2005年2月アーカイブ

【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

「Best Face Forward」はあと10ページほどとなった。
先が見えたところで、通勤で読むのは次の本に取りかかってしまっている(そのせいで、自宅で軽く読み終えるはずだった「Best~」が結局まだ読了できていないのだが)。
次なる一冊は、予告通り「Connective Selling」なのだが、これは主に営業担当者を対象として顧客との関係づくりから大きな取引を獲得するための活動やコミュニケーションのステップを解説したもの。いってみれば、営業ノウハウ本といったところか。読み始めて4日目だが、現在75ページ目。英文は比較的平易なのであと1週間はかからないかもしれない。
2月の上旬に購入した本がなかなか届かないので、次の本を早めに頼んでおくことにした。いつも通りに注文の手続きをして、内容を確認してあっと驚いた。

HBR(Harvard Business Review)の2004年12月号に掲載された、IBMのCEO、Sam Palmisano氏のインタビュー記事「Leading Change When Business Is Good」が早くも「DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー」の最新号である2005年3月号に「IBMバリュー:終わりなき変革を求めて」として訳出された。
こうも早いと、英語を読み終わらないうちに日本語になってしまい、なんだかかなりの無駄をしているように思える(実際、日本語の何倍もの時間をかけて同じコンテンツを読んでいるのだから、時間の無駄遣いには違いないのだが)。
それはそうと、この記事を読むと改めて経営トップの役割は組織の方向を定め、行動の基本となる価値観を示し、望ましい風土を醸成することにあるのだと確認できる。

Banning bullet points

| コメント(0) | トラックバック(0)

This article is trial to write in English to send a trackback to a weblog in English.
After the article in English, I'll place the same article in Japanes. So if you want to read it in Japanese, please scroll down. (Because of my skill of writing in English, I guess Japanese article would be more intimate one.)
As you can see, other articles in this weblog are written in Japanese. I think I'll try to write articles in English on occasion.

Cliff Atkinson wrote about banning bullet points on his weblog 'beyond bullets'.
It is one of my favorate. His articles are so precise and concise that these are easy to understand for me even though Engilish isn't my mother tongue. I'm really interested in making a effectve presentation and I think Cliff is one of the presentation gurus.

In this article, he is introducing a research by Dr. Richard E. Mayer. The research says that removing texts from multimedia presentation increases retention and transfer considerably.
You bet! I have realized that every chance I have made a presentation. More text I put on slides in depth, less concentration from audiences. If I send my PowerPoint document in advance, every audience do not listen to me and prepare to make some skeptic questions.
I usually make presentations to initiate new businesses. In these cases it's important to impress people about a chance and a potential of the particular business. This means the thing I have to communicate is EMOTION. But presentation with many text will communicate about data, digits in the profit-loss statement, or other details.

I also read Blad Feld's article that sent a trackback to the Cliff's article and Seth Godin's.
As an audience, I always feel like Blad says, "shut up - I'll just read it". I found I did the same torturous things to my audiences!
The Seth's article is really helpful. In my opinion, almost all PowerPoint documents in my company walk into traps he pointed. PowerPoint became one of the most impotant tools to making business documents. But we use it as a new breed of the word processor or page layouting software, not as a tool for presentation or communication.

I think I should change my presentation.
Off course I ordered Cliff's book 'Beyond Bullet Points' in advance. Amazon.co.jp says they'll ship it in the first half of March. I'm really looking forward the arrival of the book.
Cliff is making a great offering, we can download chapter 1 of the book. I read it and place more expectation on the book.
I'll recommend it to my colleagues, but I think most of them will never read it, until it is transrated into Japanese. But if I can make a good presentation with a new style, they'll follow me. One of the commonest template of PowerPoint presentation in my company was disigned by me!

Japanese article starts from here. ここから日本語
英文のweblogにトラックバックをするために、実験的に英文での記事を書いてみる。
日本語を書いてから英訳すのでは、私の能力では訳しきれないだろうから、まず英文を書いてから同じ内容の日本語の文章を書いてる。もちろん、多少のニュアンスの違いは出てしまうだろうが、それはやむを得ないかな、と思う。チャレンジしなければ訓練にもならないのだし。(もし、お読みになって英語のまずいところとか、もっと良い表現があるよ、といった点に気がつかれたら、ぜひコメントでもトラックバックでもお寄せください。よろしくお願いします)

首都圏の書店で、洋書といえば丸善だろう。
高校の修学旅行で東京に来たとき、グループメンバーを必死で説き伏せて神田での自由行動時間を作った。SFファンだったのでハインラインやニーブンを洋書で読んでみたい、田舎では実物を見ることさえできなかった「SF Encyclopedia」を買いたい、と思っていたのだ。しかし、丸善に勇んで入店したは良いが圧倒的な物量にとまどい、結局目指す本を見つけられずに目についたペーパーバックを数冊買って逃げ帰ったつらい思い出がある。
店員に尋ねれば良さそうなものだが、小遣いも限られていたので実物を見て高かったら買えないし、わざわざ訊いておいて買わずに買えるのは恥ずかしかった。まあ、高校生なんて自意識の塊なのだ。
行動範囲の関係で、最近多く利用する丸善は、丸の内の「OAZO」にできた店だ。いまでは洋書コーナーでも堂々としてはいるのだが、実際に洋書を購入することは少ない。
理由はもちろん、Amazonがあるせいだ。

いま読んでいるのは、HBR(Harvard Business Review)で読んだ記事をきっかけに購入した「Best Face Forward」。読み始めて1週間になるのだが、3連休には読書時間を作らなかったこともあって、まだ90ページ目のあたり。本文は228ページあるので、40%と少しのところだ。

ディズニーの経営といえば、まず多くの人が思い浮かべるのがテーマパークにおける顧客満足の追求と、その成果である高いリピート率ではないだろうか。
日本においても、東京ディズニーランドの人材育成や人材活用に関する書籍は何種類も出ており、ディズニーのアニメーション映画やショーに関心はなくても、その経営におけるマジックには大いに惹かれている方も多いに違いない。
本書「Disney Magic:Business Strategy You Can Use at Work and at Home」は、世界最初のディズニーテーマパークであるDisneylandを創り出したとき、Walt Disneyが考え、実践した数多くの”マジック”を、読者が仕事だけでなく家庭でも応用できるように解説している。

Amazonのおすすめリストは実に良くできた仕組みだと思うが、ときおりいらだたしくなることもある。
以前、塩野七見氏の「ローマ人の物語」のひとつをウィッシュリストに加えていたところ、他の巻がおすすめリストに次々と入ってくる。本自体は他の書店で購入していたので、”持っています”を次々にチェックしたところ、今度はおすすめの上位が塩野氏の他の著作で埋め尽くされるという事態に。「ローマ人の物語」は文庫版だと16冊出ているので、すべて購入している私は相当の塩野ファンとに判定されたわけだ。だが、私は「ローマ人の物語」は好きだが塩野氏のファンというわけではない。あまりに鬱陶しくなったので、「ローマ人の物語」をおすすめに影響させないよう、ひとつひとつ設定を変更して私のおすすめリストは平常に戻った。
Amazonのおすすめ機能が抱える最大の限界は、私が関心を持ち、評価している本なりCDなりをすべて登録しないと、まともなリストは提示されないということだ。当然だが、そのためにはすべての購買をAmazonで行うのが簡単だということ。それがAmazonの望みかもしれないが、顧客としてはそんなふうに店に縛られる必然性もメリットも薄い。一方で、質の高いおすすめ情報はほしい。
これを解決すべくRichard T. Watson氏が提示するのが、HBR(Harvard Business Review)の2004年11月号に掲載された「I Am My Own Database」だ。

HBR(Harvard Business Review)の記事を読むとき、私がけっこう楽しみにしているのが著者紹介欄。
大学の先生あり、コンサルタントあり、あるいは企業の幹部ありとさまざまで、特に著者の多くが大学の講師であり、研究者であることが目を惹く。日本でも野中郁次郎氏や竹内弘高氏など、ビジネスパースンにも広く読まれる研究者が存在するが、やはりアメリカは規模が違う。ビジネススクールなどという、金儲けの秘訣を教える大学があちこちにあるくらいだから、そこで教える研究者もまたビジネスの主体であるのは自然なこと。その是非はともかく、研究者もまたビジネス世界のひとつであるのは間違いない。
となれば、自らの研究成果をできるだけ広く知らしめ、評価を受けてキャリアアップや収入のアップを目指すのは当然。HBRに掲載される記事もまた、近々発売される自著のイントロダクションであることも多い(そして、その多くはHBS Pressからの発売なので、ハーバードにとってもビジネスになるわけだ)。

英語の本ばかり読んでいるわけではない。久々に感想を書く日本語の本は、「マイルスを聴け!」である。もっとも読んだのは昨年なのだが。
表題にあるとおり、改訂を重ねて遂に第6版、全作からさらに多くのブートレグ盤を追加収録し、今回もまた最大最高のマイルス・デイヴィスのCDカタログとしての地位は揺るがない。

HBR(Harvard Business Review)2003年12月号の記事から、Jay A. Conger氏とRobert M. Fulmer氏による「Developing Your Leadership Pipeline」を取り上げる。
この記事のテーマは、「Succession Planning」すなわち経営者の後継者問題と、「Leadership Development」つまり組織としてのリーダーシップの開発。このふたつは別個の課題ではなく同じものであり、人事部門に任せてはならない全社課題であるというのが、著者たちの主張だ。

ドで英文の記事が読めているわけではない。12月頃から読んでいた記事から、順にエントリのネタにしているだけだ。
軽く検索してみると、英文を読むスピードは”とりあえず1分間に100~150語を目指そう”とされているようだ。もちろん、サイトによって差はあるものの、まずは初級者が目指すべき水準といって良いのだろう。
で、問題は私のスピードだ。
たとえばHBR(Harvard Business Review)の定期購読者が読める過去の記事をプリントしたもので数えてみると、1行あたり12~15語でA4サイズに40~45行/ページといったところで、ならすと550~600語くらい。これを読むのに5分内外かかっているので、1分間に100語はなんとかクリアしている、というところだろうか。

HBR(Harvard Business Review)の記事より、2004年12月号掲載の「Best Face Forward」を紹介する。著者はMarketspaceというコンサルティング会社のJeffery F.Rayport氏とBernard J.Jaworski氏。
多くの企業が共通してもっている顧客とのインターフェイス、コールセンターやWEBサイト、あるいは店頭などのサービスオペレーションが、しっかりと統合されているケースは少なく、顧客サービスによる差別化のためには、こうした顧客インターフェイスのリエンジニアリングが必要であるとする。

このアーカイブについて

このページには、2005年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2005年1月です。

次のアーカイブは2005年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja