2004年4月アーカイブ

【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

先日読んだ「9・11ジェネレーション」の著者による、アメリカ合衆国での学校生活を描いた作品。16歳のデビュー作ということになる。
著者が通うのは、プレップスクールと呼ばれる、大学進学に向けて学ぶスキルと知識をつけるために優秀な高校生(日本でいう中2から高3まで)たちが集う私立学校。その入学のための課題を見るだけでも寒気がする難関だ(課題とされているエッセイ類を、たとえ日本語でも書くことは中学校時代の私には無理だったろう)。

東京ディズニーリゾートの2つのテーマパーク、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの年間パスポートを持っているというと、かなり珍しがられる。一体そんなに何度も行って、何をするのだ、ということだろう。
いい大人が毎週のようにミッキーマウスに抱きつきに行っているとでも思われているのこもしれない(たとえそうだとしても、自分で稼いだ金だ、何に使おうとまあ勝手なのだが)。

社会経済生産性本部による2004年度の新入社員意識調査の結果が公表された。1990年から続けられているアンケートで、同本部の新入社員研修の受講者を対象に今年は741通の有効回答が得られたものだという。
Yahoo!のニュースでも取り上げられたのでご覧になった方も多いと思うが、私は「Expectant MBA PaPa's Blog」のエントリーで知った。「自分の良心に反する仕事でも指示通り行動する」という回答が過去最高の43.4%に上ったという点に驚愕し、さっそく社会経済生産性本部のサイトから公表されたアンケート結果をダウンロードした。データは要旨と回答者の属性、および集計表の3つで、いずれもPDF文書での配布だ。

このweblogを初めてもうすぐ2ヶ月になる。最近になってようやくあちこちのweblogにコメントを書いたり、トラックバックを送ったりし始めた。あまり手を広げるとタイミング良く反応ができなくなるかもしれないが、もともとトラックバックやコメントの先は選ぶ方なのでそうそう多くはならないだろう。

大人消費といっても、歌舞伎町の話でもアダルト系サービスの話でもない。「ヌーベルブログ」での東京は日本橋に関するエントリーが着想のきっかけだ。

カメラ量販店の店頭で普及型の一眼レフカメラを購入するとき、一番お得感が強いのが「カメラボディ+レンズメーカー製ダブルズームセット」ではないだろうか。カメラメーカーの純正レンズの場合もあるが、だいたいは「28-105mm(70mm)」と「70-300mm」の標準・望遠のズームレンズがセットされたものだ。カメラだけを買うよりも数万円アップでひととおり広角から望遠までカバーできるので、スターターキットとしては十分だ。中には簡単な三脚までセットに含まれる場合もある。

全く自慢にならないのだが、ブランドもののバッグを見ても一体何がどう魅力的なのか全くわからない。街を歩くとほとんど数十秒おきに同じようなヴィトンのバッグを抱えた女性とすれ違うほどだが、みんなが同じものを持ち歩くのを喜ぶ心理というのを私は理解できない。中学高校のころも、規則を守りたくない不良グループ(ちょっとレトロな響きさえある言葉だが)が、判で押したように同じ服装をするのが不思議でならなかった。

スケジュール管理の道具として、片手で簡単に操作ができる携帯電話は、両手での仕様が前提となるPDAに勝る。思いついたとき、備忘録やスケジュールをすぐにその場で入力できるだけではない。メールの送受信や目についたものをさっと撮影するなど、携帯電話で簡単にできる一方で、PDAには難しいことがたくさんあり、しかも多くの場合携帯電話の機能で用は足りてしまう。
「PDAコンソーシアム」に掲載されたエッセイの主張は、こんなところだろうか。それゆえ、PDA(エッセイ本文では「携帯端末」となっている)は携帯電話並みの操作性や、あるいはそれ以上の楽しさ、使い勝手の良さを実現しなければ、今以上の普及はしないだろうという問題提起と読める。なるほど、これは納得が行く。少なくとも、エッセイに登場する場面では。

一眼レフカメラは各社から出ているが、イメージとしてはキヤノンとニコンが2大メーカーであるといっていいだろう。一眼レフの中でもデジタルについていえば、ハイエンドから普及機まで複数の機種をラインナップしているのはこの2社だけであり、これから購入を検討する上でこの両社をはずすことは考えにくい。

このところ、東京では外資系ホテルの進出や老舗のリニューアルが続き、ホテル業界が活況を呈している。私は実はホテル好きで、旅行の際に居心地の良いホテルに滞在できるのが何より楽しみだ。

書店店頭で本が手に取られるか否か、これは本の売れ行きに大きな影響を及ぼす。何せあれだけ多くの本や雑誌の中で興味を惹くことがなければ、どんなに素晴らしい内容であってもあっという間に消えてしまう。最近のエントリーの素材となった本の中では「なぜ安アパートに住んでポルシェに乗るのか」だったが、これは少々期待はずれだった。

先日のエントリーでも書いたが、サッポロビールが人気のヱビスビールをベースに「ヱビス超長期熟成」のモニター販売を開始した。当初は4月16日にWEBサイトでの申込を開始、先着順に10,000名限定とのことであったが、肝心の申込開始時刻を私は見つけられなかった(結局は10時だったようだ)。お昼休みぎに「もう始まっているだろう」と思いアクセスした私が見たのは、アクセス集中によりサーバを一時停止し、15時に再開するという表示だった。

昨年3月からのイラク戦争の報道には、多くの人が疑問を感じただろう。テレビクルーが米英群の各部隊に”配属”され、その管理の下で戦争を報道する。私たちはその映像をほぼリアルタイムで眺めながら、米英群が優勢のまま、しかもさしたる戦闘もなくイラクを”解放”していく様を見せられた。しかし、それが本当にイラクで起こっていたことだと誰が信じただろう?

ビールのカテゴリーを作ったにもかかわらず、エントリーがひとつというのも寂しい。もともとおいしいビールに出会ったら書き加えていこう、くらいに思っていたものなのだが、このところ旅行にも行っていないし自宅で飲むのも普通の缶ビール。今日は何本飲んだなどと書いているとアル中のようなのでネタがなかったというのが実態だ。

何を求めて

| コメント(0) | トラックバック(0)

以前のエントリーでも触れたが、アクセス解析サービスのおかげで、weblogへの訪問者がどんな検索語による結果からおいでになったのか、知ることができる。予想通りの語句もあれば、驚くようなものもあって毎日楽しみだ(左上のカウンタでお気づきの通り、このサイトは毎日10名の訪問があるかないかの超マイナーサイトである。したがって検索語も多くて10種類程度なので細かく見ることができるのだ)。

読み始めて数ページ、私が最初に覚えた感情は何を隠そう「嫉妬」だ。
おそらくは全体の構成を考え、何度も書き直した序章かもしれないし、場合によっては編集者の助言もあった可能性もある。しかし、彼女の文章には言葉の紡ぎ手としてのあふれる才能があり、伝えるべき思いがあり、そして説得するための技術がある。

どんな組織にもタテマエは存在し、その構成員の行動に影響を与えている。公務員を呪縛するタテマエについては別のエントリーで触れたが、会社組織にもそれはたくさんあり、しかも現実(あるいはホンネ)との乖離はますます大きくなっている。

私は民間企業に勤めており経験はないが、公務員とはやっかいな仕事だと思う。なにごとにもタテマエは付き物だが、公務員はは清廉潔白で、国民(もしくは市民など)に奉仕するために不断の努力をする、ということになっており、このタテマエのゆえに公務員の不正や怠慢な職務態度が槍玉に上げられることが多い。しかし、公務員が決して高給の職業ではなく、最大限の行政サービス提供のために深夜まで働き続けても十分な報酬は得られないこともまた、かなり広く知られている事実だ。もちろん、それよりも低い給与水準の民間企業はいくらでもあるし、倒産や解雇のリスクが極めて小さいというメリットも公務員には存在する。しかし、その代償として公務員が世間から要求されている「タテマエ」は、果たして妥当なものなのだろうかと私は以前から疑問視していた。

書店で何げなく手にとって購入したのだが、じつは「ビジネスジャンプ」でマンガとしても連載中でかなり話題になっているらしい。コミック誌などかれこれ15年近く手にしていないので、全く知らなかった。
これを読んだのは、出張帰りに肩の凝らない読み物がほしかったことと、粉飾決算などの手口や会計処理についてわかりやすく人に解説する際の参考になるのではないかと思ったからだ。

東海道新幹線に「のぞみ」が登場した時、私が驚いたのはスピードそのものではなく、スピードのために名古屋駅を通過する潔さであった。さすがに不評だったのか、あるいは予定のうちだったのか、すぐにダイヤは改訂され停車するようになったものの、名古屋を通過する新幹線の登場は衝撃だった。

若者は苦労して仕事を続けることができず、楽な方へと安易に流れてフリーターの道を選んでいる。長年真面目に務めてきた中高年が、不況のために会社から人員整理の対象とされ、悲劇が続いている...昨今の労働事情について、こんな印象を持つ人が多いのではないだろうか。実際、私もそうだった。

最初に一言、この光文社のペーパーバックシリーズ、たしかに軽くて携帯しやすくカバーがないために扱いも楽だ。しかし、この表紙のセンスは何とかならないのだろうか。どの本の装丁も、かなり下品で頭が悪そう。これで買うのをためらう人も多いのではないかな。もっとも、何も考えずにデザインをしているわけではないだろうから理由はあるのだろうけれど、ちょっと私には理解できない。
それはそうと、このタイトルを見て私はとあるご近所を思い出した。

店頭で見かけて気になっているものの、つい買いそびれている本というのがある。光文社新書の「イタリア人の働き方」もそのひとつで、発売から2カ月ほどの間に3~4回ほど手にとっては棚に戻すということをしていた。
そうこうしているうち、このエントリーに対して、私の行きつけ(というのも変な感じだが)のweblog「blog::TIAO」のMAOさんからいただいたトラックバック記事に、紹介が載った。MAOさんが通う書店でご主人のお勧めだという。さっそく、会社近くの書店で購入し、読了した。

デジタル一眼レフカメラが元気だ。
数年前までは熱心なファンだけが使う高価で特殊なもの、という位置づけであったと思うが、このところいろいろな撮影ポイントで使われているのをよく見かけるようになった。売場で展示される面積も広がり、すっかりデジタルカメラの主要なジャンルとして確立したようだ。
特に、2003年末にキヤノンが発売した「EOS Kiss Digital」は画期的だった。徐々にやすくなったとはいえ30万円以上の高額商品であったデジタル一眼レフを12万円という、手を伸ばせば容易に届く価格レンジに落としたことにより大ヒットしている。

このアーカイブについて

このページには、2004年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2004年3月です。

次のアーカイブは2004年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja