2004年6月アーカイブ

【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

さまざまな事件やストレスの発生から学校や職場での”心のケア”が重要とされている。現に私も職場で定期的にメールマガジンを配布され、いつでも匿名で相談できるサポートダイヤルを知らされてもいる。著者の一人である小沢氏が同じ洋泉社の新書yで出版した『「心の専門家」はいらない』を読むまでは、こうした傾向にあまり疑問を感じることもなかった。

毎週のように新幹線に乗り出張をしていると、移動中の車内をいかに過ごすかがけっこう重要になってくる。とはいえ、着替えたりとか靴を脱いだりといった話ではない。車内での過ごし方や姿勢に関わるちょっとした心がけ程度の話だ。
早朝の移動も含めて、私は新幹線ではあまり寝ないようにしている。たとえば8時の新幹線に乗って名古屋へ移動し、10時からの打合せに出席するとしよう。新幹線の中で眠ってしまうと、打合せには目が覚めてから30分といった体調で臨まねばならず、これでは頭と身体が覚醒して働けるようになる頃には昼食時間になってしまう。わざわざ長時間移動して参加する打合せなら、万全の体制で臨みたいと思うのが当然だと思うし、それゆえ私は新幹線の車内では滅多に眠らない。これは朝の移動に限らず、日中でも同じだ。

最初に出た「トンデモ本の世界」以来の「と学会」ファンだ。
私は例の「ノストラダムスの大予言」が出版され大ブームになった頃小学生だった。何人かがこの本を買い、ほぼ全員が借りて読んだのではないだろうか。クラスメートの中にはすっかりと1999年7月の人類滅亡を信じ切っていたものもいたし、私も銭湯で見かける映画「ノストラダムスの大予言」はぜひ観に行きたいと願っていた。とはいえ、「恐怖の大王」とやらが降りてきて人類が滅亡する、などという与太話を本気で信じるほど私は幼くもナイーブでもなかった。どちらかといえば、このような本で大儲けした五島氏には、1999年8月に釈明の記者会見をやっていただきたいと思っていたほどだ(もちろん、五島氏が記者会見を開いたとしても、もっともらしいわけをこしらえて世間を煙に巻いただけだろうが)。
周囲の子供たちがあまりに純真に”予言”を信じるので、私は自分がずいぶんとひねくれた存在のような気がしていた。実際に、予言を信じないことを理由に仲間はずれにあったこともある。子供なんて些細な差異を見つけてはからかいのネタにするものだし、私はかなりひねた方だったのは間違いないのだが、五島氏が余計な本を書いたために腹立たしい思い出がひとつ増えたことは間違いないのだ。

良く晴れた土曜日に、全国地ビール醸造者協議会主宰の「第7回 地ビールを楽しむ会」へ行ってきた。
このようなイベントの存在は全く知らずにいたのだが、妻が新聞に小さく載っていた告知記事を見つけてきたのだ。さっそく「全国地ビール醸造者協議会」のサイトにアクセスして詳細を調べて参加費が500円安くなる事前登録を済ませると、私の番号はすでに400番台、人気のあるイベントのようだった(会場で番号を見ると、事前登録者は1,000組を超えていたようだ)。

伝統を重んじ、急激な変化に歯止めをかけようとする勢力はどこにでもある。一例を挙げれば、夫婦別姓を認めよという主張に対しても、日本の伝統にそぐわないという理由が付け加えられる。少し考えれば、ほとんどの人には姓などないのが日本の伝統であり、姓と家格、官位などが密接に結び付いていたが故の結婚による一方の姓への統一という伝統の必然は既に消失していることがわかる。”それが日本の伝統だから”という理由付けはそれ以上の議論を拒否する重みを持つかのように使われることが多いのだが、実際にはそんな伝統はそもそもなかったか、特定の状況下での合理的な選択として行われただけ、というものが多い。

本書は同じく中公新書からの「物語 スペインの歴史」の姉妹編だが、実は先に出た正編のほうは未読だ。スペインについては、だいぶ以前に当時の上司から堀田善衛氏の著書を借りて読んだのをきっかけに集中して読んだ時期があったが、最近ではハプスブルク家の歴史の中で時折その王家について触れられるのを目にするに止まっていた。前に読んだ本は、1930年代の内戦と国際旅団に関するものが多く、それ以前のスペイン(あるいはカタルーニアやグラナダなどのイベリア半島の諸国)についてはそれほど親しんでこなかった。

私はオタク文化の中心にいたことがない。
常に周辺をうろうろとしていただけで、たとえばSFは好きだがコンベンションには参加したことがないし、したがって後にガイナックスを設立する人々による有名なオープニングアニメも未見だ。吾妻ひでおも読み「陽射し」も机の奥に隠し持っていたが、コミック誌を継続的に読んでいた時期はない。ガンダムやエヴァンゲリオンなど、極めて象徴的な作品についてなら一応見てはいる、といった程度。

実は更新が滞っていたのは、この本の感想をどうまとめるべきかを考えあぐねていたことによるところが大きい。朝鮮半島については、北朝鮮による拉致問題や核疑惑が大きく報道されていることからも多くのかたが関心を持っていると同時に、左右いずれにもこの問題について非常に敏感に反応をする人々が多い。まさに本書の著者がいうとおり、私たちの多くが朝鮮半島を、あるいは韓国と北朝鮮とを普通の隣国としてみることができていないのだ。

私のアンテナが錆び付いてきたのか、最近流行語に気付くのが遅くなった。”あれ、ずいぶん流行ってるなあ”と思った頃には書店の店頭に何十冊もの関連書が並んでいるというありさまだ。キーワードでいうと”経験価値”などもそうで、ちょっと後回しにしているとあっという間に流行してあっという間に消えてしまう。技術経営=MOTもそんな流行語のひとつだ。

このweblogに来てくださる方の多くがGoogleやYahoo!などの検索サイトからの訪問者だ。weblogは検索エンジンの上位に表示されやすいそうだが、確かにキーワードによってはこのサイトが2,3番目に出てきて驚くことがある。
このところ目だって増えた検索ワードが「なぜ安アパートに住んでポルシェに乗るのか」だ。多い日だと10名以上の方がこの検索語でここを見つけて訪れてくださったようだ。当該エントリーでは必ずしもこの本を誉めているわけではないので、読後に感心して同じような感想を共有できるサイトを探していた方が多かったとしたら、申し訳ないことだ。

こういっては身も蓋もないのだが、私がかなりの新しもの好きであるのは間違いない。特に携帯できるサイズのノートPCについては、新機種が出るたびに興奮気味にあちこちのWEBサイトを渡り歩いては使い勝手の評判を確かめ、ここが素晴らしいとかちょっと実用的じゃなさそうだとか言っては妻をやきもきさせている。彼女にしてみれば、次から次へと新商品を欲しがられてはたまらないだろう。

台湾の若者たちが日本に夢中だという。日本のテレビドラマを見て、アイドルの情報を集め、日本語を学んで日本への旅行を夢見ているとか。「哈日族」と呼ばれる日本大好きな人々についての情報に私が初めて触れたのは、パソコン情報誌の連載記事だったと思う。台湾はパソコンのパーツの一大供給地であり、特に自作派にとっては極めて親しみのある場所だ。経済発展をとげた今では、日本との所得格差も極めて小さくなり自信と活気に満ちているだろう台湾の若者が日本の文化に惹かれているとは、少々不思議な気がしたものだった。てっきり日本など無視してアメリカばかりを見ているのではないのかと思っており、意外な感じがした。

デジタルカメラがもたらした最大の変化といえば、写真一枚あたりの限界コストの大幅な低減だといえるだろう。一枚の写真を追加で撮影するためのコストは、デジタルではゼロに近い。
単純な計算だが、50,000円のデジタルカメラで2,000枚撮影すれば一枚あたりのコストは25円。おそらくフィルム代と現像代でも同じようなものではないだろうか。しかも、デジタルの場合は最初に払ったカメラ代やメモリーカード代以外に新規の出費はないので、ランニングコストがゼロである点が大きい。また、とりあえず撮って、気に入らなければすぐに消せるというのも大きなアドバンテージだ。結果として、フィルムを使っていた頃に比べてデジタルでの撮影枚数は何倍にもなるはず。一本のフィルムを何ヶ月もかけて使い切る、という方も少なくないだろうが、同じ方がデジタルカメラなら一回の旅行で100枚、200枚と撮影すると思う。

このところ、太平洋戦争や東京裁判に関する本が続いたこともあって、日本が経験した戦争は、人類の戦争の歴史の中でどの程度特殊だったのか、あるいは”当たり前の”戦争だったのかについての知見を得たいと思っていた。太平洋戦争当時の日本は帝国主義的な拡張の歴史のほんの終端に位置したにすぎないし、その代表選手ですらない。もちろん、それをもって過去を賛美する理由にはならないが、人類の歴史がたどってきた戦争の道筋をきちんと把握しておくことが、日本の戦争とその責任について考えるときには重要だ。
そんな気分で手に取ったのが本書である。サブタイトルには「人類はどう築き、どう壊してきたか」とあり、戦争の歴史とその性格に関して俯瞰できるのではないかとの期待を込めてページをめくった。

このアーカイブについて

このページには、2004年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2004年5月です。

次のアーカイブは2004年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja