2004年3月アーカイブ

【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

誰でも経験していると思うが、読み始めた途端に「これはまずい」と気付いてしまう文章に出くわすことがある。途中でやめてはそれこそ時間の無駄なので通読するのだが、やはり残されるのは不快感である。単に間違いを気付かずに書いているものもあれば、ひどい偏見に基づいて人の行動論理を決めつけ断罪するもの、あるいは大本から勘違いをして論を組み立てているために失笑を買うだけのものなど、その内容はさまざまで、残される不快感の程度も大きく異なる。

私が毎日持ち歩くPDA、それがシャープの「Zaurus SL-C750」だ。
このマシンの特長は、幾多のファンサイトで語られ尽くしているので繰り返すまでもないが、実用サイズのキーボード、美しいVGA解像度の液晶、そしてPCのデータをそのまま持ち込める柔軟性だ。購入したのが2003年の春(たしか5月の中旬だった)なので約1年ほどになるが、今のところトータルでは満足しており、買い換えの予定はない。それどころか、妻が社内昇格試験に通った際、合格祝いとして同じ機種をプレゼントしたのでわが家にはこのマシンが2台ある。

最近出張が多くなり、平均するとほぼ毎週新幹線か飛行機に乗っている。新幹線での時間のつぶし方といえば、「読書」「雑誌」「睡眠」「仕事」「ゲーム」といったところだろうが、今日のテーマは雑誌のエロ記事である。

雑誌にもいろいろあって、ここ数年で本当に増えたと思うのはパソコン関連の雑誌だ。新商品の紹介やテストなどの掲載された、比較的薄手の(それでも広告が多いためか全般に厚いのだが)ものに人気があるように思える。仕事に役立つオフィススイートの使い方なども載っているので出張の行き帰りにはちょうどよいバランスなのかもしれない。
もちろん、自動車や釣り、アウトドアやスポーツなどの趣味の雑誌も多い。どちらかといえば夜の移動に多いように思えるが、一仕事を終えた後で週末の予定に思いを巡らせるのは楽しい。タフな仕事の後であればなおさらのことだ。

レンズ交換式一眼レフタイプなどの高額なデジタルカメラユーザーの間で、とあるデジタルオーディオプレーヤが大流行である。そのプレーヤは、CREATIVE社の「NOMAD MuVo2 4GB」。7cm四方より小さめで100gほどの携帯音楽プレーヤで、4GB分の内蔵メモリにMP3やWMA形式の音楽を記録して楽しむことができる。
この手の話題に敏感な方々にはもうすっかりおなじみの話題なので、今さら解説の必要もないかもしれないが、この「内蔵メモリ」がデジタルカメラでも使われるCFカードと同じ大きさのハードディスク、マイクロドライブであったのだ。分解して取り出したドライブは、対応するデジタルカメラであればとくに問題もなく使用できる。問題なのは価格だった、この4GBのマイクロドライブは単体では7万円以上のものなのに、「NOMAD MuVo2 4GB」は税込みで3万円弱。分解してカバーやプレーヤとしての基盤を捨ててしまっても、十分に元が取れるほどの価格差なのだ。これでは単体のマイクロドライブを買うのは損をした気分になってしまう。

私が普段使っている検索エンジンはGoogleだ。いささか多くのサイトが引っかかりすぎるのは事実だが、Yahoo! Japanのディレクトリのようにスタートのころに登録されたと思しき、すでに更新の行われていないサイトばかりが並ぶのに比べるとずっと早く目的の情報に行き着ける。
このGoogleだが、私がこのweblogをスタートした翌日には、すでにロボットが訪れていた。たしかd-mate.comの開設時にも、ほんの数日でロボットによるアクセスがあり、1週間程度で検索結果に現れるようになったと記憶している。実感として、新鮮な情報がきちんと登録されているのがわかるのだ。

私がCD-Rドライブを買ったのはちょうど流行り始めの1997年、たった4倍速で-RWディスクも使えず、しかも安定性確保のためにSCSI接続で5万円近くした。購入の主な目的は簡便なデータバックアップの方法がほしかったことだったが、音楽CDを作成できるという話にも興味津々だった。
学生時代には食費を削ってLPレコードを買っていたのだが、ちょうど結婚したころにLPプレーヤの調子が悪くなっていた。毎日インスタントラーメンなどの粗食に耐えながら買い集めたLPがゴミになってしまうのはいかにも忍びないし、同じものをCDで買い直すのも業腹だ(それに、CDで発売されていないものも結構ある)。そこで、プレーヤが生きているうちにCD-Rドライブで音楽CD化してしまえば、安心して聴ける。私はそう思った。

なんとなく面倒で先伸ばしてきたことを実行して、「どうしてもっと早くやらなかったんだろう?」と思うことが多い。いや、仕事の話ではなく(もちろん、仕事でもそんな経験は嫌というほどしているのだけど)、今回は「SPAMフィルタ」の話だ。

マーケティングの4Pといえばすでに古典的な概念だが、その要素であるプライスについては流通やプロモーションほど重視されてこなかったといえるのではないだろうか。
価格決定の手法として、未だに多くの企業で用いられているのがコストプラス法だろう。ようは、原価に利益を乗せて価格とする方法で、一方的な供給者の論理による価格の決定であるといえる。もう一つが競合他社の同等品と同じ値づけをする方法で、市場の成熟化が進み商品毎の差別性が小さくなった状態ではかなり広く用いられているものではないかと思う。

weblogは毎日更新しなければならないものではない。
しかし、読者の立場からはなるべく頻繁に、しかも読んでおもしろい内容で更新されているのが望ましいのは自然なことだ。数日ぶりにアクセスしたものの、内容が全く変わっていないのでは期待外れだろう。となると、毎日更新するに越したことはない。
個人のWEBサイトはあくまでも趣味であり、いつどんな内容で更新し、あるいはサイトを閉鎖しようと作者の自由だ。しかし、書いて公開するという行為は読者を想定したコミュニケーションの形態であり、読者の期待に応えることもまた、サイト運営の重要な要素であると思う。

年中飛び回っているというほどではないものの、出張は比較的多い方だ。一時は新幹線ばかりだったが、このところあちこちの空港を使うことも増えてきた。
かなりの回数乗っているにもかかわらず、飛行機というのは、未だに私を緊張させる乗り物だ。20分前に行けばいいとはわかっていても、なんとなく余裕を見て1時間程も前に空港に到着してしまうことが多い。最近では手荷物の検査にかかる時間も増えており、どうしても早めに空港に到着して検査を通り、出発を待つことが多くなっている。

この本では、戦略的に重要な顧客(Strategic Account)に対しての営業戦略として、顧客への提供価値と多層的なリレーションシップの構築と、それを支える全社的なアライメントの重要性が説かれている。その活動をSAM(Strategic Account Management)と呼ぶ。
戦略的に重要な顧客と大口顧客とが必ずしも一致していないことは、本書でも難度も強調されている。量的な購買力を背景に価格引き下げのみを求める顧客は、戦略的に重要な顧客とはいえない。彼らをSAMプログラムの対象とするのは、「暖をとるために1,000ドル紙幣を燃やすようなもの」、つまり投下資本の無駄であるとされている。

私は仕事の必要から東海道新幹線に良く乗る。のぞみが主になってから移動時間が短くなり、助かっているのだが、乗るたびに「もったいない」と感じるのがほとんどが空席のまま走っているグリーン車だ。

何を隠そう、私はビール好きだ。決してたくさん飲めるほうではなく、むしろ酒には弱いのだが、おいしいビールがあると簡単に幸せになれる。
日本で一番多く飲まれているビールは、ご存じアサヒスーパードライなのだが、実は私はドライビールがあまり好きではない。なんだかからいばかりでアルコール入り炭酸水に麦の風味をつけたものに感じられてしまうのだ。蒸し暑い夏の夜にビアホールであおるには適した味なのかもしれないが、ビールはそれだけのものじゃない。スーパードライがこれほど飲まれている背景には、日本でのビールの飲まれ方が実に画一的で、単なる止渇飲料ととらえられてしまっていることの表れなのだろう。

ノートパソコンと書類を詰め込んだ私のカバンはかなり重い。計ったことはないが常時6~7kgくらいにはなっているだろう。重量物のベスト(ワースト?)3といえば、冒頭に上げたノートパソコン、会社の書類、そして移動中に読むための本となる。
特に出張時など、読む物がなくなってしまう恐怖は極めて大きい。本がなければないで、愛用のPDAであるZaurus SL-C750でこのweblogのエントリーでも書いていればよいのだし、実際にそうしていることも多い。だが、私は「今この瞬間、何も読むものがない」という状態に耐えられないのだ。

私はどうやら雑誌にとっては疫病神であるらしい。
私が毎号購入する雑誌の多くが休刊してしまうのだ。「The BASIC」「PC WAVE」「Super ASCII」ときて、今回は「パソコン批評」がその歴史を閉じた。もっともこの10年ほどで休廃刊となったパソコン雑誌はこんなものではないから、私が読むとなくなるというのは言い過ぎかもしれない。

相変わらずデジタルカメラ売場が盛況なようだ。ホンの3~4年前までは各社の代表的な機種についておおまかな特徴を把握できていたつもりだったが、今ではどんな機種があるのかさえわからず、友人にお勧めのデジタルカメラを、と問われても返答に窮するほどである。

私が初めてコンピュータをネットワークにつなげてから、もう15年ほどになる。ヨドバシカメラで2,400bpsのモデムを購入してEPSONのPC-386Mというパソコンにつなげ、「Nifty-Serve」に加入したといえば、古くからのパソコンユーザーには「ああ、あのころか」と納得いただけるだろう。ちょうど、パソコン通信が新しいコミュニケーションとして市民権を得つつある時期であったように思う。

きっかけは「DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー」の2月号の広告だった。
1月下旬に購入して、ちょうど2月の上旬にかけて国内の7,8箇所に立て続けに出張の機会があり、機内などで読んでいたところ、この本の広告が目に入ったのだ。

 ピーターの法則 創造的無能のすすめ
 ローレンス・J・ピーター/レイモンド・ハル著
 渡辺伸也訳

発信形態としてblogを使ってみようと思ったきっかけはいくつかある。
ひとつは、メインのサイト(http://www.d-mate.com/)でのエッセイがいくつかのblogサイトで採り上げられ、各サイトの作者とのコミュニケーションが生まれたこと。かつてのパソコン通信と違い、あまりに広範囲に広がったインターネットでのコミュニケーションには積極的にはなれなかったのだが、blogの記述からある程度は「顔が見えている」相手との共通の話題をベースにしたコミュニケーションであれば、それほど時間を割けなくなった現在でも続けられるのではないかと感じられたのだ。トラックバックを使えば、コミュニケーションと自サイトでのパブリッシングとを同時に行えるという実感も得られた。そのためにはこちらもblogという仕組みを利用するのが手っ取り早い。
そしてもうひとつは、ディズニーのテーマパークの写真を中心としたサイトではコンテンツの拡がりには限界があること。もちろん、書いて公開する分にはどんなコンテンツでも可能なのだが、ミッキーマウスの写真を求めてサイトを訪れるゲストには全く関心のないテキストを増やすのは、八百屋で唐突にスーツを販売するかのような居心地の悪さが感じられるのだ。ターゲット顧客が違うのであれば、やはりブランドや店舗は別にすべきだろう。そして別サイトを設けるなら、テキストを書き、テンプレートに当てはめてhtml化してサーバにアップロードし、インデックスを書き換えるといった流れも簡略化したい。
こんな訳で、従来のサイトでエッセイと称して掲載していたコンテンツを、今後はblogで公開していこうと思う。エッセイとなるとそれなりのまとまった文章にしなければならないという意識が働いたが、長短にかかわらず簡単に掲示できれば更新頻度も上げられるだろう。自分自身の経験からも、更新頻度はサイトを訪れる上で極めて重要だ。とはいえ、断片的な文章やニュースへの一行コメントなどを載せるつもりはなく、多少はまとまった内容にしたいと思っている。また、従来サイトにエッセイとして掲載するものも残るだろうが、今の時点ではあまり厳密な方針は持っていない。
blogでコミュニケーションを意図するからには、かなり頻繁に更新しなければならない。コメントやトラックバックによるコミュニケーションを意図するのだから、それに耐えられるコンテンツを、ある程度広い範囲に届けることが肝要で、月に数回といった頻度では固定客はおろか、フローの訪問者すら増えないだろう。それなりの内容あるコンテンツを高頻度で送り出し続けることは容易ではないだろうから、できない約束ならしない方が良いのだが、仕事や私生活と仲良く同居できる範囲で続けていきたいと思っている。

このアーカイブについて

このページには、2004年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2001年1月です。

次のアーカイブは2004年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja