2004年11月アーカイブ

【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

講談社現代新書の装幀リニューアルについては以前も酷評したのだが、「講談社BOOK倶楽部」で担当したデザイナーのインタビューを読むことができた。
結論からいえば、”目立てばそれで良い””ホラ、個性的でしょっ”とでも言いたげなデザイナー氏の自意識には暗澹たる気分になってしまう。なんとこのデザイナーは書店に並ぶ新書のタイトルがみんな明朝体だから、わざわざゴシック体を選んだのだそうだ。おまけにこの装幀が10年後20年後に「クラシックに行ける可能性」を持つ、「未来から発想する」デザインなのだそうだ。
いやはや、自意識過剰を通り越して単なる勘違いというしかない。

実をいうと、このエントリのタイトルで生まれて初めて<萌える>と変換したように思う。たいしたことではないのだが、なんだか数年遅れでキャッチした流行を嬉々として使い、哀れみの視線を送られるオヤジになった気分だ。
さて、この本はお薦め。会計について初歩の知識も持たない読者でも、本書を理解すればある程度固い内容の本に進める、絶好の入門書と評価できる。

以前、「HPO:個人的な意見」でひできさんによる書評を拝見して記憶しており、先日、初心者向けに決算書読み取りの書籍を推薦する必要があって購入、読了した。
ひできさんは、著者のセミナーを直接聞いており、本書だけを読んだ私とは印象がかなり異なるであろう(著者からその考え方や背景を説明されれば、本には書かれていないいとまで読めてしまうのだから)ことは間違いない。本書だけを読んでの私の感想は、表題の通りである。

@niftyが、Nifty-Serveとして運営してきたパソコン通信サービスの「TTYフォーラム」を全廃すると発表した。
私がNiftyの会員となったのは1989年か90年頃。当時のパソコン通信における最大の魅力は、数多くのフォーラム(特定のテーマに沿った電子会議室群)にあったといって良く、いくつかのフォーラムに登録した。雰囲気に合わずに読まなくなったものも多かったが、あるフォーラムではSysOpグループと呼ばれる運営スタッフの一員にもなった。私の20代の少なからぬ時間は、Niftyのフォーラムとともにあったといえる。
そのフォーラムに静かに幕が引かれようとしている。

文庫本6冊分(「ルビコン以前 上中下」「ルビコン以後 上中下」)という分量ではあるが、もちろんそれほどの時間はかからない。もともと11時間にもなる飛行機での移動用に買ったものだが、往復とも席に恵まれず、ほとんど読めずに戻ってから通勤電車と新幹線で読了。
カエサルという人物について、今さら私が何か新しいことを指摘できるわけもないが、強く印象に残ったのは、ローマという国家がその体制を造りかえる人材の芽を摘まずに、保全する知恵を持っていたということだ。

私の英語がかなりひどいものであるのは繰り返し書いてきたとおりだが、会話がなかなかスムーズにできない理由のひとつに、主語と述語がはっきりした文章で話そうとしているうちに混乱してしまうことがある。
ある程度組み立てながら喋るので、どうしても時間がかかってしまいリズムが悪いのだ。おまけに、途中で適当な単語が思い出せないと言い換えるのに時間を要する。基礎的な単語を組み合わせればなんとか通じるといわれても、やはり表現したい事柄にもっとも適した言葉を選びたいと思うのだ。
多くの英会話テクニックでは、こうしたこだわりは捨てるべきとされている。単語力がなくても、文法に間違いがあっても、積極的に伝えたい気持ちがあればなんとかなるものだと。おそらく私のレベルではその思い切りが必要なのだろう。
けれど、その方法では限界があることも確かだ。

「<癒し>のナショナリズム」に関するエントリでも書いたが、自分を”健全な”とか”普通の”と形容することは実に危なっかしい。
何を持って普通で健全とするのかを示さずに、漠然と私は普通です、と規定してしまうことは、自分とは違う存在を”あれは異常、普通じゃない”と否定する態度に簡単に変化しかねないものだ。
こんなことを書くのも、「情報ライブEZ!TV」なる不快なTV番組の不快な特集を観てしまったから。

本への渇望

| コメント(0) | トラックバック(0)

たった2週間のアメリカ滞在中に我ながらあきれたのは、書店を見かけるとついつい入りたくなってしまったことだ。
私はこれまでに英語の本を読了したことは2度しかない。半分まで読み終えたのも含めてやっと4~5冊といったところ。今回も「Harvard Business Review」の記事をいくつか読んだが、だいたい1ページあたり10分を要するので、ひとまとまりの記事(まあ、10~15ページくらい)に2時間近くは要する。
そんなわけで、私が英語圏の書店に行ったからといって、そこら中の本が読めるわけではない。にもかかわらず、書店を見るとついフラフラと入り込み、結構な時間を過ごしてしまう。


「技術系サラリーマンの交差点」経由で、知った「Life is beautiful」での呼びかけ。『「お題」は「自分が少数派になるだろう項目ベスト10」である』とのことで、考えてみた。

牛丼の味

| コメント(0) | トラックバック(0)

アメリカ滞在中に、近所に「吉野家」があるというので立ち寄った。
私は舌が貧しいのか、アメリカに1,2週間滞在していても食事で音を上げるということは全くない。もちろん、風邪をひいたりなど体調を崩せば別だが、チーズとトマトはもう嫌だ、といった状態にはならない。
そんなわけで、旅行中に日本食が恋しいだのうどんが食べたいだのといった感覚がまったく理解できないのだ。今回もニューヨークの街中で大きく「うどん」と書かれた店を見かけたが、中は日本人観光客で一杯だった。せっかくの短い滞在なのに、なぜそううまいとは思えないうどんを食わねばならないのだろう。所詮は人ごとなので口を出すことではないのだが、もったいない、と思ってしまう。
とはいえ、今回の吉野家に関しては、日本初の食べ物でありながら現時点では日本で食べられないこと、そして再開の見通しも立っていないことから、一口乗ってみたもの(団体行動の日だったので、私が嫌だといっても食事場所が変わる可能性がなかったのも事実)。

しばらく海外にいたこともあってweblogの更新も止まってしまった。
さて、数週間ぶりに日本の書店を覗いて文字通りのけぞった。新書コーナーに見慣れない極彩色の背表紙がズラリと並んでいるではないか。いったいどこの悪趣味な出版社が新書参入したのかと思いきや、なんと講談社現代新書のリニューアルなのだった。
もともと、私には新書といえば岩波、中公、そして講談社の現代新書とブルーバックスという思い込みがある。これら3社は私の中ではやはり別格だ。このところの新書ラッシュと、その割には市場全体はそれほど伸びていないという環境下で、おそらく部数の伸び悩みが顕著だったのだろう。WEBサイトによれば、創刊40周年の節目を迎えての33年ぶりのリニューアルだという。

このアーカイブについて

このページには、2004年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2004年10月です。

次のアーカイブは2005年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja