« WDWリゾートの思い出(5) ~ オールド・キー・ウェスト | メイン | WDWリゾートの思い出(4) ~ ビーチクラブ・ヴィラ »

ウォルト・ディズニー・ワールドで食べる ~ DDPを使うべきか?

食事は旅行中の大きな楽しみのひとつです。ウォルト・ディズニー・ワールド(以下WDW)はグルメスポットというわけではありませんが、それでもせっかく行くのならできればおいしく食事をしたいものです。

私の場合、新婚旅行で初めて行ったときには勝手がわからず、パーク内のハンバーガーで食事終了というのが多かったように思います。それでもお腹は一杯になりますしね。
でも、毎回それだと飽きるし、身体にも悪そうです(周囲のアメリカ人観光客の体格を見ると、同じもの食べるのは不安ですよねえ。量が違うとはいえ)。なんといっても、せっかく1週間の休みを取って遊びに来ているのに、毎日ハンバーガーではつまらない。いくらアメリカとはいえ、もうちょっとマシな食事はあります。

そんなニーズはけっこう多かったのか、ディズニーが拡大中なのが「Disney Dining Plan」略してDDPです。
前にも記事で触れたことがありますが、1日1人あたり$37.99(子供は$9.99)でカウンターサービスで1回、スナックひとつ、テーブルサービスレストランでの食事が1回、利用できるものです。以前はチップが含まれていたのですが、これはどうやら別になったようです(http://www.mousesavers.com/packages.htmlより)。
このサービスは急速に利用が拡がっているようで、2007年8月にはテーブルサービスレストランの予約時や、入店時に必ず「DDPは使う?」と尋ねられるようになりました。

このサービスは、おおむね20%近くのディスカウントになるので大変お得です。実感としては、テーブルサービスで十分元が取れる上に、昼食がまかなえて、スナックオプションを上手に使うと3食足りてしまうくらい。お得な話に弱いアメリカ人観光客がこぞって使うのもうなずけます。
なんと拡大版の「Delux Dining Plan」や、ワインが毎晩一本つくアドオンサービスの「Wine & Dine Plan」までできたようです。

旅行中の食費がほぼ固定できて、しかもかなりお買い得と良いことずくめのように思えるDDPですが、日本からのゲストは気をつけておいたほうが良いことがいくつかあります。

まず、DDPは宿泊数にあわせて購入するものであることです。5泊ならば5日分ということになりますが、多くの場合、1日分よけいなのです。
日本からオーランドへの航空便は午後から夕方に到着することが多いと思うので、初日はチェックインするとすでに夜、ということが多いはずです。しかも、到着日が週末だったりすると、レストランはどこも満席でその日はホテルのフードコートで何か買って...ということになりがち。
逆に最終日は朝早く現地を発つので、実質の滞在には入りません。よって、現地5泊の場合は実際に遊べるのは4日間というのが普通です。
つまり、5泊なので5日分のDDPの権利があるけれど、これを4日間で使い切る必要があるわけです。食べられる分量には限りがありますから、テーブルサービスレストランのうち2食分が必要な高めの場所で使うなどしないと、余してしまうことに。結局高くついてしまいます。

また、テーブルサービスのレストランはDDPのおかげでかなり混むようになっています。
このため、出発前に予約しておかないと滞在中に結局予約が取れずに使い切れなかった、ということも起こりがちです。英語が堪能であれば、事前に現地に電話をかけて予約できますが、時差もありますしなかなかのハードルです。
テーブルサービスにどのような店があるかが頭に入っていないと、現地のゲストリレーションズであれこれ相談しながら予約を取るのも大変でしょう。私は開始直後のDDPを使いましたが(たしか2006年11月です)、夕食2回分に相当するレストランを組み合わせながらようやく使い切った記憶があります。

そんなわけで、日本からのゲスト、特にWDWのレストラン事情にそれほど詳しくないかたは、DDPはやめておいたほうが良いんじゃないかな、というのが私の結論です。
DDPの消化のためにスケジュールが制限を受けたり、消化しきれずにストレスをためたのでは、なんのためのバケーションかわからなくなっちゃいますし。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/785

コメント (2)

raja:

昨年九月に、DDPつきで七泊してきました。

確かに予約は取りづらかったですね。出発前から現地の予約センターに何度も電話して、全日程のテーブルサービスの予約を終えることが出来ました。予約センターそのものは実に親切で、希望するレストランの予約が取れないと、空いている日時や、似た傾向のレストランを探し出してくれます。
もっとも、何週間も先の夕食の予約を取るのは不思議な気がしなくもないです。その晩の食欲や嗜好なんて自分でも予測できませんしね。

> 日本からオーランドへの航空便は午後から夕方に到着することが多いと思うので、

自分は午後三時前の到着でしたので、同日午後七時にガーデン・グリルの予約を入れておきましたが、問題なく間に合いました。

> DDPの消化のためにスケジュールが制限を受けたり、

その傾向は若干ありますね。自分の場合、好みのレストランがエプコットに集中していたため、ほぼ毎日エプコットに足を運ぶことになってしまいました。

しかし、DDPがなかったらそれこそカウンターサービスの連続となってしまいそうで、DDPは素晴らしい仕組みだと思いました。

なるほど、やはりかなり混んでいるのですね。
私は毎度、行ってからゲストリレーションズで予約をするためか、なかなか希望通りには行きません。

まさに
>その晩の食欲や嗜好なんて自分でも予測できませんしね。
という感じです。
さすがに、Victoria & Albert'sは予約しましたけど...

rajaさんのように、出発前にしっかりと予約して行かれる方にとっては、DDPはお得でとてもいいシステムですよね。
食事の予定をしっかり立てておけば、カウンターサービスの連続にならずに済むというのも同感です。

好みで選ぶと自然とエプコット中心になるという点も同じです。イタリア館の「Alfredo」がなくなってしまったのは、返す返すも残念に思っています。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2008年1月22日 20:02に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「WDWリゾートの思い出(5) ~ オールド・キー・ウェスト」です。

次の投稿は「WDWリゾートの思い出(4) ~ ビーチクラブ・ヴィラ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。