2004年5月アーカイブ

【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

未完成品の魅力

| コメント(0) | トラックバック(0)

ちょっと古い話になるのだが、パソコン通信での仲間内でPKOという活動を行っていたことがある。もちろん、国連とは全く関係なく、「パソコン 環境 お助け隊」略してPKOである。PC-98担当とMac担当とがおり、パソコンを購入した仲間やその家族のもとへでかけてはフリーソフトなどを使って使いやすい環境設定と使い方の指導をするのが主な活動。もちろん、その前後には参加者全員で食事をしたり、というオフライン・ミーティングでもあった。

「太平洋戦争」に続く大作。著者は実際に東京裁判の現場に通い、この特殊な裁判の一部始終をその目で見た体験とさまざまな資料とから、戦犯の指名から勾留、そして刑の執行までを丹念に描き出す。私はこの本を読んでいた数日の間、今まさに進行している裁判を報じる記事を、リアルタイムで追いかけているかのような錯覚に陥った。

特に根拠はないのだが、高校の歴史の授業が嫌いだった、というかたはかなり多いのではないか。世界各地で(といっても、ヨーロッパと東アジアが中心なのだが)起こった出来事をただ時系列的に暗記させられるのが苦痛で、しかも何の役にも立たない、という意見は私の周囲でも多い。たしかに、ウェストファリア条約が1648年、フランス革命が1789年、ワーテルローの戦いが1815年...とただただ暗記するのは苦痛だし、さして役にも立たないことは間違いない。
役に立つ立たないという話を始めると、結局のところ教養は不要なのか、という話に落ち着いてしまいそうなので深入りはしない。ただ、少なくとも小説や映画を楽しむ上でも歴史や古典に関する知識の有無は実感できると思うし、歴史によらず基礎教養のレベルがあっていない相手と話すとき、たとえ世間話程度でもお互い疲れるのは事実だ。

東京裁判に関する本を読み書評を書いたところ、コメントをくださったm_um_uさんの仲立ちを得て「HPO:個人的な意見 ココログ版」からのトラックバックを受け取った。関連する記事を見つけて少し以前のエントリーからのトラックバックを送るというのは私もやったことがあるのだが、一度書いた文章を単に過去へ押し流してしまうのではなく、新たなコミュニケーションのために”使い回す”のも、weblogの使い勝手の良いところだ。
さて、当該エントリーで採り上げられていた児島襄氏の「太平洋戦争」だが、なかなか書店で見つけることができなかった。毎月の新刊発行点数が多く、過去の出版物をストックしておくことは書店にとって困難になってきているのだろう。
上下巻を通読しての最大の感想は、「日本軍強いじゃないか」だった。

最近は国語辞典を引くことが極端に減ってしまった。もともと、文章を読んでいてうまく理解できない言葉に出会ったときや、文章作成時に使おうとしている表現が正しい意味かどうかを確かめたいときなど、辞書を引く必要は多いものだ。けれど、年を取ると悪賢くなるというか、労力を惜しむ傾向がひどくなり、できるだけ辞書を使わずにすませようとしてしまう。たとえば、読んでいる文章中の特定の言葉がうまく理解できなくても文脈からおおまかな意味を推し量ることはできるし、書くときにも理解できている表現だけを使うことで、辞書なしでもなんとかなるものだ。

”あなたの嫌いな言葉”のアンケート調査を取ったとしたら、”滅私奉公”がかなり上位に進出するのは確実だろう。この言葉の向こうには、戦争遂行のために生活のあらゆる面での犠牲を強いられた時代の記憶だけでなく、会社にいわれるがままに違法行為までを平然とこなすサラリーマンの姿が重なって見える。
滅私奉公における”公”とはなんだろう。上記のイメージを想起するとき、公とは政府や会社といった組織を指している。組織全体の目標達成や成果を優先するあまり、個人の意見や幸福の追求を自ら押し殺しあきらめるさまなど、滅私奉公にはマイナスのイメージがつきまとう。もちろん、新規事業の立ち上げや会社設立など、一時的に仕事が忙しい時期に文字通り私心を押し殺して働くということはあるだろうし、それは決して悪いこととは言いきれない。だが、そんな場合でも仕事での成功が自己の達成感につながっているという点で、滅私ではない。滅私奉公の典型とみなされがちな高度成長期のサラリーマンにしても、決して個人の幸福を捨てたわけではなく、とにかくいわれるがままに動き続けることが、個人の幸福追求と重なると信じられた時代の行動様式だったにすぎないだろう。

本を買うときに、フィーリングでさっと選べるだろうか? 私はこの選択があまり得意ではない。タイトルや帯で選んだ本にはハズレが多い、というのが私の偽らざる実感だ。
本書を買ったのは出張時に立ち寄った東京駅構内の書店、「イラク建国」を手に取った後でどうも一冊だけというのが落ち着かず、かといって時間もあまりなかったので目についた中から選んだのだが見事に失敗。

「ドイツ3B政策」については世界史の授業で当然習っていたし、3Bとは「ベルリン、ビザンティウム、バグダッド」のことだとはわかっていた。同じように、「フセイン=マクマホン書簡」だの「バルフォア宣言」といった個々のファクターについての記憶もあるし、これら英国の二枚舌、三枚舌が現在の混迷する中東情勢の直接原因であることも。
だが、悲しいかな高校の授業における第一次世界大戦前後の位置づけは、卒業を控え受験以外の目標が見えにくくなっている時期にほんの一コマが割かれる程度のもので、帝国主義的拡張政策が現代に落とし続けている陰について十分な認識を得るには不足している。私にしても、散発的に中東やパレスチナに関する本を読むことはあるものの、イラクがなぜ現在のような版図をもつ国家として成立したのかについては、ほとんど知識がなかった。

小学校の頃は理科が好きだったが、中学・高校と進むにつれて本(とくに小説)を読む方がおもしろくなっていった。高校1年のとき、地元の工業大学には行きたくなかったという単純な理由で(私は中学高校を過ごした土地を、ついに一度も好きになれなかった)文系に宗旨替えしてからは余計に理科系の勉強をサボり始め、物理の成績などかなり悲惨なものだった(唯一の例外は化学で、こちらは卒業まで上位だった、なぜ私が化学だけは楽しみ続けることができたのかは不明だ)。

企業の教育担当者の多くが頭を悩ませる課題の一つが、有効な新人教育とはどうあるべきかだろう。受講している新人も毎日悩んだり迷ったりしているのだが、一方の教育する側も決して確信を持っているわけではない。
新卒で採用された若者の多くは意欲と活力にあふれている一方で、生活のリズムや対人の行動規範など、基本的な部分で新たな環境に適応する準備が必要だ。社会人とは違う原理で生きてきたのだから当然ともいえ、4月1日からスイッチが切り替わるように意識も行動も変えられる方がおかしい(まれには学生時代から社会人のように考え、行動してきたものもいるだろうが)。
新人研修に求められる役割は、まずはこのスイッチの切り替えにあるといっても良い。これがしっかりとできれば、他のカリキュラムはどうでも良いという考え方さえあるだろう。

PDAと携帯電話とのスケジュール管理比較のエントリーには、「Days of SpeakEasy」経由でかなり多くのアクセスをいただいた。最近でも「スケジュール管理」という語を含む検索でこのweblogにたどり着く方が多いようで、多くの方にとって関心あるテーマなのだろう。

以前のエントリーで、私が本当に待ち望んでいるのはPDAサイズのフル機能PCだと書いた。そこで触れた海外で参考出品されている小型PCのひとつに、Vulcan社の「FlipStart」があり、シアトルで開催中の「WinHEC 2004」で操作できるサンプルが展示されたという。出荷は今年の終わり頃ということで、順調なら年末のクリスマスシーズンには実物にお目にかかれるかもしれない。

前作「週末起業」をかなり楽しく読んだので、店頭で見つけてすぐに購入した。著者の経験を元に、ビジネスパーソンが会社から自立するための週末起業のノウハウが豊富に紹介されている。
もっとも、読み始めてしばらくはかなり不安だった。これも著者自身の経験による、会社は社員を都合の良いように扱い社員の都合など考えもしないこと、会社に依存した会社員は唯々諾々とそれに従うしかないことなどが書かれている。

論文のシーズン

| コメント(2) | トラックバック(0)

論文といっても人により理解する内容はさまざま。一番の多数派は研究者が学術誌に発表する研究論文だろうか、あるいは、大学の卒業者なら多くが格闘しただろう卒業論文かもしれない。
今回のテーマは、これらとは少し違う。会社勤務のビジネスパーソンが取り組む、社内昇格論文について考えてみたい。

太平洋戦争に敗れていなかったら、今の日本はどうなっていたかを考えるのは難しい。首尾良くアメリカとの妥協に成功してアジアに覇を唱えたとしても、帝国主義的施策がそう続いていたとは思えずさらなる戦争の後に結局は敗戦と戦後の価値観の大転換を余儀なくされ、今と似たような状況が訪れていたのではないかとも思える。

宴会でも会議でもそうだが、一方的にしゃべり続けて反論も意見も聞こうとしない人ほど鬱陶しいものはない。「北風と太陽」の話ではないが、話というものは無理に押し付けようとすればするほど相手の耳をふさがせてしまいがちだ。たとえ内容に傾聴すべきものがあったとしても、先に拒否されてしまっては何も伝わらない。双方向だからこそのコミュニケーションであり、一方的にしゃべるのは単なる放送と同じ、チャンネルを合わせてもらえなければ、どんなにすばらしい番組を放送しても伝わることはないのだ。

同じ誤字でも

| コメント(2) | トラックバック(1)

面白いweblogの条件として、そのエントリーの読み応えだけではなく、トラックバックやコメントの質、そしてそこで紹介されるサイトの質などがある。これだけ多くのweblogがあると、面白いサイトや読み続けたいサイトを自力で見つけるのは至難の業だ。

このアーカイブについて

このページには、2004年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2004年4月です。

次のアーカイブは2004年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja