2004年8月アーカイブ

【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

自サイトで書く

| コメント(0) | トラックバック(1)

「技術系サラリーマンの交差点」でのエントリ「自分の足跡を管理する」を読み、私自身が掲示板や他のweblogにコメントを残すことに抵抗を感じている理由を解き明かしてもらったように感じた。

単行本が出た時に迷ったが買わなかった2冊、文庫化されてそれぞれが上下巻の大部となった。夏休みのお楽しみとして買い、結局これらのために夏の課題にしていたコトラーの「A Framework for Marketing Management」が全くはかどっていない(というのも、言い訳なのだが)。
と学会が取り上げるトンデモ本といえば、いつもならUFOやら異次元からの存在やらが登場して地球を滅亡させたりするものがほとんどで、著者も怪しげな研究者や自称ジャーナリスト、あるいは教祖様やその側即といったところだ。しかし、本書が題材とするのはタレント本やダイエット本の類い、そして恋愛に関するおびただしい数のトンデモ本たちだ。もっとも、題材のほとんどを私は読んでおらず、またあまり関心もない。トンデモの”女の世界”や”愛の世界”について語れることは少ない。毎度のことながら感想としては大きく脱線するがご容赦を。

すっかり更新頻度が下がってしまっているのだが、本を読んでいないわけではない。8月に入って最初に読んだのが、この話題の2編。それぞれ上下巻の大部ではあるが、この手の小説の常として長さは気にならない。
「ダ・ヴィンチ・コード」のほうは全米で650万部以上売れた。普段ならベストセラーは読まないのだが、信頼できる複数の知人が推薦しているのを聞き、それではと手に取った次第。

記事が消える

| コメント(0) | トラックバック(0)

weblogをスタートしてもうすぐ半年になる。当初から毎日の更新などはできないと思っていたし、実際に週に2,3回というペースで落ち着いてきている。
夏休み中は時間があるのでいくつか書こうと思っていたのだが、かえって時間があると良くないようで、結局は何もせずじまい。weblogに手を入れたことといえば、コメントスパムを見つける都度削除したことと、「Living in Clover」エントリ「2929BLOG」エントリを元に、登録した記事をカテゴリ別に一覧できるサイトマップを置いた程度(上記のweblogに感謝いたします)。

本書で指摘されている、憲法や教育基本法を巡る昨今のきな臭い動きは、戦後ずっと続いてきた復古調の改憲への言論とは、少し違っている。それは明治への直接的な回帰や、帝国主義的な拡張主義・覇権主義を正面に押し出すものではない(もしそうなら、あっという間に反対に遭い葬り去られるだろう)。むしろ、家族やふるさとへの愛着、公共心、そして社会への参加や環境保全など、多くの人々が共感するテーマから「国を守る」「国を愛する」方向へと徐々に人々を追い立てていく。
学校教育の場で、まさにこうした意図を持った「心のノート」が導入されていることの危険性は、「心を商品化する社会」「教科書が危ない」などに詳しく、このweblogでも採り上げてきた。私が気に入らないのは、家族や郷土に対する愛情といった、誰もが否定しない価値を巧妙に「国家」という権力への忠誠に置き換えようとするやり口だ。堂々と「国家に忠誠を誓わぬ者は非国民だ」と宣言してみろ、といいたくなる(それはほとんどの日本人には受け入れられない価値観だとわかっているから、小狡い手を使わざるを得ないのだが)。

「朝鮮半島をどう見るか」を読んでのエントリにMAOさんからいただいたコメントにて紹介のあった本。実をいえば関川夏央氏の著書は初めて。名前は聞いていたもののなんとなく手を出せずにいる作家は意外とたくさんいるもので、こうした交流から幅を広げられるのは実に楽しい。

急がないビール

| コメント(0) | トラックバック(0)

スローライフなどという柄ではないが、ビールに関していえば世の中みんな急ぎすぎなんじゃないかと思う。居酒屋に座るなり「生4つ!」と”とりあえず”注文し、届くなり半分ほどを一気に飲んで、ようやく落ち着く。夏場のビールはそんな風に消費されている。
その”生ビール”がキリンなのかサッポロなのか、ほとんどの人は気にしていないし、喉の渇きを一気に癒すのに違いがわかるものでもない。メニューの”生ビール”の下に小さく”Draft Beer”とあっても、”生は英語でDraftなんだ”と納得されておしまい。みんなビールが好きなのに、ビールにはなんの関心もないかのようだ。焼酎や日本酒ならば原材料が何で製法がどうで、といったうんちくをかたむける人も、ビールは一種類存在していれば良いかのようだ。

スペインの歴史についてはいくつか読んできたつもりでいたのだが、「カトリック両王」から「女王ファナ」を経てカール5世によるハプスブルク世界帝国の成立にいたる、いわばスペインがヨーロッパ随一の強国になっていく課程で消えた「アラゴン・カタルーニャ連合王国」についてさほど注意を払わずに来たことは、注意力の欠如といわれても仕方がない。しかも、私が読んできた多くの本でのカトリック両王とは「カスティリアのイザベル」と「アラゴンのフェルナンド」と表記されていたように思う。

このアーカイブについて

このページには、2004年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2004年7月です。

次のアーカイブは2004年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja