iPodにおすすめのイヤホンE3c

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨年あたりから「iPodのおかげで高級イヤホンが売れている」という話を良く聞きます。
iPodに標準添付されてくるイヤホンがそれほど音が良くない、というのはiPodが登場した頃からいわれていたことで、一昨年の暮れに妻用にiPodを購入した際にも、まずやったことは手持ちのイヤホンとの使い比べでした。
案の定というべきか、iPodの付属品はなんとなく芯が細いというか、薄っぺらい音に感じられたため、複数試したなかで一番まともだったソニーのカナル型のものを常用するようになりました(まったく同じではありませんが、こんなのです)。

私のほうも半年ほど遅れてiPodを手に入れ、妻と同じソニーのイヤホンで使い始めましたが、耳に入れる部分が外れやすく使っているうちになくなってしまいました。
やむを得ず他のイヤホンを試したところ、耳の穴にはめ込むインナイヤー型だったために地下鉄内の騒音が盛大に聞こえるようになり、とてもじゃないが英語のリスニングなどは不可能でした。それまでは遮音性がそれほど高くないとはいえ、まがりなりにもカナル型だったために気になっていなかったのです。

私はもともとヘッドホンステレオを大音量で聴くほうではなく、iPodのボリュームも下から4分の1程度です(といっても、使用するイヤホンによってでる音量は違いますが)。
このため、こちらからの音漏れで人に迷惑をかけることはあまりないと思うのですが、外の音が聞こえすぎては音楽を楽しむにも、英語リスニングにも適しません。
というわけで、再びカナル型のイヤホンを探して最終的に決めたのがSHUREのE3cです。

私が聴くのは音楽ではモダンジャズや1970年以降のマイルス・デイヴィスが中心ですので、E3cの自然なバランスと個々の音がきれいに分解できる性能にはかなり満足できています。
もっとも、1970年代のマイルスの音楽は録音の段階でかなり音が混ざり合い、渾然としたカオスのようなものですから、解像感重視よりも低音重視イヤホンで聴いてもそれなりには迫力があるのでしょう。このあたりになると、好みの問題でしょうね。

カナル型の代表選手ともいえるE3cはさすがに遮音性能もバッチリで、音を出さなくても耳栓として使えるほど(使っているのはフォームタイプのスリーブです)。
肝心の音のほうも、自然なバランスを好む私にはちょうど良かったようです。また、英語リスニングには人の言葉が自然に聞こえるほうが良いでしょうし長時間聴いていても着かれないことが大切なので、ドンシャリ型の低音強調タイプは向かないのではないかと思います。
価格的にはワンランク値段の高いE4cでも良かったのですが、購入の当時は出たばかりでヨドバシの店頭には在庫がありませんでした。どんな音か聴いたことがないのでわかりませんが、3000円程度のイヤホンからE3cにしたときの変化がかなり劇的でしたので、ちょっと待っても良かったかもしれません。まあ、十分満足していますけどね。

いまでもちょっとだけ気になる存在は、ノイズキャンセルタイプのイヤホンやヘッドホンです。ソニーでいえばこのタイプ「パパが英語に目覚めたら」によると、

さっそく買って試してみた。地下鉄の車内でノイズキャンセラーのスイッチをオンにすると、電車のゴーッと言う音がシューッという音に変化する。それほどボリュームを上げなくても英語の微妙な発音がはっきりと聴き取れる。

だそうです。E3cには装着が実にめんどくさく、しかもきちんと装着しないとちゃんとした音に聞こえないという特徴があり、脱着簡単なタイプはけっこううらやましいのです。
しかも、この機種には航空機のなかで使えるアダプタがついているとのことで、長時間かけっぱなしになることの多い国際便のなかでも使えるというのはかなりよさそう。あのなかでは10時間以上も「ゴーッ」という音にさらされますから。

いずれにせよ、手持ちのCDをまるごと持ち出せるiPod、あらゆるジャンルの音声番組やビデオが配信されるポッドキャスト、そして周囲の音に惑わされることなく集中できる高性能のイヤホンと、移動中の語学学習環境はたった数年の間に飛躍的に変化しました。
こんな環境があるのだから、なかなか勉強時間が確保できなくて...なんていう言い訳はできませんね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/267

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2006年2月19日 20:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「登録しているポッドキャスト」です。

次のブログ記事は「2月20日読了 ~ 「ウェブ進化論」梅田望夫著(ちくま新書)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja