« 魔法の杖がなくなって | メイン | WDWリゾートの思い出(5) ~ オールド・キー・ウェスト »

さようなら、Alfredo

ウォルト・ディズニー・ワールド(WDW)くんだりまででかけて何をしているかといえば、ひたすら散歩と食事、あとはダラダラと過ごしているわけです。テーマパークに行く、というよりはテーマパークもあるリゾートにのんびりとしに行く、というのが旅行の目的なので、私としては、これで十分なのです。
そんなわけで、どこで何を食べるかが、日々の最大の意思決定といっても過言ではありません。

以前ならば、たいがいのレストランにはフラリと立ち寄って30分も待っていれば入店できる、というのが当たり前でしたが、最近ではDisney Dining Plan(DDP)が大々的に販売されているおかげでテーブルサービスのレストランはどこも大盛況です。
パーク内に限らず、ホテル内のレストランも予約で一杯になっていることが少なくありません。あまり予定を立てずに行動している私にとっては、これはちょっと困った状態です。

DDPは毎日スナック(水やフルーツでもOK)、カウンターでの軽食、テーブルサービスレストランでの食事が1回ずつパッケージになったもので、基本的には滞在中の食事がこれでまかなえるものです。
テーブルサービスレストランでは、前菜、メインとデザートがセットされており、「ダイニングプランを使う」といえば対象メニューのどれを選んでも追加費用はなし、チップも含まれているというお手軽さです。たしか$35/日くらいの金額だったので、十分元が取れるものです。
とはいえ、これはレストランにとっては必ずしも歓迎できない側面をもちます。

まず、従来なら前菜だけ、メインだけといった注文で済んでいたのに、DDP利用ゲストは全員が3皿の注文になること。作って出す料理は、倍増とはいわないまでも相当増えたでしょうから、売上はたいして増えないのに忙しくなってしまう。
また、どんなサービスをしても、あるいは高額な料理を選んでもらってもチップが増えるわけではないのも、レストラン/ゲストの双方にとって不幸なことです。一定額しか払わないゲストばかりなら、むしろ回転率を高める方が合理的になってしまいます。
そして三つ目として、上にもちらっと書きましたが、DDP利用ゲストでレストランが予約満席になってしまい、フラリと立ち寄ったゲストを受け入れられなくなっていること。ほとんどのレストランが事前予約できますから、現地に着いてからゲストリレーションズに立ち寄っても遅い、ということがままあります。

レストランにとってだけでなく、ゲストにとってもこのDDPはお得な一方で使い切るために行動を制約される、という問題があります。
あと何回残っているのかを気にしなければなりませんし、レストランの予約が取れなければ余してしまうことになります。結局「フープ・ディ・ドゥ」などを選んでしまったり(値段が高めのレストランは、2回分を消費します)。
レストランのサービスがなんとなくせわしなくなってしまうのは、もちろんゲストにとっての弊害でもあります。

こうした弊害の結果かどうかはわかりませんが、今月(2007年8月)でEPCOTイタリア館のレストラン「L' Originale Alfredo di Roma Ristorante」が閉店します。
今年の春にこの噂を聞いていたので、今回の旅行ではランチとディナーの2回、このレストランへ出向きました。ディナーは前日に予約をしましたが、別の日のランチは開店時間の12時ちょうどに店に行き予約なしでした(よほど混んでいるレストラン以外はこれで大丈夫です)。
(これが前菜の盛り合わせ、あまりおいしそうに撮れていませんけど...)

DDPではないので、食べられるぶんだけを好きなように頼んで、もちろんワインも一本。ディナーで選んだものよりも、後日のランチのほうがずっとおいしいワインだったので、昼から飲み過ぎたのはちょっと誤算でした。
前回はDDPの対象外のため諦めた、前菜の盛り合わせ(ハム、チーズ、フルーツを3~4人ぶんほど)も念願かなっておいしくいただきました。ランチ、ディナーともに2時間以上をかけてゆっくり、デザートとエスプレッソまで楽しんだもので、さすがに店を出たあとは歩くたびに胃が下がってくるように感じられました。
店の名物フィトチーネは冷めてもそれほどしつこくなりませんし、他の料理もいけます。たまに塩気がきついかな、と思うものの、WDW内のレストランでは薄味なほう。デザートはディナー時にティラミスとパンナコッタ、ランチ時にはジェラートにしましたが、ここのデザートなら、私も完食できます(さすがに今回はおなかいっぱいで残しましたけど)。というより、他の店ではほとんどデザート頼みません。

値段もそこそこで(前菜類は$10前後、メインが$20前後)、味もサービスもけっこう良く、デザートもちゃんと食べられる。ワインリストもちゃんとしているレストランとしては、一番のおすすめだったこのお店がなくなってしまうのは、とても寂しい。
パーク内にあって、しかもある程度質にもサービスにも信頼の置けるレストランは貴重なものです。
EPCOTでは、ここに加えてUK館の「ローズ&クラウン」とカナダ館の「ル・セリエ・ステーキハウス」、フランス館の「ビストロ・ド・パリ」あたりがテーブルサービスとしては安心感のある店なのですが、カナダは混んでいて予約なしでは難しく、フランスはもうワンランク値段が上がります(その代わり味やサービス、店の雰囲気はかなりアップ)。
今回のAlfredの撤退により、EPCOTでの食事バリエーションがひとつ減ってしまったわけで、わが家の旅行にとっては大きな痛手となりました。次に入るのは、アナハイムのダウンタウン・ディズニーにもあるカジュアルなイタリアンだそうですが、アメリカで「カジュアルなイタリアン」というと、イタリア料理とは別物になってしまう可能性は高いですね。
なにはともあれ、さようなら、Alfredo。

DDPはパークを運営するディズニーにとっては非常に大きな収入源になっているのでしょう。滞在中のゲストの食事をWDW内に縛り付けることもできます。
仮にそれが個々のレストランにとって負担となり、特にディズニー直営ではないレストランに撤退という意思決定をさせてしまうものとなっているのなら、またゲストにとっても必ずしも良いことずくめではないのなら、儲けを優先した仕組みと言って過言ではないと思います。
たしかに旅行中の食費が固定化できて、しかもお得になっているのはありがたいし、チップの計算が面倒と感じることもあります。けれど、基本的には私はリゾートでのんびりと楽しみに行くのであって、出費のたびにこれは損か得か、などと計算をし続けているわけではありません(お得に食事をする方法は他にもDDE、Disney Dining Experienceというのがあって、今回はそれを使いましたが)。
テーマパークでのバケーションなどは、言ってみれば庶民の娯楽なので、割得感を前面に打ち出したサービスというのは決して間違いではないのでしょう。けれど、度が過ぎるとリゾートの魅力を損なうことにもなりかねません。
DDP、さすがに「度が過ぎてきた」ように思うのですがどんなもんでしょうか。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/776

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2007年9月 3日 19:39に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「魔法の杖がなくなって」です。

次の投稿は「WDWリゾートの思い出(5) ~ オールド・キー・ウェスト」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。