2006年2月アーカイブ

【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

直前に読んだ「タイタス・アンドロニカス」とはうってかわって4人の男女の恋物語です。
同じ女性に恋する男性二人とその一方に恋する女性、この4名が中心ですが、4名のうち1組が最初から両思いということになります。ここに村人やら妖精やらがにぎやかしく登場して、最後はめでたくハッピーエンド。
まあ、最近ではドラマでもこれほどわかりやすい設定はしないかもしれませんが、短い劇のなかではあまり複雑な人間関係を描いたってしかたありませんし、気軽に楽しめるよう単純なのが良いのでしょう。

この主人公たちの関係が途中こじれるのも、最後になんとかまとまるのも、妖精の王オーベロンに命じられたパックが見つけてきた花の汁のせいです。
これを瞳に垂らされ、目が覚めて最初に見たものと恋に落ちる魔法がかかるわけですが、妖精が相手を間違えたり、偶然にも想定した相手とは別人を見てしまったりと、魔法のおかげで人間のほうは良い迷惑。しかもこのような魔法も妖精の王と女王のつまらぬ痴話げんかに端を発するもの。こうした、だれかの行動が意識せぬままに他の人々の人生に影響して、というのは悲劇・喜劇を問わずこうした物語の典型的な筋立てといえるかもしれません。

細かなことは抜きにしても、短くて気軽に読め、深刻な話や難しい本の合間に息抜きとしてピッタリの本ともいえるでしょう。
この本を買うときも、「タイタス・アンドロニカス」と一緒でした。やはりある程度バランスを取りながら読む本を選ぶのも、読書を続ける上では大事なんじゃないかと思ってます。

ないですか?
私はなんというか、かなりの頻度でやってしまいます。というのも、私には好きなジャンルがいくつかありますが、それらを取り混ぜて読むというよりは、ある時は古典文学ばかり、次には冒険小説ばかりというふうに、集中的に読むのです。この周期はだいたい3年ほど、長ければ5年以上間隔が空くこともあります(現に、前回古典小説を集中して読んだのは10年以上前です)。
このため、前回買って読まずに積んであった本などは、その存在をすっかり忘れてしまってまた買ってしまう、ということになります。

先日読み終わった「二重人格」もこれで、読了後に「そういえばこの前ドストエフスキーを何冊か買っていたよなあ」と本棚を眺めたら、案の定置いてありました。
しかも、そのときちゃんと見なかったせいで「貧しき人々」と「死の家の記録」も危うく買いそうになったほど(結局、虫の知らせがしたので買わずに本棚を確認したら、ちゃんとありました)。10年あいたから、というだけでなく私がとにかく忘れっぽいのが主原因で、船戸与一氏の「銃撃の宴」に至っては3冊もあります。

こんなふうに同じ本を重ねて買ってしまうのも、読んだ本の内容がしっかりと頭に入っていない、つまり流し読みしているからなのかもしれません。あるいは、本好きといいながらけっこう好みが偏っていて、出張時などにあわてて買うときなど同じような作家や傾向の本を選びがちだから、ということもあるでしょう。
また、短編集などは別物を買ったつもりが半分ほど重なっていた、ということもあります。こうなると、岩波だけ、とか、新潮だけ、というようにしなければ回避できないことも。

いずれにせよ、間抜けなのは買っている私なので誰のせいにもできません。
本棚を見て「やば、またやっちまったよ」と思ったら、妻にも告げずに(馬鹿にされますから)そっと離れた場所にしまい直しつつ、「次は気をつけよう」と心に誓うのです。

梅田望夫氏の「ウェブ進化論」については、先だって読了直後に感想を書き留めたのですが、改めて自分の感想を読み返してみるとちょっとひどいですね。いかにも寝る前に「なんか書いておかなきゃ」と15分で仕上げたやっつけ仕事。
既に公開してしまったものを引っ込めるのも誠実さに欠けるでしょうから、このままにしておきます(それに、低水準のエントリを削除し始めると、このブログが空になっちゃうおそれがありますしね)。
もう少し、ちゃんと自分が何をどう感じたか、書き留めておこうと思います。

もっとも多くのボリュームが割かれている「グーグルのすごさ」については、私も梅田さんのブログを読み改めて気付かされたのですが、それ以前に「ぐぐる」という行動は私の生活習慣にしっかりと根付いていました。
おそらくグーグルが「ヤフーに代わる新しいサーチエンジン」として注目され始めた頃から、私はWEBサイトを探すためにヤフーを使うことをやめ、グーグルを使っています。何か知らない事柄に出くわすと、PCが手許にあればグーグルでサーチしてみるのが習慣になっており、出先で「ああ、いまここでグーグルが使えたら」と思うことも少なくありません(余談ながら、そんなときでも携帯電話からサーチしようとは思いません。知りたがり以上にめんどくさがり、ということでしょう)。
もちろん、人に何か訊かれた時も、まずは「ぐぐってみた?」と問い返します。何かを調べるときに、まず手にする道具、私にとってはそれがグーグルですし、そういうかたは多いと思います。

インターネット上の情報が、かなり「石」の比率の高い玉石混淆であることは、比較的早い段階から常識となっていると思います。私たちは、そこから「玉」を選り出すスキルをリテラシーと考え、その高低が重要になると考えてきました。これが、いわば「WEB1.0」の価値観であったといって良いでしょう。
グーグルを始めとした「WEB2.0」的な未来では、「石」と「玉」との選り分け自体をほぼ無限大の情報利用者(および発信者)の行動のダイナミズムの中で「自動化・機械化」し、質の高い情報を探し出すためのハードルを引き下げようとしています。
これは、上記のスキルを持たない人に取ってだけでなく、高いスキルを持つ人にとっての福音でもあります。

知の世界に敷設された高速道路のメタファーが示すとおり、グーグルの登場と成長によって「何かを知り、理解する」ためのハードルは低くなり、コストはゼロに近づいています。机にいながらにして海外の論文を引き出し、読み、関連した文書や交換されている意見を参照できる、という環境がたったの10年から20年で実現するなど、学生時代に私には想像しかできませんでした(想像もつかなかった、なんて書くとさすがに嘘ですよね)。
情報収集と判別のコスト(時間も、お金も、労力も)がほぼ無料となり、しかも情報消費と情報生産のダイナミズムがさらに情報の質と量をたかめコストを継続的に引き下げる社会がすぐそこまでやってきている、という実感は私にもあります。
(余談ですが、若いかたがたの英語学習への意欲の高さは、こうした流れに沿ったものなのでしょうね。TOEICで一定スコアを取らないとリストラ対象になる、といった中高年の英語熱とは根本的に違うものを感じます。)

かつては情報の収集術や情報源の獲得にかかっていた時間が大きく短縮された(高速道路の敷設)ことによって、今度は集めた情報から何を生み出せるかの競争へとステージが変わりました(その先の渋滞)。
上の方で「福音」だと書きましたが、一方でこれが大きなプレッシャーとなって私たちにのしかかることも確かです。

高速道路で早く移動できたとしても、終点から先には渋滞が待っているわけですから、そこから先に進むのはやはり容易ではありません。
仕事でいえば、「3年目くらいから使い物になれば...」なんていう悠長なことがいっていられなくなり、「即戦力」として活躍できなければ自分の価値が否定されるかのような気分にさえなります。とはいえ、そう簡単に渋滞を乗り越えられるはずはないわけで、「働く」場面での若者の迷いや挫折感のかなりの部分が、このあたりから生じているようにも思えます。

いまは高速道路の存在を肌で感じる一方で変化が終わってはいない、いわば過渡期です。
変化を眺めつつも従来型のやり方で価値を獲得し続ける「エスタブリッシュメント(あるいは「こちら側」)」と、変化の中で生まれ育ったがそれを価値に変え獲得するすべを十分にはもたない「あちら側」との軋轢は、そうそう簡単に収束しうるものではないのだな、と思わざるを得ません。それは単なる世代交代の問題ではなく、社会のありようや価値交換のしくみが、大きく変わらざるを得ないのですから。

変化の途中で明解な答えが出るわけではないのですが、たとえば職場においては、「こちら側」から「あちら側」を(理解できないにせよ)支援することしかないのではないか、と思えます。
世の中で突然変わるわけではなく、いま組織の中心にいる人々も最初は若者として参入し、標準的なプロトコルとのあいだで軋轢を引き起こしながら成長してきたわけですし、その過程でプロトコルの側も、あるいは「エスタブリッシュメント」も幾ばくかの変化を遂げたはずです。
私自身が前の世代にそうしていただいたように、新しい方法論や新しい思考、そして新しい文化を否定せずにサポートしつつ、現在のプロトコルの中で活かせるようクッションになることが求められているのだろうし、そうしていきたいと思っています。
大変化を理解してそこに適応することは難しくても、変化を受け入れて次の世代をサポートすることは、おそらく多くの「こちら側のエスタブリッシュメント」にも可能なのではないでしょうか。

はっきりとスパムだとわかるものについては問答無用としても、「一応、関係ある内容」「けれど、こちらへの言及は何もない」トラックバックを削除するのは、なかなか気を遣います。
一応方針を上げているとはいえ、現状ではトップページからでないと見えないため、これを振りかざして「言及なしトラックバックは削除」というのも大人気がないように思えます(条件に当てはまったら必ず消すとは、書いていませんし)。

とはいえ、言及のないトラックバックは、単なる先方からの宣伝である、といっても良いわけで、削除できる=拒否権はある、とは思っています。
先日削除したものは、とあるテレビ局のサイトに掲載されているコラムの内容がひどい、という主張をするサイトからのもので、珍しくも一晩に3つも飛んできました。迷いましたが、先方での言及がないことと、私の意図は当該コラムを書いた人物を非難する包囲網づくりにはなかったので削除しました(一方で、当方への言及があり、文章の本来の意図と関連のあるものは、当然残してあります)。

また、別のエントリに対しては感想を書いた書名を検索したのでしょう、その戯曲の公演とイベントを紹介するブログからのトラックバックがやってきました。先方での言及は全くありません。
内容としては別段問題もありませんし、腹が立つものでもないのですが、単なる宣伝であることは確かです。宣伝の内容が私好みなら残し、そうでなければ削除、というのでも別段かまわないかとも思いましたが、削除しました。聞くところによると、観た映画のタイトルなどで検索を欠け、手当たり次第にトラックバックを発信するブロガーもいるのだとか。内容によって削除したりしなかったりでは、その手のトラックバックを受け取ったときにめんどくさい、ということも考えました。

まあ、こんな方針など気分によって多少はぶれるものですから、あまり厳格にやる気もないのですが、トラックバックを受け取るというのは「書いた内容に何らかの反応があった」と期待するものです(少なくとも私はそうです)。
それがなんの言及もないのではやはりつまらないですね。言及がなくても、私が書いたテーマについての別の知見が含まれているなど、とにかく内容に関してrelevantであってくれれば、それでいい、ということなんですが...

今年は「中学高校までに読んでおくべき古典を読み直す」と決めたというのは以前にも書きましたが、これまでこの方針に該当しそうなのは次のものです。
 1.「中世の光と影(上・下)」 堀米庸三著 講談社学術文庫
 2.「ファウスト(一・二)」 ゲーテ著 高橋義孝訳 新潮文庫
 3.「帝国主義」 レーニン著 宇高基輔訳 岩波文庫
 4.「リア王」 シェイクスピア著 野島秀勝訳 岩波文庫
 5.「リチャード三世」 シェイクスピア著 福田恆存訳 新潮文庫
 6.「二重人格」 ドストエフスキー著 小沼文彦訳 岩波文庫
 7.「賭博者」 ドストエフスキー著 原卓也訳 新潮文庫
 8.「月と六ペンス」 モーム著 中野好夫訳 新潮文庫
 9.「地下室の手記」 ドストエフスキー著 江川卓訳 新潮文庫
 10. 「タイタス・アンドロニカス」 シェイクスピア著 小田島雄志訳 白水uブックス
 11. 「夏の夜の夢」 シェイクスピア著 小田島雄志訳 白水uブックス

私は特定に作家を続けて読む癖があり、今回はドストエフスキーとシェイクスピアを代わる代わる読んでいるような形になっていますが、必ずしもこだわっているわけではありません。
ただ、こうして並べてみると新潮文庫が海外の古典作品をけっこうきちんと残しているのが目立ちます。もちろん、岩波文庫の青・赤・白のシリーズもありますが、どの書店でもある程度の店頭在庫があるのも、新潮文庫の良いところです。フラリと入った街中の小さな書店でも買えますから、出張時に読む本がなくなったときにも安心です。

いま読んでいるのは、ヘミングウェイの「海流のなかの島々」で、上巻を読了したところです。第1部のあまりに突然の、悲劇的な結末はかなり衝撃的でしたが、これが後半に向けて主人公の行動にきちんとつながっていくのでしょう。

2月もそろそろ終盤になりました。あと4日ほどですので、まあ2,3冊が追加できるくらいでしょうが、まあまあのペースかなと思っています。
多少ペースダウンしても、月に5,6冊平均として60冊内外。中学高校のころのスピードには比べるべくもありませんが(当時は毎日2冊とか、平気でしたから)、良質な作品をできるだけたくさん、読む年としたいと思っています。

シェイクスピアの作品のなかで最も血みどろの凄惨な作品といわれますが、たしかに体を切り刻むだの、両手と舌を切り落とすだの、殺してパイに焼いて母親に食わせるだのといったすさまじい描写が頻出します。
とはいえ、当然ながら下品なスプラッタ作品に堕しているわけではなく、復讐の連鎖という人間が歴史のなかで繰り返してきた悲劇が主題です。

暴力に暴力をもって応えることは問題の解決にならないことくらい、私たちは十分に頭ではわかっているはずです。とはいっても、辱めを受けたり暴力をふるわれたときの怒りは激しいもので、同等以上の仕方で相手を苦しめることなしにはなかなか収まるものではありません。
この悲劇に登場する権力者の行動に限らず、日常生活の至るところで復讐の連鎖は見られますし、仮に一方が堪えたとしても、怒りや憎しみはかなりの時間をかけなければ消えるものではありません。

この作品、観客にとってのわかりやすさや感情移入のしやすさなどが制約となってか、悪役があまりにわかりやすく悪辣なために、どうしてもアンドロニカス一族の視点で読んでしまいがちです。復讐には十分な根拠があるように思えます。
とはいえ、おおもとの原因をつくったのがタイタス・アンドロニカスその人である(ゴート人王子の殺害にせよ、皇帝の指名にせよ、あるいは娘の結婚にせよです)ことは明らか。さしたる考えもなしに採った選択が、時にはこの連鎖の最初のひと転がしになってしまい、最後には大きな悲劇となって人々にのしかかる、というのは後の「リア王」にもつながる悲劇の典型ともいえるものでしょう。

思えば、私も含め多くの人々は、知らず知らずのうちにこの「最初のひと転がし」につながる行動を取っているのだと思います。これをエスカレートさせるかどうかは、お互いの次の行動にかかっています。
やられたらやりかえせ、という思考が世界にどんな結果をもたらすかを、私たちはこの数年間で嫌というほど見せられています。シェイクスピアは米英においては基礎教養のひとつなのだと思いますが、どうやら基礎が崩れつつあるのは太平洋の向こうでも同じなのだな、と思わざるを得ません。

今日読了したもう一冊、「夏の夜の夢」についてはまた後日。


実に26,7年ぶりに再読しました(年がばれますね)。
文庫本で200ページ足らず、ほとんど改行や会話文がなくページにびっしりと文字がつまっているとはいえ、決して長い作品ではありません。けれどこの作品を多感な時期(笑)に読んでしまったがために、私はけっこうひねた青春時代を送るハメになりました。

なにせ、前半の理性批判・合理主義批判が理屈っぽい中学生を増長させたいっぽうで、後半は自意識に押しつぶされていく小心者の姿をこれでもかというほどしつこく描写してくれます。悪いことは申しません、思春期のお子さんがこの本を手にしていたら、即座に取り上げましょう。
冗談はさておき、この地下室男の過剰な自意識は、誰もが心の奥底に思い当たる節のあるものではないかと思います。それをすんなりと受け入れられるのが、私にとっての26年だったのかな、と思ったり。この卑劣な自意識を認めてこその前半の合理性批判なのだな、と読み通して納得しているのです。

こんな本が読書体験の初期にあるためか、私は手放しのオプティミズムを目の当たりにするとどうしても斜に構えてしまいます。あるいは、自信たっぷり、前向きな姿勢を見せつけられると、ついつい言わずもがなの当てこすりを口にしたり、心の中で舌を出したりといった子供じみた反応を抑えられません。中学高校ではかなり迷惑な存在だったと思います。
最近ではさすがに表に出さなくなってきたのですが、いまでもこの傾向は基本的には変わっていません。いや、むしろ表に出さないだけたちが悪いかも。

私は営業部門に所属しているものの、ライン営業に従事していたのはほんの短い期間に過ぎず、どちらかといえば新規事業の企画・運営やサポートスタッフとしてのキャリアが中心です。
とはいえ、営業部門のスタッフとして営業組織のありようや人材育成などのテーマでプロジェクトチームに参加したり、あるいは直接に担当をしたりといったことももちろんあります。営業の現場に従事した経験の浅いものがこうした仕事にタッチすることを許せないと感じるかたが、特に営業最前線には多いかもしれませんね。しかし、当然その都度ベストは尽くしてきましたし、いまでも強力な営業組織の実現は私の主たる関心領域のひとつです。

そんなわけで、この本を店頭で手にしたわけですが、タイトルはちょっとこっぱずかしいですね。私は出張時の新幹線で読んだのですが、カバーをはずして書名が目立たないようにしました。もうちょっと上品なタイトルが付けられなかったものでしょうか(ちなみに原題は"Strategies That Win Sales"なので、それほど離れているわけではないのですが)。
タイトルとは違い内容はかなりしっかりしたものです。アメリカの営業コンサルティング会社にいる著者によるものですが、調査対象企業は日本や韓国なども含んでおり、現状認識や営業という機能が直面する環境変化などは、日本のマーケットでも十分共通のものといえます。

タイトルにある7つの戦略とは次のものを指し、それぞれに1章ずつが割り当てられています(カッコ内は私が補足で加えました)。
戦略1 マルチチャネルを使いこなす(顧客へ到達する営業チャネルの複線化)
戦略2 営業人材を効果的・効率的に配置する(資源配分と組織設計)
戦略3 IT活用を営業成果につなげる(SFAやCRMの活用)
戦略4 コンサルティング営業を問い直す(営業の新たな役割とタイプ)
戦略5 営業担当者の実行力を高める(営業担当者の採用と育成)
戦略6 営業マネジメントを再定義する(営業管理者の役割)
戦略7 営業部門の組織文化を醸成する(企業文化と営業部門の文化)

ご覧になっておわかりの通り、これら7つの項目の建て方が非常に新しいというわけではありません。ただ、強い営業組織の実現のためには、これらの要素をしっかりと検討して整合性をもって組み立てられることが必要です。
また、上記の7つについての検証に続く第9章では、商品やサービスを売る側から考える営業ではなく、顧客の視点から営業に求める役割や重視される事柄についての調査結果と考察がまとまっており、売る側とのギャップが依然として大きいことがうかがい知れます。
顧客の認識と営業の認識とにはズレがあることや、そのズレがどこにありどこが大きいのかといった現状認識をしっかりとすることは、新しい営業部隊を編成したり、新たな施策を導入する際には極めて重要でしょう。そして、なかなか実践できないことでもあります。営業から見る顧客と、別の視点から見た顧客とが違うことも十分あり得ることで、単に営業報告だけから顧客の姿を想定することも危険でしょう。

上述のように、本書には営業の組織や新たな役割を考えていく上で重要な要素がしっかりと書き込まれています
ここに「答えそのもの」が書いてあるわけではありませんが(すぐに使える答えを本に求めるのは無い物ねだりだと私は思っていますが)、考える上での指針として有益だと思います。現状の営業部門の改革や強化策を検討されている方にはお勧めです。

なんやわかりにくいタイトルを付けてしまいましたが...
私自身が「エスタブリッシュメント」の一員なのかどうかは別としても、梅田さんの指摘のように『エスタブリッシュメント社会の戦士たちの日常は忙しすぎ「ネットに住むようにして生きる」ことなんてできない。(「ウェブ進化論」asahi.comインタビュー裏話』より)わけで、新たなリソースを最小限の労力で探したい、というのはかなり強いニーズであるわけです。
ならば、私よりもずっとネットでの情報探索能力と感度の高い人々に頼ろう、というわけで、はてなブックマークでの人気エントリや注目エントリはけっこうまめにチェックしています。

もちろん、そこら中で指摘されているとおり、はてなブックマークでの人気エントリはテーマや内容に一定の偏りというか、ブックマーカーの全体としての特徴が反映されているわけで、ここだけで情報収集が事足りるわけではありません。むしろ私には全く関心のないタイプのエントリが大半を占めることだって少なくありません。
とはいえ、関心ある語句によるタグ検索を組み合わせると、かなりの発見があるのも間違いなく、目下のところ私の主要な情報探索のリソースであることに変わりはないわけです。

しかし、人気エントリのチェックにも少々困った問題はあります。
ようやくタイトルにつながるのですが、読んで後悔するような不快な文章を「発見してしまう」ことにもつながりやすい、というのがそれ。
自分なりの情報源だけで探索していれば、まず読むことのなかったであろう不快な文章、あるいは悪意や無知に満ちた文章を、なんとなくタイトルに惹かれて読んでしまうのですね。結果としてはすごく不愉快になるわけですが、もう読んでしまったものを記憶から消すわけにはいかないので後の祭り。せいぜい、ブログ名や作者名を脳内のブラックリストに追加し、そのサイトには近づかないようにできる程度です。

このエントリのきっかけになった「不快な文章」はこれです。
武田薫のフジテレビ・スポーツコラム『考えて欲しいNHKのカーリング』
<2006年2月25日追記>このコラムは削除されたようです。保存されたページは見つけてあってリンクを張り直そうかとも思いましたが、やめておきます。内容について知りたい方は、グーグルやテクノラティなどで検索すればいくらでも出てくると思います。<追記ここまで>
そもそもこの短い文章の中で、前後のつながりがまったくない。なぜ報知新聞がキヤノンを使い続ける一貫性から、日本人のスポーツへの姿勢に話が移り、しまいにはカーリングを中継するNHK批判になってしまうのでしょう。
冒頭から4分の3は単なる前振りですか? NHKのオリンピック報道に「一貫性がない」と主張するなら、かつてのNHKはどんな姿勢で報道をしていたのか、それとカーリングに長い時間を割くことにどのような矛盾があるのかをきちんと示さねばなりません。
この文章にはその肝心の部分はなく、いくら頭をひねっても「俺はカーリングは嫌いなんだ」といっているようにしか見えませんし、これをきっかけにNHK批判をしてやろう、という意図が先だったように思えます。

このかたのコラムをいくつかさかのぼって読んでみましたが、出てくるたとえ話や導入のための逸話などが、本論とはあまりつながりがないというのは変わらぬ特徴のようです。
私はフジテレビって好きじゃありませんから、おそらくこの記事が人気エントリに登場しなければ、武田薫という人物の文章など読まずに生きていけたでしょう。けれど、読んじゃいました。たぶん、あと数時間はちょっと不快な気分が続きます。もちろん、このコラムは脳内ブラックリストの上位に追加です。

はてなブックマークに限らず、リンクをたどって次々とつながっていくWEB上の文章(に限りませんが)を読む上では、突然読みたくもない文章に出くわすことはあります。
それでも、自分の意思でたどるよりも、こうしたリンク集やソーシャルブックマークでのほうが、その確率は高まります([これはひどい]タグのあるエントリは表示しない、といったことができればいいんですが...)。
まあそれでも、新たなリソースを見つける上でのコストとしては低いわけで、ソーシャルブックマークなんて使えない、などという結論にはならないのですけどね。
それに、一度ブラックリストに追加したサイトの文章でも、[これはひどい]の晒し上げではなく取り上げられる機会が多ければ、それなりに貴重な情報となるかもしれません。自分の狭量なフィルターとは別に、頼りになる情報源をもつことはけっこう大事なんじゃないかと思っています。

あ、拡大被害をもたらさないためにご注意。上記の武田氏のコラムは、報知新聞が大好きでカーリングが大嫌い、というかた以外は本当に読まない方がいいですよ。

<2月21日 21:30すぎ追記>
エントリを掲載して少ししてから、武田氏のコラムに関する批判エントリからのトラックバックを受信しました。少し迷いましたが、以下の理由により削除しました。
・当該エントリには私のエントリへの言及はなく、武田氏のコラムを扱っているという点のみが共通であること
・私の意図は武田氏を非難することではなく、ブログで武田氏の包囲網をつくることには関心がないこと
もちろん、このようなコラムを平然と公表した武田氏は、スポーツライターとしては相当間抜けで無能で無神経だと思いますが、今回はトラックバックに関する自分自身の方針に従うこととしました。せっかく送信してくれたSさん、すみません。エントリの内容には同感です。
<2月21日 23:30すぎ追記>
上記と同じ理由により、もうひとつトラックバックを削除しました。
再度書きますが、武田氏への非難をエスカレートさせたり、フジテレビに抗議したりといった行動には私は関心がありませんし、現段階では支持もできません。

もう一冊と並行して読み進め、本日読了しました。
この本については、すでに幾多のブログで触れられていますし、いくつかのサイトを読んだ限りではあえて私が付け加えることもなさそうに思えます。

それでもいくつかの雑感を述べると、ひとつは「こちら側」の人々に「あちら側」で起きつつあることを伝えるための努力と、その多くが徒労に終わることからくる絶望感の深さが伝わってきました。すでに中高年には期待できないという諦観が、若い世代への期待感と信頼に形を変えているようにも思えるほど。

一方で、世の中の変化は決して一朝一夕には起きないこと、当面は旧世代の経済構造・価値構造が残り、主流であり続けるであろうことを冷静に語るさまからは、若い世代とこれまでの世界を支えてきた世代との架け橋であろうとする意思が感じられます。
諦観と書きましたが、梅田さんご自身は「諦めてはいけない」とぎりぎりのところで踏みとどまろうとしているように思えます。梅田さんよりも少しだけ下の世代、おそらくはほぼ同じ時代を過ごしてきた私にとっては、それが非常な精神の強さを要するものであろうことが想像できます。

私自身は、もとがひねくれた性格なのか、あまりに強いオプティミズムに触れるとアレルギー反応を起こすようなところがあります。
また、年代的にもついつい若者理解できない行動を非難し、「パラサイトシングル」だの「ケータイを持ったサル」だのというキャッチーで便利な言葉で彼らをくくってしまいがちです。しかし、そこで思考を停止して自己を正当化するだけでは、何も始まらないのも事実です。

日本の典型的な企業で20年を過ごし、ハシゴをひとつずつ登ってきた私には、シリコンバレーからの梅田さんのオプティミズムあふれるメッセージをそのまま受け入れるのはそう簡単ではありません。
それでも、明日が今日よりも良い日であるよう、好奇心を持って考え行動し続けることをやめてしまえば、そこでお終いだと思う程度には若いつもり。WEB2.0やグーグルという存在の意味合いを、自分のなかで消化しきれるにはまだしばらく時間がかかりそうですが、やはり読むべき本だし、周囲の優秀な人々にも勧めるべき本だと思います。

もう一冊、今日読了した「最強の営業組織7つの戦略」については、また後日。

昨年あたりから「iPodのおかげで高級イヤホンが売れている」という話を良く聞きます。
iPodに標準添付されてくるイヤホンがそれほど音が良くない、というのはiPodが登場した頃からいわれていたことで、一昨年の暮れに妻用にiPodを購入した際にも、まずやったことは手持ちのイヤホンとの使い比べでした。
案の定というべきか、iPodの付属品はなんとなく芯が細いというか、薄っぺらい音に感じられたため、複数試したなかで一番まともだったソニーのカナル型のものを常用するようになりました(まったく同じではありませんが、こんなのです)。

私のほうも半年ほど遅れてiPodを手に入れ、妻と同じソニーのイヤホンで使い始めましたが、耳に入れる部分が外れやすく使っているうちになくなってしまいました。
やむを得ず他のイヤホンを試したところ、耳の穴にはめ込むインナイヤー型だったために地下鉄内の騒音が盛大に聞こえるようになり、とてもじゃないが英語のリスニングなどは不可能でした。それまでは遮音性がそれほど高くないとはいえ、まがりなりにもカナル型だったために気になっていなかったのです。

私はもともとヘッドホンステレオを大音量で聴くほうではなく、iPodのボリュームも下から4分の1程度です(といっても、使用するイヤホンによってでる音量は違いますが)。
このため、こちらからの音漏れで人に迷惑をかけることはあまりないと思うのですが、外の音が聞こえすぎては音楽を楽しむにも、英語リスニングにも適しません。
というわけで、再びカナル型のイヤホンを探して最終的に決めたのがSHUREのE3cです。

私が聴くのは音楽ではモダンジャズや1970年以降のマイルス・デイヴィスが中心ですので、E3cの自然なバランスと個々の音がきれいに分解できる性能にはかなり満足できています。
もっとも、1970年代のマイルスの音楽は録音の段階でかなり音が混ざり合い、渾然としたカオスのようなものですから、解像感重視よりも低音重視イヤホンで聴いてもそれなりには迫力があるのでしょう。このあたりになると、好みの問題でしょうね。

カナル型の代表選手ともいえるE3cはさすがに遮音性能もバッチリで、音を出さなくても耳栓として使えるほど(使っているのはフォームタイプのスリーブです)。
肝心の音のほうも、自然なバランスを好む私にはちょうど良かったようです。また、英語リスニングには人の言葉が自然に聞こえるほうが良いでしょうし長時間聴いていても着かれないことが大切なので、ドンシャリ型の低音強調タイプは向かないのではないかと思います。
価格的にはワンランク値段の高いE4cでも良かったのですが、購入の当時は出たばかりでヨドバシの店頭には在庫がありませんでした。どんな音か聴いたことがないのでわかりませんが、3000円程度のイヤホンからE3cにしたときの変化がかなり劇的でしたので、ちょっと待っても良かったかもしれません。まあ、十分満足していますけどね。

いまでもちょっとだけ気になる存在は、ノイズキャンセルタイプのイヤホンやヘッドホンです。ソニーでいえばこのタイプ「パパが英語に目覚めたら」によると、

さっそく買って試してみた。地下鉄の車内でノイズキャンセラーのスイッチをオンにすると、電車のゴーッと言う音がシューッという音に変化する。それほどボリュームを上げなくても英語の微妙な発音がはっきりと聴き取れる。

だそうです。E3cには装着が実にめんどくさく、しかもきちんと装着しないとちゃんとした音に聞こえないという特徴があり、脱着簡単なタイプはけっこううらやましいのです。
しかも、この機種には航空機のなかで使えるアダプタがついているとのことで、長時間かけっぱなしになることの多い国際便のなかでも使えるというのはかなりよさそう。あのなかでは10時間以上も「ゴーッ」という音にさらされますから。

いずれにせよ、手持ちのCDをまるごと持ち出せるiPod、あらゆるジャンルの音声番組やビデオが配信されるポッドキャスト、そして周囲の音に惑わされることなく集中できる高性能のイヤホンと、移動中の語学学習環境はたった数年の間に飛躍的に変化しました。
こんな環境があるのだから、なかなか勉強時間が確保できなくて...なんていう言い訳はできませんね。

iPodではSoundviewのダイジェストの他に英語によるポッドキャストも聴いています。
内容は、やはり関心のあるテーマが一番、ということでWalt Disney Worldに関するもので、次の3つに登録しています。
mouse | tunesは、ニュースサイトの「Magical Mountain」のNathanと「disneyworldtrivia.com」のLeeによるポッドキャストで、Walt Disney Worldに関する情報や噂話なんかが扱われています。
Inside the Magicも同じくWalt Disney Worldに関するポッドキャストで、こちらもファンによって運営されているもの。「the Internet's First Orlando-based Disney Podcast!」というのが売り文句です。
Walt Disney World Resort: Plugged InはDisneyによるオフィシャルポッドキャストで、イマジニアのインタビューなどがあるのもオフィシャルの強みでしょう。最近は盛んに新アトラクション(Expedition Everest)の宣伝をしています。ビデオもあるのですが、残念なことに私のiPodはビデオ対応ではないので、PCで見ています。

問題はどれも結構長いことで、30分から下手をすると1時間にもなります(オフィシャルポッドキャストは、20分前後のことも多いですが、それでも長い)。このため、通勤時間では細切れになってしまい、聴き始めてから1分くらいは「さて、なんの話だったか」と思い出すのにかかってしまいます(さすがに長すぎると気がついたのか、「Inside the Mgic」のRichardは「Daily Dose of Disney Podcast」なる5分間の短いポッドキャストもスタートしました)。
また、もともと非英語圏のリスナーを想定しているわけではないので、特に前2者は容赦ないスピードと発音ですから、一度意味を見失うと数分間なにも理解できずに英語が流れているだけ、ということになりがちです。

ときおり、自宅などで常に英語を流しっぱなしにしておくだけで耳が英語に慣れ、リスニングの力がつくといったアドバイスを目にするのですが、アレって本当なのでしょうか?
私に関していえばほとんど効果がありません。流しっぱなしは流しっぱなしで、意識して理解しようとしなければBGMと同じです。全然わかりません(笑)
次から次へと違う素材を聴くよりも、短いものを繰り返し聴くほうがリスニングの訓練には良さそうですし、もう少し短めのものを探してみようとも思っています。
iTunes Music Storeでディズニー関連のポッドキャストを検索すると、驚くほどたくさんリストアップされます。こうなると順に聴いていくのも面倒で、結局そのまま手つかずになってしまうのですが...

どちらか一方が良い、と決めつけようと思っているわけではありません。
私は事業企画やマーケティングのスタッフをしていますので、企画書づくりが仕事のけっこうな部分を占めます。資料づくりだけでなく、準備段階から、人に説明し意見交換して改訂したり、という時間を含めるとほとんどすべて、といっても良いでしょう。

自分で企画書を作成するとき、パターンはふたつあります。
ひとつは「考えてから」。どんなテーマにせよ、普段から考えていることが頭の中でまとまってきた段階でエイヤッとPowerPointに向かう(私の資料は、ほぼ80%がPowerPointでつくられています)やり方です。
当然もうひとつは「考えながら」。とりあえずテーマや方向性が決まった段階で資料を作り始め、アレコレと編集しながらまとめ上げていくやり方です。
10年ほど前は、ほとんど後者のスタイルで仕事をしてきましたが、最近は前者が増えつつあります。考えながらまとめ上げていく頭の柔軟さが失われてきた証拠かもしれません。

後者のメリットは、比較的様子のわかっている分野に関する企画であれば、かなり早く仕上げられることです。
仕事でやるわけですから、考えながらといっても全くゼロから始めるわけではありません。テーマに対するオプションと論旨の骨組みくらいは既にあるわけで、あとは人に伝えられるストーリーにまとめたり、サポートするデータや図表をまとめれば資料はできあがります。ものによりますが、2、3日で作成するのが普通で早いときには半日で仕上げることもあります。
私は、よほど公式な提案書でない限りは、いかに早くつくり意見を聞くかが重要だと思っています。そのためには70点の水準と判断できればリリースします。一日でできる、というのはこの段階で、実際には修正や再検討のほうが時間がかかるものです。

一方で、最近増えてきた前者、すなわち「考えてから」のメリットは、PCに向かわなくても構想をまとめておき、メモなどで完成に近づけておけること、そして分業が可能なことです。
先ほど、冗談で柔軟さが失われたから、と書きましたが、こちらのアプローチが増えたのはPCに向かえる時間がどんどんと減っているから、ということの表れでもあります。つまり、会議に参加したりだれかと打合せをしたり、あるいは長い移動だったりという時間が増えてきて、オフィスで机に向かう時間はそれほど多く取れなくなってきているわけです。
また、自分で資料をつくるのではなく、部下や同僚と1時間ほど打合せをして原案を作成してもらうことも増えてきました。こうなると、ある程度まとまったストーリーができていなければ指示ができませんし、最初のイメージあわせが不十分だとお互いの時間の無駄になります。
いわば、仕事上の役割変化に応じて企画のスタイルも変わらざるを得ないということになるのかもしれません。

私がRSSリーダーに登録している範囲でも、梅田望夫氏の「ウェブ進化論」の話題で持ちきりといっても良いほどです。
発売日が2月7日でしたが、たしか翌日くらいに会社の近くの書店で購入してあります。あちこちで品切れ状態というのを聞いて確かめに行ってみましたが、なるほど見あたりません。大人気なのか、あるいは初刷り部数の見積もりを誤ったのか...
私の知る範囲では、昨日(2月15日)の夕方に丸の内の「OAZO」丸善では、まだ平積みが確認できました。もしかしたら、まだあるかもしれません。

読んでから時間があれば感想を書こうとも思っていますが、これだけ言及するブログが多い中で私があえて付け足すこともないかもしれないな、という気もします。
全般には、「言いたかったことはこれなんだ!」といった感触が多いように思えます。雰囲気としては「コンピュータネットワークと電子メール」がいかに大きな変化をもたらし、私たちの仕事や生活を変えていくかを、なんとかして世の中に伝えたい、と悶々としていた15年ほど前の状況に似ていますね。
当時はブログなど存在せず、主な舞台はパソコン通信の電子会議室でしたが、一晩で20とか30の発言が飛び交い、議論されていたのを思い出します。発言者の数も量もいまよりはずっと少ないですが、適切な場所さえ選べば情報のS/N比は段違いに高かったと記憶しています。

いずれにせよ、未読の本についてこれだけ多くの情報に触れているのは初めてのことかもしれません。
あまり先入観や余談をつくってしまわないうちに、手をつけねばと思っています。

玄田氏の本を読むのはこれで3冊目になります。
最初は「仕事のなかの曖昧な不安」で、つい最近文庫になったようですが、なんとなく抱いていた「リストラ被害者=中高年、わがままなパラサイトシングル=若年層」というイメージを覆してくれました。
そして、その主張をデータでしっかりとバックアップすると同時に、若年層の仕事を創り出す政策の必要性を訴えた「ジョブ・クリエイション」を読んだのが一昨年の4月でした(その感想エントリはこちらです)。

今回も氏の基本的な主張にはブレがありません。
若者は怠けたくて就業しないわけでも、親に寄生できるから働かないわけでもない(もちろん、そういう若者もいることはたしかでしょうが)。むしろ、過剰に「働く」ことや「自分らしくあること」を意識させられるがゆえに、立ちすくんでいる。これをゆっくりとでも歩き出せるようにしていく義務が、大人にはあるというのが、氏の訴えです。

この本を読んだあとも不思議なのは、企業の側が新卒や転職で門を叩く若者に「即戦力であること」「優れたコミュニケータであること」を望んでいるとは思えないのです。
玄田氏も指摘するとおり、本気でそんなことを要求する企業はすぐにも行き詰まり、市場から退場することでしょう。人材育成を放棄した企業になど、存在価値はないと私も思います。
では、いったい誰がそんな強迫観念を若者に植え付けているのでしょう?

その答えは単純なものではないと思います。
企業の側が発しているメッセージ(実力主義・成果主義やリストラの断行など)が教育機関や親などの過剰反応を引き起こし、ここにメディアや資格産業といった存在が関わることで誤ったメッセージが増幅されてしまったように感じられます。
本書の後半は、ニートの分析から氏が実際に見聞きした人々の体験もふまえながら、大人が取るべき具体的な行動へがいくつか提言されています。
こうした提言は、ともすれば「実効がない」「解決にはならない」といった批判を招きがちなものです。しかし、それをあえて書き続けるところに、私は玄田氏の真摯さと誠実さを感じます。



恥ずかしながら、これは初めて読みました。解説を読むまで、画家ゴーギャンの人生からイマジネーションを得た作品とも知らずにいたものです(もうちょっとお手軽な喜劇だと思いこんでました、いやはや、恥ずかしい)。

40を過ぎてから突然に画家を志し、家族を捨てて美の追究のみに人生を賭けるストリックランドという人物を、語り手である「僕」は、パリでのエピソードまでは非人間的な、周囲を苛立たせる厄介者として描いています。一応、とらえがたい魅力の持ち主であるかの描写もあるのですが、どちらかといえば、得体の知れない、しかも平板なイメージであるように私は思いました。
ほとんど終盤、残り100ページになるまでがこの調子で、タヒチでのエピソードが語られ始めたときには突然調子が変わってしまうことに少々とまどいを憶えました。

タヒチでの物語は、すでにストリックランドの死後に、生前彼と交流のあった人物からの又聞きを「僕」が再構成して書き記すという形を取っています。
ここでのストリックランドは、直接描写される場面が極めて少ないにもかかわらず、むしろその人物の魅力が際だっているように感じられます。これは、島の女性との幸福な生活のイメージに寄るところも大きいのでしょうが、作者モームはあえてストリックランドと読者との間に厚いカーテンを引くことで、その追究を果たした画家のイメージを強く印象づけているのでしょう。

ラストシーンでの、遂に彼を理解することも、そう試みることもしなかったのであろう、「六ペンス」の世界に生きるミセス・ストリックランドの転落ぶりは、決して良い後味を形成するものではありません。
けれど、おそらく六ペンス世界にしか生きられないであろう私にとっては、やはりストリックランドと関わる人生は耐えられないものでしょうし、結局はミセス・ストリックランドと同様に彼を自分の理解できる世界に閉じこめることでしか落ち着きを取り戻すことはできないだろうな、と思います。
小説を読んで、自分の凡庸ぶりを思い知るというのは、心地良い経験とはいえないものですが、それほど不快なものではなかったのも事実です。

高校のころ一番好きだった作家がドストエフスキーです。
新潮文庫の表紙になっている肖像からのイメージで、なんて暗いヤツ、と思われるかもしれません。けれど、ドストエフスキーの小説はたとえ暗く救いのない話であっても、登場人物の活き活きとした描写やテンポの良い台詞などで、けっこう気楽に読める作品であると感じています(もちろん、テーマは重いものが多く娯楽作品とはいえませんが)。

このところ少し読み直していることもあって、評論にも手を出してみました。
文芸評論というよりも、ドストエフスキーという作家と、彼が産み出した人物の行動や病理から創作の底流に流れる作家の苦悩や幸福を描いたエッセイというべきものでしょうか。かなり読みやすいものです。
10代の頃に比べると読書時間が圧倒的に短いこともあって、「罪と罰」「白痴」などの長編を読み直そうかどうか、ちょっと迷っています。

続いて読み始めたのが、サマーセット・モームの「月と六ペンス」。
ゴーギャンについてはテレビ番組などで見た程度という、美術にはとんだ素人なのですが、こんな人物が身近にいたらたまらんだろうな、と思いつつ読んでいます。あと100ページほど。これを終えたら、またドストエフスキーに戻ろうか、次の一冊を迷うのもまた楽しみのひとつです。

先日のiPodによる英語リスニングのエントリで参考にさせていただいた「しぬまでいきる」を少しさかのぼって読んでいたところ、2005年10月のエントリで以下のように書かれているのを見かけました。

聞くコンテンツはSoundviewのサマリー。「ユーザー・イリュージョン」を読んでから、無意識でもリスニングの効果はあるのではないかと思った。

私のエントリではichiyuさんの題材がわかりませんが...などと書いていたのですが、おそらく聴かれているもののひとつはここでも触れられている「Soundview Executive Book Summaries」のデータなんですね。ichiyuさんがSoundviewの購読者なのは、大前研一氏の「The Next Global Stage」の紹介エントリで知っていたはずなのに、全然つながっていませんでした。

さて、私もこの1月からSoundviewの購読者です。
このサービスは、読んで字のごとくビジネス書の内容を要約して送ってくれるサービス。1冊の本が8ページにまとめられており、CDにほぼ同内容のナレーションとPDFファイル、MicrosoftのeBookリーダーやPalmで読めるPDB形式などがおさめられて届きます。PDFをプリントして読み、前後してiPodでナレーションを聴くのが私のスタイルで、順序はまちまちですが、「聴く」と「読む」の両方で同コンテンツを採り入れるのは、けっこう良い訓練になっているように感じます。
これまでに契約時のおまけを除いて1月と2月分としてあわせて5冊分のサマリーを受け取り、順に読んでいます(契約が12月だったので、昨年12月分からWEBサイトでダウンロードできるようにもなっています)。

こちらで「今年は英語の本は一休みにする予定です(それでも、ゼロにするつもりはなく、ちょっとした工夫をしました。この話はまた後日エントリします)。」と書いたのは、このサービスに申し込んで時間を節約しながら英文でビジネス書を読んだのに近い効果を得よう、としていることを指していたわけです。

私はもともと読書に関しては保守的なので、以前なら、1冊の本を8ページに要約したものを読むなんて、なんだかズルをしているように感じて見向きもしなかったかもしれません。現に、「世界の名作をあらすじで読もう」といった本はいまでも小馬鹿にしています。
けれど、ビジネス関連の本はそもそも中にあるエッセンスを獲得して仕事のノウハウを高めるために読むものですし、昨年の経験から英語の本を読み切ろうとすると読書量を激減させるというコストがかかってしまうことを実感しました。
同じ読書でも、シェイクスピアやドストエフスキーをあらすじで読むのとは、ちょっと性格が違うだろうと思っています(単なる言い訳?)。

これなら毎月2~3冊分のダイジェストが読めますから、けっこう効率的に情報を獲得することができて、しかもリスニング+リーディングで英語のトレーニングにもなります。一石三鳥というわけ。これに、昨年から定期購読している「Harvard Business Review」を加えれば、これ以上無理して英語を読む必要もないでしょう。
そんなわけで、このサービスで読んだ内容なども、ときおり紹介していければと思います。

先日、携帯電話の機種変更をしました。
キャリアはauのまま、カシオのA5302CAから日立のW32Hになりました。新旧の切替時期で、価格が下がってきたのを狙ったわけです(テレビは不要なので、W41Hにはあまり惹かれませんでした)。

携帯電話の機能は、すべてを使い切っている人などいないだろうと思えるほど多様です。
私は携帯電話のマナーモードをほとんど解除することがありませんので、着メロでさえほとんど使っていません(一応、好きな曲を設定はしてありますが)。いわんや、着うたをや、ということで、ビットレートが低くポータビリティにも乏しい曲データを、しかもiTMSなどよりずっと高い価格で買うというのは抵抗があります。

しかし、最近では携帯電話で音楽を聴く人をよく見かけるようになりました。
以前どこかのブログで(すみません、どこかは失念しました)「iPodを使っている人の中で、イヤホンの左右を逆に使っている人が意外に多い」というのを見かけて、ときおり注意してみるのですが、たしかにイヤホンの左右逆使いは少なくありません。実感としては6~7人にひとりくらい見かけるように感じます。
ステレオの左右が逆になれば、気持ち悪くてすぐに気がつくように思えますが、音楽によってはそれほど不自然ではないのかもしれません。

私が携帯電話で音楽を聴かない理由は、もちろんiPodをもっているので積極的な理由がないこともありますが、おそらく「携帯電話に依存して常にいじり回している」のが嫌いだ、というのも大きいですね。
電車に乗ると、車内のかなりの人が携帯電話でなにやらやっています。メールの送受信だったり、ゲームだったりするのでしょうが、何をしているのかは他からはわかりません。全体から受ける印象は単なる携帯中毒です。四六時中携帯電話にかじりついている、という行動じたいが、私はどうにも好きになれないでいるのだと思います。なんだか、NTTドコモやauに日常行動を規定されているようにさえ、感じるのです。

携帯電話の高機能化はまだまだ進んでいくでしょう。新聞や書籍なども携帯で読むのが一般化するかもしれません(いまのサイズでは限界があるでしょうけど)。
携帯電話がさまざまな機能を取り込んで、一台で何でもできるものになるほど、依存度が高まり携帯なしでは生活に支障を来すほどになるでしょう。現に、家に電話を置き忘れてメールが使えないだけでも、かなりの不便を感じます。
しかし、音楽や読書、あるいはゲームなどは趣味の領域。個々人の楽しみ方がかなり異なっていて当たり前のものです。それが携帯電話というひとつの小さな機械に取り込まれていく、というのは、たとえ実害はなくても気持ちが悪い。これは感情面での抵抗感ですから、なかなか取り払えそうにありません。

私の携帯電話の用途は妻との通話とメールがほとんどです。これ以上の機能を求める気は今のところありません。
W32Hはお財布ケータイの対応機ではありますが、しばらく使うこともないでしょう。電話風情が財布の替わりだなんてやっぱり気持ち悪いのです。音楽は専用のプレーヤで聴くし、本は紙の書籍で読みます(ちなみに新聞は購読していません)。
古い感覚なのでしょうが、誰もが現在の「多機能なんでもできます携帯」を望んでいるわけではありません。あえて機能を省いた携帯を出してくれ、とは思いませんが...

はてなブックマークを8月から使っているのですが、英語をなんとかモノにしたい、という希望は根強いようで、英語学習法や英文表現のネタ集などが良く人気ブックマークに登場しますね。
中でも私がブックマークに追加したのは、以下のふたつです。どちらも超人気エントリですから、多くの方が読んだことでしょう。
Web 2.0 時代の TOEIC 900点超え英語勉強法 9ヶ条(blog.bulknews.net)
Web 2.0時代を生きる英語嫌いの若い人たちへの英語勉強法:親切バージョン(My Life Between Silicon Valley and Japan)
Web 2.0時代を生きる英語嫌いの若い人たちへの英語勉強法:リスニング編(My Life Between Silicon Valley and Japan)(ブックマークしてませんが関連エントリ)

私は2002年から約4年ほど、職場近くの英会話スクールに通っています。
中級者向けの給付金対象コースから始めて、2年前からビジネス英会話のUpper Intermediateクラスを続けていますが、週に1回のレッスンではそれほど実力がつくわけではないので、ポッドキャストや英会話教材の付属CDなどをiPodで聴いています。
上記のエントリでも、ある程度読むことになれてきたら、関心のあるテーマのポッドキャストや公開されているMP3ファイルを聴くことが薦められています。

つい最近も、「しぬまでいきる」でこの話題がありました。

通勤途中に1年近くiPodでリスニングをしているが、最近なんとなく聞こえてきたような感じがしてきた。

ichiyuさんがお聴きの題材はわかりませんが、耳が慣れるというのはやはり強いもので、聞き続けているうちに徐々に頭に入ってくる単語が増え、つながりはじめるという感覚をもつことが私も増えてきました。同じ題材のテキストがある場合は、「読む/聴く」を並行することで、より効果があるように思えます。
しかしなかなか集中力を維持できないのが悩みだ。

ともおっしゃるのですが、これは私も全く同じ。英語を聴きながら日本語で別のことを考えたりすると、ほとんど頭に入りません。「聴く」ではなく「聞く」、英語でいえば「Listen to」ではなく「Hear」になってしまっているわけです。

日本語を「聞いて」いる時は、他のことを考えながらでも断片をつなぎ合わせて意味を取ることが簡単にできます。これは母語だけに、基本的には聴いて理解できない単語はほとんどなく、相互のつながりも考えなくてもわかるからでしょう。
一方、英語ではわからない単語は頻出しますし、文法上のつながりも良く見失います。結果として、集中して「聴か」ないとちんぷんかんぷんになってしまいます。これがもう少し勉強を続けて語彙力が増えれば解決できるのか、やっぱりこの程度が限界なのかは、よくわかりませんが、年齢的にぼちぼち限界かな、という風にも思えます。

読むスピードも最近はちょっと頭打ち(ものによりますが、150語/分程度です)ですし、とはいえ単語を丸暗記できるほど若くはありません。
シャドーイングなどはかなり効果が期待できそうですが、なかなか実践できていません。
英会話や英文読解の学習法というのは、中級まではけっこう様々な方法があって、しかもやるだけ力が伸びるのを実感できやすいように思えるのですが、中級を少し超えてきたところからはそうそう伸びが感じられるわけでもなく、どちらかといえば頭打ち感が強くなるように思えます(というか、私がまさにその状態です)。
そんな点からも、上述の「 Web 2.0 時代の TOEIC 900点超え英語勉強法 9ヶ条」は中級から上級学習者の心をとらえたのかもしれません。
私の経験から確実にいえるのは、外国語を身につけようとするなら、少しでも若いうちから始めた方がいい、ということですね。当たり前なんですが、20代の頃の吸収力が懐かしいです。

engadetで紹介された3.5インチの大画面搭載のビデオiPodの噂ですが、添えられた予想写真(イラスト?)はなかなか購買欲をそそるイメージになってます。
ThinkSecret:本当のビデオiPodは今春登場する(日本語)
Apple still at work on true video iPod?(English)

3.5インチといえば、現在の2.5インチディスプレイの約2倍の広さ、私が使っている2代目のiPod photoに比べると...やめておきましょう。
ちょうど昨日、昼食中にひとりの上役が買ったばかりの5GビデオiPodで写真を見せてくれましたが、ディスプレイの大きさが違うだけで、かなり写真の印象が変わるように思いました(WEBサイトでも、同じような写真でも大きく表示すると全く違って見えますしね)。単に写真を見て楽しむだけでも、大画面はかなり有利でしょう。もっとも、バッテリの持続時間が心配になりますが。

また、iPodやPSPで視聴できるビデオファイルを簡単に作成できるソフトウェアやハードウェアの紹介記事も目立っています。
iPod/PSP用動画作成の決定版?変換にチャプター分割、転送までこなす無料ソフトは結構スゴイ(デジタルARENA)
カノープス、PCI Express x1対応MPEG-2/4ハードウェア変換カードなど(PC Watch)
iPodだけでなくPSPやW-ZERO3、そして携帯電話など、持ち歩いて使う機器でのビデオ視聴環境が徐々に一般化してきたこともあって、ビデオファイルを準備する環境も急速に整いつつあるように思えます(もちろん、iTMSもあります)。HDDレコーダーだけでなく、MPEG形式などでハードディスクに記録するビデオ機器なども増えてきましたし、携帯機器でビデオを持ち出すのはますます簡単になるでしょう(地上波デジタルのコピーワンスは、こうした楽しみ方を阻害してしまうものと理解しています)。

ただ、実のところ、私自身はこのところ携帯ビデオをあまり使っていません。
VAIOでMPEG1で録画し、MPEG4などにファイルサイズの小さい形式に変換して持ち出すというスタイルでNHKの語学番組などを通勤電車などでみていたのですが、半年ほど前にとつぜんVAIO純正ソフトの「ビデオエクスプローラ」がすべての録画ファイルを読み込めなくなってしまい、以来ほったらかしになってしまっているのです。
また、Zaurusのオーディオ関係が故障しているらしく、雑音しか聞こえてこないことも先日発覚。iPod購入以来、音楽プレーヤとしては使っていなかったので気がついていませんでした。

いずれにせよ、通勤電車で15分程度の語学番組を携帯機器でみるというのは、時間の活用としてはけっこう充実感あるもの。
幸い、Zaurusは同じ機種(SL-C750)を妻がもっており、最近はあまり使っていないので無期限で借りられる状態にあります。
VAIOのハードディスクで肥やしになっているビデオにもそろそろあきらめがつきましたから、また携帯ビデオライフを復活させてもいいかな、と思ってます。噂の大画面ビデオiPodが本当に春に出てきたら...うーん、かなり魅力的ですが、やっぱり買わないかも(使えるものがあるうちは、よほど大きな差がない限り買い換えをしないのが私の買い物の基本なので)。

一年の計は元旦にあり、などといわれますが、私もささやかながら毎年1月に決めていることがあります。「今年の読書方針」なるものがそれで、2004年は「新書中心に読む」、2005年は「毎月1冊は英語の本を読む」といった、まあ方針というよりは心づもり、といった程度のものです。

さて、2006年の方針ですが、ちょっと迷った末に「中学高校までに読んでおくべき古典を読み直す」に決めました。
昨年は英語の本を方針通り12冊読んだのですが、さすがに日本語よりもはるかに多くの時間を要するので読める本の数が激減。毎年100冊読んだとしても、あと40年で読める本はたったの4,000冊しかないのですから、今年は英語の本は一休みにする予定です(それでも、ゼロにするつもりはなく、ちょっとした工夫をしました。この話はまた後日エントリします)。

さて、今年これまでに読んだ本ですが、以下の通りです。
 1.「中世の光と影(上・下)」 堀米庸三著 講談社学術文庫
 2.「ファウスト(一・二)」 ゲーテ著 高橋義孝訳 新潮文庫
 3.「帝国主義」 レーニン著 宇高基輔訳 岩波文庫
 4.「リア王」 シェイクスピア著 野島秀勝訳 岩波文庫
 5.「リチャード三世」 シェイクスピア著 福田恆存訳 新潮文庫
 6.「二重人格」 ドストエフスキー著 小沼文彦訳 岩波文庫
 7.「賭博者」 ドストエフスキー著 原卓也訳 新潮文庫
 8.「RSSマーケティング・ガイド 動き始めたWeb2.0ビジネス」塚田耕司他著 インプレス

8がちょっと異質ですが、まあ「古典しか読まない」と決めたわけではありませんし、必要に応じてこんな本も混じるでしょう。とはいえ、安直ビジネス本ばかりを読み続ける気にはなれません。人生は有限なんですから。

更新が止まるまでは、読んだらエントリを書く、ということを自分に課していたために、けっこう負担感があったのも事実です。今年は、こんな感じでとりあえず読んだ本をタイトルだけでも挙げておき、気が向いたらエントリにする、というやり方にしたいと思います。
今年は40日間で上記の8種10冊、日本語だけならば月に10冊は読みたいというのが私の基準なので、ちょっと遅めです。しばらくドストエフスキーとシェイクスピアを中心に読んでいこうと思っているのですが、前者の長編小説に手をつけるとなると、数はそれほどこなせないかもしれません。とはいえ、せっかく久々に古典を読む気になったので、数は求めずにじっくりと味わっていくのがよいかとも思っています。さすがに英語を読むよりはずっと早いでしょうから。

2004年3月2日にスタートした「d-mate weblog」は2005年4月5日のエントリ最後に更新が滞ってしまいました。
何があったわけでもないのですが、ちょうどGWに長期旅行にでかけたり、この時期に異動となって仕事の内容がかなり変わったことなどもあって、なんとなく放置してしまったという次第です。
放置している間に、海外からのトラックバックスパムが山のように押し寄せ、あっという間に手の施しようがなくなりました。おそらく毎日数十件ものスパムが書き込まれていたと思います。これらをかなり時間をかけて消し、バックアップしたエントリやコメントを新しいサーバにインポートしてようやく復旧できました。こちらは、MovableTypeも新バージョン(3.2-Ja-2)ですので、ある程度のスパムを防げるのではないかと思っています。
せっかく引っ越しましたので、またボチボチと再開したいと思います。ちょっと文体もかわってしまいましたが、このあたりは今後もこのままか、元に戻るかは未定。気分次第というところでしょうか。

このアーカイブについて

このページには、2006年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2005年4月です。

次のアーカイブは2006年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja