2005年4月アーカイブ

【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

I found this book on the author’s weblog 'OnlyOnce.' The author of the weblog, Matt Blumberg is a CEO of ReturnPath, a consultant of e-mail marketing.
I like his weblog because his articles are really impressive and informative one about online communication and start-up.
I'm also reading "Beyond Bullet Points" by Cliff Atkinson who is the author of nice weblog 'beyond bullets.' These are the first and second book I found from weblog, bought and read.

This book is the good guide for marketers who want to be an expert in e-mail marketing.
I know some books published in Japan that describe how to write individual e-mails, but don't know ones that illustrate the basis on the e-mail marketing. I think this book is the best one about fundamental of online promotion.

It has three parts. I was really impressed by the first part, 'Content Strategies.' Since there are some differences in list building method and regulation between the US and Japan, the second part is partly useful. But contents the customer needs are the almost same.
I think I can use the first part of this book as a textbook for e-mail marketing. This part is really practical and useful.
And the third part about measurement of e-mail marketing is also good. There are many practical methods.

It seems that e-mail is facing its crisis because of increasing spam.
In fact, I receive over 100 spams a day and my spam filter is incapable. They say in this book that spam blocking technology is getting better, but I feel situation is getting worse day by day.
E-mail is really useful and one of the most important infrastructure in our life. I really want the technologies that can eliminate spam. Without anti-spam technologies, e-mail could be a garbage can.

Even though I'm not so good English reader, I read it in a short term because authors write in very simple and easy to read sentences.
I recommend this book to all marketers.

私が普段読んでいるweblogは50弱ある。
もちろん、これだけのweblogを手動で巡回することなどできない。いろいろとトライアルを繰り返した結果、いまはBloglinesを使っている。更新のあったweblogだけを効率よく見ることができることだけでなく、普段使っているのと違うPCを使っているときでも同じリストが使えるというメリットが手放せない。

そんな巡回先のひとつに、「Blogging Planet ENG」があるのだが、先日「企業がRSSフィードを使う10のアイディア(Ten Ideas for Corporate RSS Feeds)」というエントリが上がった。
スパムのために機能不全に陥りつつあるeメールに代わって、RSSフィードが企業にとって有効なマーケティングのツールとなる、という主張の記事だ。ちょうど前のエントリでも紹介した「OnlyOnce」のMatt Blumbergが著書「Sign Me Up!」で述べている、「スパムはソフトウェア会社やプロバイダの協力によってじきに解決される」という主張とは逆の見解といえるだろう。

RSSリーダーには勝手に送り込まれてくる情報はない。すべて読者自身が選んで登録したものだけ。
しかも、読まなくなったら自分のリストから削除するだけで良く、情報の送り手に自分の情報を一切渡さずに済む。現在のeメールによる情報受信における問題をすべて解決するものであるように思える。

とはいえ、RSSリーダーそのものの普及率は依然低い。
インターネット利用者のほとんど100%はeメールを受け取れるだろうが、RSSリーダーを使っているのは8%に過ぎない(「その RSS リーダーは必要か」Japan.internet.comによる)。Matt Blumbergが指摘しているとおり、RSSリーダーはマーケティングツールとして使えるクリティカルマスを超えているとはいえない。

加えて、RSSサーチエンジンやRSSアグリゲータの存在を考えると、RSSは決してスパムフリーとはいえない、という主張にもうなずける。
RSSがeメールをめぐる問題の多くを解決するとしても、RSSリーダーが普及することには多くのスパマーがその利用法を考えつき、同じような情報洪水に私たちをさらすのだろう。

また、配信されるRSSの内容によってはエントリの全文が読めてしまうため、あえてそのサイトを訪れないで済ませてしまう、というのも確かだ(このサイトもまさにその”全文読めてしまう”タイプ)。「むだづかいにっき」のえっけんさんの指摘通り、アクセス数を稼ぎたい発信者にとってはありがたくないものだろうし、ましてやマーケティングのツールと考えると記事の周囲に広告やキャンペーンの案内を配して待ちかまえても効果は低いことになる。

eメールにせよRSSフィードにせよ、便利なツールにはそれなりの問題もある。
しかし、それを乗り越える活用の工夫というのは考えられていくのだろうし、その工夫が大きな競争力の差を生んでいくのだろうと思う。
RSSの活用は始まったばかりだ。この新たな可能性からどんなマーケティング手法が生まれてくるのか、しばらく注目していきたいと思っている。

「OnlyOnce」というweblogを書いている、eメールマーケティングのコンサルティング企業のCEO、Matt Blumberg氏他による本。
150ページほどと薄く文章も平易なので、洋書としてはあっという間に読んでしまった。
とはいえ、私にとっては、ということ。具体的には3月の3連休に50ページほどを読み、そのあとは通勤電車で4日間、土曜日に病院のロビーで読了の実質8日間。この間、「Harvard Business Review」なども挟んでいるのでなかなかのペースだったように思う。

いきなり余談だが、私のメールボックスはスパムメールであふれかえっている。
これは、もともと持っていたWEBサイト(毎日のユニーク訪問数が100件ほど)でアドレスを公開していることによるのだろうが、毎日届くスパムは50~100通ほどにもなる。メールクライアントであるBecky!にはスパムフィルタリングのアドインを設定しているものの、増え続けるスパムには必ずしも有効ではない。
こんな状態だから、差出人名などでメールを振り分けることは重要なメールを見落とさないために不可欠だ。
同時に問題もあって、登録したメールマガジンを一度振り分け設定してしまうと、今度は目につかないので読まなくなってしまう、という弊害が生じる。現に、私は両手に余るメールマガジン登録していながら、ちゃんと目を通すには数種類に過ぎない。

eメールは低コストで豊富な情報を届けることができ、しかもWEBサイトへの誘導も簡単なことから、非常に有効なマーケティングの手段であることは間違いない。
本書の中でも、有効なeメールは極めて大きな効果をもたらすことが繰り返し強調されている。
しかし、売りを急ぐあまりにメールの内容が商品やサービスの告知ばかりになっては、読者は離れていくのだと著者等は警告する。読者は自分にとって役立つ情報を求めて登録するのであり、押し売りを招き入れているわけではないのだ。

本書は3つのパートで構成されている。
特に、読者を惹きつけ、維持していくためのメールコンテンツを作成する方法について書かれた第1部が、日本の読者にとっても関心の高いところではないだろうか。この部分だけを訳出してパンフレットに仕立てても良いかもしれない。
第2部はクリーンなリストの作り方と維持の仕方(何がどうあってもスパマーとみなされないように、というのが著者等が最も心を凝らしているところだ)、そして第3部はeメールマーケティングの効果測定と問題の修正に関わる内容だ。

私が普段読んでいるメールマガジンは数種類と書いたが、それらはいずれも私にとって関心のある情報が掲載されているものばかりだ。
確かに著者の主張通り、自社の商品を並べてこれがお買い得ですよとWEBショップへの来店のみを呼びかけるものは読まなくなってしまう。
とはいえ、読者には喜ばれても、販売にまったく寄与しないメールマガジンを発行し続けるわけにはいかない。そのバランスをいかにうまくとるかが重要だ。

著者は本書の最後にこう記している。

When someone says, "Sign me up to your newsletter" and gives you her email address voluntarily, she is essentially saying, "Sell me something, please." You can't get a better marketing opportunity than that.

確かに、私たちがメールマガジンに登録するのは、その企業の商品やサービスに関心があるからで、しかも、その企業が信用に値すると判断したからこそ。顧客の側からのこうしたアクションを無駄にするのはもったいない。
発信されたメールは、読者に開かれるかどうか、販売につながるクリックをさせられるかどうかという、熾烈な競争にさらされている。確かに低コストではあるが、それゆえ企業の英知を結集して顧客に選ばれるメールづくりが、競争優位を築くうえでのポイントとなるだろう。eメールマーケティングに投資し、人材を投入し育成している企業と、おざなりにしている企業との差は、今後どんどんと開いていくだろう。

このアーカイブについて

このページには、2005年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2005年3月です。

次のアーカイブは2006年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja