2004年9月アーカイブ

【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

レンズ交換型の一眼レフデジタルカメラ(以下、デジタル一眼)に関心のないかたには、よくわからないタイトルかもしれない。けれど、この話題はデジタルカメラ関連の掲示板で登場すると必ずといって良いほど”荒れる”テーマといって良い。
デジタル一眼のカタログを見ると、「レンズ焦点距離は35mmの1.5倍相当」といった表記が見つかるが、これは、従来のフィルムに比べてデジタルカメラのフィルムに相当するCCDやCMOSといった半導体の大きさが小さいため、同じレンズを使っても写る範囲が狭くなることを示している。ちょうど、写真の中央部分を切り出したものと考えれば良い。ニコンでは、デジタル一眼の全ての機種でこれが1.5倍相当に(つまり300mmのレンズで450mmと同じ範囲が写る)なるよう共通化されており、「DXフォーマット」と称している。
この半導体(撮像素子と呼ばれる)の大きさが従来のフィルムとまったく同じになれば、同じ範囲が写ることになり、これが一般に”フルサイズ”と呼ばれている。
4年ほどデジタル一眼を使っているが、私にはこの”フルサイズ信仰”がどうも理解できない。

このweblogで、なんどか「新しい歴史教科書をつくる会」(以下「つくる会」)の歴史と公民の教科書を取り上げた。
その内容について正面から取り上げるためにはまず教科書そのものを読む必要があるのだが、どう考えても時間の無駄でしかなさそうに感じられ、今のところそのつもりはない。今後、この教科書の採用が広がるという動きでもない限り、教科書そのものにはあまり大きな関心は持てない。
一方で、私が大いに関心があるのはこうした教科書づくりが一部のアナクロニスとだけによって進められたのではなく、いっときは比較的広範な市民の活動に依拠していたということだ。

「HPO:個人的な意見」で決算書分析に関する書評が掲載され、大いに頷く点があった。
そう、決算書を読むことなど、決して難しいことではないのだ。ほとんどのビジネスマンが決算書を読むときの目的は、企業の競争力分析など戦略構築の参考情報とするか、取引の開始や拡大にあたっての信用状況の確認といったものだろう。なにも巧妙に仕組まれた粉飾決算を見抜けとか、買収のために企業価値を算定せよといわれているわけではない。
多くのビジネスマンが必要とされる目的に応じた決算書分析とは、パターン化された一連の数字の確認でしかないとさえいって良い。

昔、といってもほんの10年くらい前、電子メールや掲示板といえばパソコン通信を指していた頃、特定テーマごとの電子会議室の集合体であるフォーラムの運営者にとって、”どこまでローカルルールを作るか”がひとつの悩みどころだった。
まったく定めなければパソコン通信事業者の規約だけがルールとなるが、規約がきちんと読まれていないケースへの対応や、各フォーラムの事情によって、まったくゼロというわけにはいかなかった。一方で、事細かくルールを作り、コミュニケーションを阻害するようなものにはしたくないという感覚も、かなり共通したものだったと思う。
当時から大手パソコン通信以外にも草の根BBSが多く存在していたが、個人が思い立ってすぐに掲示板や電子会議室のサービスをもつことは難しかった。あるテーマについて話したいと思えば、それを扱うフォーラムを見つけて入会するのが近道だったので、自然と雑多な考えをもつメンバーが集まり、諍いを防ぎながら活発に議論をする知恵が共有されていったように記憶している。
今や、掲示板を個人で運営することは極めて簡単、weblogというコミュニケーション機能を組み込んだWEB構築の仕組みも気軽に使えるようになり、いわばだれもがコミュニティを形成でき、コミュニティ同志が緩やかにつながることでさらに拡大している。これは、パソコン通信のような限られた場において発達した知恵の有効性を大きく後退させもした。

教育基本法の改定論議など、このところ「愛国心」にまつわる話題が多い。数年前に「新しい歴史教科書をつくる会」による日本史と公民の教科書が検定を通過したときにも、メディアでは大いに報道され、その内容についての批判(と、私の記憶では少数の賛意)が表明された。現実に当該教科書によって授業を行う学校は極めて少数で、おそらくこの教科書が日本中の教育現場で採用される可能性は当面は低いだろう。
しかし、一方では「心のノート」という、教科書ではないために検定などのプロセスもさしたる議論も経ずに教育現場に広く行き渡り、使われはじめている教材が存在している。文部科学省が進める施策だけに、「つくる会」の教科書よりもはるかにスムーズに、かつ効果的に浸透しているように思われる。さらには「愛国心」を盛り込んだ教育基本法の改定論議など、徐々に堀は埋められつつある。

私は、本に巻かれている帯というのがどうも気にくわない。
もちろん、帯に書かれたうまいキャッチフレーズで思わず手に取ってしまうこともあるのだが、むしろ思わせぶりな、あるいは売らんかなの姿勢にあふれた宣伝文句に辟易とすることのほうが多いのだ。
この一冊もそのひとつ。なんと「机上の理論をぶっ壊す!」と勇ましい言葉が踊っている。
ここに書かれる文句は、ほとんどの場合著者のあずかり知らぬところで出版社サイドが勝手に決めるものと聞く。できが良ければいいのだが、例えば本書の場合、せっかくの内容を誤解させるもののように思われる。

久々に手にとって奥付を見たところ、2002年の春に買っているようだ。読了後本棚に置きっぱなしだったのだが、会社の研修での副読本として推奨されていたので、再読した。
初回にも感じたことだが、本書はマーケティングを最初に学ぶものにとっても、ある程度基礎知識を身につけたあとでの応用編を望む読者にとっても、極めて優れた一冊だ。読みやすく、親しみの持てる事例にあふれ、しかも成功のためのポイントがまとめられている。

前回のエントリは、いつもの悪い癖で長い割には内容が薄かったと反省している。”コンテンツをできるかぎり自己のサイトに置く”というステートメントへの共感だけで書いてしまった。
トラックバック先の「自分の足跡を管理する」に「酔うぞ」さんが書き込んでおられたコメントに触れて考えたことを書いてみたい。

このアーカイブについて

このページには、2004年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2004年8月です。

次のアーカイブは2004年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja