがリスクを過大に評価し、影におびえる形で封印してしまうというケースが少なくないことが伺えます。
上記の市民団対などはその代表例で、実体がほとんどないものだったにもかかわらず、背後により大きな団体があるのではないかという恐れからドミノ倒しが始まっています。

手塚治虫の作品が但し書きを付記する形で刊行されたことで、過剰反応から正常な姿に戻りつつあることは喜ばしいことです。関係者の勇気と決断には敬意を表したいと思います。
文化にかかわる仕事であるといっても、個々人はサラリーマンに過ぎません。それぞれ生活があるし、取り囲まれて糾弾を受けるような事態は避けたい。最近では多くの企業がこうしたケースをリスクとしてとらえ、個人に負担を帰する事なく対処する態勢を整えつつあります。当面はコンテンツ製作者にとっては主要な経営リスクとしてあり続けることでしょう。

1の最後に収められた事例では、メディア報道へのアンチが大きな声となって揺れ動くネットの書き込みが、当事者を大きく動揺させています。
ネットでの対応というと東芝のクレーマー事件などが思い起こされますが、対象のはっきりしない世評とか評判に対して企業がどう対応できるかも、リスクマネジメントの大きなテーマとなってきています。

もちろん、差別感情の引き金となる表現を避けることは当然のことです。
とはいえ、何が不快か、何を差別と感じるかは一定の基準があるわけではありません。必要な手を打ち、チェックをした上でも、発生するリスクへの備えは必要でしょう。繰り返しになりますが、個人に責任や対応を集中させることのない体制が望まれます(責任を不明確にするのではなく、ストレスを分散するという意味です)。


何度か採り上げたビジネス書のサマリー送付サービス「Soundview Executive Summaries」で私が最初に受け取ったもののひとつが、ゲータレードの誕生と成長を扱った「First in Thirst」でした。
コカコーラなどの業界の巨人の挑戦を退けてきたゲータレード経営陣の強い意志力が印象に残ったほか、スポーツイベントでのスポンサーシップの威力が日本よりはるかに大きいことが意外に感じられました。

たまたま出張先で、ホテルの部屋での水分補給のためにゲータレードのペットボトルを購入しました。
コンビニエンスストアで目についただけだったのですが、率直な感想としては、普段の水分補給のためにはちょっと甘すぎるように感じられます。
スポーツでの水分補給とは状況が異なるのでしょうが、最近では甘みを控えたものが多い中で、ちょっと好みには合いません(ちなみに、この手のドリンクの中で私が好んで飲むのはコカコーラの「アクティブ・ダイエット」です)。

そもそも私は、ゲータレードについてはあまり良い印象をもっていません。
というのも、中学校の体育の授業中、水を飲むことが許されず我慢いたときに、一部の運動部員だけがこれ見よがしにゲータレードのボトルで水分を採っていたのです。もちろん教師から隠れてのことでしたが、見つけた体育教師も「あまり飲むなよ」と事実上黙認の姿勢をとっていました。
あからさまに一部の運動部員を特別扱いする姿勢は、教師としては失格でしょう。件の運動部(たしかサッカー部と野球部の連中でしたが)も市内の大会でひとつ勝つのがやっとの弱小チームでしたから、特別扱いするようなものじゃありませんでしたし。

まあ、運動が苦手だった者のルサンチマンといわれても仕方ないのですが、ゲータレードの緑色のボトルは、私にとっては根拠のない特権意識をもった運動部員と、それを容認した体育教師のシンボルであったわけです。
ゲータレードのケースは極めて個人的な事情ですが、たとえば少し前まではベンツといえばヤクザの車であったように(そうでもないですか?)、ブランドに染み付いてしまったイメージを変えるのは一仕事です。
「First in Thirst」のダイジェストは私に対するゲータレードの汚名返上のチャンスだったわけですが、あの甘すぎるドリンクではちょっと難しいようです。

2004年11月に、2週間ほどの海外出張から戻ってきた私を驚愕させた事件、それが講談社現代新書の表紙デザイン変更でした。
その"デザイン"とやらの愚劣さと、何を血迷ったかこの愚劣なデザインを採用した講談社の鈍感さについては、当時書いたので繰り返しません。

当時は、「とはいいつつも、1年も経てば見慣れるのかな」と思っていました。しかし、1年半を経たいまでも、この新書シリーズの表紙デザインに慣れることはありませんでした。もちろん、講談社現代新書を買うことも極端に減っています。おそらく、この1年半で2,3冊だったはずです。
大切なのは本の中身で、いかに下品で愚劣で無神経な装いをしていようとも、良いものは良い、というのは建前。
表紙の変更以降も、タイトルだけを見てみればそれなりに関心を惹くものがあるのに、めっきり手に取ることが減ってしまったのは、やはり装丁のせい。リニューアル後にこの新書シリーズの売上がどう変化したのかはわかりませんが、少なくとも熱心な読者を一人失ったことは間違いありません。

好き嫌いの問題と切り離して、この表紙デザインがいかに劣ったものであるかの理由を挙げてみます。

<タイトルが読みにくい>
フォントの問題もあるでしょうし、濃色に白抜き文字である点が主たる原因なのかもしれませんが、とにかく店頭でざっと見渡すときに疲れます。
太い角ゴシックというのは、プレゼン資料ではよく使うものです。一瞥したときにはインパクトもあって記憶に残りやすいのは確かですが、店頭でたくさんの中から本を探すときには全く不適切。書棚の前でああでもない、こうでもないと本を手に取ったりもどしたり、という時間に、ビジネスプレゼンテーションフォントは適していません。主張の少ないフォントとデザインにすべきです。

<色のバラツキが大きすぎる>
書店では背表紙の色合いで本を並べるということはまずありません。新書の場合には発刊順に並べるのが普通ですし、購入者が目録から探す際にも都合が良い。
けれど、この新書は発刊順に並べると背表紙の色が無作為無秩序にバラバラと並んでしまいます。全体としてはなんだかまだら色に沈んだ空間になってしまい、注意は惹くけれど美しくも何ともない場所になってしまう。しかも本を探すのが面倒です。せめて発刊順にグラデーションにでもしてくれれば、検索性が良くなったかもしれませんが。

<どの本も結局同じに見える>
試しに平台に並べられた講談社現代新書の新刊を眺めてみて下さい。
中央に正方形、上にビジネスプレゼンテーションフォントで本のタイトル、色はバラバラ、ときおり巨大な(表紙カバーと見まがうばかりの)帯。不思議なことに、シリーズすべて同じ装丁でタイトルだけが異なる他者の新書よりも没個性に見えます。本ごとに色合いを変えるという手法は、結果として個々の本から個性を奪いデザインだけが主張する結果を招いています。
それがデザイナーの狙いであった可能性もありますが、読者にしてみればただの迷惑。一瞥して記憶に残らないため、あとで気になって購入検討、というプロセスが生まれにくくなっています。

いずれにしても、この表紙デザインはできあがった本を単独で会議室に並べて決められたもの。書店の店頭で読者にどう見えるか、何をアピールするかという大切な視点が抜け落ちています。
商売の基本は奇をてらった見た目で一時的な購買意欲を高めることにはなく、顧客のニーズを適切なコストで満たすことにあります。こんな基本的なことを、講談社現代新書の編集部はすっかりと忘れてしまっているよう。ビール会社がうまいビールを造る努力を放棄して、ペンギンやら何やらを缶に印刷していたのは一体いつのことだったか? バブル以前の企業が犯した過ちを、今さらのようになぞったのが講談社というわけ。
ペンギン缶は一時的に売れたかもしれませんが、サントリーのビールを成功に導いたのは主力の「モルツ」の味を着実に向上させ、ついには「ザ・プレミアム モルツ」に結実させたビール造りです。

講談社が良い本を作ろうという努力を放棄しているとは思いません。
しかし、モルツがどんなにおいしくなっても、相変わらずのペンギン缶に詰め込まれていたら誰も相手にはしていなかったでしょう。
中島英樹という人物がどれほど有能で有名なデザイナーなのか、私は知りませんし興味もありません。講談社現代新書にとって、あの表紙デザインは出来損ないのペンギン缶に過ぎない、これは断言できます。

前に携帯音楽プレーヤの音量と難聴の関係について書きました。
耳栓型のイヤホン(カナル型と表記されることも多いです)のSHURE E3cを使っているのですが、これの遮音性能はかなりしっかりしており、音楽を鳴らさなくとも耳栓として機能するほど。
今日は、このイヤホンのありがたみを強く感じました。

出張のため朝の新幹線に乗ったのですが、車両の後ろ半分がどこかの高校の団体で占められていました。修学旅行にしては少人数で、ひとクラス分といったところ。
それでも、高校生が同じ車両に数十人も乗っているのですから、静かにしていてくれるのを期待するほうが無理というものです。車内は終始騒然としていました。
引率の教師がいたのかどうか、無策だったのかどうかはわかりませんが、10分おきくらいに喚声が上がるもので、周囲の乗客はその都度振り向いては迷惑そうに顔をしかめていました。

私はといえば、遮音性能に優れたイヤホンのお陰で騒いでいることは認識できるものの実害はほとんどゼロ(それでも喚声が上がるのがわかったのだから、相当の騒ぎだったのでしょう)。
iPodのボリュームも普段と同じく20%前後のレベルでしっかりと音楽も楽しむことができました。耳栓としても、高性能のイヤホンとしても、実力をいかんなく発揮してくれたわけです。

今回うるさかったのは新幹線での団体客でしたが、通勤電車でも学生の集団や帰宅時の酔っ払いなど、騒ぎ声の発生源は日常でもあちこちにあります。携帯電話の着メロを高らかに鳴らす人も未だにいますし(前にも書きましたが、こうした人々がイヤホンからの音漏れ以上に周囲にとって迷惑な存在です)。
そんな輩にはきちんと注意をして、というのが正しい大人なのかもしれませんが、昨今それがきっかけとなって大けがをさせられたというニュースも目にします。もちろん、ひたすら我慢するのもストレス源になりますし、遮音性の高い耳栓型のイヤホンは、そもそも馬鹿者に気付かずに済み、ストレスをためない知恵でもあると思うのです。

このブログのテーマのひとつは英語学習ではあるのですが、あまりダイレクトに英語学習に関連したエントリが多くありません。
というのも、私自身はそれほど特筆すべき学習法を実践しているわけではありませんし、日々の勉強内容を日記風に書き付けておこうというつもりもないからです。日常的に英語を使う環境でもありませんから、毎日の生活のなかで英語に関連したトピックというのも少なくなりがち。

それでも、英語学習に関するサイトやブログを読むのは好きで、今日読んでいたのは以下の記事です。

 TOEIC高得点でも英語が話せるとは限らない?(All About)

タイトルを見て「おっ」と思いさっそく読んでみたのですが、記事としてはTOEICスコアと英語のコミュニケーション能力に関する文章の「枕」だけが掲示されたもので、上記の記事そのものにはそれほどたくさんの情報はありません。

TOEICのリスニングセクションのスコアは聞き取りだけでなくスピーキングも含む会話能力と、そしてリーディングセクションのスコアは読むだけでなく書く能力と、それぞれ密接な関係がある、というのはTOEICの公式サイトにも書かれています。
一方で、これが必ずしもあたらない、という研究成果もあり、上記の記事はその紹介までで終わってしまいます。ちょっと尻切れトンボというか、予告編みたいなものでしょうか。
より深く考察した続編に期待したいと思います。

記事中で紹介されているTOEICスコアと英語コミュニケーション力との創刊に疑問を呈する論文というのは、下記のものです。

 Correlations between active skill and passive skill test scores

それほど長いものではありませんが、とりあえずAbstractとConclusionだけを読んでみました(かなり横着ですけど)。
TOEICテストのスコアとインタビューテストのスコアは、かなり高い相関を示した。しかし、母集団をTOEICの高スコア者に絞ってみると相関は低下する。これは、TOEICで高ストアを取るが英会話の経験に乏しい者が増えるからだそうです。
また、ビジネス場面で使われる英語コミュニケーションを想定してつくられた「BULATS」のライティングスコアとTOEICのスコアとの相関も、それほど高くはなかったのだとか。

TOEICのスコアの割には英語を使った経験の少ない、コミュニケーション能力の低い者がいる、というのは実に耳の痛い話です。
私もTOEICスコアは850とそれほど低い方ではありませんが、実際に英語を使ってだれかとコミュニケートするのは週に50分の英会話スクールのみといっても過言ではありません(あとは毎年1週間ほどの旅行)。このため、実際の会話力はTOEICスコアほどのことはなく、まあとりあえず形になっているという程度。
ちなみに一昨年アメリカに出張に行った際に、移動のマイクロバス運転手と1時間ほど話して評価を求めたところでは、「Enough!」というのが私の会話力です。

TOEICについていえば、問題集や参考書でしっかりと対策をして、高いスコアを出すための勉強というのは確実に存在すると思います。
現に、昨年私は春に800を取ったあとで夏に再度受験し、試験前3週間ほどで参考書を2冊読み込んで850を取りました。やった内容は、主にリーディングセクションの頻出パターンの問題を解き続けただけです。
そんなわけで、私に関していえば、TOEICスコアは英語によるコミュニケーション能力を反映していません。まあ、弱い相関があるかな、という程度のものです。
むしろ、TOEICスコアを人に知らせると「英語ならあいつに任せればなんとかなる」と期待してもらえるので、その期待に応えるように実力は後からついてくる、という効果のほうが高いように思えます。

ノラ仕事、ではない、ノらない仕事、です。
誰しも経験があると思いますが、とにかく乗らない、乗れない仕事というのがありますね。別に他の仕事が詰まっていたり、優先順位が低かあったりするわけじゃないんだけど、ついつい後回しにしたくなる仕事です。

ノらない、というと報告書などのルーティン・ワークを指しているようの思われるでしょうが、この場合はちょっと違います。
ルーティンがつまらないのはいつものことですから、それはそれであきらめをつけて折り合う術というものがあります。今回のテーマは、ルーティンでもないし些末でもないんだけど、やっぱりノれない仕事。

いまもちょうどひとつ抱えているところなのですが、仕事の発注者(クライアントとしておきましょうか)の意図ややりたいことはわかる。しかもそれがけっこう重要なことであるのも理解できている。でもノれない。
それはなぜだろうか。

ひとつは、ゴールが見えないこと。
良くありがちですが、忙しいクライアントとは仕事の内容に関するすりあわせが十分にできません。
仕事の内容は明確なのだが、そのアウトプットのターゲットと手段が不明確なために、どのレベルの情報をどう表現すべきかが決まらない。
そんなの、相手をつかまえて確認せよ、といわれそうですが、おそらくクライアント自身も明確なイメージを持たずに、こちらからのアウトプットを見てから作戦を立てようとしている。こんな状態では、ひとまずアウトプットを出して修正するしか、ないのですね。
実のところ、いまの状況は一度出したアウトプットの修正段階なのですが、この段階でもまだ進め方がぼんやりとしており、確定できていません。すなわち、あと1,2回の修正はありそうな感じ。

で、相手も無理を言っていることがわかっているのか、納期がない。
ただでさえ、納期がない仕事というのは後回しになりがちなのですから、上の条件と合わせ技ともなると後回し確定です。
でも、相手は明らかに急いでおり、とはいえ自分にも責任があって早く進められないことに明らかに苛立っている。お互いストレスのたまる状況です。このストレスがネガティブな方向に向かっている状態。

最後にノらない要因の最大のものとしては、「これって他のだれかでもできるよね」「これは実は(自分とは別の)A氏の役割だけど、頼みにくくてこっちにきたんだろうな」などという事情が見えていること。ようは自分じゃなくてもよかった仕事。
これもまたありがちな話で、人に仕事を頼むときは重要度や難易度、緊急度などを勘案して最適な相手を選ぶのですが、クライアントによってはこの判断がルーティン化してしまっていて冷静に判断するとちょっとずれていることもある。
普段いろいろ世話になっているので引き受けるんですが、まあ第一優先にはならない。上記のようにゴールが不明確ですから、どんどんリストの後ろのほうに繰り下がっていくわけです。

発注された仕事の内容が明確でないことは、クライアントと作業者の双方にとってストレス源になります。
仕事の内容は、目的・対象・アウトプット・納期など多岐に渡りますが、最初に依頼する段階ではどれかひとつくらいしかはっきりしていないことが意外に多いものです。お互いストレスをため込むような仕事のやり方は避けるべきなのですが、ルーティンでない仕事というのは得てしてこんなレベルから始まりがち。

流行のWEB2.0っぽくいえば、完成品でなくてもいいからまずリリースして、コミュニケートしながら仕上げていくのでしょう。
けれど、経験したかたは多いと思いますが、早めにリリースしたって、重大な修正は最後の最後になってからもたらされるものなのですね。クライアントが本腰を入れてアウトプットを評価するのは、ほとんど使う直前になってからだからです。なので、β版リリースといっても、直前でも対応可能な状態で出さなければ、泣くのは自分です。
合格点の基準をどこにおくかは個人差がありますが、まあクライアントの判断基準で80点くらいを確保しておかないと、直前になって自分が苦労するだけでなく、能力が低いと思われる危険性もあります(それはそれで自分が納得できれば仕事は楽になりますが)。

愚痴ともボヤキともつかないことを書いていますが、最近はクライアント側になることも多いので、自分が気をつけるべきことでもあります。
クライアントにとしては、発注する仕事の内容をできるだけ明確にし、それが自分の仕事と得心がいくであろう相手を選んで動機付けをし、出てきたアウトプットは早くチェックして早く注文を付ける、といったあたりが重要(早く反応するためには、メールよりもインスタントメッセージなんかで報告があると楽です、その場で回答しないと消えちゃうから)。
「一応やっといて」みたいな頼み方は避けるべきですね(それでも大丈夫、という信頼関係があれば別ですけど)。出てきたアウトプットをちらりと見るだけでしまい込むとか。

最悪なのは、実は納得していないのに注文もつけず、完成度の低いアウトプットをそのまま使ってプレゼンや顧客の説得に失敗するクライアントですね。こちらの仕事が無駄になってしまいますから。
他にはせっかくのアウトプットを無視して、そこには書いていない意見や要望を延々と繰り返す人。じゃあ、あのアウトプットはなんのために必要だったんでしょうか、ということになり、次回からは協力は得られません(少なくとも嫌々引き受ける仕事の完成度は大幅に下がるでしょう)。
当たり前なんですが、苦労して仕事をしてもらったら、それをきちんと活かすのがクライアントの義務。金銭での取引でない、組織内での仕事の発注は、意外とコストが高いものなのかもしれません。

こんな記事が目にとまりました。

 「MP3プレイヤーの音量は小さめに」--難聴の専門家らが警告(CNET Japan)

ウォークマンが登場した頃からずっといわれ続けていることのようにも思われますが、改めて注目されているのでしょうか。

携帯プレーヤで音量が大きくなりがちなのは、周囲からの雑音をかき消すため、という人も多いんじゃないかと思います。
しかし外からの雑音が気にならないということは、外に雑音を発する側になっていることでもあります。誰もが密閉型ヘッドホンを使っているわけではなく、ほとんどの場合はオープンエア型の耳に引っかけるタイプのイヤホンを使うのですから、音漏れは避けがたい。
遮音性が低いから雑音が気になる、気になるから音量を上げてかき消そうとする、音量を上げすぎて難聴を引き起こす、そして周囲には音漏れで不快感を呼び起こす、という悪循環が起こってしまうわけですね。

とはいえ、イヤホンからの音漏れが本当に迷惑なのは、横にいてもなんの曲かがわかるほどのかなり極端なケースだと思います。
たとえば電車の中、イヤホンからの音漏れよりも、酔っぱらったオッサンの下品な会話や堂々と読むエロ新聞、あるいはタバコ臭い体臭のほうがずっと迷惑じゃありませんか。こうしたオッサンを心の中で蔑んでいる人は多いのに、「エロ新聞は自宅で読むのがマナー」という話にはならない。ましてや、エロ新聞の読み過ぎで健康を損ねるということもない(もっとも、夕刊紙ばかり読んでいると知性には変調を来すものと思われますが...)。
ちょっと乱暴ですが、携帯プレーヤの音漏れが周囲に及ぼす迷惑よりも、難聴という、本人が抱え込むリスクのほうがずっと大きい。マナーというより自衛の問題ともいえるんじゃないかと。

解決策としては、周囲の雑音を効率よくシャットダウンし、比較的小さな音量でも音楽を楽しめる環境をつくることでしょうか、月並みですが。あとは聴く時間を少し減らしてみる。
前も書きましたが、私は耳栓のように使えるカナル型のイヤホンを使っています。遮音性は完璧ではありませんから、近くにいるオッサンの下品な「ぐわはははは」という会話はちょっと漏れてきちゃいますが、オープンエア型のものに比べれば雲泥の差です。
カナル型イヤホンは高価なものばかりではなく、比較的低価格のものでもけっこうな遮音性能が得られます。

自衛のため、というと「おれは難聴になってもかまわないね」などとうそぶく人も出てきそうですが、「タバコで肺ガンになるなら本望だ」という喫煙者のように強がっていても、あとで後悔するのは自分自身。
いまこの瞬間で音楽を楽しむために10年後20年後の聴力を落としてかまわない、と本心から思っているなら別ですが、周りの雑音のせいで音量を上げているのなら、とにかく遮音性の高いイヤホンやヘッドホンを試してみることをおすすめします(さすがにいやらしいのでアフィリエイトリンクは貼り付けません(笑))。

ええっと、大変に困っております。
かつて私がパソコンに関心を持ち始めた頃、ちょうど1988~89年頃にほぼ毎号買っていた雑誌「ASAHIパソコン」の最終号が、店頭にないのです。
3月15日号なのでそれほど時間が経っているわけでもないでしょうに、私の行動範囲の書店には一冊もなし。期待をかけたヨドバシカメラの新宿西口マルチメディア館2階でもみつからず。

ここ10年ほどはまったく購入していなかった「ASAHIパソコン」ですが、まだパソコンといえばNECのPC-9800シリーズが主流で、マックがその高価さのゆえに「シャッキントッシュ」と呼ばれていた頃の、私のパソコンへの思いのつまった雑誌でもあります。
ぜひ最終号は入手したかったのですが、ちょっとで遅れてしまったのでしょうか...
明日以降、範囲を拡げて探索してみようと思います。

<追記>
しばらく買っていなかったのですっかり忘れていましたが、「3月15日号」が出るのは「2月28日」なんですね。
このところ、パソコン雑誌のコーナーに目を向けることも少なかったので、うっかりしていました。これは朝日新聞社から直接バックナンバーとして買うしかないかも。雑誌代とほとんど変わらない送料が、かかるんですよねえ。

前回「読みにくいです...」とぼやいた「現代企業の組織デザイン」ですが、ようやく読み終えることができました。なんと1週間以上かかってしまい、今月の読書量はかなり減ってしまいそうです。

内容については改めてまとめたいと思いますが、組織における構成員のモチベーションや、自らの成果を追い求めるイニシアティブと他者への協力のバランス、そしてイノベーションと成長の源泉となる組織設計など、重要なアイディアがつまった良書だと思います。
それだけに、極めて読みにくい訳文は残念。その後のどうしても意味の取りにくいところがあり、Amazon.comで検索し原文に当たると簡単に理解できたり。
谷口先生の訳文は文章を細切れにしすぎるのと、句読点を多用しすぎです。しつこいようですが、この本は改訳版を出すべきだと思います。

いま、次の本を読んでいるんですが、ものすごく苦労しています。

 「現代企業の組織デザイン」 ジョン・ロバーツ著/谷口和弘訳

苦労している理由は、主に二つあります。ひとつは私の責任、そしてもうひとつは翻訳を担当された谷口氏のものです。
私の責任とは、最近きちんとした理論に基づいた本を読むことが少ないので、論文調の硬い文章について行けていないことです。ちょっと集中力を欠いていると読んでも読んでも頭に入ってこない、このあたりは新書とは違います。
一方で、谷口氏の責任はいくらなんでも、という翻訳の文章です。例えば、次の一説をご覧ください。

<原文 原書ペーパーバック版3ページより>

These changes are aimed at improving the performance of the firms adopting them. Increased competitive pressures drive their adoption, and new technology makes many of them feasible for the first time. Falling barriers to international tarde and investment, the rise of information technology (especially the Internet), and improved transportation mean that a firm's competitors are not just the old local rivals,but many be from antwhere.

<訳文 日本語版3ページより>

企業は,そうした変化を試みることによって業績向上を意図している.競争圧力の増大によって,変化が促進されるようになった.そうした試みの多くは,まず新技術によって実行できるようになった.国際貿易や海外投資にたいする障壁の撤廃,情報技術(とくに,インターネット)の台頭,そして輸送の改善といったもののために,ある企業にとっての競争相手は,旧来の地域的に限定されたローカルな企業だけではなくなった.むしろ,世界の至るところから出現するようになったのである.

原文はAmazon.comで「SEARCH INSIDE」機能を用いて閲覧、引用しました。

いかがでしょう? 私個人の感覚では、英文のほうが5倍も読みやすいです。少なくとも上記の引用部分では辞書にあたらねばならないような表現や単語もありませんし、決して難解な文章とはいえません。
一方で、訳文のほうはお世辞にも読みやすいとはいえないように思えます。

英文を翻訳する以上、読みやすい日本語にするのは容易なことではないと思います。
事実、私が自分で訳してみたところ、やはりこなれた日本語にはほど遠いものになってしまいました。

<試訳 上記と同じ箇所>

企業はこれらの変化を通じて業績を高めようとしている。激化する競争により変化は早まっており、その多くは新しい技術によって可能となったものである。国際貿易と投資における障壁の撤廃、インターネットに代表される情報技術の進歩、そして改善された輸送などによって、競合相手は従来のようにローカル企業だけでなく、世界中のあらゆる場所に存在するようになった。

谷口氏とどっこいどっこいといったところ。なので、一概に氏の翻訳をけなす気にはなれません。また、こうした本はいち早く日本語で紹介されることが大事で、こなれた日本語を目指して出版が遅れるよりも、多少の難がある状態でも早いほうが価値があると思います。
けれど、それにしてももう少し...と思ってしまうのですね。谷口氏ご自身の文章は、「訳者あとがき」を拝見する限りでは実に論理的、簡潔で明快なわかりやすいものであるだけに、この訳文が惜しまれます。少なくとも、同僚にはちょっと勧められないな、という感じです。

というわけで、この本は私にとって「もしかしたら原書で読んだほうがはるかに早く、きちんと理解できるかもしれない」記念すべき一冊となったのです。
英文読解力が向上した、というよりは、日本語読解力が低下したことが主因ですから、あまり手放しでは喜べませんけどね。
内容は非常に示唆に富み興味深いものですので、あと100ページほどを読了したら、また感想なども書き留めておこうと思います。



本好きといっても、当然好みというものがあるわけです。どんなに評判の本であっても書店の店頭で見た途端にげんなりしてしまう本というのがあります。
これはもう、相性というほかなく、出版する側もそれなりの意図を持って装幀デザインを考えるのでしょうから、私はそのターゲットには入っていなかったのだと諦めるほかありません。

見た途端にげんなり、という本にはいくつかのパターンがあります。
色合い、デザイン、本のタイトル、あるいは腰巻きでの宣伝文句やその内容など、本の装幀にはいくつもの要素があり(厳密には腰巻きは装幀ではないのかもしれませんが)、私が嫌いなものは次のような感じです。

黄色と赤が大々的に使われた配色...外見だけをつくろう空虚さ
黄色と赤というのは補色関係でこそありませんが、ものすごく派手に目立つ配色といえます。これらの色をたくさん使っている本は、店頭で否が応でも目につく本です。
これはすなわち、「とにかく店頭で目立たせたい」ということを意識したデザインで、多くの場合あまり上品なものにはなりません。品を捨ててでも目立つことを選んでいる、という段階で、私の好みからは外れます。
発言の内容はたいしたことはないのに、大げさに怒ってみせたりわざとらしく強調して印象づけようとする人というのがいますが、ちょうどそんな感じ。中身に自身がないからせめて注目を集める工夫をしようというものに感じられます。

初心者、サル、簡単、1時間早わかり...読者を馬鹿にするのもいい加減に
ありますよね、タイトルや副題で内容がいかに簡単でわかりやすいかを競っているもの。
確かに初心者が初めてのジャンルに挑むときに、簡潔に書かれた入門書の役割は重要です。とはいえ、世の中には初心者しかいない訳じゃない。どの本もこれでもかというほど簡単さや優しさを売り物にする必要なんかないでしょう。
ビジネス書のコーナーだけではないのかもしれませんが、入門書ばかりが所狭しと並べられた店頭からは、読者のレベルを見切って馬鹿にした作り手の薄ら笑いが透けて見えるようで、実に不愉快。

○○氏推薦!しかも顔写真つき...この人ほんとに読んだの?
多分読んでないでしょうね、と私は思います。読んだとしても、ざっと目を通して「ま、いいっすよ」という程度。
そもそも、有名人が推薦するから良い本だ、と思う読み手が情けない。更に、読み手がそんな選び方をすると考えている作り手には腹が立ちます。腰巻きに顔写真つきで推薦の言葉を寄せるだけで、いったいどのくらいの商売になっているのかわかりませんが、推薦された本と著者だけでなく推薦者の評価も下がります。
推薦者だけでなく、著者ご自身がご尊顔をお出しになり「美人営業マンが教える○○の秘訣!」とか書いてあるのもありますけど、それも同じですね。私は絶対に手に取りません。

上記のような本を一生懸命に読むかたがたに文句をつけるつもりも、笑うつもりもありません。これはまあ、個人の嗜好。
でも、この手の本がけっこうたくさん出てくるのを見ていると、「そんなに出さなくても、2,3冊をまとめて1冊にしたらいいのに」と思っちゃいます。店頭スペースには限りがあるのだから、もうちょっと他の本にもスペースを割いてほしいな、と。

先日グーグルであれこれと検索をしていて突然マイルス・デイヴィスの格安ブート盤の情報を見つけました。なんと3枚組で1500円内外。
ブート盤とはいっても、なんとamazon.co.jpでも堂々と売っているものなので、海賊版ではないのかもしれません。けれど、内容としてはすでに発売されているDVD「Miles Davis - Live in Munich」の音楽を抜き出したものらしく(中山康樹氏の「MILES & MORE」2005年12月28日の記事より)、怪しさ抜群です(笑)

上記の中山氏の記事から観みても、どうやら昨年には出ていたようなのですが、あまり最新情報にアンテナを張り巡らしているほうではないのでまったく気付かずにいました。
内容としては1988年7月10日のミュンヘンでのコンサートがメイン(2枚半)で、これに1970年のワイト島での演奏を付け加えたもの。すでに発売され「マイルスを聴け! Version6」の670ページで絶賛されている「Miles in Munchen 1988」とは同日の別演奏ということです(上述の中山氏の記事より)。

私は1980年代のマイルスの演奏にはそれほど執着心はなく、むしろ1970年代の演奏のほうに興味があります。所有しているブート盤も70年代のものが多いはず。
しかし、1988年夏のマイルスには局所的に思い入れがあるのです。

この頃、日本では毎年7月の終わり頃に「Live Under the Sky」という野外ジャズフェスティバルが行われていました。
私が実際に聴きにいったのは1988年と1989年の2回でしたが、このうち前者にマイルス・デイヴィスが出演していました(このフェスティバルへのマイルスの参加は2回目で、初回の1985年の際はテレビで観ていました。ちなみにこの演奏はブートDVDをもっています)。よみうりランドの屋外ステージ、ステージから向かって左側のちょうど中間あたりの席で聴いていたのですが、野外フェスティバルの開放感もあって実に気持ちよく楽しめたのを憶えています。
ケニー・ギャレット(アルトサックス)やマリリン・マズール(パーカッション)などのバンドメンバーもかなりかっこよかった。マイルスは、どちらかといえばあまり張り切らずに、彼らに盛り上げさせておいて大事なところで"決め"に出てくる、といった感じだったので、「もう年だから体力ないのかもなあ」なんて思った記憶があります。

で、ないのですよ、この演奏を記録したブートが。あったらぜひほしいのですが、ない。
途中どの曲だったか、マイルスが美しいメロディーを吹いたところでどこかの馬鹿者が立ち上がって「マイルス、マイルス、マイルス、マイルス、マ~~~イルス」と叫びおって、すかさず周囲からたしなめられていました。あの馬鹿のせいでブートが出ないのだとしたらぜえったいに許しません。
ライブ盤が出たときに自分の声を入れようとでも思ったのか。

とりあえず近い時期の演奏ということで、冒頭に紹介した1988年7月のミュンヘンでの演奏、私にとっては大変に貴重なのです。もうひとつ同じメンバーの演奏を聴けるのが、同年7月7日のモントルー・ジャズ・フェスティバルでの演奏。こちらは20枚組のボックス・セットでしか聴けないのでその演奏のために買いましたよ。
もちろん、他の演奏も楽しんでますけどね(1991年のクインシーとの演奏は除きます、あんなのおまけでも要らない。逆に気に入っているのは同年のニースでのレギュラー・バンドでの演奏です)。

自分がその場にいたコンサートのライブ盤というのは、やはりそこそこの演奏であっても特別なものです。
生涯にマイルスのコンサートには2度しかいけませんでしたが、1983年の来日時の演奏はブート盤で入手でき何度も聴いています(他の素晴らしいライブ盤に比べると、内容としてはちょっと劣るように思いますが)。
というわけで、1988年7月のよみうりランドでのマイルスの演奏、きっとどこかにあるのでしょうから、ブート業界のみなさん、なんとか発掘して出してください。上述の馬鹿者の声が入っていても良いですから...


iPodでの英語リスニングにポッドキャストをいくつか購読しているのですが、ディズニーリゾートの情報だけではさすがに食傷気味(当たり前ですね)ということで、いくつかついでに登録して聴き始めたものがあります。

 BusinessWeek - Cover Stories
 MBA Podcaster

前者はご覧になっておわかりの通り、BusinessWeek誌のカバーストーリーに関するものです。記事そのものを読み上げてくれるわけではなく、内容は記事に関連するインタビューなどです。
1回のポッドキャストは15~20分程度。週刊誌のカバーストーリーに関するものだけに、更新頻度は毎週1回です。

後者はMBAコースへの入学を志すひとのための心得やヒントなどがその内容。昨年12月からスタートし、毎月2回の更新で3月6日の「Financing Your MBA」までで7回ぶんの番組が配信されています。
1回の番組は20分前後とBusinessWeekと同じくらいですね。ポッドキャストは長すぎても途中になってしまうので、この程度がちょうど良いところなのかもしれません(アメリカでは通勤の車の中で聴く、というスタイルも多いようですが、その時間を意識しているのでしょうか)。
WEBサイトではポッドキャストの内容とほぼ同じものがテキストでも読めますので、内容に多少なりとも興味があれば英語学習には適しているように思います。

どちらも登録した段階で相当の番組がたまっていましたが、まだそれぞれ2回分ずつしか聴けていません。
その中で面白かったのは、「MBA Podcaster」の第2回である「The Wine MBA」です。

フランスのボルドーにある「ボルドー・マネジメント・スクール」で提供されている15ヶ月間のプログラムで、文字通りワイン業界で活躍する経営者を育成するためのものです。
面白いのは、ずっと同じ校舎で勉強するのではなく、まず1月からフランスでスタートした後に5月にはオーストラリア、7月にチリ、10月にカリフォルニアへと移動して再びボルドーに戻り、3月に論文を提出して卒業となります。

ワインMBAといってもワインの醸造法を学ぶわけではもちろんなく、ワイン業界で働くエグゼクティブを育成する、あくまでもビジネススクールです。
毎年の定員はたったの20名で、英語に堪能で最低でも8年の実務経験が求められます(多くはワイン業界での経験者だそうです、当然でしょうね)。

私はMBAプログラムに関心を持って情報を集めたことはあまりないので、こうした特定の業界に特化したMBAコースが他にもあるのかどうか、よくわかりません。
フランスのボルドーでのビジネススクールということで、特長あるコースを用意することが大学の競争力確保のために必要なのでしょうし、地域を代表する産業の強化にもつながるということなのでしょう。

ポッドキャストのインタビューのなかで、Icon EstatesのSenior Vice PresidentであるChris Fehrnstrom氏は、MBAホルダーへの期待を次のように表現しています。

When I'm interviewing somebody, the first think I'm looking for is if they're smart. What's their level of intelligence? When I say intelligence I mean, once again, analytical background with the balance of being able to think creatively. Because I think when you're solving problems, it's not just the analytical side of your brain that's going to help you; it's also the ability to think creatively about a solution.

問題解決に必要とされるインテリジェンスとは分析能力やスキルにとどまらず、創造的に考える力であるというのは、非常に簡潔に経営者に求められる知性の内容を表現しているといえそうです。
もちろん、組織の管理者としての役割やビジョナリーとしての役割など、経営者に求められる資質は知性だけではありません。しかし、知性に欠けた経営者という者がいたら、よほど信頼に足る補佐を得ない限りは現代の企業経営を担っていくことは難しいでしょう。

MBAコースへの海外留学は盛んですが、テキストから学べるスキルやツールだけでなく、創造性ある思考をもって実戦経験を積むことが、問題解決のスキル向上につながるのはたしかです。
その意味では、学んでいる過程で自分なりに考え、他の優秀な学生とディスカッションすることや、経験から来る知識や知見を積極的に交換するコミュニケーションから学べること、醸成できることも大きいのでしょう。単に本を読む勉強とは違ったダイナミズムがあるように思えます。
MBAコースへの留学に限らず、普段の仕事もまた異なる知見と経験を持つ人びととのコミュニケーションであるわけで、こうしたなかで自身の創造性を高める意識を持てるかどうかが、成長のキーになっているようにも思えます。

ひとまず下記のリンク先のブログエントリをご覧いただければと思います。
 会社の法則、最速のマシンは、使わない役員のところに配置(FPN)
いまどき役員に高速マシンを優先して配置する一方で、PCのスピードが業務効率と生産性に大幅に貢献できるはずの担当者には低速な旧式マシンをあてがう、なんていう会社が一般的なのかどうかはさておき、まずは「役員に高速マシンと大型ディスプレイを優先配置する合理的な理由」を挙げてみたいと思います。

●高速マシンが必要な理由-役員は忙しい
私は以前、社長室で勤務していた時期があって、社長の忙しさをすぐ横で見ていました。そりゃもう、一般社員なんかとは比べものになりません。まさに分刻みのスケジュールで情報を処理し、意思決定をせねばなりません。
そんなわけで、添付ファイルをダブルクリックしてから開くまでに数分かかってしまうと(これって、私のマシンの話です(笑))、その間は無駄=会社の損失になってしまうわけです。一般社員の時間も大切ですが、多くの重い責任を持つ経営トップの時間がより貴重な経営資源であるのは間違いありません。彼ら・彼女らに高速で安定したマシンを配置するのは当然なのです。
「社長だってタバコすったり雑談したりしてるじゃないか」という感想を持つかたもあるかもしれません。経営トップだって人間なのですから、数時間おきに意図的にリフレッシュする必要があるのは当たり前のこと。それなしにはむしろ生産性は落ちます。遅いPCの前で数分間イライラするのとは別の話です。

●大画面が必要な理由-役員は多くの場合高齢である
日本の企業の場合、創業者やその一族でなければ50代が中心ではないかと思います(50代を高齢といって良いかどうかはかなり疑問ですが、言葉の綾としておいて下さい)。
40代以上のかたなら、細かな文字を読むのが年々つらくなっているのを実感されているのではないでしょうか? 50代の役員ならばなおさらです。重要な意思決定を求められる場面で不必要なストレスを取り除くのは当然のこと。役員には大画面(つまり大きな文字)が必要とされるには、理由があるわけです。

この話でおかしいのは、役員とは別の理由で使っているPCの性能が生産性に直結する担当者にも、彼/彼女らが"役員ではなく一般社員である"という組織階層上の位置づけを理由に低速マシンをあてがっている、という点です。
問題の本質は"暇そうな役員が高性能PCを使っている"ことではなく、"生産性に直結する場面なのに構成のPCが使えない"ことにある。つまり、藤原さんの知っている会社における資源配分の不備です。それは別段、企業全体に一般化できるような話じゃない。

私の勤務先では、PCは利用者が誰であろうとそのときの標準仕様のなかから用途に応じてノートもしくはデスクトップが配備されます。もちろん余っているマシンがあればそれが回ってきます。特にPCの性能が必要な場合(CADやDTPなどの業務上での必要性があるなど)には個別対応があるものの、利用者の組織階層は考慮されません。
こんな環境にいてそれが当たり前だと思っているので、「会社というのは不思議なところだ。」から始まるこのエントリには、むしろ「そんな不思議な会社が世の中には多いんですか?」と問い返したくなります。

世の中には、本当にろくな仕事もしないでただ暇つぶしをしている役員というのが生息しているのかもしれません。けれど、それは少数でしょうし、その少数をあげつらって使いもしない役員に高速マシンなんてもったいない、という発想になるとすれば、それは短絡じゃないかと思います。
意思決定に関わる仕事が、端から見て忙しそうに見えるかといえば、実際にはそうでもないことだって多いのです。自分が理解できている範囲で、すべての人々の仕事ぶりを判断するとしたら、それは危険で傲慢な行為です。個人の愚痴ブログじゃないのだから、そんな局所的な問題を一般化するべきではなかったと思います。
ましてや、いまやご自身の事業を背負っているかたが、他の経営者を軽んじるような文章を公開するのでは、あまりに他者への敬意が足りない。

危ないな、と思ったのは、この文章はこれから組織で働こうとする人々に読まれたとき、組織に対して無用な先入観を与えてしまいかねないことです(まあ、読み手もそこまでナイーブではないかもしれませんが)。
これが会社員に読まれ、「ああ、うちもこうだよね」とか「ちょっと違うけど、こんな会社も多いんだろうなあ」といった感想を引き出すにとどまるなら問題ないでしょう。仕事の上での不満やストレスを、こうした"ありがちな話"を用いて昇華する程度は、居酒屋の延長みたいなものです。

確かに会社というのは不合理なことや面倒なことがたくさんある場所なんですが、それらをすべてきれいにしてしまうことなんかできないわけです。むしろ、そこで働いて成功や失敗を繰り返すことの面白さを、大人がきちんと伝えるべきなんだろうな、と最近強く思っていて、たまたま見かけた藤原さんのエントリに方向性の違いを感じた次第。
藤原さんが紹介する数々の"裏技"だって、きちんと仕事を認められていない人物に使えるものではないでしょう。

当該エントリの最後のパラグラフをそのまま読むと、会社なんてメールしか読まない役員が高速マシンを使い一般社員は旧式マシンをあてがわれるところなんだから、出世できないなら早くやめちゃえ、ということになってしまいます。
別に我慢してひとつの組織で仕事をすることがエライとか尊いなんて価値観を持ち出す気はありません。とはいえ、組織における職層の違いからくる扱いの違いを受け入れられないなら、おそらくどんな組織でも仕事はできないでしょう。配置されるPCの性能"程度"の差ですむのなら、それくらいたいした問題ではないとさえ、いえるんじゃないでしょうか。

ジャズ喫茶「いーぐる」の後藤雅洋氏、「マイルスを聴け!」の中山康樹氏、そして「スイング・ジャーナル」のレビュアーとして活躍する村井康司氏の3人が、歯に衣着せぬどころでは済まされないホンネトークを繰り広げる一冊です。
少し古くからのジャズ・ファンであれば、主張に同意する・しないは別にして大いに楽しめるお薦めの本です。

本書のなかでジャズの新譜はレベルが低下していると度々指摘されていますが、私もいま聴いているジャズのほとんどすべてが1960年代までの、いわば評価の定まった名盤ばかりです。
ときおりショップの試聴コーナーで新譜を聴いてみるのですが、なんだか音がきれいすぎ、演奏もまとまりすぎていて、ただそれだけという印象しか受けないのです。耳が悪いのかもしれません(対談の3氏のようにジャズを聴き込んでいるわけではありませんから)。

ウイントン・マルサリスがアメリカのエスタブリッシュメントの世界で成功を遂げてしまったことが、ジャズが音楽として”終わった”ことを象徴すると中山氏はいいます。
昔ならばジャズを始めていた黒人ミュージシャンは、いまでは別の音楽にいってしまっている。ジャズに入ってくるのはウイントンの成功を見てきたものばかりで、そんななかでかつてのようなジャズが生まれるはずもない、といった主張です。
私はこの意見を肯定も否定もできるほどの知見をもたないのですが、たしかにウイントン以降のジャズに興味が持てないのは事実です(スイング・ジャーナル誌が「新伝承派」などと持ち上げれば持ち上げるほど、冷めていったのを憶えています)。

本書のなかでは、iPodの登場もあってジャズの聴かれ方がカジュアルになっていること、またネット上でのジャズに関する文章のオリジナリティのなさと「スイング・ジャーナルごっこ」の質の低さについても何度も指摘されています。
誰もがジャズ評論家になりたいわけではないのだし、音楽の感動を文章でひとに伝えるのは非常に困難な作業です。「ジャズ評論初心者」が「ジャズ初心者」に教えを垂れる光景というのは、確かに気持ちの悪いものでしょうが、誰もがジャズに興味を持たない状態よりははるかに良いと思います。むしろ、ジャズが”終わった”ものだからこそ、さまざまなタイプの消費のされ方があって良いでしょう。

ネットの文章はあまりにも量が多いだけに、全体を見通すことはできません。
質の低いものを見てしまい、全体の評価してしまうことは避けられないことなのだと思います。掲示板などを見ていると、特に質の低いものが集まりがちなのも事実ですし(仮に内容がまともでも、掲示板という場は文章をきちんと書くところではないのが実態)。
3氏がネットに触れ、その質の低さと画一性に唖然とした時期よりも、現在は情報の取捨選択もかなり容易になってきています(もちろん、まだ限界はかなり低いところにあり満足はできませんが)。
彼らがジャズの良さを伝えようとする人びとの多くは、いまネット上にいるわけです。あまり性急にネットに見切りをつけるのではなく、もうしばらく様子を見て、そこに伝わる文章を書くこともまた、彼らに求められていることではないのかな、と思えます。

私はZaurusのユーザーです。使っているのはSL-C750ですので、現在のキーボード付きのVGA液晶タイプになってから2代目のちょっと古い機種。購入が2003年5月ですからかれこれ3年近くになります。
PCやデジタル機器好きのかたであれば、3年もあれば一度くらいは買い換えや買い増しをしているくらいかと思いますが、私の場合、この手の機器は基本的に使えるうちは使います。実は音が鳴らなくなっているのですが、スケジュール管理には不要なので気にしていません。

この間、Zaurusはメモリの増強やハードディスクの搭載など改善が施され、今日(2006年3月7日)最新機種である「SL-C3200」が発表されました
ハードディスクが4GBから6GBに増強され、新TOEICテストに対応した学習コンテンツが追加されたようです。ハードウェアとしてはディスク容量の追加のみの変化のようですから、マイナーチェンジといえるかと思います。
別売りの動画変換ソフトについても触れられていますが、どうやら今回のZaurusの売りは「辞書やマルチメディアコンテンツを大量に持ち運べる英語学習機」であるように見えます。

ハードディスクを内蔵していることから、大量のコンテンツを持ち歩くには良さそうに思えるのですが(プリインストールの学習ソフトも充実しているようですし)、果たしてiPodに比べてアドバンテージがあるか、となると少々疑問に思えます。
iTunesとポッドキャストという、音声・動画コンテンツを効率的に検索・受信・管理する環境がないこと、この差はかなり大きなものだといわざるを得ません。
たしかに、ポッドキャストの音声ファイルはMP3がほとんどですから、ディスクに保存して再生するぶんには同じ、動画だって変換可能だしテレビ番組を変換する手間はiPodでも同じです。けれど、何をするにも一手間必要なZaurusの環境に対して、iTunesのなかで一通りの作業が完了し、つないで更新するだけで最新のデータがコピーされるiPodの使用環境ははるかに快適です。

シャープは家電メーカーとして液晶テレビやDVDレコーダなどをつくっているのですから、これらと連携して語学番組を簡単に持ち出せるようにすれば、強みになっただろうにと思えます。別にZaurusの母艦がPCである必要はなく、DVDレコーダであってもかまわないわけです。
まあ、大型液晶テレビで見ると想定されているのは地上波デジタルのHDコンテンツであり、それらにはコピーワンスのコントロールがかかっているのでZaurusで気軽に持ち出せる環境はつくりにくいのでしょう。けれど、少なくともあと5年はアナログ放送は続くのですから、これを活用しない手は、ないと思うのですけどね。

こうしてみると、Zaurusが英語学習機となったように見えるのは、ハードディスク内蔵という特長を活かすためにいろいろ考えた結果残った可能性のひとつに過ぎなかったように思えます。
スケジュール管理などのPIMだけではPDAの高コストが正当化できないのははっきりしている、けれど音楽再生ではiPodなど携帯プレーヤはおろか携帯電話にさえ勝ち目がない、一方で英語学習熱は高まっているが決定的な学習機は存在していない、よし、これだ。そんな感じだったのではなかったかと。
PDAという商売が難しい環境にあることは理解できますし、思い切った投資ができる状態ではないのでしょうが、消去法で残った用途に向けてソフトをプリインストールするだけでは、ユーザーの価値は実現できないように思えます。PDAファンとしては寂しい限りですが、旧来型のPDAという商品は、本当に終わりつつあるのかもしれません。

あまりに有名なドストエフスキーの処女作です。
主人公のマカールは、あまり有能でなく社交性にも欠ける下級役人で、「地下室の手記」「二重人格」などと基本的にはかわらぬ人物として描かれます。
とはいえ、彼の人生は決定的な破滅を迎えることはありません。たしかに、ワーレンカとの恋は叶わぬままに終わってしまいますし、それはマカール本人にとっては大きな打撃であったでしょうが、おそらく彼はその後もさして波風の立たない平穏な日々を取り戻したことでしょう。彼女を手に入れられなかったからこそ、破滅を免れたとさえいえそうです(あまり書くとあらすじになってしまいますね)。

こうして立て続けに読むことで、19世紀半ばから後半にかけてのロシアの庶民の置かれた状況が見えるようです。うだつの上がらない下級役人の生活、ストレス、敗北感と、それを取り巻くペテルブルクの灰色でじめじめとした気候、わずかな楽しみでさえも世間の評判やら同僚の目を気にしながらでは気晴らし程度にしかならないでしょう。
現代の日本と比べても仕方のないことですが、自分自身が実力に比べて過小な評価を受けているという不満や、その一方で世間体や周囲の視線を気にしながらストレスに押しつぶされるさまなど、決して私たちと無縁の社会はいえないように思えます。

読んでいて面白かったのは、ゴーゴリの「外套」に対してこれでもかとばかりに攻撃を加えるくだりです。よほど腹に据えかねたものがあったのでしょう。プーシキンの作品と並べて読み直したくなります。

いや、お誘いといっても私が奨学金つきで勧誘を受けるわけもなく、単なる宣伝のDMがやたらにたくさん来るのです。
今年に入ってから受け取ったものだけでも、ミシガン大学のROSS SCHOOL OF BUSINESS、シカゴ大学のGRADUATE SCHOOL OF BUSINESS、そしてスタンフォード大学のGRADUATE SCHOOL OF BUSINESSです。いずれもGRADUATE SCHOOLですから、社会人向け大学院の短期ビジネストレーニングコースの案内が多いのですが、シカゴ大学からのは1年間のコースでした。

いずれもけっこうなお値段で、たとえばスタンフォードの「The Stanford Executive Program」は1ヶ月半のコースで授業料が$45,900、3週間の「Executive Program in International Management」はシンガポールで開催され$14,500です。これにくらべるとシカゴ大学の1年間コースは意外に安くて、授業料とマテリアル、それに朝食と昼食が付いて$30,000と、かなり割安ですね。

まあ、シカゴで1年間生活するコストも必要でしょうから、単身でも6~700万円は用意しなければならないでしょうか。
会社を1年間休業するなり、やめるなりせねばなりませんから、かなりの決断の必要なことです。日本の企業で1年間休職して最新のマネジメントを学んだからといって、相応のキャリアアップが可能かどうかは難しいところでしょう。
これが10年前ならば真剣に考えたかもしれませんが、少々年を食ってしまったのであまり熱心には見ていません。それでもパンフレットを読むだけでけっこう楽しめます。

こんなDMがたくさん来るのは、私が「Harvard Business Review」の定期購読をしているからでしょう。たしか、定期購読を申し込むときに「関係の深いDMを送っても良いか?」といった質問にYesのチェックをした覚えがあります(その他にNewsweekやFortuneなどの定期購読案内もたくさん来ます)。
とすれば、日本の「ダイヤモンド・ハーバードビジネス」を定期購読していると、日本の大学からのDMが殺到するのでしょうか? 私は英語版しか定期購読していないのでわかりませんが、たしかに「Harvard Business Review」を定期購読するのはエグゼクティブというよりは、これからエグゼクティブを目指す若手ビジネスパースンが多いでしょうから、かなり有望な見込み客なのでしょうね。

私はあまりたくさん会員カードをつくらないためか、国内の店舗からのDMはそれほど来ません(百貨店のカードは妻名義がほとんどですし)。このため、私宛の郵便の3割ほどが海外からのもの。気分だけは国際派なのですが、本気で海外の大学に短期留学にでもいこうか、と考えられる程度には、英語のほうを頑張らないと...

本の感想を書いているブログは多くあって、読み終わったあとで他の読者の感想を知りたい時など書名で検索をかけるとかなりの数のブログが見つかります。
もっとも、今年になってこのブログで取り上げた本の中で、相当数の感想が検索されるのは「ウェブ進化論」くらいのもので、他についてはテクノラティでもせいぜい数百件がリストアップされる程度です。数千件あっても数百件であっても、すべてを読めるわけではないのでそうたいした問題ではないのですが。

いろいろと拾い読みしていて気がついたのですが、本を読み終えることを「読破」と表記しているサイトが意外に多いのですね。テクノラティだと「読了しました」が75,293件なのに対して「読破しました」が66,771件と、ほぼ同数といって良いくらい(2006年3月4日15時45分現在)です。
また、ブログ以外のサイトも含めてGoogleで検索すると、以下の通り「読破」の圧勝です。
 読破しました の検索結果 約 198,000 件
 読了しました の検索結果 約 62,800 件

念のため、「読了」と「読破」の違いを辞書で調べてみると、次の通りです(手持ちの電子辞書に搭載の広辞苑第五版による)。
 読了:すべて読み終えること。
 読破:(難解な、または大部の書物や書類を)すべて読み通すこと。「万巻の書を-する」
この定義はおおむね私の感覚にも近いもので、「読破」というからにはかなり骨のある内容であったり、分厚い本を時間と労力をかけてやっつけたときでなければ、と思います。
更にいえば、自分の読書について「読破しました」というのは、なんだか厚顔というか、厚かましいように感じ、気が引けるのも事実です。好きで読んだ癖に、「どうです、すっごいでしょう」と胸を張っているようなもんでしょうか(言葉の受け取り方はひとにより違うので、ブログで「読破」を使っている方がそうだといってるのじゃありませんから、ご了承ください)。

それはそうと、自分なりに「読破」と感じるのはどのくらいの分量からかな、と考えてみました。
今年読んだ本の中でページ数が多いのは、分冊になっている「ファウスト」と「海流のなかの島々」です。とはいっても両者とも2冊合計で700ページ前後ですから、大部というものでもありません。
長い小説というと「大菩薩峠」ですが、さすがに極端ですね(笑)。たとえば文庫本で3冊にわかれている「カラマーゾフの兄弟」や「トリストラム・シャンディ」などは大部と表現しても良さそうに思えます(本棚でぱっと目についた、著名で長い小説がこれらでした)。試しにもってきてみると、前者が1500ページ弱、後者で1100ページほどです。
この両者では、読んだあとの「読破感」は後者のほうが大きかった記憶がありますね。「カラマーゾフ~」がぐいぐいと小説の世界に引き込まれる冒険小説のような魅力を持つのに対して、「トリストラム~」のような思考の流れが文章化されているものは、長い休みに一気に読むならばともかく、とぎれとぎれでは辛かった。
私の場合だと、1000ページ前後以上で、ストーリー展開や平易で理解しやすい論旨を順に追いかけるだけでは読めない本の場合、「読破感」が大きくなるようです。

別段、読んで楽しむぶんには読了だろうが読破だろうがかまいませんし、趣味なのだから苦痛が伴うほど労力をかける必要もないわけです(現に、今年に入ってから読んだ本の多くが、あまり厚くないものです)。
けれど、ある年齢になると(私の場合、35を過ぎたあたりからだったと思いますが)脳を意図的に動かさないとすぐにサボり癖がついてしまい、肝心なときに役に立たなくなります。携帯ゲーム機でも脳を鍛えるトレーニングソフトが大人気ですが、その気持ちはよくわかります。
「読破感」のある本を意図して読むのは、ある意味私にとっての脳活性化策でして、これを避けるようになったときに、自分は老いていくのだろうなあ、などと思います。


(なぜか上巻のリンクがつくれません)

生前未発表となっていた作品が死後に刊行されたものだけに、上巻の解説にもあるとおりかなり荒削りで完成度の低い部分も見受けられます。
主人公トマス・ハドソンがなぜ家族との関係作りに失敗し、友人との関係においてもガラスが一枚挟まったかのような距離感を保ち続けるのかが、「現にそうであること」としてしか描かれていません。このため、ハドソンの言動がスッキリと頭の中で整理されるまでに100ページ分ほどかかってしまいました。

これも解説の通り、若トムの母とのいかにもとってつけたようなエピソードがあるにもかかわらず、二人の妻との関係がなぜ壊れざるを得なかったのか、はっきりとは見えません。
小説においてすべてがきちんと説明される必要など、もちろんないわけですが、この部分はもう少し詳しく書き込んであったも良かったように思えました。
とはいえ、全体を読み通した頃には、なぜハドソンはこのような人物なのか、なぜこうした行動に駆り立てられていくのかがすっりと腹に落ちていることも事実。くだくだとエピソードを書き連ねての説明よりも、ハドソンの日常を描き、友人たちとの交流を積み重ねることで彼を理解させることができているわけです。ヘミングウェイがこの作品を完成させ発表したとしても、おそらく全体の構造は変わらなかったかもしれません。

第1部と第2部は、全体のなかではハドソンが絵筆を捨てて索敵と追跡を任務とする特殊工作に自らの役割を求める背景となっています。
家族や友人とその時々では良い状態を作れるものの、それを長期間にわたって維持できない主人公の性格や行動が、執拗なほど書き込まれており、これが妻たちとの別離の原因であったろうことはうかがい知れます。
妻たちから、子供たちからの視線は意図して避けられたのでしょう。一方的にハドソンの側からの世界が書き込まれるわけですが、彼に共感ができるか否かで読みやすさはかなり違ってくるように思えます。私自身にとっても、長期にわたる人間関係をほどよい距離感と密着感で維持するというのは、かなり難儀なことです。その意味でハドソンには共感できることも多いですし、多くの読者にとっても同様かもしれません。

上下巻と長い作品ですが、全体は3つの中編によって構成されているといって良いでしょう。ことに第1部の3人の息子とハドソンとの休暇を描いた部分は独立した作品として十分に楽しめるもの。単独で読んでしまうと結末がいささか急転直下という印象は受けるでしょうが、さしたる疵ではないように思います。
「老人と海」との共通性が多い部分ですが、描かれるのは一方が成長の途上にある少年であり、もう一方は人生の終盤を迎えた老人。類似したシチュエーションで、同じように敗北で終わる物語を対比させながら読むのも、面白いかもしれません。
この作品の印象が少し落ち着いてきたら、「老人と海」を読み返してみようと思います。

このアーカイブについて

このページには、2006年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年2月です。

次のアーカイブは2006年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja