2004年7月アーカイブ

【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

会議室マニア

| コメント(0) | トラックバック(0)

会議室が大好きな人たちがいる。注意すべきなのは、彼らが好きなのは会議ではない、あくまでも会議室だ。
会社には大小いくつかの会議室が設けられていることが多いが、私の勤務先では6つある会議室はほぼ毎日、常にだれかに使われている。会議を招集する際にもっとも困難なのが、メンバーのスケジュール調整ではなく会議室の確保であるほど、その利用率は高い。
もともと人数の多い事業所で、しかも営業所ではなく本社部門なので打合せや会議の数が多いのが、この会議室需要の最大の理由だが、必ずしも唯一のそれではない。会社には、どういうわけか会議室が大好きな人たちがいるのだ。

先日読んだ『「こころ」を商品化する社会』でもその問題が指摘されている「心のノート」についてまとまった論評を求めていたところ、タイミング良く岩波新書から本書が刊行された。
残念なことに、「心のノート」だけを集中的に取り扱ったものではなく、前半部は数年前に話題となった「新しい歴史教科書をつくる会(以下、「つくる会」)による歴史と公民の教科書にページを割いている(ただ後で述べるように、この教科書の問題点について継続的に言及し続けることは重要だ)。

自宅の近所のスーパーマーケットには酒類のコーナーがあるのだが、ビールの品揃えにはあまり熱心とはいえない。アサヒスーパードライ、キリン一番搾り/ラガー/クラシックラガー、サントリーモルツ、サッポロ黒ラベルという定番商品に加え、サッポロヱビスとその黒がある程度だ。いずれもごく普通の、定番商品ばかり(もちろん、発泡酒はたくさんあるが、ここでは対象外)。
このかわりばえのしない棚に、もう1社割り込んでいるのが「銀河高原ビール」だ。コンビニエンスストアやスーパー店頭で、大手4社と並んで販売されていることも最近では珍しくなくなり、少なくとも店頭のシェアでは大手5社といっても過言ではない勢いが感じられる。

先にこの姉妹編である「物語スペインの歴史 人物篇」を読んだのだが、そこには本書での記述が戦闘の場面に偏らざるを得ず、その反動もあって人物篇ではセルバンテスの日常などあえて戦争から離れた題材を選んだとある。
まさに、こちらの本編は戦争の歴史がつづられている。扱われているのは、イスラム教徒の上陸と王国の建設、レコンキスタとレパントの海戦、そしてイギリスとの”無敵艦隊”の戦いだ。

読了はすでに2週間以上も前なのだが、本書のテーマについて語るのはなかなか難しい。おそらくは「バカの壁」の影響を未だに引きずってのタイトルからは、日本的な集団主義の心理や、それが生み出す現象について面白おかしく解説しているのだろうと思えるが、そうではない。「みんな」という、とらえどころの難しい自己-他者認識について考えるガイドブックであるといえる(それはそうと、このタイトルのつけ方は安易だったのではないかと思うが、どうだろうか)。

「世界の中心で、愛をさけぶ」44冊939件、「バカの壁」63冊673件、「13歳のハローワーク」28冊662件、「蹴りたい背中」34冊626件...
これらは私が利用する公共図書館での、予約人気ランキング上位の作品と所蔵数、そして予約数のデータだ。300万部以上の大ベストセラーとなった「世界の中心で~」や「バカの壁」の人気が高いことは理解できるが、だからといって「バカの壁」を63冊購入して各分館に3~10冊も所蔵する意味はあるのか。利用者のニーズに応えるといえば心地良く響くものの、購入を10冊に抑えれば他に50冊以上の新書を購入できたという事実を忘れてはならない。試しに同図書館で「チーズはどこへ消えた?」を調べてみよう、所蔵数は29冊で貸出数は9冊、予約はもちろんゼロである。2年後に63冊の「バカの壁」、44冊の「世界の中心で~」が単なる書架の肥やしになることは目に見えている。少なくとも私は自身の払った税金がこのような使われかたをしているのには、極めて強い違和感を持たざるを得ない。

先日のエントリ「出張時新幹線の心得とは?」について、「かえる日和」のKachilaさんに言及いただいた
なんでも、朝方3時までの仕事のあとでの出張など、徹夜明けに近い状態での移動が多く、新幹線車内での仮眠はむしろ必須とのこと。確かにこのような状態であれば、無理に起きていると肝心の時間に居眠りしかねない。新幹線での移動といっても、なにも前夜ゆっくりと眠れた人ばかりとは限らないし、場合によっては夜を徹しての仕事の帰りかもしれないということを失念し、一律に否定的に取り扱ったのは少々迂闊だった。

どうやら私には信仰心というものが備わっていないのか、どんな宗教に触れても心を動かされるということがない。若い頃ならばその主張がいかに非科学的か、声を枯らすこともしたが、最近では”まあ、そうやって世界を解釈すれば幸せなのね。良いんじゃない”という心境だ。おそらくこの先も、宗教の顔をした宗教に取り込まれることはないだろうと思う。

私はSFファンだったし荒唐無稽な作り話が大好きだ。したがって、高橋克彦氏の小説などはけっこう喜んで読むし、NHK大河ドラマ「炎立つ」もほとんど全てを見ていた。けれど、「超古代」を記述したという「東日流外三郡誌」やら「竹内文書」などを信用するかといえば、それは全く別問題である。もちろん、こうした文献に基づいて古代史を描く本に触れる前に「と学会」による分析を読んでしまったので、今さら信じられないということは確かだろう。小学生の自分に「東日流外三郡誌」の解説書(といっても、ほとんどは都合の良いところやおもしろそうなところをつまみ食いしてのトンデモ本なのはご存じの通りだが)を読んでしまったら、意外とはまっていたかもしれない。

いつも楽しみにしているweblogのひとつ、「ITマーケティング・ブログ【波多野blog】」エントリーで紹介されていた財務省財務総合政策研究所による報告書「団塊世代の大量退職が日本経済に与える影響」を興味深く読んだ。
くわしくは公開されているPDFファイル(A4で20ページの短いものである)を参照いただきたいが、2000年時点で689万人、人口の5%を占める団塊世代の退職の影響が、次のように総括されている。

以上、研究成果を総覧すると、 団塊世代の退職は、 ・団塊世代に続く世代の昇進遅滞が解消される可能性(樋口ほか論文) ・企業における賃金負担の軽減(鈴木準論文) ・時間消費型消費などの拡大の可能性(関沢論文) などのポジティブな影響をもたらす半面、

・業種や職種によっては、大きな労働力不足や技能継承不全が起こる可能性(樋口ほか論文)
・企業にとっての多額の退職一時金やその後の企業年金の負担(柏崎論文)
・オフィスワーカーの現象による賃貸オフィス市場の更なる需給緩和(松村論文)
・大都市圏に偏在する団塊世代の加齢による大都市の急速な高齢化(藻谷論文)
・高齢化による家計貯蓄率の低下(ホリオカ論文)
・労働供給の減少などによる経済成長率の低下、高齢化による財政・社会保障収支の悪化(八代ほか論文)
などの問題を惹起することが予想される。


報告書を取り上げた日本経済新聞(6月30日)の記事では、このうち賃貸オフィス市場の停滞加速と、経済成長率低下に伴うGDPの減少というネガティブ面と、企業における人件費削減というポジティブ面に両者に触れ、女性や高齢者の就業拡大を解決策として強調している。

私は何度か書いているとおりのビール好きだ、残念なことにもともとアルコールには強くないほうなのであまりたくさんは飲めないのだが、おいしいビールと一生つきあっていきたい。
けれど、私がビール好きになったのは、ホンのここ数年の話だ。もともと酔っぱらって騒ぐための酒席は好きではなかったし(私は酔うとすぐに眠くなるほうなので、宴会では眠いか、酔っていないかのどちらかなのだ。こんな状態で乱痴気騒ぎに参加するのはけっこうホネだ)、ビールは無理に飲まされるには最悪の酒だ(だってほら、発泡しているから無理に飲み込むと戻ってくるでしょ...)。
ビールの消費量が増えたのは、転勤で夏場はとても暑くてじめじめした気候の土地に住み始めてから。駅から15分ほど歩いて帰宅すると汗びっしょりで、国産大手メーカーのビールがとてもおいしく感じられる条件が整ってしまったのが理由だ。その土地からはまた引っ越したが、ビール消費量は一向に減っていない。

このアーカイブについて

このページには、2004年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2004年6月です。

次のアーカイブは2004年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja